走水地区を歩いた(3) - 走水地区を歩いた_2017_Sep
FC2ブログ

走水地区を歩いた(3)

走水神社(1)
今回のメインである走水神社。海に一直線という神社が多いのがこの近辺の神社の特徴だろう。
近くから見ると、三つの階段が見える
急峻なところにあるため、三つの階段を上ることになる。さらにその上にもあるのだ。
近くから見ると、三つの階段が見える
一段上がった境内にて
舵の碑
前々回も冒頭に取り上げたが、弟橘媛が荒海を鎮めた故事に因み、浦賀水道の航行海の安全を祈念して、国際婦人年の1975年に建立したものだそうだ。
説明板にかかれてあった『遠つ世に 弟橘の 鎮ませる この海原よ やすらけくこいて』の歌は誰が読んだものだろうか?『遠つ世に』とあるのだから、後世の人の詠んだものだろうが、…。

舵の碑
2人の碑
非常に見えにくいと思う。実際に近くで目を凝らしてもよくわからないほどだ。参考のために、全文を記載しておく。
弟橘媛命
妾は皇子の御為に よろこびて今こそ 此の浦に身を捧げなむ はようつとめ果し 大君の御心安んじさせ給え
日本武尊
弟橘媛よ 汝の願い心し 吾が胸にのこりなん 永久に安かれと ただおろがまむ
2人の碑
包丁塚
当地で大伴黒主が日本武尊に料理を献じて喜ばれた故事に因み、1973年に建立したそうだ。歌人が料理も上手だったのか。天は二物を与えたようだ。
包丁塚
海の方を見た様子
鳥居の向こうにすぐ海が見える
海の方を見た様子
階段
地形の関係上仕方がないのだろうが、かなりの急こう配だ
階段_1
階段_2
階段_3
走水神社
由緒ある神社なのに、今は、神官が常駐していない兼務神社で、叶神社(横須賀市西浦賀)が管理しているそうだ。寂しい話だなあ。
走水神社_1
走水神社_2
神社と別宮と
走水神社_3
走水神社_4
社屋と同じ境内にて
別宮
弟橘媛命に殉じた侍女を祀る。そういう時代だったのだろうなあ。
別宮_1
別宮_2
機械水雷
1910年に奉納された、日露戦争戦利品のロシア製機械水雷だそうだ。
機械水雷_1
機械水雷_2
稲荷神社
近くには田畑は見当たらない感じだが、少しはあるのかな?
稲荷神社
水神社(河童大明神)
走水に伝わる河童伝説に因んで祀られる
水神社(河童大明神)
神社社屋前から振り返れば、海が見える
神社社屋前から振り返れば、海が見える
展望スペースからの眺め
ここで昼食を食べたのだが、ここから防大の漕艇訓練施設が見える。望遠レンズで見ると良くわかる。
展望スペースからの眺め_1
展望スペースからの眺め_2
展望スペースからの眺め_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年09月14日
最終更新 2017年09月14日

14 Comments

There are no comments yet.

sanbariki  

こんにちは
いつもありがとうございます
他の方もFC2が調子が悪いとの報告が有り私も不都合が起こります
ゆるりゆるりと😀😀

2017/09/14 (Thu) 12:56

花さか爺サン  

AZTAKさま こんにちは

走水神社は、高所にありますね。
三つの階段の上に更に階段があるとは、参拝も大変ですね。
AZTAKさま相変わらず健脚ですね。
暑さにも負けず次から次へと取材活動をされて、大したものです。
私などはいささかグロッキーです。

2017/09/14 (Thu) 14:14

tgryu  

こんにちは。
走水神社は日本武尊ゆかりの地であるという事は
スーパー歌舞伎ヤマトタケルを上演するにあたって
猿之助一門も舞台成功の祈願に訪れたのでしょうかね。
歴史を鑑みれば皇室とも遠からぬ縁がありそうですが
現在はあまり皇室とのお付き合いは無さそうですね。

ryu

2017/09/14 (Thu) 15:11

x都人x  

今晩は
う~拝見してて、、今は休止状態になってる
三十三カ所参りを再開しないと、、って(笑))

展望スペースからの眺め最高ですね~
お参りされた方のご褒美かな?^^

2017/09/14 (Thu) 18:48

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
一つの神社では賄いきれないのか、それとも仕事を分担しているのか?
神様も細分化されていますね。
マア なんにでも神宿る国ですから不思議はないんでしょうね。

2017/09/14 (Thu) 19:43

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

sanbarikiさん、こんばんは。

> いつもありがとうございます
> 他の方もFC2が調子が悪いとの報告が有り私も不都合が起こります
> ゆるりゆるりと😀😀

そうですね。
奈良には最近、かなりご無沙汰しています。ゆっくり見て回りたいものです。

2017/09/14 (Thu) 20:27

AzTak  

Re: タイトルなし

> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 走水神社は、高所にありますね。
> 三つの階段の上に更に階段があるとは、参拝も大変ですね。
> AZTAKさま相変わらず健脚ですね。
> 暑さにも負けず次から次へと取材活動をされて、大したものです。
> 私などはいささかグロッキーです。

大した高い階段ではありませんが、足の悪い方は注意が必要かもしれません。三浦半島の先端部は、平地が殆どありませんから、勢い、上へ上へと延びることになっていったのでしょう。
晴れた日に、馬堀海岸駅から走水・観音崎行きのバスに乗ると、風光明媚な景観が広がります。『岬めぐり』というフォークソングで歌われたのに、ぴったり合う素晴らしさです。

もともと日本武尊が軽口をたたいたのが、海が荒れた原因だとか言われているそうです。そういう話になると、なんでそんな軽口をたたいたのか責められそうですが、対岸が見えてしまう海峡です。ごく普通の感想を口にしただけなんでしょう。実際に横断遠泳もそれほど難しいことではないようです。
昔は、天気予報も、造船技術も、航海技術もないない尽くしでしたから。天の前にひたすらすがるしかなかったのでしょうね。

花さか爺サンさまは、広島カープの応援のし過ぎで、少し疲れているのでは。まあ、連続優勝目前ですから、仕方のないことですが。お体お大事に。

2017/09/14 (Thu) 20:43

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 走水神社は日本武尊ゆかりの地であるという事は
> スーパー歌舞伎ヤマトタケルを上演するにあたって
> 猿之助一門も舞台成功の祈願に訪れたのでしょうかね。

どうでしょうね。現在の猿之助は好奇心旺盛な人物ですから、イメージを膨らませるために単独でも出かけたかもしれませんね。
我が家では、私だけスーパー歌舞伎ヤマトタケルを見ていません。話の輪に加われないでいます。(^_^;)

> 歴史を鑑みれば皇室とも遠からぬ縁がありそうですが
> 現在はあまり皇室とのお付き合いは無さそうですね。
>
> ryu

昌子内親王の書が残されているくらいですから、明治時代には、それなりのつながりはあったものと思います。その後、敗戦を境に、皇室は旧軍部との繋がりを極力表に出さないように腐心しているように見えます。
ここには、鎌倉宮と違ってお墓があるわけでもないので、そういう緩いつながりで関係を維持したいのだと思います。

2017/09/14 (Thu) 20:56

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> う~拝見してて、、今は休止状態になってる
> 三十三カ所参りを再開しないと、、って(笑))

西国三十三所巡りは、広域なので大変ですよね。そこで、近いし、楽そうだというので流行った秩父札所めぐり。
私も若いころ、少し回ろうと思いました。お馬鹿な所為か、いつも1番から5番くらいまででばててしまい、その先が続きませんでした。後年、車で半分ほどを回りましたが、途中でギブアップしておいてよかったと思いました。実に根性無しなんです。

> 展望スペースからの眺め最高ですね~
> お参りされた方のご褒美かな?^^

さらにその上からだと、もう一段眺めがよくなります。

2017/09/14 (Thu) 22:07

土佐けん  

こんばんは

この神社には包丁塚があるんですね!
僕は料理が好きなので、包丁を結構持っています^^
使い切ったら奉納しに行かなきゃw

2017/09/14 (Thu) 22:11

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 一つの神社では賄いきれないのか、それとも仕事を分担しているのか?
> 神様も細分化されていますね。
> マア なんにでも神宿る国ですから不思議はないんでしょうね。

いわゆる摂社・末社の扱いでしょうかね。大きな神社に行くと、こっちの方が大物じゃないかと思うのが、鎮座ましまして、思わず苦笑い。何にでも手を合わせ、できれば、一箇所ですべてを済ませたい。そういう欲深いお願いが根本にあるのでしょうか?

2017/09/14 (Thu) 22:13

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> この神社には包丁塚があるんですね!
> 僕は料理が好きなので、包丁を結構持っています^^
> 使い切ったら奉納しに行かなきゃw

包丁塚はいろいろなところにありますよね。ですが、ここのものは、いわれが一番古いかもしれませんね。何せ、大伴黒主が日本武尊に料理をふるまって、褒められたという故事にちなんでいるそうですから。大伴黒主って歌人であったばかりでなく、料理の達人でもあったんですね。揮毫も当時の神奈川県知事の津田文吾氏なんですねえ。三崎の海南神社のように、包丁式でもすればいいのに。

2017/09/14 (Thu) 22:21

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今回のメイン、走水神社ですね♪
でも、物凄く急な石段、私には無理かも 汗)
目黒の自然教育園に行かれたとのこと!
私も先日行ってきましたが、彼岸花は蕾でした 泣)
確かにめぼしい花は無く、荒地盗人萩(アレチヌスビトハギ)ばかり撮ってきました 笑)
いつもいつもありがとうございます。

2017/09/14 (Thu) 23:31

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今回のメイン、走水神社ですね♪
> でも、物凄く急な石段、私には無理かも 汗)

そんなことありませんよ。靱帯が細くなっている私でも大丈夫なんですから、楽勝だと思います。沙羅のその上に昌子内親王が揮毫された歌碑があります。さらに、その上には、一種の摂社があります。
その辺でぼーっと海を見ていたら、カッター訓練を終えた防大の学生たちが、少し横にある坂道を駆け上がってきました。防大の校舎まで、駆け足とは。う~~ん、若さには敵いません。

> 目黒の自然教育園に行かれたとのこと!
> 私も先日行ってきましたが、彼岸花は蕾でした 泣)
> 確かにめぼしい花は無く、荒地盗人萩(アレチヌスビトハギ)ばかり撮ってきました 笑)
> いつもいつもありがとうございます。

彼岸花はたくさん咲いていました。私の狙いはナンバンギセルの方でした。2か所で観察できましたが、写真はへたくそなものしか撮れませんでした。ススキに寄生するものだと思っていましたが、茗荷にも寄生するんですね。

2017/09/14 (Thu) 23:55

Leave a reply