目黒不動尊から林試の森まで(2) - 未分類
FC2ブログ

目黒不動尊から林試の森まで(2)

目黒不動尊までの道筋にある気になったところ

成就院たこ薬師
『ありがたや福をすいよせるたこ(多幸)薬師』という大きな絵馬看板が目に付く。この成就院たこ薬師は目黒不動尊と同じく、慈覚大師が開山したお寺。慈覚大師がすごい人物だったのか、宣伝がうまいのかよくわからないが、目黒不動尊に負けず劣らず、唆られる釣り文句だ。
成就院たこ薬師_1
成就院たこ薬師_2

別名蛸薬師といわれ、ご本尊の薬師如来が三匹の蛸(多幸)に乗った仏像があります。
目黒不動の開祖、慈覚大師によって創建されました。また、江戸後期の浮世絵師、鳥居清長の作として知られる絵馬「矢根五郎図」は国の重要美術品で、今は東京国立博物館に寄託されています。
境内には徳川二代将軍秀忠の側室にちなみ「お静地蔵」が祀られており、我が子保科正之の大願成就のお礼に奉納した地蔵があります。


目黒不動の近くに御撫石(おなでいし)の成就院蛸薬師(じょうじゅいんたこやくし)があります。約1000年前に開山の慈覚大師(じがくだいし)が唐から御撫石の秘法を持ち返り、代々の住持が秘伝してきました。当山から御撫石を頂き、御真言「ヲン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」ととなえて御撫石でイボをなでるとイボが落ちるとのことです。イボが落ちたら御撫石をお返ししましょう。
江戸時代の寛政の改革で有名な松平定信公の花月草紙の五の巻に次のような記載があります。「ある女、いぼというものゑりのあたりより出来て、一夜のうちにかずましてけり。いまひとりのは、ひたひにおほく出来て、さめという魚のかわなんどのごとく、星あるかぶとよりはしげくみえし。女のことなれば、いとなげきて、めぐろと云う所にたこ薬師と名づけし仏のあるを、人の教にまかせて、信じて、たこくはじと誓いて、夜ひとよ心をこらしてねぎごとしたり。夜あけて、手あらい顔などあらうに随いて、二つ三つづついぼの落ちにければ、いとうれしくて、猶心こらしければ、二日三日のうちにみなおちてけり。かのひたいに出来しものもみ習ひければ、これも十日ばかりに、あかもがさのかせたるように、霜のごとなりて、みなきえぬ。」


八つ目や『にしむら』
昭和35年創業だそうだ。ヤツメウナギがどうにも気になって仕方がない。ヤツメウナギは普通に食するうなぎと異なる。八つ目や『にしむら』は店名に『八ツ目や』とつけている通り、通常の鰻だけではなく八目鰻(ヤツメウナギ)をも取り扱うお店。
味も食感も普通の鰻とは別物で、弾力のある身でインパクトあるものだそうだ。果たして美味しいのかなあ?
八目鰻を食べることができるのは、11月-01月頃の季節限定とのこと。
八つ目や『にしむら』_1
八つ目や『にしむら』_2

目黒不動尊を出る

目黒不動尊を出てすぐのところにある青木昆陽の墓
ご存知甘藷先生。昆陽は晩年、現在の大鳥神社の付近に別邸を構えた。現存する墓は、遠く富士山を望む景勝の地目黒を好んだ彼が生前から居宅の南に建て、自ら「甘藷先生墓」と記していたものだそうだ。
青木昆陽の墓_1
青木昆陽の墓_2

江戸幕府8代将軍徳川吉宗は、すでに西日本では飢饉の際の救荒作物として知られていた甘藷(サツマイモ)の栽培を昆陽に命じ、小石川薬園(小石川植物園)と下総国千葉郡馬加村(現在の千葉市花見川区幕張)と上総国山辺郡不動堂村(現在の千葉県山武郡九十九里町)とで試作させている。この結果、享保の大飢饉以降、関東地方や離島において薩摩芋の栽培が普及し、天明の大飢饉では多くの人々の命を救ったと評される。

途中、スマホで道案内してもらう
距離は大したことないが、くねくねと方向を変えるコースだから、よくわかっていないと辿りつけない。スマホはこういう時に便利だ。

途中で見つけた道標
法界萬霊塔(ほうかいばんれいとう)は、村に悪病や悪いことが入り込んでこないように、峠や村境に立てられたものの一つらしい。左が祐天寺道、右が目黒道と描かれている。相当に古いものだと思う。
法界萬霊塔
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年09月15日
最終更新 -0001年11月30日

7 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
まあ、地元でないので知らなくても当然といえば
それまでですが、成就院たこ薬師や青木昆陽の墓なんかも
初めて知りました 汗)
歴史いっぱいのコースなんですね!
今度行く時は寄り道だらけになりそうです 笑)

2012/09/15 (Sat) 04:37

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!
> まあ、地元でないので知らなくても当然といえば
> それまでですが、成就院たこ薬師や青木昆陽の墓なんかも
> 初めて知りました 汗)

「七つの子」「青い目の人形」「赤い靴」「めえめえ子山羊」「お山の大将」のような多くの童謡を作曲した本居長世は、目黒不動のすぐ隣に住んでいたそうで、彼の碑もあります。
江戸三大火の一つ、明和の大火は、この近くの大円寺が火元でした。石造五百羅漢像は目黒行人坂火事の犠牲者追悼のために作られたとされているようです。

> 歴史いっぱいのコースなんですね!
> 今度行く時は寄り道だらけになりそうです 笑)

寄り道しながらの散歩&撮影、それもまた、面白いかもしれませんね。

2012/09/15 (Sat) 06:40

さのあママ  

おはようございます

今年の春からブログを始められたのですか?
すでに数々の土地を制覇してらっしゃるのですね
土地勘のある場所のレポも歴史を知るとまた違うものですね
ためになります 
八目うなぎ・・食べたことないです 今年はうなぎが高くてね・・
土用の丑の日、華麗にスルーしようかと悩みました・・
また遊びに・・いえ勉強しにこちらへ伺いたいと思います
失礼いたしました

2012/09/15 (Sat) 10:06

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/15 (Sat) 10:28

AzTak  

Re: おはようございます

> 今年の春からブログを始められたのですか?

FC2のようなメジャーなところではありませんが、ブログ自体はかなり以前からやっていました。
色々できて楽しんでいます。お付き合いいただければ幸いです。

> すでに数々の土地を制覇してらっしゃるのですね
> 土地勘のある場所のレポも歴史を知るとまた違うものですね
> ためになります 
> 八目うなぎ・・食べたことないです 今年はうなぎが高くてね・・
> 土用の丑の日、華麗にスルーしようかと悩みました・・
> また遊びに・・いえ勉強しにこちらへ伺いたいと思います
> 失礼いたしました

八ツ目鰻は目には良いという話ですが、美味しさはどうなんでしょうかね。凄く気になるんですが、この時期はまだ食べられない時期のようです。普通のうなぎがもう少し安くなれば、喜んで食べるところですが、…。

その内、地元ではないところに遠征したいのですが、今のところ家内に病人がいてままなりません。
こちらもアクセスさせてください。

2012/09/15 (Sat) 10:46

aaconee  

福を吸い寄せるたこ薬師・・って妙に気に入りました。
ユーモラスで、楽しい!
ちょっとお参りしたくなります。
八つ目ウナギ、わたしも気になる!
ちょっと怖いですけど、見た目もちがうのかな?

いつも楽しませていただいてます。ありがとうございました。

2012/09/15 (Sat) 10:49

AzTak  

Re: タイトルなし

> 福を吸い寄せるたこ薬師・・って妙に気に入りました。
> ユーモラスで、楽しい!
> ちょっとお参りしたくなります。

慈覚大師は多分に商才のある坊さんだったのではないか、なんて思っちゃうくらいです。
本当はものすごく偉い坊様だったんでしょうね。

> 八つ目ウナギ、わたしも気になる!
> ちょっと怖いですけど、見た目もちがうのかな?

八つ目に見える穴もそうですが、何と言っても口がグロテスク。写真をご覧になってみるとわかりますが、見ないほうが良いかも。

現在生きている脊椎動物では我々ヒトを含む顎口類が圧倒的多数を占めるのに対し、ヤツメウナギはこれとは別の系統である円口類に属している

> いつも楽しませていただいてます。ありがとうございました。

楽しませていただいているのは私の方です。今後とも宜しくおねがいいたします。

2012/09/15 (Sat) 11:02

Leave a reply