新宿御苑にて(2) 2017.09/29 22:09記述修正 - 未分類
FC2ブログ

新宿御苑にて(2) 2017.09/29 22:09記述修正

大温室内
自慢の大温室は先日の台風で、ガラスの一部が破損し、いつもと違う順路設定になっていた。確かに激しい風だったけど、自慢の新しい建物に、被害が出てしまったんだ。設計が甘いのかなあ。
大温室内の花など(1)
大温室内の花など(1)_1
大温室内の花など(1)_2
大温室内の花など(1)_3
大温室内の花など(1)_4
大温室内の花など(1)_5
大温室内の花など(1)_6
大温室内の花など(1)_7
大温室内の花など(1)_8
大温室内の花など(1)_9
大温室内の花など(1)_9
パパイヤ
ちょっと1個頂戴したいものだ。日光をたっぷり浴びているから、糖度はものすごいのだろうな。
パパイヤ_1
パパイヤ_2
姫河骨
ここで展示されるということは、かなり希少種になりつつあるのかな
姫河骨
サルオガセモドキ
何かの飾りをとり忘れたかのような感じだが、歴としたエアープランツの一種。専門的には着生植物というようだ。いわゆるぶら下がりの植物さんだ。ぶら下がるのは枯れ木で十分だとか。空気中から水分や養分を吸収するとか。寄生植物ではないんだ。
サルオガセモドキ
大温室内の花など(2)
大温室内の花など(2)_1
大温室内の花など(2)_2
大温室内の花など(2)_3
大温室内の花など(2)_4

ここで足止めがされている。仮の順路に進むしかない。

大温室内の花など(3)
オオオニバスが、子供を乗せても大丈夫というのは絵空事だと思っていたが、事実のようだ。オオオニバスとオニバスとを混同して認識していたので、以下の引用も修正した。
大温室内の花など(3)_1
オオオニバスは、ボリビアからアマゾン地方原産のスイレン科の多年生水生植物。スイレン科の中での最大型種。オニバスに似てより大型であるところからこの名があるが,オニバスとは別属の植物である。直径1~2mとなる大型円形の浮葉を生じ,葉縁は5㎝ぐらい上曲してたらい状となる。葉面は緑色で光沢があり,葉柄,葉裏脈上,花茎や萼片には多数のとげがある。花は直径30cm前後,芳香ある白色花。開花後,ピンクから紅色に色変りをして3日後に咲き終わる。
大温室内の花など(3)_2
大温室内の花など(3)_3
大温室内の花など(3)_4
大温室内の花など(3)_5
サボテンの一種かなあ。花はきれいだ。
大温室内の花など(3)_6
クロホウシ
私でも知っている。というか、私の好きな黒光りしている観葉植物さんだ。
クロホウシ
ゲンペイカズラ
日本人の好きな命名法だなあ。子供のころから紅白に分けて運動会などをやってきたからなあ。
ゲンペイカズラ
ムラサキオモト
何だか薄気味悪い感じだ
ムラサキオモト
カカオ
この実は私の大好物に変身するんだなあ。いまは、食べると叱られそうだが。この小さな花から結実するんだ。
カカオ_1
カカオ_2
カカオ_3
カカオ_4
大温室内の花など(4)
大温室内の花など(4)
長く垂れ下がった先に咲く花
フウリン・ブッソウゲではない。何の花だろうか?
長く垂れ下がった先に咲く花
三尺バナナ
いっぱいなるものだなあ
三尺バナナ
これは何
ヘリコニア・マニアエというらしい。下垂している苞は食べられるものなのかなあ。
ヘリコニア・マニアエ_1
ヘリコニア・マニアエ_2
睡蓮の花
睡蓮の花_1
睡蓮の花_2
睡蓮の花_3

大木戸門の門衛所
なかなかの風格だ。今後この建物はどうするのだろう?江戸東京たてもの園はいっぱいだし。
大木戸門の門衛所
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年09月28日
最終更新 2017年09月29日

16 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

オニバスですが、何の目的のためにあのようなお皿のような形になったのでしょうかね!?進化の不思議を感じます。
子供の頃見ていた図鑑に載っていたオオオニバスのお皿の上に女の子の乗ったイラストを思い出しました。あの巨大なハスも見てみたいものですね!

2017/09/28 (Thu) 06:56

tugumi365  

クロホウシ

クロホウシは初めて見ました。しかも観葉植物なのですね!
初めて見る植物が何点かあって勉強になりました。
大木戸門衛所 以前にも拝見しましたね。
門衛所というのは 人が住んで居なかったのでしょうか?
江戸東京たてもの園はとても興味があります。
一度行ってみたいと思っています。

2017/09/28 (Thu) 07:39

ぴあの  

おはよーございます
AzTakさん雨ですね
内心ホットしてませんか わたしもその口なので解りますよ

お日様がチョコと顔を出したりしてますが
油断は出来ないようです

温室も楽しいわね
たまには別の温室もいいかも
バナナの下の紫色は何ンだろう・・・

2017/09/28 (Thu) 10:12

senri32  

人為的ミス

強化ガラスを使用しているはずなのに。破損するとはちと疑問が残ります。まあ、おっしゃる通り。設計ミスが施行ミスのどちらかだと思います。

2017/09/28 (Thu) 10:34

tgryu  

こんにちは。
在京の頃は新宿区に住んでいたので新宿御苑はよく行きました。
中でも一番好きだったのは大温室です。
見知らぬ国の見知らぬ花にワクワクしたものです。
海外旅行が夢ではなくなった今でも熱帯植物には不思議な魅力を感じます。
今年もタイの無人島でサンタンカの原種を見つけたときは
心ときめきました(^^♪。

ryu

2017/09/28 (Thu) 16:02

x都人x  

今晩は
あ~懐かしいな!
昔洋ランを育ててた時にカトレアは香りも
良いし綺麗だし大好きで集めてました。
原種が多かったですが^^

2017/09/28 (Thu) 18:19

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
ヘエ~~
カカオって可愛い花なんだね~
その割に実がでっかい!!

2017/09/28 (Thu) 19:51

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> オニバスですが、何の目的のためにあのようなお皿のような形になったのでしょうかね!?進化の不思議を感じます。
> 子供の頃見ていた図鑑に載っていたオオオニバスのお皿の上に女の子の乗ったイラストを思い出しました。あの巨大なハスも見てみたいものですね!

オオオニバスは、非常に風変わりなスイレン科の水生植物のようですね。調べれば調べるほど面白くて、研究対象にしたら、一生続けられそうな面白さかもしれません。

花は直径20-40cm、夕方頃から白い花弁を展開させて芳香を発し、夜のうちにコガネムシなどの送粉者が訪れる。そして翌朝になると一度花弁を閉じ、花の中に送粉者を閉じ込める。そのように閉じ込めている間に雄しべが開いて、花の中で動きまわる送粉者に花粉が付着する。その次の朝に再び開花して、送粉者は外に放たれ、別の花に飛び移って受粉する。その間に白色であった花の色はピンク色に変化し、芳香も少なくなるため、他の甲虫類があまり寄り付かなくなる。このような機構によって自家受粉を防いでいるものと考えられている。
果実は楕円形で、全体に刺が生えている。その中に大きさ1cmほどの黒色の種子が詰まっており、熟したあとに水中に落下する。種子は1-3ヶ月後に発芽することもあるが、環境条件が悪ければ2-3年の間休眠することもある。

2017/09/28 (Thu) 21:53

AzTak  

Re: クロホウシ

tugumi365さん、こんばんは。

> クロホウシは初めて見ました。しかも観葉植物なのですね!
> 初めて見る植物が何点かあって勉強になりました。

結構、あちこちで見かけますが、東京砂漠のような暑いところだからでしょうか?あるいは、物好きが多いのかもしれません。

> 大木戸門衛所 以前にも拝見しましたね。
> 門衛所というのは 人が住んで居なかったのでしょうか?

多分、交代で門衛が詰めるところで、居住用ではなかったのではないかと思います。大雪などで帰宅困難になったようなときには、仮に宿泊したくらいはあったと思います。

> 江戸東京たてもの園はとても興味があります。
> 一度行ってみたいと思っています。

あそこは、結構面白いところです。江戸、明治、大正の建物が保存されています。江戸以前ばかりの日本民家園も面白いですが、それとはまた違った面白さがあるように思います。ぜひ、時間を作ってごらんになってみてください。

2017/09/28 (Thu) 22:01

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはよーございます

ぴあのさん、こんばんは。

> AzTakさん雨ですね
> 内心ホットしてませんか わたしもその口なので解りますよ
>
> お日様がチョコと顔を出したりしてますが
> 油断は出来ないようです

実はちょっとカイロプラクティックの鍼灸治療とを受けに午前中外出しました。電車が遅れていたんです。そうしたら、大雨により遅延だとか。帰ってからニュースを見たら、ものすごい雨量だったようですね。
揉まれたり、鍼灸をされたりしながら、どうやらグーグー寝ていたようです。爺さんになると恥も外聞もなくなる感じです。(^_^;)

> 温室も楽しいわね
> たまには別の温室もいいかも
> バナナの下の紫色は何ンだろう・・・

あれは「バナナハート」と呼ばれるバナナの苞で、中にたくさんの花が隠れているそうです。苞が1枚めくれあがるたびに1段の花が咲き、1房のバナナへと成長していくそうです。。

2017/09/28 (Thu) 22:11

土佐けん  

こんばんは

温室はいろいろなお花が咲いていますよね^^
花好きな助手が楽しそうに拝見しています。
オニバスは僕も好きで、見かけたら撮影していますよ^^

2017/09/28 (Thu) 22:16

AzTak  

Re: 人為的ミス

senri32さん、こんばんは。

> 強化ガラスを使用しているはずなのに。破損するとはちと疑問が残ります。まあ、おっしゃる通り。設計ミスが施行ミスのどちらかだと思います。

あの大地震の翌年完成です。天災に耐えうる力があるのか否かいろいろ議論がなされた後の建物ですよね。それがもろくも敗れ去ったとは、…。かなりの強風だったとは処置していますが。

しかし、毎年異常気象が続くようになりましたね。地球温暖化の影響だといわれますが、USA FirstのUSAは知らんぷり。困ったものです。而して、Tokyo Firstも、東京なんぞ飽きたとばかりに、本性を現し、天下取りに走りますか。綱領も何もなく、人材もいないのに、突っ走るんでしょうか。

2017/09/28 (Thu) 22:20

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 在京の頃は新宿区に住んでいたので新宿御苑はよく行きました。
> 中でも一番好きだったのは大温室です。
> 見知らぬ国の見知らぬ花にワクワクしたものです。
> 海外旅行が夢ではなくなった今でも熱帯植物には不思議な魅力を感じます。
> 今年もタイの無人島でサンタンカの原種を見つけたときは
> 心ときめきました(^^♪。
>
> ryu

おやまあ、便利なところにお住まいだったんですね。

割と近くに星薬科大学の薬草園があり、こじんまりした温室があります。普通の植物園とは違い、毒草もいっぱいあります。トリカブトでさえ。結構面白いところです。
校舎内部も見せてもらえ、写真撮影も可能なんです。実に素敵な校舎なんですよ。
いわき出身の星一氏(星新一氏の父上)が興した学校ですね。『明治・父・アメリカ』という星新一氏の作品があります。勿来の錦から水戸まで歩き、そこから汽車に乗って上京したなどと書かれてありました。当時は大いなる田舎だったようです。

2017/09/28 (Thu) 22:31

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> あ~懐かしいな!
> 昔洋ランを育ててた時にカトレアは香りも
> 良いし綺麗だし大好きで集めてました。
> 原種が多かったですが^^

実に多趣味のようですね。それも原種もありですか。すごいですね。

私は父親のダメなところを寸々たがわず受け継いでしまったようで、もらってきた盆栽も蘭も何もかも、枯らしててしまうんです。失敗を重ねてばかりなので、もらってこなければいいのに、次から次へともらってきたんです。もらうことだけは真似しないようにしています。

2017/09/28 (Thu) 22:37

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ヘエ~~
> カカオって可愛い花なんだね~
> その割に実がでっかい!!

そうですよね。私も驚きました。あの幹に直接可愛らしい花が咲き、その結果として実がなるんですね。
あの実の中にまるでアーモンドのような粒がいっぱい。ゴクッ。美味しそうです。

2017/09/28 (Thu) 22:41

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 温室はいろいろなお花が咲いていますよね^^
> 花好きな助手が楽しそうに拝見しています。
> オニバスは僕も好きで、見かけたら撮影していますよ^^

葉っぱを突き破って花が咲くようですね。そこで虫が入ってきたら花が閉じ、おしべが出てきて、無罪放免にするまで約24時間閉じ込めるとか。もうそれで十分なのか、花の色が白からピンクに代わり、芳香も消えてしまうとか。
いわゆるレンコンもないし、せっかくできたタネもいつ目を出すのかわからない。
本当に型破りの植物のようです。何かななにまで、面白いことづくめだとか。

2017/09/28 (Thu) 22:46

Leave a reply