北鎌倉の寺院を見て歩く(13) - 北鎌倉の寺院を見て歩く_2016_Sep
FC2ブログ

北鎌倉の寺院を見て歩く(13)

東慶寺(2)
季節の花ほか
東国花の寺百箇寺の一つだけあって、春夏秋冬、美しい花に囲まれている。女性の拝観者が圧倒的に多い寺だから、好評なことだろう。
季節の花ほか_1
季節の花ほか_2
季節の花ほか_3
季節の花ほか_4
季節の花ほか_5
季節の花ほか_6
季節の花ほか_7
季節の花ほか_8
季節の花ほか_9
季節の花ほか_10
季節の花ほか_11
季節の花ほか_12
季節の花ほか_13
季節の花ほか_14
イワタバコはこんな花(PDF画像を借用)
季節の花ほか_15
季節の花ほか_16
季節の花ほか_17
季節の花ほか_18
季節の花ほか_19

頌徳碑
鈴木大拙の経済的援助をしたといわれる安宅弥吉を顕彰するための碑。これだけの碑を遺してもらったら、安宅弥吉翁も光栄に思ったことだろう。『自安』という熟語には、ちょっとびっくりした。我が故郷に『自安我楽(じゃんがら)念仏踊り』というものが伝承されているが、それと同じ用法のように思えた。
鈴木大拙の縁からだろうか。東慶寺には文化人の墓が多いことでも有名で、檀家の墓地には鈴木大拙のほか、西田幾多郎、岩波茂雄、和辻哲郎、安倍能成、小林秀雄、高木惣吉、田村俊子、真杉静枝、高見順、三枝博音、三上次男、東畑精一、谷川徹三、野上弥生子、前田青邨、 川田順、レジナルド・ブライスらの墓があるそうだ。
頌徳碑
松ヶ岡文庫入口にある「自安」と刻まれた頌徳碑は、鈴木大拙の経済的援助をしたといわれる安宅弥吉を顕彰するため、大拙が建てたもの。安宅弥吉は、大拙と同郷の実業家。碑には「財団法人松ヶ岡文庫設立の基礎は君の援助によるもの」と刻まれている。

はまれぽ『松ヶ岡文庫』紹介記事の頁へjump

用堂女王の墓
兄の護良親王の菩提を弔う為に東慶寺に入り、その後この寺の五世住持となったのか。この方の住持就任以降、東慶寺に箔がついたんだ。
用堂女王の墓_1
用堂女王の墓_2
用堂女王の墓_3
用堂女王の墓_4
用堂女王の墓_5
石碑には「後醍醐天皇皇女」と刻まれていますが、南北朝時代の後醍醐天皇の皇女用堂尼が兄の護良親王の菩提を弔う為に東慶寺に入り、その後当寺の五世住持となっており、以後東慶寺は「松岡御所」と称されることとなったようです。
墓は「やぐら」と呼ばれる横穴式の納骨窟または供養堂の中にありますが、鎌倉時代から室町時代にかけて鎌倉を中心に武士、僧など上流階級の墓として多く造られていたようです。


第五世用堂尼の説明頁にjump

寒雲亭
1788年(天明8年)から翌年にかけて同じ間取りで再建されたものか。それにしても、所有者が転々としているなあ。なお、裏千家の今日庵にも寒雲亭が再建されているとのことだ。経緯からして東慶寺のほうが古そうだ。
寒雲亭
書院と本堂の向かいに茶室・寒雲亭がある。 寒雲亭は千宗旦の遺構で、最初のものは1648年に造られ、裏千家で最も古いお茶室とされる。ただし1788年(天明8年)正月に京都で大火があり、伝来の道具や扁額、襖は持ち出すことができたが、茶室は隣合わせだった表千家・裏千家共にすべて焼失している。従って現在残るものは1788年から翌年にかけて同じ間取りで再建されたものである。東慶寺の寒雲亭は明治時代に京都の裏千家から東京の久松家(元伊予松山藩久松松平家)に移築され、その後、鎌倉材木座の堀越家を経て1960年(昭和35年)に東慶寺に寄進・移築されたものである。千宗旦の「寒雲 元伯七十七歳」の扁額がある。 

寒雲亭の説明頁にjump

山門
丁寧に見送ってくれる感じがした。東慶寺は東慶寺なりに関東大震災後の再建を図ったようだ。
山門_1
山門_2

以上で『北鎌倉の寺院を見て歩く』シリーズはおしまいです。最後までご覧いただきありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年10月24日
最終更新 2016年10月26日

11 Comments

There are no comments yet.

tgryu  

おはようございます。
東慶寺は歴史に翻弄された印象もありますが
表面的な姿や主は時代とともに変えながらも
この苔むした大地は変わることなく
人間の悲喜こもごもを全て受け止め見守ってきたのでしょう。
その包容力こそ東慶寺の魅力かもしれませんね。

ryu

2016/10/24 (Mon) 05:49

tugumi365  

暖かい格好で

今日から札幌との事ですが、かなり寒いです。帽子はもちろんですが 暖かい服装でお出掛け下さい。

2016/10/24 (Mon) 07:15

八咫烏(冬眠中)  

東慶寺、行ったことがあるだけに昔の記憶を
探りながら拝見させていただきました。
北鎌倉の雰囲気があまりにもおとなしすぎて、
ちょっと最近は敬遠している感があったので
今回の一連の記事は大変ありがたかったです^^

2016/10/24 (Mon) 10:26

hiroki-nara  

こんばんは

花は良いですね。

癒してくれます。

2016/10/24 (Mon) 20:14

AzTak  

Re: 暖かい格好で

tugumi365さん、こんばんは

> 今日から札幌との事ですが、かなり寒いです。帽子はもちろんですが 暖かい服装でお出掛け下さい。

朝里グラッセホテルに到着し、遅い夕食を食べてきました。
旭川もどこもかしこもものすごい雪で、旭山動物園では氷点下でした。動物がかわいそうに思いましたが、喜んでいる動物もいるんでしょうね。
カメラとレンズとを十分乾かさないといけません、

2016/10/24 (Mon) 20:20

AzTak  

Re: タイトルなし

八咫烏さん。こんばんは。

> 東慶寺、行ったことがあるだけに昔の記憶を
> 探りながら拝見させていただきました。
> 北鎌倉の雰囲気があまりにもおとなしすぎて、
> ちょっと最近は敬遠している感があったので
> 今回の一連の記事は大変ありがたかったです^^

北鎌倉は何十回も下車していますが、恥かしながら東慶寺に関しては、境内に入るのが初めてでした。やっぱり一度行った位ではよくわかりません。何度か通わないといけませんね。

今日は猛烈日程でした。旭山動物園は、激しい降雪。気温は氷点下。湿った雪がどんどん降り続くので、カメラとレンズとがいかれてしまわないか気になりました。

2016/10/24 (Mon) 20:25

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

hiroki-naraさん、こんばんは。

> 花は良いですね。
> 癒してくれます。

そうですね。花の寺になっているところには、入る前から期待して入ります。期待はほぼ裏切られない感じです。

旭川などは雪が激しくて参りました。明日は晴れるといいのですが。

2016/10/24 (Mon) 20:28

土佐けん  

こんばんは

シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
やはり神社仏閣は最高です!
最後に可愛いお花を見せて頂き、
助手が笑顔です♪

2016/10/24 (Mon) 22:04

senri32  

あのですね

北の国の寒さは、ご存じでしょうから、何も言いません。一つだけ。9月の上旬で皮ジャン着てましたから、私。なんで、そんなに、強行スケを組むのですか、私には、よくわかりません。隠居生活しているのではなさそうですね。

2016/10/24 (Mon) 22:19

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> シリーズ最終回、お疲れ様でした^^
> やはり神社仏閣は最高です!
> 最後に可愛いお花を見せて頂き、
> 助手が笑顔です♪

まあ、こういうお寺さんもあったという事です。ちょっとなごみますよね。

2016/10/25 (Tue) 00:19

AzTak  

Re: あのですね

senri32さん、こんばんは。

> 北の国の寒さは、ご存じでしょうから、何も言いません。一つだけ。9月の上旬で皮ジャン着てましたから、私。なんで、そんなに、強行スケを組むのですか、私には、よくわかりません。隠居生活しているのではなさそうですね。

私がむちゃくちゃに日程を組んだのではなく、そういうツアーに乗ったという事です。季節外れなので、格安なんです。
大雪が降るのまでは想定していませんでしたが。

2016/10/25 (Tue) 00:22

Leave a reply