山手西洋館のバレンタイン飾り付けを見に行った(3) - 山手西洋館のバレンタイン飾り付けを見に行った_2017_Feb
FC2ブログ

山手西洋館のバレンタイン飾り付けを見に行った(3)

山手111番館(3)
この家屋は、ラフィン夫妻が結婚する長男のために1926年(大正15年)に建てたものである。関東大震災の直後のやや小じんまりした建物だ。長男夫婦は5人家族だったとかで、ちょうどよい大きさだったかもしれない。
その他の1階の様子
ホール
この吹き抜けの贅沢な空間。どうしてくれようか。
ホール_1
ホール_2
煙道のために2階の回廊が少し張り出しているんだ。お立ち台というわけではないようだ。
ホール_3
暖炉はあたたかい家庭の象徴だったのかも。前述した通り、ダイニングルーム側の暖炉と煙突を共用している。
ホール_4
南西側はこんな感じ。外はパーゴラがしつらえてあるので、暑くも寒くもないちょうどよい感じだったと思われる。その上、素敵な前庭が広がる。う~~ん。
ホール_5
ホール_6
暖炉の上に置かれた寄贈品の置き時計
ホール_7
床はこんなにきれい。寄木細工を思わせるナラ材の床面だ。相当なお金をかけたと思う。
ホール_8
ダイニングルームからの眺め
ブラフのうまい使い方だと思う。昔はこんなレベルの眺望ではなかったんだろう。ヒマラヤスギの先にはベイブリッジがかろうじて見えるが、目隠しされているような感じだ。文学館などの建物も眺望の障害になってしまっている。
ダイニングルームからの眺め_1
ダイニングルームからの眺め_2
ダイニングルームからの眺め_3
配膳室
動線を考えたうまい設計になっていた。設計者J.H.モーガンの非凡な才能の発露だろう。
配膳室
厨房
調理用機器は新しいものになっていた。職員用に電磁調理器が設置されていたが、ここは当時もあっただろうガス機器の方が良かったのではなかろうか?
厨房
展示室(WEST)
以前は居室として使用されていたのだろう
展示室(WEST)_1
展示室(WEST)_2
浴室
いわゆるアメリカンスタイルなんだろう。トイレ、洗面所、バスが同じ部屋。どうにも抵抗がある。暖房が用意されているのは良いことだと思う。
浴室
展示室(EAST)
以前は居室として使用されていたのだろう
展示室(EAST)
浴室前の通路
浴室前の通路
浴室前に作り付けられたタンス
階段箪笥もどきだ。下着やタオル、足ふきマットなどの収納に重宝したのでは。
浴室前に作り付けられたタンス
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2017年02月16日
最終更新 2017年02月16日

14 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

ピカピカの床に広いバスルーム、キッチンなどなど、あまり見ることのない、洋館の様子がよくわかります。なんか面白そうで、横浜の洋館は機会があれば、一度訪ねて見たいです。

2017/02/16 (Thu) 05:39

ノース  

こんにちは。

山手西洋館111番館、お洒落ですね!
また、ここにバレンタインの飾り付けを見学に行かれるAzTakさんもお洒落ですね~^^
建物も歴史を感じいい雰囲気ですね!
山手外人墓地辺りは昔30数年程前でしょうか行ったことがありますが懐かしく拝見させていただきました^^

2017/02/16 (Thu) 14:40

senri32  

凄い

床材が「凄い」。

2017/02/16 (Thu) 17:50

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
ダイニングルームからの眺め。
ヒマラヤ杉やら文学館などは何時頃のモノなんでしょうか?
無粋なモンですね。
と、勝手に思ってしまいます。

2017/02/16 (Thu) 19:10

tgryu  

こんばんは。
今日、タイから無事帰国しました。

厨房などは建設当時からどのくらい改装されたのははわかりませんが
ガズ台はともかく昨今の厨房と大差ありませんね。
猫脚のバスタブなどは欧米映画の中でシャボンの中で入浴するスタイルに
妙な憧れがありましたが、ようく考えたら汚れの中に身を浸けるわけですから
最後にシャワーを浴びなければなりませんね(^_^;)。
でも映画の中でシャワーは浴びずシャボンを直接ふき取っていたような・・・。


ryu

2017/02/16 (Thu) 19:50

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> ピカピカの床に広いバスルーム、キッチンなどなど、あまり見ることのない、洋館の様子がよくわかります。なんか面白そうで、横浜の洋館は機会があれば、一度訪ねて見たいです。

横浜市所有の西洋館はすべて入場料無料です。だからといって、程度が良くないなどということはなく、かなり手を入れてしっかり維持していると思います。その当時の生活ぶりが窺い知れるので、一度足を運ぶ価値があると思います。
坂を降りれば元町商店街や中華街がすぐです。これまた有難い環境です。

2017/02/16 (Thu) 21:05

AzTak  

Re: こんにちは。

ノースさん、こんばんは。

> 山手西洋館111番館、お洒落ですね!
> また、ここにバレンタインの飾り付けを見学に行かれるAzTakさんもお洒落ですね~^^
> 建物も歴史を感じいい雰囲気ですね!
> 山手外人墓地辺りは昔30数年程前でしょうか行ったことがありますが懐かしく拝見させていただきました^^

外国人墓地は、今は週末は寸志を納めて内部を見学することができます。また、当時はなかった西洋館巡りができます。随分変わりました。30年前とでは大違いです。かなりおしゃれな町並みになったと思います。時間があれば、見に来られてはいかがでしょうか。

私が初めてこの界隈を歩いたのは60年近く前です。桑田武(真澄さんではありません)選手が新人王になった年です。まだ接収が解除になっていないところもありました。その頃からすると、相当に変わりました。まるっきり違う街のような気さえします。

2017/02/16 (Thu) 21:15

AzTak  

Re: 凄い

senri32さん、こんばんは。

> 床材が「凄い」。

日本に住むきっかけとなったのが、船舶修理の間の箱根滞在でのミヨさんとの大恋愛。場所は箱根だったようです。多分、そこでラフィン氏は箱根の寄木細工などを見ていたんだと思います。そんなイメージの床ですね。

アメリカ人の両替商ラフィン(J.E.Laffin)は、乗船していた船に修理の必要が生じ、予定に無かった横浜に立ち寄ることとなった。修理を待つ間箱根に出かけたラフィンは、そこで出会ったミヨと大恋愛の末結婚し、横浜で暮らす。

2017/02/16 (Thu) 21:21

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ダイニングルームからの眺め。
> ヒマラヤ杉やら文学館などは何時頃のモノなんでしょうか?
> 無粋なモンですね。
> と、勝手に思ってしまいます。

居住者からすれば悔しいでしょうが仕方がないことでしょうね。こんな場所に文学館を2つも作る必要なんてどこにもないじゃないか。そう言いたいと思います。でも、2階に上がると多少視界は良くなります。

2017/02/16 (Thu) 21:24

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは。
> 今日、タイから無事帰国しました。

tgryuさん、こんばんは。そしてお帰りなさい。
丁度寒くないときに帰国でよかったですね。

> 厨房などは建設当時からどのくらい改装されたのははわかりませんが
> ガズ台はともかく昨今の厨房と大差ありませんね。

多分、厨房のサイズって、向こうのものが標準になっているんだと思います。なので調理器具だけ変えれば、サイズ的にはうまくおさまるのかもしれませんね。

> 猫脚のバスタブなどは欧米映画の中でシャボンの中で入浴するスタイルに
> 妙な憧れがありましたが、ようく考えたら汚れの中に身を浸けるわけですから
> 最後にシャワーを浴びなければなりませんね(^_^;)。
> でも映画の中でシャワーは浴びずシャボンを直接ふき取っていたような・・・。
>
>
> ryu

私もよく知らないのですが、映画のシーンが正しいようですね。でも、石鹸成分が残ったままの状態でバスタオルで拭くのはやや抵抗があります。まあ、日本人も温泉に入ったあとに温泉成分を洗い落とすようなもったいないことはしませんから、同じことなのかなあ???

2017/02/16 (Thu) 21:33

土佐けん  

こんばんは

さすが、西洋館ですね!
屋根が高く、空間を贅沢に使った部屋
僕達の子供の頃の日本建築とは全く違いますね~

2017/02/16 (Thu) 22:48

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、お早うございます。

> さすが、西洋館ですね!
> 屋根が高く、空間を贅沢に使った部屋
> 僕達の子供の頃の日本建築とは全く違いますね~

吹き抜けなんて、日本家屋では考えにくい代物ですよね。その分、2階空間は極めて贅沢になっていました。
子供部屋は1階にしたのでしょうかね。色々考えさせられる建物でした。

2017/02/17 (Fri) 05:25

ぴあの  

春一番です~~
飛ばされてしまう・・
こんな日は引篭もりが妥当ね

広いお屋敷ですよね
どの様に暮らしていたのか想像しても
どっぷり庶民暮らしのわたしには
想像もつかず
映画で見る様子しか思い浮かばないワ

狭いお部屋でおしくら饅頭の日本の庶民の暮らしも
またいいものだったような

2017/02/17 (Fri) 11:55

AzTak  

Re: タイトルなし

ぴあのさん、こんばんは。

> 春一番です~~
> 飛ばされてしまう・・
> こんな日は引篭もりが妥当ね

そうでしたね。ですが、最近少しのめり気味の鳥撮りさん。冬鳥がいなくなってしまう前に見ておきたいと、都区内では一番可能性がありそうな新宿御苑に行きました。結果は、大外れ。花粉症じゃなくても、大変な目に遭いました。
でも、ただひとつ良いことが。オシドリがいたんです。野生のオシドリが何十羽もいました。二十羽くらいかな。証拠写真レベルですが、何とか撮れました。

> 広いお屋敷ですよね
> どの様に暮らしていたのか想像しても
> どっぷり庶民暮らしのわたしには
> 想像もつかず
> 映画で見る様子しか思い浮かばないワ
>
> 狭いお部屋でおしくら饅頭の日本の庶民の暮らしも
> またいいものだったような

このお屋敷は庭まで含めると広いですが、建物自体はそんなに大きくありません。ただし、優雅な使い方をしています。
日本人には考えつかない使い方ですね。

2017/02/17 (Fri) 19:53

Leave a reply