弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(17) - 弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅_2017_Jul
FC2ブログ

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(17)

第2日(4)
第1田んぼアート会場
『青天の霹靂』の稲で『青天の霹靂』の文字が描かれているそうだ。ここに『青天の霹靂』という言葉が登場する意味が分からずにいたが、そういうことだったのか。『青天の霹靂』は、青森県産初の米最高評価「特A」のブランド米だそうだ。一度食べてみたいものだ。
まずは、今年の作品を拝見
2D作品なのだが、ちょっと立体的に見える。すごい迫力だ。
まずは、今年の作品を拝見_1
まずは、今年の作品を拝見_2
無理に1画面にまとめない方がよさそうだ
無理に1画面にまとめない方がよさそうだ_1
無理に1画面にまとめない方がよさそうだ_2
無理に1画面にまとめない方がよさそうだ_3
無理に1画面にまとめない方がよさそうだ_4
展望台のすぐ隣に
こちらはパスさせてもらった
展望台のすぐ隣に_1
展望台のすぐ隣に_2
田んぼアートの記事が載っているページへjump

中央公民館
鳥さんがいた
中央公民館_1
こんな建物
中央公民館_2
村役場の建物
ここはもともと田舎館城があったのだそうだ。それが地名になった。
村役場の建物_1
村役場の建物_2
村役場の建物_3
村役場の建物_4
村役場の建物_5
その他
村有車
村所有車
村の木
サイカチ
村の木
リンゴシャーベット
待ち時間に食べてみた。非常に美味だった。
リンゴシャーベット
あの展望台から見下ろすのだ
あの展望台から見下ろすのだ
水平レベルで確認してみた
『青天』の文字だけは判別できるかなあ。他はわからない。
水平レベルで確認してみた
ついでに田舎館村のPR
ついでに田舎館村のPR
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年07月26日
最終更新 2017年07月26日

14 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

何とも素晴らしい田んぼアートです。
今はコンピューターでシミュレーションして植えているのでしょうか。それも7色の稲を使い分けているなんて!全くをもって頭が下がります。^^

2017/07/26 (Wed) 07:13

みこたん  

おはようございます。

田んぼアートすごいとしか良いようがありません、
絶対いってみたい、いきた~い、
今年は無理なので、来年ここに行く事目標にがんばります。

2017/07/26 (Wed) 10:09

tgryu  

こんにちは。
いやはや村役場庁舎屋上に天主閣まで作っちゃいましたか(@_@;)
田んぼアートと言い、庁舎といい、やることがハンパ無いですね。
これが村民の生活向上につながればいう事無しですが・・・・。


ryu


2017/07/26 (Wed) 10:27

yosaku03  

今日は!

田んぼアートが見事ですね。
可成り立体的に見え複雑な絵柄が凄いと思います。
細かいところまで綺麗に出ていて作りなれている感じがします。
田んぼアートは上から見ないと何が描かれて居るか分からないので高い建物が必要です。
此処にも立派な建物と展望台があるようですね。
お城も立派で最近作られたようですね。

2017/07/26 (Wed) 13:04

x都人x2  

今晩は
本当に凄すぎ~ですよね!
全部稲だけでこれだけ見事に
アート作品にするんですから、、、

最初に考えた人凄いですね^^

2017/07/26 (Wed) 18:40

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
リンゴシャーベット、ぜひ口にしてみたいですねえ
柿シャーベットは熟柿をそのまま置いておけば冬にはシャーベットになり、熊の大好物です。

2017/07/26 (Wed) 19:24

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 何とも素晴らしい田んぼアートです。
> 今はコンピューターでシミュレーションして植えているのでしょうか。それも7色の稲を使い分けているなんて!全くをもって頭が下がります。^^

多分、コンピュータで設計していると思います。もちろん、原画は手で描くと思います。それをスキャンする。問題はそこから先ですね。一番てっぺんを持ち上げて上から下まで同じ距離に納まるようにすればよいのでしょうが、キャンバスが水田です。そういう訳にはいかないでしょう。
さすれば、人間の錯覚を利用して、実物に近く見えるようにするんだと思います。計算して、植える位置をプロットするんだと思います。そういうソフトがあれば、出来上がりの想像図もわかるんだと思います。

私が勝手にそう思っているだけです。違っているかもしれません。

2017/07/26 (Wed) 19:42

AzTak  

Re: おはようございます。

みこたんさん、こんばんは。

> 田んぼアートすごいとしか言いようがありません、
> 絶対いってみたい、いきた~い、
> 今年は無理なので、来年ここに行く事目標にがんばります。

頑張ってみてください。私は、昨日の高校野球の応援に行き、母校が最後の最後にエラーがらみで負けたことがショックで、今は何も考える気力が起きません。いつも今頃負けておしまいなんです。

2017/07/26 (Wed) 19:46

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> いやはや村役場庁舎屋上に天主閣まで作っちゃいましたか(@_@;)
> 田んぼアートと言い、庁舎といい、やることがハンパ無いですね。
> これが村民の生活向上につながればいう事無しですが・・・・。
>
>
> ryu

本当にその昔、役場の東側あたりに田舎館城があったのだそうです。村の関係者にすれば、何らかの形で村おこしをしたかったのかもしれませんね。私見、ここに足を運んでびっくり仰天。やることが半端じゃないと、痛感しました。ここまで徹底的にやれば、もはや痛快かもしれません。

築城年代は定かではないが建武3年・延元元年(1336年)以前に工藤氏あるいは安保弥五郎入道によって築かれたと云われる。建武3年と4年に起こった田舎楯合戦で大光寺城主曾我太郎貞光と戦っていることから、この頃には城館があったと見られている。
文明7年(1475年)浅瀬石城主千徳正久の二男千徳大三郎貞武(政実)が改修して田舎館城を居城とした。
天正13年(1585年)千徳掃部政武の時、大浦為信によって攻められ落城し滅亡した。

2017/07/26 (Wed) 19:55

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 田んぼアートが見事ですね。
> 可成り立体的に見え複雑な絵柄が凄いと思います。
> 細かいところまで綺麗に出ていて作りなれている感じがします。

取り組んで早四半世紀が建つそうです。ノウハウもつくことなんでしょうね。

> 田んぼアートは上から見ないと何が描かれて居るか分からないので高い建物が必要です。
> 此処にも立派な建物と展望台があるようですね。
> お城も立派で最近作られたようですね。

最近造られた建物なんでしょうが、500年前には間違いなくこのすぐ近くにお城が建っていました。その名も田舎館城です。なんでまた、卑下するような名前を付けたのか真意のほどはわかりませんが、現在の住民の方たちは、嫌な名前だとは思っていないようです。

2017/07/26 (Wed) 20:00

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人x2さん、こんばんは。

> 本当に凄すぎ~ですよね!
> 全部稲だけでこれだけ見事に
> アート作品にするんですから、、、

古代米もいる色種類があるようで、それでも使える色数は10色以内でしょうから、大変だと思います。それで大向こうをうならせる。大したものです。

> 最初に考えた人凄いですね^^

それは、私ではありません。当たり前です。
最初はお遊びみたいなものから始めたようですが、皆さん、あきらめなかったのでしょうね。実に粘り強いものです。

2017/07/26 (Wed) 20:18

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> リンゴシャーベット、ぜひ口にしてみたいですねえ
> 柿シャーベットは熟柿をそのまま置いておけば冬にはシャーベットになり、熊の大好物です。

物凄くおいしいモノでした。シャーベットも、黒崎で飲んだリンゴジュースも非常に美味でした。
熟柿のシャーベットですか。これまたおいしそうですね。それにつられて、本物の熊さんが出没しそうです。

2017/07/26 (Wed) 20:22

土佐けん  

こんばんは

田んぼアートも素晴らしいですね^^
特Aのお米? 近所のスーパーでは売っていません(^^;
デモ日本人にはお米です! 食べてみたいです~~

2017/07/26 (Wed) 22:05

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 田んぼアートも素晴らしいですね^^
> 特Aのお米? 近所のスーパーでは売っていません(^^;
> デモ日本人にはお米です! 食べてみたいです~~

私も特Aの米なんて食べたことがありません。よくお米の話になるとTVに引っ張り出されるお米マイスターの店が近くにあります。その店にはもしかしたら置いてあるかなあ。
まだ、流通量がそれほどでもないかもしれませんね。

PS.8月末に申し込んでいた四国のお城完全制覇のツアーは催行中止になってしまいました。四国にはまた、いつか別の機会に行きたいと思います。

2017/07/26 (Wed) 22:36

Leave a reply