飛鳥山公園(1) - 飛鳥山公園_2012_September
FC2ブログ

飛鳥山公園(1)

共に国の重要文化財に指定されている青淵文庫と晩香廬とを見たいと思い、飛鳥山公園に行った。
順路からすれば、まず最初に飛鳥山公園を楽しみ、渋沢史料館とその付属施設になっている青淵文庫と晩香廬とを見て回り、ついでに都電が走るさまを見たいと考えた。

飛鳥山公園

歌川広重『名所江戸百景』より「飛鳥山北の眺望」
昔はこういうふうに富士山が拝めたのだろう
歌川広重『名所江戸百景』より「飛鳥山北の眺望」
飛鳥山公園全景(フリーウェアファイルから引用)
飛鳥山公園全景(フリーウェアファイル)

飛鳥山公園モノレール(あすかパークレール)
王子駅からすぐのところに飛鳥山公園モノレールがある。無料の乗り物だ。面白そうだし、都電の走るさまを見られるかもしれないと思ったが、残念、その時は通らなかった。
飛鳥山公園モノレール_1
飛鳥山公園モノレール_2
飛鳥山公園モノレール_3

桜の木ほか
一挙に山上に到達。子供たちが校外学習に来ているようで、すこぶる賑やか。でも、徳川八代将軍吉宗が整備した桜の名所という割には極めて狭い感じ。地方に行けば、殆どの桜の名所がここより広いはずだ。吉宗の時代は、歩くか駕籠かしか移動手段はなく、遠くから花見に来る人は少なく、この程度でも十分だったのかもしれない。
当時の桜の品種は、山桜や江戸彼岸が主だったようだが、現在の桜の大半は明治以後に全国に広まった染井吉野で、同じ品種を見ているわけでは無さそう。
桜の木
山上_1
少し低いところにある時計塔
山上_2
一段低い広場
山上_3

幾つかの碑文
山上には、幾つかの碑文がある。
いずれも碑文が見えにくくなっていて、一応、写真も撮ったがはっきりしない。調べてみると、文章が結構難解な文章のようで、見えなくて却ってよかったかも。
飛鳥山の碑 - 1737年(元文2年)建立。飛鳥山の由来を記したもの。あまりに難解な漢文であるため、江戸時代は読めない碑として知られた。
桜賦の碑 - 1881年(明治14年)建立。佐久間象山の書いた「桜賦」を、門弟勝海舟の意で碑にしたもの。
船津翁の碑 - 1899年(明治32年)建立。大久保利通の招きで駒場農学校農場監督となり、後に西ヶ原の農事試験場技師として農業の発展に努めた船津伝次平の功績を顕彰するもの。

平和の女神像
日本と中国の国交正常化を記念し制作されたものらしい。それから40年後、再び、日中関係がきな臭くなりつつある。40周年記念行事も取り止めになり、この先どうなることやら、心配である。尖閣諸島の辺りはメタンハイドレートの宝庫と言われていて、中国としては、なんとしてもぶん取りたい土地なのだろう。
像には責任のない話だが、暫く揉めることになるかもしれない。
平和の女神像_1
平和の女神像_2

遊戯施設など
遊園地というほどではないが、ちょっとした遊戯施設などがある。
D51
D51_1
D51_2
都電
都電
遊戯施設
遊戯施設

飛鳥山の高さ
北区が飛鳥山の標高を調べたところ、標高25.3mだったらしい。地形図で調べてみると、「飛鳥山」との表記がないそうだ。公式には山と認められていないらしい。もっと低くても山として認められている例はあるのに何故。地形図に載せていないのは、作成上の都合らしい。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年09月28日
最終更新 -0001年11月30日

4 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
飛鳥山公園は名前だけで行ったことはありません 泣)
行ったことがない後援でもAzTakさんの写真を見ていると
ゆっくりと散策している気持ち名なるから不思議だ♪
ありがとうございます。

2012/09/28 (Fri) 03:20

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!
> 飛鳥山公園は名前だけで行ったことはありません 泣)
> 行ったことがない公園でもAzTakさんの写真を見ていると
> ゆっくりと散策している気持ちになるから不思議だ♪
> ありがとうございます。

公園も若干興味が無くはなかったのですが、実は次回取り上げる青淵文庫に興味があったのです。こちらだけは、最近、内部の撮影を許していると聞き、しかも、大正ロマンをかきたてる感じの建物だったので、どうしても行きたかったのです。
そして、ついでに、都電荒川線が、王子駅前から飛鳥山駅間を∫記号のような感じで走るさまを見てみたかったのです。

王子駅前には、仕事で行ったことがありますが、都電をチラと視野に入れた程度で、飛鳥山公園とも縁がありませんでした。標高25.3mの登山は私にも楽にできそうです。というか、餓鬼の頃、これくらいの山は毎週のように駆け回っていました。

2012/09/28 (Fri) 06:55

マック渡辺  

AzTakさんこんにちは
私もだいぶ前に飛鳥山公園に行ったことがありますが
飛鳥山公園モノレールが有ることは知りませんでした。

公園全景の写真好きです。撮影場所は東京ストアーかな?

夜景も撮れるのでしょうか 青淵文庫の写真楽しみにしています。

2012/09/28 (Fri) 17:40

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさんこんにちは

マック渡辺さん、こんばんは。

> 私もだいぶ前に飛鳥山公園に行ったことがありますが
> 飛鳥山公園モノレールが有ることは知りませんでした。

飛鳥山公園モノレールは平成21年7月17日運用開始だそうです。3年ちょっと経過していることになりますね。話には聞いていたのですが、結構な眺めです。たまたま乗っている間に都電が走って来なかったので、2~3往復しようかと思ったくらいです。爺さんなのに大人気ないと思ってやめました。

> 公園全景の写真好きです。撮影場所は東京ストアーかな?

ごめんなさい、この写真はパブリックドメインのものを使用させていただきました。見た限り、飛鳥山より高そうな建物がなかったので、空撮かなと思っていたのですが、気になって調べてみました。
写真の見え方からからして、東武ストアではなく北とぴあの17階展望ロビーからの撮影じゃないかと思います。残念、知っていれば、自分で撮影したものを。

> 夜景も撮れるのでしょうか 青淵文庫の写真楽しみにしています。

晩香廬と青淵文庫は午前10時~午後3時45分に公開…とありますから、夜景は無理でしょう。
青淵文庫は、以前は館内の撮影が禁止だったのですが、現在は庭に面した応接室のみ撮影可となっています。2階は企画展準備中のため、立入禁止でした。
晩香廬は屋内撮影禁止です。
本館入場券300円で、晩香廬と青淵文庫の中にも入ることができます。入らなければ、無料ですね。
渋沢栄一は確かに新時代を生き抜いた経済界の傑物だとは思いますが、あまりに偉い、偉いを連発されると、却ってつまらなく思えてきてしまいます。

青淵文庫の写真は結構撮りましたが、あまり自信がありません。マック渡辺さんに見本を示してもらいたいくらいです。

2012/09/28 (Fri) 20:13

Leave a reply