自然教育園(3) - 自然教育園_2016_Sep
FC2ブログ

自然教育園(3)

武蔵野植物園
カタクリとか福寿草とか、結構珍しい花さんが観察できる武蔵野植物園。でも、この日は端境期なのか、あまりめぼしい花さんがなかった。
ナンテンハギ
葉は小葉2枚からなり、『フタバハギ』の別名もあるそうだ。花の形がいかにもマメ科の花らしい。
ナンテンハギ_1
ナンテンハギ_2
アサザ
ミツガシワ科アサザ属の多年草。夏から秋にかけて黄色の花を咲かせるそうだが、アサザと同様に花を咲かせる気配なし。残念。
アサザ_1
参考までに花が咲く時期の画像をPDFから借用する。
アサザ_2
ヒツジグサ(未草)
花期は6月~11月。 未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、 この名がつけられたというが、どうも花が咲くような様子はなかった。花の色は白色。スイレン科スイレン属の水生多年草。
ヒツジグサ_1
参考までに花が咲く時期の画像をPDFから借用する。
ヒツジグサ_2
キバナアキギリ
台風通過直後で、横に倒れてしまっていて、非常に見難い。これも『あるがままの自然教育園らしくて、いいかな』と思った次第。
キバナアキギリ_1
キバナアキギリ_2
ノハラアザミ
こうしてみると、意外に綺麗な花さんだ。上品な感じに見える。
ノハラアザミ
アブラススキ
すすきに似た外見で穂先が多少脂分を分泌していて、この名がついたそうだ。展示対象たる草花には手を触れないことを原則としているが、これだけは軽く触れてみた。う~~ん、かすかに脂っぽいかなあ。
アブラススキ_1
アブラススキ_2
フジバカマ
古くから親しまれた花。かつては日本各地の河原などに群生していたが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されているそうだ。『フジバカマ』と称する植物が、観賞用として園芸店で入手でき庭にも好んで植えられるが、正統のフジバカマでは無さそうだ。
フジバカマ
オオカマキリ?
カマキリはスズメバチの天敵だそうだ。みだりにカマキリをいじめてはいけなさそうだ。
オオカマキリ?_1
オオカマキリ?_2
ニホンカナヘビ?
自然観察グループの一行と思しき女性たちの集団が脱皮していると騒いでいた。それから暫く周りを取り囲んで動こうとしない。貴重な瞬間を見ることができなかった。脱皮した脱け殻はどこに行ったの?その辺に落っこちたのかなあ?それとも記念に持ち帰った?傍迷惑なことだなあ。
ニホンカナヘビ?_1
ニホンカナヘビ?_2
イヌコウジュ
生薬の香需に似ているが、役に立たないことからつけられたとか。ちょっと可愛そうな命名だなあ。愛犬家が怒りそうだ。
イヌコウジュ
オオナンバンギセル
帰途、水生植物園で見つけた。こんなところにあったのか。季節は過ぎてしまったが、自分のための備忘で記載しておこう。
ススキやノガリヤスなどのイネ科の単子葉植物の根に寄生するのか。確かにすすきの草むらにあった。花期は7-9月だそうだが、まだ9月なのにとっくに終わっている。夏の盛りが旬なのかなあ。

オオナンバンギセル_1
オオナンバンギセル_2
オオナンバンギセル_3
参考までに元気の良い時期の画像をPDFから借用する。
オオナンバンギセル_4

以上で『自然教育園』のミニシリーズは終了です。最後まで、ご覧いただき有難うございます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年09月25日
最終更新 2016年09月25日

10 Comments

There are no comments yet.

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
アレまあ
カマキリはスズメバチの天敵なんですか~
ぜひ、ウチの周りで大繁殖して貰いたいものです!!
カマキリさん、頼むよお!!

2016/09/25 (Sun) 12:39

めぐる  

こんにちは

ヒツジグサが重なり合うような水面模様がとても好きです。
季節感と共に何かホッとするような自然美だと思います。

2016/09/25 (Sun) 13:07

tgryu  

こんにちは。
戦後まもない頃までが23区でも郊外ではこのような自然がわずかに残っていたのでしょうね。
柴又に叔母が住んでいるんですが昭和40年前頃までは周囲に田んぼがあだありましたよ。
子供心に東京もけっこう田舎が残っていると感じたもです。

ryu

2016/09/25 (Sun) 13:54

ぴあの  

あららら~~^
気持の悪い子が居ましたね

わたしンちに長年住みついているヤモリが居るのですよ・・・
「家を守る」いい子だそうなのよ
でも
突然出て来るからビックリするンです

2016/09/25 (Sun) 19:53

ふくみみ  

役に立たないから、ゴンズイとかイヌコウジュとかって、なんか面白い命名ですね。
楽しく勉強?させていただきました。(^^

かなへび?も久しぶりに見ました。
最近見かけないです。

2016/09/25 (Sun) 20:36

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> アレまあ
> カマキリはスズメバチの天敵なんですか~
> ぜひ、ウチの周りで大繁殖して貰いたいものです!!
> カマキリさん、頼むよお!!

カマキリは、己が身体を周囲の色で目立たないようにし、奇襲をかける名人です。すきあらば、大鎌を振りかざして一瞬でスズメバチをも仕留めるそうです。
ですが、不幸にして攻撃をかわされ、反撃されると逆にイチコロらしいです。

2016/09/25 (Sun) 20:37

AzTak  

Re: こんにちは

めぐるさん、こんばんは。

> ヒツジグサが重なり合うような水面模様がとても好きです。
> 季節感と共に何かホッとするような自然美だと思います。

そう言えば、むちゃくちゃ重なっていますね。同じ生命体の一部だから喧嘩にならないのでしょうが、人間だったら息苦しくてたまらん状態かもしれませんね。
此処は、本当に小さな水たまりで、いつもカツカツしか水がありません。それがこのところの異常とも言えるような秋の長雨で、ちょっと勢いが復活してきたのではないかと思います。

2016/09/25 (Sun) 20:45

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 戦後まもない頃までが23区でも郊外ではこのような自然がわずかに残っていたのでしょうね。
> 柴又に叔母が住んでいるんですが昭和40年前頃までは周囲に田んぼがまだありましたよ。
> 子供心に東京もけっこう田舎が残っていると感じたもです。
>
> ryu

少し前までは、白金台などもそんな洒落た街ではなく、普通の街だったように記憶しています。その前だと、郊外そのものだったようです。最近、みるみるうちに、ハイカラな街に変身したように思います。我が家の近くの自由が丘も同様かも。汚い格好で歩くと気恥ずかしくなってしまいます。
柴又におばさんがいらっしゃいますか。帝釈天の彫刻を見たくて、行きました。あちらは、まだまだのどかな要素も残っていそうに思います。

2016/09/25 (Sun) 21:00

AzTak  

Re: タイトルなし

ぴあのさん、こんばんは。

> あららら~~^
> 気持の悪い子が居ましたね

(ΦωΦ)フフフ…、気持ちのよいものではありませんが、人間には敵ではないでしょう。

> わたしンちに長年住みついているヤモリが居るのですよ・・・
> 「家を守る」いい子だそうなのよ
> でも
> 突然出て来るからビックリするンです

田舎の家の物置にはアオダイショウが住み着いていました。私は、何よりも蛇が苦手で。物置での用事はものすごく手早く済ませました。

2016/09/25 (Sun) 22:05

AzTak  

Re: タイトルなし

ふくみみさん、こんばんは。

> 役に立たないから、ゴンズイとかイヌコウジュとかって、なんか面白い命名ですね。
> 楽しく勉強?させていただきました。(^^

魚のゴンズイですが、ヒレに刺さると毒が来てしまうようです。ですが、注意して扱えば、美味しい魚なんだそうです。
何の役にも立たない存在なんて、そうそうあるものではありませんよね。
イヌコウジュの方は香需が何かわからず、あせをかきました。博識だけど冷淡な人物が命名者だったようですね。

> かなへび?も久しぶりに見ました。
> 最近見かけないです。

そうですね。私は何十年ぶりかで見ました。

2016/09/25 (Sun) 22:11

Leave a reply