掛川に行ってみた(3) - 掛川に行ってみた_2017_Aug&Sep
FC2ブログ

掛川に行ってみた(3)

掛川城観光(3)
天守閣の内部
1層目内部
木造建築だと良くわかる。相当に金をかけた建築物だろう。
1層目内部_1
他のどの藩主よりも山内一豊公がリスペクトされているようだ。名君の誉れが高かったのだろう。
1層目内部_2
1層目内部_3
2層目への階段
天守閣は例外なく急こう配の階段だが、こちらもその例に漏れない。高所恐怖症の私めは、これくらいでも、顔面が引き攣る。
2層目への階段
2層目からの眺望
ここからだと樹木が視界を遮って、掛川西高校の校舎はよく見えない
2層目からの眺望_1
先ほど上ってきた四足門と時の櫓とが見える
2層目からの眺望_2
2層目からの眺望_3
鯱の複製
鯱の複製
正面が二の丸御殿
二の丸御殿へは、相当に下らなけれないけないんだ。はあーっ。この先に富士山が見えるはずだが、残念ながら見えなかった。左側は、二の丸美術館と二の丸茶室。
正面が二の丸御殿_1
正面が二の丸御殿_2
2層目から3層目への階段
踊り場にて。写真を撮る余裕などないのだが、…。滑らないように靴下を脱ぐべきだったかも。
2層目から3層目への階段_1
2層目から3層目への階段_2
3層目からの眺望
2層目からの眺望とどう違うかな。明らかに私の腰が引けているのがわかる。四足門と時の櫓の方角だ。
3層目からの眺望_1
掛川西高校
3層目からの眺望_2
二の丸御殿
3層目からの眺望_3
3層目からの眺望_4
鎧と兜
鎧と兜
天守の仕掛け
天守の仕掛け_1
天守の仕掛け_2
天守から出た位置(天守丸)から
眺望
眺望_1
眺望_2
天守曲輪(天守丸)の冠木門
当時は櫓門だったそうだ
天守曲輪(天守丸)の冠木門
霧吹きの井戸
今川氏真が立てこもる掛川城を徳川家康が攻めた時、井戸から立ち込めた霧が城を包み家康軍の攻撃から城を守ったという伝説がある。たまたま濃霧の発生があったということなのだろうが、不思議なことがあったものだ。井戸の深さも相当なものだったようだ。
霧吹きの井戸_1
霧吹きの井戸_2
室町時代の有名な連歌師宗長が掛川城初期のを書き留めてあった。
1番 丸亀城(香川)   ...65m
2番 福知山城(京都)  ...50m
3番 掛川城(霧吹き井戸)...45m
4番 松山城(愛媛)   ...42m

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年09月06日
最終更新 2017年09月06日

14 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございますお

お城の階段はいつも急だと思います。日々のことなので、鍛えられているとは思いますが、着物を着たり、鎧を着用したり登り下りしにくかったのではないか、滑ってしまう人もいたのではないかといつも思います。トイレも面倒くさそうです。

2017/09/06 (Wed) 06:58

yosaku03  

今日は!

お城は見晴らしの良いところに建てるので眺めは最高ですね。
天気が良かったためか遠くまで見えて最高でしたね。
お城の階段は敵の攻撃を少しでも弱めるための作りになっているともいます。
色々と工夫して作られていると思います。

2017/09/06 (Wed) 15:03

tgryu  

こんにちは。
天主閣からの景色は城主や重鎮でなければ見られなかったでしょうから
誰もが見られる現代は
平和な民主国家ならではの絶景だと噛締めなければなりませんね。
当時の城主もここに登って一国一城の主を
しみじみと実感したのでしょうね。

ryu

2017/09/06 (Wed) 15:05

お千  

こんにちは

時代劇を見ていますと、掛川城というお城の名前がよく出てきました。
なにげなく見過ごしていましたが、私の故郷高知(土佐)とは関係の深いお城のようです。とてもきれいなお城で、
歴史を繰りながら見てたら、もっと身になっていたかと思います。

2017/09/06 (Wed) 15:07

unknown  

AzTakさん

こんにちは
さすが天守閣の造りだけあって、頑丈ですね。
まだ新しさが見えても素晴らしい造りです。

2017/09/06 (Wed) 18:00

x都人x  

今晩は
流石に天守からの眺めは良いですね~
殿様になった気分に^^

お城の階段は登るのは良いですが
降りる時が可なり急で怖いですよね(笑

2017/09/06 (Wed) 18:38

AzTak  

Re: おはようございますお

MTさん、こんばんは。

> お城の階段はいつも急だと思います。日々のことなので、鍛えられているとは思いますが、着物を着たり、鎧を着用したり登り下りしにくかったのではないか、滑ってしまう人もいたのではないかといつも思います。トイレも面倒くさそうです。

戦国時代は周囲が見通せる櫓などに立てこもることも珍しくはなかったでしょうから、上り下りは必然的に大変だったと思います。天守閣は、織田信長のものが最初とかだそうで、この掛川城の山内一豊が築いた天守閣も走りのものだったのでしょうね。
厠は第1層にあったのでしょうかね。それとも屋外に。たぶん後者なんでしょうね。

2017/09/06 (Wed) 19:08

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03さん、こんばんは。

> お城は見晴らしの良いところに建てるので眺めは最高ですね。
> 天気が良かったためか遠くまで見えて最高でしたね。

今の人の感想なんでしょうね。戦が始まったら、秋田県知事が言うように一番危ない居場所かもしれません。

> お城の階段は敵の攻撃を少しでも弱めるための作りになっているともいます。
> 色々と工夫して作られていると思います。

石落としや狭間などがありますよね。いざという時には雑魚寝したのでしょうか?1週間籠城でも大変だったことでしょうね。

2017/09/06 (Wed) 19:24

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 天主閣からの景色は城主や重鎮でなければ見られなかったでしょうから
> 誰もが見られる現代は
> 平和な民主国家ならではの絶景だと噛締めなければなりませんね。
> 当時の城主もここに登って一国一城の主を
> しみじみと実感したのでしょうね。
>
> ryu

初期にはそれこそ城をめぐる攻防があり、かなり役立つ代物だったのでしょうが、江戸に入ってからは、かなり無用の長物だったのかもしれませんね。少数の見張り番しか置かなかったのではないかと思います。
何かの儀式などの折に、藩主自らも上ることがあったのでしょうか?儀式は、城郭御殿で行うのが通常でしょうから、高いところがお好きな藩主でない限り、近寄らなかったのではないかと、勝手に思っています。

2017/09/06 (Wed) 19:37

AzTak  

Re: こんにちは

お千さん、こんばんは。

> 時代劇を見ていますと、掛川城というお城の名前がよく出てきました。
> なにげなく見過ごしていましたが、私の故郷高知(土佐)とは関係の深いお城のようです。とてもきれいなお城で、
> 歴史を繰りながら見てたら、もっと身になっていたかと思います。

若かりし頃の山内一豊が10年間を過ごしたようです。そして、信長に倣って、掛川城にも天守閣を作ったようです。土佐に移るにあたって、掛川のものを参考にして作れといったとか。因果は巡るですが、2度の大地震で掛川には天守閣が無くなってしまいました。それを市民の寄付で再建したのです。
その時に詳細図面などが滅失していたため、今度は高知城を参考にして復元したそうです。
はりまや橋の辺りの旧町名は『掛川』だったとか聞いています。

2017/09/06 (Wed) 19:44

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> さすが天守閣の造りだけあって、頑丈ですね。
> まだ新しさが見えても素晴らしい造りです。

そうですね。再建してくれたからこそ、我々もおこぼれに与ることができたわけです。ありがたいことです。

2017/09/06 (Wed) 19:45

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 流石に天守からの眺めは良いですね~
> 殿様になった気分に^^

私がもし藩主だったら、絶対に上らなかったと思います。いよいよ籠城という時は別でしょうが。

> お城の階段は登るのは良いですが
> 降りる時が可なり急で怖いですよね(笑

あはは、見られちゃいましたか。顔面蒼白で、へっぴり腰もいい感じで、おりました。その前に滑りそうな気がしたので、靴下は脱ぎました。(^_^;)

2017/09/06 (Wed) 19:48

土佐けん  

こんばんは

掛川城、僕達も行きましたが、随分前なので
内部の様子を忘れています(^^;
思い出させて頂きました^^
天守閣からの町の情景、綺麗ですね~~

2017/09/06 (Wed) 21:59

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 掛川城、僕達も行きましたが、随分前なので
> 内部の様子を忘れています(^^;
> 思い出させて頂きました^^
> 天守閣からの町の情景、綺麗ですね~~

旧東海道からほど近い交通至便の場所にあるんですね。いろいろな意味でフットワークが良く行動できる地の利があったように思います。江戸時代のお城としては、絶好のロケーションだったかもしれませんね。

2017/09/06 (Wed) 22:29

Leave a reply