秩父夜祭と新潟県ほかとを見て回った(8) - 秩父夜祭と新潟県ほかとを見て回った_2017_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭と新潟県ほかとを見て回った(8)

中町屋台(3)
曳行の再開
G5Xの画像
方向転換が済んで、曳き子たちが力を示す番だ。屋台が美しく光り輝いている。気が逸っているのか、少し速い感じだ。
曳行の再開_G5Xの画像_1
曳行の再開_G5Xの画像_2
曳行の再開_G5Xの画像_3
曳行の再開_G5Xの画像_4
曳行の再開_G5Xの画像_5
曳行の再開_G5Xの画像_6
曳行の再開_G5Xの画像_7
曳行の再開_G5Xの画像_8
曳行の再開_G5Xの画像_9
曳行の再開_G5Xの画像_10
曳行の再開_G5Xの画像_11
曳行の再開_G5Xの画像_12
曳行の再開_G5Xの画像_13
曳行の再開_G5Xの画像_14
曳行の再開_G5Xの画像_15
出ていくぞ
ここでこれ以上待っていても、もう何もやってこない。規制線も解除されたので、私も中町屋台の後に従うことにする。
7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像
中町屋台の後幕
6町会の中で唯一、恵比寿の幕、鯛の幕の2枚の後幕を持ち、12月2日、3日と違う後幕を見ることができるのがこの町会の特徴だそうだ。この日は、ご覧のように鯛の幕だ。
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_1
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_2
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_3
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_4
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_5
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_6
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_7
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_8
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_9
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_10
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_11
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_12
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_13
曳行の再開_7Dmk2 + EF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMの画像_14
G5Xの画像
『中甼』は『中町』のことだ、そして『蝋燭係』は蝋燭が消えたときに、いち早く駆け付け、再点火する人たち用の提灯だ。
出ていくぞ_G5Xの画像_1
屋台の真横
出ていくぞ_G5Xの画像_2
出ていくぞ_G5Xの画像_3
ほどなく行ったところで宮入りの順番待ちで、停止
屋台の正面に出ることができた。屋台の内側を撮ることができた。龍の絵が色付きで描かれているのだが、お分かりいただけるだろうか?
出ていくぞ_G5Xの画像_4
出ていくぞ_G5Xの画像_5
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年12月19日
最終更新 2017年12月19日

24 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

屋台には、亀やタイなどめでたいものもしっかり描きこまれているのですね!縁起物を大事にしたい人々の気持ちを盛り込んだ屋台。それにしても今日も迫力の中町の屋台です。^^

2017/12/19 (Tue) 06:00

みすてぃ  

おはようございます!
日もとっぷりと暮れてと思うと、スマホの方が時刻を....
規制線があると進行方向の前に前にと人が乗り出すのでよけい
写ってしまいますよね。
でも規制線解除に屋台停止は絶好の撮影チャンスで行った甲斐が
訪れましたね(^^♪

2017/12/19 (Tue) 07:51

unknown  

ものに恩恵

手を合わせて「いただきます」、「ごちそうさまでした」でも手を合わせます。
食事の際に、食させて頂くために「いのち」を頂いて、生かされてあることに感謝することから「いただきます」。

食べる、住むなど生活していくうえで欠かせないのがものです。
毎日の生活の中でものに感謝し、資源を大切に使うための工夫を心がけ、限りある自然と資源のために意識する必要があります。

私たちの生活は先人の知恵のおかげです。
先祖が日々の暮らしの中でつちかってきた「もの」の進化が現在の自分の生活づくりに貢献し、便利という恩恵を享受できるのです。
ものづくりをした先人の知恵や努力に支えられています。生かされている自分の存在に気づき、手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

2017/12/19 (Tue) 07:53

hirokinara  

おはようございます。

>秩父夜祭と新潟県ほかとを見て回った

祭りは楽しいですね。

やっぱり写欲を満たすのは新しいカメラですね。

沢山撮る人はやっぱり上手いですね。

2017/12/19 (Tue) 08:22

aiupa  

おはようございます^^

「甼」という感じを初めて知りました!
こういった縦書きの文化で生まれたものなのでしょうね~
天上の龍も見えない部分まで手を抜かない職人魂を感じます^^

2017/12/19 (Tue) 10:16

tgryu  

こんにちは。
秩父夜祭の山車は動く陽明門とも言われるそうですが
まさに絢爛豪華な山車ですね。
秩父は古くは銅山、その後は絹、セメントと時代時代で
栄えたのは事実でしょうが、
それにしても各町内がこんな豪華な山車を制作&維持できたのは
相当財力がないと無理でしょうね。
下手すると祭りで身上潰しそう(^_^;)。

ryu

2017/12/19 (Tue) 15:15

花さか爺サン  

AZTAKさま こんにちは

今年も秩父夜祭が賑やかに始まったようですね。
何時見ても豪華絢爛たる屋台ですね。
昔の人は立派な屋台を造り、お祭りに競い合ったのでしよう・・・・・
こんな祭り見て見たいです。

2017/12/19 (Tue) 15:26

senri32  

私の記憶のある限りですが、横浜には「夜祭」はありません。夜のイベントは花火大会だけです。

2017/12/19 (Tue) 16:19

x都人x  

今晩は
どの山車も飾りがとっても立派で
綺麗ですね~

大きな鯛ですが、、可愛らしいですね^^

2017/12/19 (Tue) 18:35

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 屋台には、亀やタイなどめでたいものもしっかり描きこまれているのですね!縁起物を大事にしたい人々の気持ちを盛り込んだ屋台。それにしても今日も迫力の中町の屋台です。^^

祇園も高山も秩父も、最近のものはすべて川島織物さんが一手に引き受けているようです。この幕は、描いたものではなく、幕のすべてを刺繍したもののようです。復元の作品で、昭和55年に納入したとか。う~~ん、いったい幾らくらいするものなんでしょうかね。

中町 後幕 「波に海魚」 刺繍 復元 昭和55年納入 後面中央に大小の鯛、左右側面に海老、たこを配した刺繍幕。水引幕は波涛に霊亀の図。

2017/12/19 (Tue) 19:33

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
各屋台の装飾は非常に面白いです。
彫刻も含めて、独自色を出すのに苦労したんでしょうが、財力を注いで工夫が思われます。
素晴らしいです。

2017/12/19 (Tue) 19:37

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます!

みすてぃさん、こんばんは。

> 日もとっぷりと暮れてと思うと、スマホの方が時刻を....
> 規制線があると進行方向の前に前にと人が乗り出すのでよけい
> 写ってしまいますよね。

何となく左側に陣取っているおばちゃんたちには、要注意だなあと警戒していたのですが、スマホを高くかざすし、手を激しく振るしで、随分邪魔をされてしまいました。啼くことおばちゃんには勝てません。

> でも規制線解除に屋台停止は絶好の撮影チャンスで行った甲斐が
> 訪れましたね(^^♪

何度も見ていますから簡単に追いつくと思っていました。が、その先に強烈な通せんぼが待ち構えていました。
この時間帯にここで撮ったことがなかったので、甘く見すぎていました。

2017/12/19 (Tue) 19:39

AzTak  

Re: ものに恩恵

> 手を合わせて「いただきます」、「ごちそうさまでした」でも手を合わせます。
> 食事の際に、食させて頂くために「いのち」を頂いて、生かされてあることに感謝することから「いただきます」。
>
> 食べる、住むなど生活していくうえで欠かせないのがものです。
> 毎日の生活の中でものに感謝し、資源を大切に使うための工夫を心がけ、限りある自然と資源のために意識する必要があります。
>
> 私たちの生活は先人の知恵のおかげです。
> 先祖が日々の暮らしの中でつちかってきた「もの」の進化が現在の自分の生活づくりに貢献し、便利という恩恵を享受できるのです。
> ものづくりをした先人の知恵や努力に支えられています。生かされている自分の存在に気づき、手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

こんばんは。
仰られる通りでしょうね。食べ物や生活用品ばかりでなく、この秩父屋台や笠鉾も、秩父の住民が営々として築き上げてきた伝統文化でしょう。それを楽しむことができる後世の私たちは本当に幸せなことです。
これを守ってきた人たちに深く感謝しながら見せていただきました。

2017/12/19 (Tue) 19:43

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。
>
> >秩父夜祭と新潟県ほかとを見て回った
>
> 祭りは楽しいですね。
>
> やっぱり写欲を満たすのは新しいカメラですね。
>
> 沢山撮る人はやっぱり上手いですね。

hirokinaraさん、こんばんは。
私はどういう訳か、各地の祭りを見て歩くのが好きなんです。少しくらいは、祭りを見て歩いても罰が当たらない年周りになってきました。少しずつ、見に行く先を増やせればと思います。

カメラに関しては、衰えつつある肉体は軽くて楽な道具を歓迎しているのですが、一方で、シビアに撮りたい、フルサイズ機志向の頭の中の立場もあります。今回は、前者の立場に立ってみましたが、機会があれば、フルサイズ機と明るいレンズとで、撮ってみたいものです。
どんな世界が現れるのかなって考えただけで、わくわくしてきそうです。見果てぬ夢には終わらせたくありません。

2017/12/19 (Tue) 19:52

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 「甼」という漢字を初めて知りました!
> こういった縦書きの文化で生まれたものなのでしょうね~

結構粋な異体字ですよね。ろくに読むことができないのに、神社仏閣等で崩した書き物に出会い、何と書いてあるのかなあって気になります。写真に撮って、家に帰ってブツブツ言いながらにらめっこしています。半分以上わからずじまいです。この辺りは『☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆』の問題解きと一緒です。こちらも、出来もしないのに10日以上考えています。要は頭が良くないようです。(^_^;)

> 天上の龍も見えない部分まで手を抜かない職人魂を感じます^^

ココだけが色付きなんだそうですよ。混雑の中で排除されてしまいそうなので、腰を据えて撮れませんでした。天下御免の腕章が欲しいです。

2017/12/19 (Tue) 20:03

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 秩父夜祭の山車は動く陽明門とも言われるそうですが
> まさに絢爛豪華な山車ですね。
> 秩父は古くは銅山、その後は絹、セメントと時代時代で
> 栄えたのは事実でしょうが、
> それにしても各町内がこんな豪華な山車を制作&維持できたのは
> 相当財力がないと無理でしょうね。
> 下手すると祭りで身上潰しそう(^_^;)。
>
> ryu

勤め先の保養所があり、秩父にはかなり通いました。歴史に名を遺す和同開珎などというものが最初のころに出てきますね。絹糸やその織物製品である秩父銘仙で栄え、札所巡りもありました。そして、秩父セメントも。荒川源流近くの山間のまちなのに、ずっと栄える要素が尽きなかったのですが、いよいよ胸突き八丁かもしれません。散々パラ楽しませていただいたので、ここはお礼返しをしたいところですが、何もできないでいます。
札所巡りは、10箇所くらいならなんとかできそうですが、それ以上は、意外と厳しいんです。紹介記事を始めたにしても尻切れトンボに終わりそうです。

2017/12/19 (Tue) 20:14

AzTak  

Re: タイトルなし

> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 今年も秩父夜祭が賑やかに始まったようですね。
> 何時見ても豪華絢爛たる屋台ですね。
> 昔の人は立派な屋台を造り、お祭りに競い合ったのでしよう・・・・・
> こんな祭り見て見たいです。

秩父は、東京に荒川が流れていますが、そのはるか上流の街です。昔は養蚕が盛んで、絹織物も有名でした。そして明治以降はセメントが町の景気を支えました。そんなこんなで、関東の外れに一大文化圏を築くことができたようです。
あの小さな町に30万人の人が駆けつけたそうです。凄いことでした。見ていた私も相当に草臥れました。でも、それ以上に大きな感動がありました。
どこか、二階のところから見えるような場所が確保できるといいのですが。そういう場所は、すでにふさがってしまっているのでしょうね。

2017/12/19 (Tue) 20:22

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 私の記憶のある限りですが、横浜には「夜祭」はありません。夜のイベントは花火大会だけです。

横浜は、特別なことがなくても、365日の毎日が夜祭のような街でしょう。
150年前までは漁村でしかなかった土地ですから、歴史ある祭りはなかったのは当然でしょう。それ以前は、秩父の大繁栄にはまったく敵いもしなかったのでしょう。でも、今は大逆転していますよね。

2017/12/19 (Tue) 20:29

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人x さん、こんばんは。

> どの山車も飾りがとっても立派で
> 綺麗ですね~

みな、祇園祭に近づきたい思いで頑張ったのでしょう。それだけ、京の都には憧れがあったのでしょうね。

> 大きな鯛ですが、、可愛らしいですね^^

川島織物さんが、復元して昭和55年に納品したもののようです。そこは、祇園も高山も秩父も同様らしいです。
中町屋台には、後幕が2枚あるそうです。古い方は、恵比寿さんの絵柄なんだそうです。これを見るには前日に行っていないと見られません。私も見たことがありません。

2017/12/19 (Tue) 20:39

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 各屋台の装飾は非常に面白いです。
> 彫刻も含めて、独自色を出すのに苦労したんでしょうが、財力を注いで工夫が思われます。
> 素晴らしいです。

そうですね。何かを伸長したり、修復したり、それがなくても普通の年でも、かなり物入りだったのでしょうね。この祭りのために、この町で頑張っている人も少なくないようです。

2017/12/19 (Tue) 20:41

土佐けん  

こんばんは

お祭りの場には人混みに負けて出かけられない僕です(^^;
こう言う勇ましい画を見せていただくと、行きたくなります!

2017/12/19 (Tue) 21:46

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> お祭りの場には人混みに負けて出かけられない僕です(^^;
> こう言う勇ましい画を見せていただくと、行きたくなります!

(ФωФ)フフフ・・・、東京で勤め人を長年していると、人込みをかき分けるのだけは妙にうまくなります。悲しき習性かもしれません。
でも、こういう時にはかなり役立ちます。

2017/12/19 (Tue) 22:11

senri32  

山車の屋根に人がのってますね、何人も。岸和田だんじり祭りみたいなスピードはだしませんよね。皆さんでんと落ち着いてますから。

2017/12/24 (Sun) 11:18

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32

> 山車の屋根に人がのってますね、何人も。岸和田だんじり祭りみたいなスピードはだしませんよね。皆さんでんと落ち着いてますから。

そういう祭りではありません。神幸祭の一環として静々と行われるものです。主な役目は、高いところからの、進行や停止などの合図をするほか、日中の市内曳行時にすれ違いの時の衝突防止、架線との接触防止などでしょう。夜は、すれ違いをなくすようなスケジュールになっていたかと思います。なので、手持無沙汰に見えるかもしれませんね。

2017/12/24 (Sun) 23:08

Leave a reply