猿島と海堡とを見る(1) - 猿島と海堡とを見る_2012_October
FC2ブログ

猿島と海堡とを見る(1)

約1年前のイベントに参加した時の記録。古くて申し訳ない。
別のブログに私が書いたものを少し書きなおした


猿島
東京湾で唯一の自然島『猿島』。何故、わざわざ自然島という形容詞をつけたかといえば、このあとに見に行く『第二海堡』などの人口島があるからだ。
古くは日蓮上人が漂着した島であり、近世では、軍事上の拠点となった島でもある。現在は、海水浴場などになっている。横須賀を離れて久しいので知らなかったが、一時、海水浴場が閉鎖され、立ち入り禁止になっていた時期もあったようだ。
島内からは縄文時代の土器や弥生時代の土器・人骨が出土…というような案内があり、その昔は人が住んでいたようだ。今は無人島ということになっている。
猿島_1
猿島_2
猿島_3
猿島_4
猿島_5
猿島_6
猿島_7
猿島_8
猿島_9
幕末から第二次世界大戦前にかけては、東京湾の首都防衛拠点となる。幕末には江戸幕府の台場が築造され、明治時代に入ると陸軍省・海軍省の所管となり、東京湾要塞の猿島砲台が築造された。実際に本施設が実戦に用いられたことはないが、島内の岩壁を掘って煉瓦で覆われた要塞跡は現在も残り、日本では数少ないフランドル積みが見られる。

自家発電所
単なるぼろ小屋のようだが、暦とした軍事要塞の名残の自家発電所。昔は石炭で蒸気タービンを回すものだったが、現在は、ディーゼル発電機に変わっている。恐ろしく古めかしいが、『エコミュージアム猿島』の必要電力をソーラーパネルと共に担う現役選手とのこと。
レンガ煙突は、要塞であるとばれない高さに低く抑えられていたそうだ。
軍事要塞の名残の自家発電所_1
軍事要塞の名残の自家発電所_2
軍事要塞の名残の自家発電所_3
伝声管
アナログもいいところ、生の声を拡散しないように土管で囲み、さらに土管をレンガで覆うことで雑音の侵入を防ぐ。万全の備えで、離れた場所にいる相手に連絡を取り合っていたのか。それでも、発音のはっきりしない声は、相手には聞き取りにくいこと甚だしかったんだろうな。そういう欠点があっただろうけれども、兵隊さんがチョロチョロしていたんでは、敵に気付かれてしまうし、お互いに簡単には行き来できない場所もあったのだろう。
伝声管_1
弾薬庫の入り口
外部からはまったく見えないように切り開かれた切通しに設置されている。入ると、こんな狭いところが弾薬庫だったなんて驚き以外の何ものでもない小さな空間があった。そして、揚げるのに苦労しただろうごく小さな『揚弾井』が。そこから、上部にしつられられた砲台に、砲弾を供給していたわけか?大変な重労働だったんだろう。
まったくちゃっちい構造物にしか見えなかったが、この箇所のようなフランス積みレンガ建造物は全国で4件しかなく、猿島要塞は最大規模なんだそうだ。
弾薬庫の入り口_1
弾薬庫の入り口_2
弾薬庫の入り口_3
弾薬庫の入り口_4
弾薬庫の入り口_5
弾薬庫の入り口_6
弾薬庫の入り口_7
フランス積みレンガのアーチ造り洋式トンネル
日本で2番目に古い歴史を持っているそうだ。幻想的だ。彼女と一緒に来るべきところかもしれない。
フランス積みレンガのアーチ造り洋式トンネル_1
フランス積みレンガのアーチ造り洋式トンネル_2
砲台跡
狭い島内にあって、地表部分のかなりのスペースを占めている。明治中期に作られた砲台は、戦法の急変によって時代遅れになり、実戦に使われることは無かったようだ。というようなことで、猿島は暫く忘れられていた存在だったが、太平洋戦争末期に再度日の目を見ることに。高射砲が設置され、ガンガン使われたようだ。
砲台跡_1
砲台跡_2
砲台跡_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年10月27日
最終更新 -0001年11月30日

14 Comments

There are no comments yet.

equinox  

このような戦争時の要塞等を残した離島は他にもありますが
ここは状態もよさそうですね
貴重なものだと思います

静かな無人の島でかつて行われた事は想像するしかないですが
全てが過ぎ去り、残された跡はやっぱりどこか寂しさを感じますね

2012/10/27 (Sat) 01:45

om4ti  

猿島、初めて知りました。
小さな島の様なのに整備されているのですね。
アーチ式トンネルの佇まいが撮りたくなります。
軍事施設というのは、戦争云々は別にして、
フォトジェニックです。

2012/10/27 (Sat) 05:18

AzTak  

Re: タイトルなし

> このような戦争時の要塞等を残した離島は他にもありますが
> ここは状態もよさそうですね
> 貴重なものだと思います

島外から見ると最初の写真のように見えます。切通などがあるようには全く見えません。ものすごく巧みなカモフラージュです。007の世界だと、地下要塞になるのでしょうが、その一時代前のものです。

> 静かな無人の島でかつて行われた事は想像するしかないですが
> 全てが過ぎ去り、残された跡はやっぱりどこか寂しさを感じますね

そうですね。猿島の名前が付けられた日蓮の伝説から数百年。そんな事態に陥いるとはさすがの日蓮聖人も想像できなかったことでしょうね。

2012/10/27 (Sat) 06:29

solo  

おはようございます。

AzTakさんのブログ写真は、一緒にこの地を訪れたかのような、自然さが良いですね。
猿島と海堡とを見る(1) すでに感慨深いものになってます。
(2)が楽しみです。

2012/10/27 (Sat) 06:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> 猿島、初めて知りました。
> 小さな島の様なのに整備されているのですね。
> アーチ式トンネルの佇まいが撮りたくなります。
> 軍事施設というのは、戦争云々は別にして、
> フォトジェニックです。

カモフラージュしまくりの島です。ちょっと撮ってみたくなりますよね。
仮面ライダーの特撮などが行われてもいるんです。そちら方面のマニアの聖地でもあるようです。
不思議と日蓮宗の聖地とはなっていないんですね。日蓮聖人の霊性発揮の最たる伝説の地なのに。池上本門寺なんかよりはるかに貴重だと思うんです。そうはいっても、かつては部外者立入禁止の場所だったので、特定の宗教が聖地とすることは出来なかったのでしょうね。

2012/10/27 (Sat) 06:39

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

soloさん、おはようございます。ブログの復活待っていますから。

> AzTakさんのブログ写真は、一緒にこの地を訪れたかのような、自然さが良いですね。
> 猿島と海堡とを見る(1) すでに感慨深いものになってます。
> (2)が楽しみです。

嬉しい言葉、有難うございます。ですが、次回分はあまり楽しみにしないでください。実際に海堡上陸はできず、周辺から見るだけだったので迫力にかけます。なぜかは見ればわかります。何年か前に運がいい方が上陸しているようですが。
もう間もなく出掛けなくてはいけないので、足掻いている時間がありません。
不出来のままで恐縮です。m(_ _)m

2012/10/27 (Sat) 06:47

君平  

こんにちは。
猿島はもう、記憶が無くなるくらい遙か昔に行った記憶が
あります。でも、何を見たのが、何も覚えていません。
今は、色々と整備されているようですが、その頃はかなり
荒れていたような気がします。
島の遺産ってスキです。行きたい場所としては、軍艦島
と犬島です。

2012/10/27 (Sat) 21:42

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
名前しか知らなかった猿島!
砲台、兵舎、武器庫跡などが残っていて、時代を感じさせられますね!
勿論、行くのは船ですよね!
来年の夏のシーズンにでも行ってみたくなりました♪
行ってみたいところばかりのご紹介、いつもありがとうございます。

2012/10/28 (Sun) 05:55

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 猿島はもう、記憶が無くなるくらい遙か昔に行った記憶が
> あります。でも、何を見たのが、何も覚えていません。
> 今は、色々と整備されているようですが、その頃はかなり
> 荒れていたような気がします。

君平さん、こんにちは。やっとアクセスできる環境に戻って来ました。
猿島は手頃な海水浴場として、市民に人気があります。弾薬庫跡などは安全の関係から、普段は施錠されているようです。まあ、その前は自由に通ることが出来ますから写真は十分撮れると思います。再度、開放することにする前に、かなり手を入れたようです。見違えるようになっています。

> 島の遺産ってスキです。行きたい場所としては、軍艦島
> と犬島です。

長崎県と岡山県とですか。行けるものなら行きたいと思う方は多いのでしょうね。
軍艦島(端島)は、訪れた人は必ず異様に雰囲気に驚き、様々な感慨を持つことでしょうね。
猿島はそこまで異様ではありません。

2012/10/28 (Sun) 11:21

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんにちは。

> 名前しか知らなかった猿島!
> 砲台、兵舎、武器庫跡などが残っていて、時代を感じさせられますね!
> 勿論、行くのは船ですよね!

日蓮聖人の伝説もすごいんですよ。さすが、歴史に名を残す宗教者だと思います。その伝説にあやかって、猿島と名付けられたくらいですから。高校生になって横須賀に住むようになり、ずっと猿が棲息する島だと思っていました。猿島で猿を見たことはなかったですが。

猿島は、軍艦三笠がある三笠公園から船で向かいます。達者な方なら泳いでも行ける距離でしょうが。
猿島までは行けるのですが、今日取り上げている海堡に行く便はありません。
時々募集する歴史遺産めぐりクルーズに応募するしかないようです。結構地元の参加者が多いようです。

> 来年の夏のシーズンにでも行ってみたくなりました♪
> 行ってみたいところばかりのご紹介、いつもありがとうございます。

これからはちょっと寒いですよね。これからは夏ほどの賑わいはなく、釣りに行く人、歴史遺産見学の人、BBQをしに行く人ですかね。

2012/10/28 (Sun) 11:37

jsk0008  

猿島にはまだ旧軍の施設が多く残っているんですね。こんな小島にしっかりした軍事施設が建設されているのに正直驚きます。遠景写真からは想像もつかないカモフラージュ技術も一級ですね。貴重な写真ありがとうございました。横須賀で数度海水浴をしたことがありますが、あの小島がこんなことになっていた・・びっくりしました。

2012/10/28 (Sun) 13:34

AzTak  

Re: タイトルなし

> 猿島にはまだ旧軍の施設が多く残っているんですね。こんな小島にしっかりした軍事施設が建設されているのに正直驚きます。遠景写真からは想像もつかないカモフラージュ技術も一級ですね。貴重な写真ありがとうございました。横須賀で数度海水浴をしたことがありますが、あの小島がこんなことになっていた・・びっくりしました。

カモフラージュ技術は超一級だと思いますが、これが役に立ったかもしれないのは昔の話ですね。
狭くて窮屈な場所で作業です。火気厳禁でしょうから、冬がものすごく寒く、夏はものすごく暑かったんだろうと思います。せめてもの救いは、この軍事施設が実戦で使われることがなかったことです。第2次世界大戦では、時代遅れになり、使われなかったんです。だから、破壊されることもなかった。

2012/10/28 (Sun) 14:31

kozoh55  

お晩です、AzTakさん

今度は猿島ですか、すごく活動範囲が広いですね。
いつもブログに来て下さりありがとうございます。
他の方のブログでトンネル内を紹介してあったのを
見ただけでしたので、こんな大きな施設があるとは
思いもしませんでした。
横須賀は今も昔も軍事的な拠点なのですね。
普通に見ると平和な観光名所のようでもあります。
また私に宿題が出来ました、嬉しいです。

2012/10/28 (Sun) 22:40

AzTak  

Re: お晩です、AzTakさん

> 今度は猿島ですか、すごく活動範囲が広いですね。

kozoh55さん、おはようございます。
これは、私が別のブログで書いた記事の加筆修正です。ちょうど1年前の様子です。急遽、横須賀に行かなければならなかったので、使い回しをさせてもらいました。

> いつもブログに来て下さりありがとうございます。
> 他の方のブログでトンネル内を紹介してあったのを
> 見ただけでしたので、こんな大きな施設があるとは
> 思いもしませんでした。
> 横須賀は今も昔も軍事的な拠点なのですね。

東京湾の入り口ですから、首都防衛上の観点からそうせざるを得なかったんでしょうね。

> 普通に見ると平和な観光名所のようでもあります。

そちらでも栄えてほしいものです。

いまは、大きな大きな『横須賀しょうぶ園』や『くりはま花の国』などが有名になりつつあるようです。
横須賀中央から平成町へ至る海沿いの道は、看板さえ見なければ、ロサンゼルスみたいに見えなくもありません。そこから海を見ると、千葉が目の前です。大きなタンカーなどの往来がよく見えます。
走水は、日本書紀にも登場する古い地名です。
「塚山公園」には、1923年に国の史跡に指定された按針夫妻の慰霊碑『安針塚』があります。狸爺の家康にいいように使われた彼の一生は、最後がつらい日々だっただけに気の毒でなりません。

> また私に宿題が出来ました、嬉しいです。

ぜひ、横須賀に足を運んで、kozoh55さんの眼で見た横須賀を紹介してください。

2012/10/29 (Mon) 07:26

Leave a reply