旧朝倉家住宅(国指定重要文化財)(2) - 旧朝倉家住宅(国指定重要文化財)_2016_Jun
FC2ブログ

旧朝倉家住宅(国指定重要文化財)(2)

2階の広間を見て、廊下からの景観も十分堪能した。再び、1階に下りることにする。

階段付近
階段
階段
廊下と見えている中庭
廊下と見えている中庭_1
廊下と見えている中庭_2
廊下と見えている中庭_3

角の杉の間
書院風のちょっとかしこまった部屋
角の杉の間_1
角の杉の間_2
カルラ伎楽面と横笛
『霞村作』と作者名があった
カルラ伎楽面と横笛_2
カルラ伎楽面と横笛_1
杉の間との連絡口
杉の間との連絡口
板戸を閉じると、こんな感じ
2014/09/26撮影分から
板戸を閉じると、こんな感じ
角の杉の間から杉の間に通じる廊下
角の杉の間から杉の間に通じる廊下

杉の間
二間続きになっている。ちょっと砕けた意匠の数寄屋風の座敷。特に奥の部屋は、あらゆる杉材の木目を『板目』で見せる一風かわったものだそうだ。板目の様子は残念ながら撮り損なってしまった。
杉の間_1
杉の間_2
杉の間_3
2014/09/26撮影分から
杉の間_4

奥の方の部屋
杉の間とセットで使用されたのだろう。贅沢な感じだ。
茶室
茶室
丸窓の部屋
『床下部分脆弱に付き、…』と書かれてある。修復工事を施したら如何なものだろうか。
丸窓の部屋
土蔵
土蔵
手洗い
手洗い

会議室
此処は後年、朝倉家が手離してからの設えなので、『こういうふうにしたのか』という感想だけだ。個人的には雰囲気ぶち壊しの部屋で、好きとは言いがたい。
2014/09/26撮影分から
会議室_1
会議室_2

バックヤードの辺り
事務室
2014/09/26撮影分から
事務所であろうが、あくまでも和風を貫いたようだ。
事務室
洋間
洋間_1
2014/09/26撮影分から
洋間_2
洋間_3
内玄関
内玄関
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年07月02日
最終更新 2016年07月02日

10 Comments

There are no comments yet.

hiro  

お早う御座います!

旧朝倉家住宅は初めて見せていただきましたが立派は建物ですね。
一見質素に作られているように見えますが、凝った作りになっていて立派だと思います。
細かく見ると矢張り作りが違いますね。

2016/07/02 (Sat) 06:12

senri32  

たいした住宅です

旧朝倉家住宅なのですね。旧朝倉家邸ではないのですね。スケールがでかい。蔵もあるんのではないのですか?。確かにおっしゃる通り、会議室は余計でしたね。2畳の部屋は、茶室なんでしょうか?私の恩師の茶室とは、かなり雰囲気が違うので・・・。

2016/07/02 (Sat) 11:39

花さか爺サン  

AZTAKさま こんにちは
旧朝倉家住宅は以前もご紹介していただいたような気がいたしますが、年寄りの記憶は定かではありませんが。
歴史的建造物、重要文化財に指定されるだけあって立派な佇まいですね。
玄関を入ると立派な庭が開け、庭を各部屋からも見られるような配置になっているようですね。
いたるところに趣向を凝らして造られているようで、さすがに数少ない大正期の和風建設の趣を色濃く残した歴史的な文化遺産ですね。

2016/07/02 (Sat) 11:56

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
『杉之間』を板目で見せるのも変わっていますね。
木目は美しいでしょうね。
普通は正目で目せるようですが。
洋間の格子天井は板目ですか?

2016/07/02 (Sat) 13:00

tgryu  

こんにちは。
個人住宅でカルラの彫刻がみられるのは稀有ですね。
烏天狗もルーツはカルラだと言われてますし
ガルーダインドネシア航空のマークも同じですね。
この彫刻がシルクロード文化の東の終点が日本ってことを如実に物語っていますね。
ネパールで精巧なガルーダ面を安価で買えたのが懐かしいです。

ryu

2016/07/02 (Sat) 14:02

AzTak  

Re: お早う御座います!

hiroさん、こんばんは。

> 旧朝倉家住宅は初めて見せていただきましたが立派な建物ですね。
> 一見質素に作られているように見えますが、凝った作りになっていて立派だと思います。
> 細かく見ると矢張り作りが違いますね。

そう私も思います。一番お金をかけただろう『杉の間』ですが、私の見る目と腕の悪さとで、良さがちっとも画面に出てきていません。こんなものではないはずなのですが、…。う~~ん。

2016/07/02 (Sat) 20:44

AzTak  

Re: たいした住宅です

senri32さん、こんばんは。

> 旧朝倉家住宅なのですね。旧朝倉家邸ではないのですね。スケールがでかい。蔵もあるんのではないのですか?。確かにおっしゃる通り、会議室は余計でしたね。2畳の部屋は、茶室なんでしょうか?私の恩師の茶室とは、かなり雰囲気が違うので・・・。

土蔵は後年追加して建てたようですが、このお屋敷に相応しい物があります。(次回、はっきり取り上げます)
丸窓の部屋は、隣接する茶室の水屋のような位置づけで使用していたのではないかと思っています。尤も勝手にそう思っているだけで、確認したわけではありませんので、違っていたらごめんなさい。

2016/07/02 (Sat) 20:56

AzTak  

Re: タイトルなし

> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 旧朝倉家住宅は以前もご紹介していただいたような気がいたしますが、年寄りの記憶は定かではありませんが。
> 歴史的建造物、重要文化財に指定されるだけあって立派な佇まいですね。

何度も取り上げて申し訳ありません。m(_ _)m
少しは見る目が養われて、前よりの内容がある撮り方をしているかとおもいきや、前より手抜きをしている感じです。恥ずかしい限りです。

> 玄関を入ると立派な庭が開け、庭を各部屋からも見られるような配置になっているようですね。

そうですね。庭そのものが立派な上に富士山が望める眺望もあり、そちらを重要視して設計したように思います。

> いたるところに趣向を凝らして造られているようで、さすがに数少ない大正期の和風建設の趣を色濃く残した歴史的な文化遺産ですね。

1919年(大正8年)に建てられた住宅です。どうも関東大震災で被害を受けたという記述がありませんから、びくともしなかったようですね。ただ単に美しいだけではなく、耐震性に優れた建物だったようです。

2016/07/02 (Sat) 21:05

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 『杉之間』を板目で見せるのも変わっていますね。
> 木目は美しいでしょうね。
> 普通は正目で目せるようですが。
> 洋間の格子天井は板目ですか?

朴念仁の私には一番苦手なテーマです。杉の間の木目は皆が口をそろえて素晴らしいとおっしゃるのですが、恥ずかしながら、私には、その良さがピンときていません。
折上げ格天井については、どういう考えで作ったのか、まるで想像がつきません。

わかったのは、私のような者には縁のない世界の建物であるということくらいです。なんとも情けない話で恐縮です。

2016/07/02 (Sat) 22:22

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 個人住宅でカルラの彫刻がみられるのは稀有ですね。
> 烏天狗もルーツはカルラだと言われてますし
> ガルーダインドネシア航空のマークも同じですね。
> この彫刻がシルクロード文化の東の終点が日本ってことを如実に物語っていますね。
> ネパールで精巧なガルーダ面を安価で買えたのが懐かしいです。
>
> ryu

流石お詳しいですね。なぜ、こんなものを残したのか、個人的には首をひねるばかりです。

ガルーダインドネシア航空のマークがそうですか。45年前に『こういう名前の航空会社があるんだ』などと思った記憶があります。乗ったのは、繋ぎの路線で、小さな機体だったような記憶が。

2016/07/02 (Sat) 22:30

Leave a reply