恵比寿西の庚申塔 - 未分類
FC2ブログ

恵比寿西の庚申塔

恵比寿から代官山駅に向かって歩いていたら、ちょっと古そうな庚申塔を見つけた。渋谷区教育委員会の説明によれば、囲いの中にある4基の庚申塔は、江戸初期のもののようだ。ずいぶん長いこと、この地に残っていたものだ。廃仏毀釈の嵐にも耐えたようだ。
土一升金一升の土地だと思うが、此処の固定資産税は誰も納付していないのだろうなあ、と変な感想を持った次第。庚申信仰が世から忘れられて久しい。このまま、朽ち果てていくだけなのだろうか。

囲いの中の庚申塔
いずれも江戸初期の庚申塔。江戸幕府将軍は第4代の徳川家綱。将軍就任は慶安4年(1651年)で、第5代徳川綱吉の世になったのは、延宝8年(1680年)。ということなので、此処にある庚申塔は家綱の時代のものということになる。352年前から348年前までのものということになる。
囲いの中の庚申塔_1
囲いの中の庚申塔_2
寛文4年(1664年)の庚申塔
「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿だろう
寛文4年(1664年)の庚申塔
延宝2年(1674年)の庚申塔
青面金剛と「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿だろう。随分破損しているようで、修復跡が痛々しい感じだ。
延宝2年(1674年)の庚申塔
延宝4年(1676年)の庚申塔
青面金剛だろう
延宝4年(1676年)の庚申塔
寛文8年(1668年)の庚申塔
青面金剛と二鶏とは確認できたが、…
寛文8年(1668年)の庚申塔
その他のもの
囲いの近くの庚申塔
明治38年(1905年)の庚申塔だそうだ。廃仏毀釈の嵐が鎮まった頃なのだろうか。
明治38年(1905年)の庚申塔
馬頭観音
馬頭観音
説明書き
説明書き

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年06月25日
最終更新 2016年06月25日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
庚申信仰の意味が・・・またまた賢くなりました♪
いままで考えなしで、見過ごしてきた庚申塔も
これからはもっとよく見ておこうと思いました!

2016/06/25 (Sat) 01:44

八咫烏  

こんにちは^^
庚申信仰ってそういうものだったんですか。
名前は聞いたことがありましたが、どんなものか知りませんでした。
勉強になりました^^ありがとうございます^^

2016/06/25 (Sat) 07:00

senri32  

いつもごひいきに。

おはようございます。私も神社仏閣大好き。道祖神。見ざる、聞かざる、言わざる。村人をお守りしていただいた、また、これからも、守っていただける。でもそれは大昔のできごとだ。今現在、新しい、道祖神を作って、今の我々を守っていただける道祖神はもう作らないのか?私達も、平成建造の道祖神を作っても、いいのではないか。いや、作るべきかも。神様、仏様を馬鹿にしたらあかん。天罰がくだる。

2016/06/25 (Sat) 09:31

tgryu  

こんにちは。
ほんと都心にありながら大震災や空襲から逃れ良く残っていましたね。
苔むした小さな石仏などは盗難もあるようで
まさに罰当たりな悪行です。


ryu

2016/06/25 (Sat) 13:56

sonophoto  

http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903

渋谷なんですね 都会の中にもこのような風景が残っているのですね 緑もありますね  残ってほしい風景ですね(*'▽')

2016/06/25 (Sat) 16:24

みこたん  

勉強になりました。

庚申講の意味がはじめて理解できました、昔良く聞いていたのですが頼母子講の様なお助け講かなと思っていました。石仏は風雨にさらされていた分、いいお顔をしておられますね。

2016/06/25 (Sat) 17:02

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
庚申塔、ウチの方では庚申塚ですね。
ウチの前にも有りますが古くて何が何やら判別しかねます。
奇特な人が(そんなこと言っちゃあ罰が当たりますね、郷土史家です)がアチコチに有る石仏、石碑のイワレなどをしれべて私家本
を作り、一部頂きました。
でも熊の頭には・・・
拒絶反応。。。。

2016/06/25 (Sat) 19:49

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 庚申信仰の意味が・・・またまた賢くなりました♪
> いままで考えなしで、見過ごしてきた庚申塔も
> これからはもっとよく見ておこうと思いました!

渋谷区教育委員会の説明板が簡潔にして要領を得たものでしたね。十干十二支の組み合わせで60通りの組み合わせができます。
それがこの場合は60年ではなく60日ということだったんですね。約2ヶ月毎に貫徹ですか。街中に寝不足の人が溢れて大変だったのでしょうね。

2016/06/25 (Sat) 19:57

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは^^

八咫烏さん、こんばんは。

> 庚申信仰ってそういうものだったんですか。

60日に1日眠ってはいけない日が来たんですねえ。それは仲間に助けられないと、ついつい寝入ってしまいそうですもんね。
そういう仲間が講を組んだんですね。

> 名前は聞いたことがありましたが、どんなものか知りませんでした。
> 勉強になりました^^ありがとうございます^^

私が教えてわけではないのですが、…。渋谷区さん有難うございます。

2016/06/25 (Sat) 20:00

AzTak  

Re: いつもごひいきに。

senri32さん、こんばんは。

> おはようございます。私も神社仏閣大好き。道祖神。見ざる、聞かざる、言わざる。村人をお守りしていただいた、また、これからも、守っていただける。でもそれは大昔のできごとだ。今現在、新しい、道祖神を作って、今の我々を守っていただける道祖神はもう作らないのか?私達も、平成建造の道祖神を作っても、いいのではないか。いや、作るべきかも。神様、仏様を馬鹿にしたらあかん。天罰がくだる。

新しく作ることは結構難しそうですが、少なくとも現在まで残っているものは大切に扱いたいものですね。350年前から、その時々の人達を見守ってきた庚申塔ですから。
何度も同じ所を歩いていたのに、つい最近存在に気づいたばかりでした。ぼーっとして歩いている証拠なんですね。(^_^;)

2016/06/25 (Sat) 20:08

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> ほんと都心にありながら大震災や空襲から逃れ良く残っていましたね。
> 苔むした小さな石仏などは盗難もあるようで
> まさに罰当たりな悪行です。
>
>
> ryu

恵比寿・代官山といえば、女性に大人気のエリアです。私はどんな美味しそうな店があるかなということばかり気になって、つい最近まで庚申塔がまとまって残っているのには気づきませんでした。
区有地にまとめたのか、もともとこの地にあったのか、詳しい経緯は知りませんが、いずれにしてもすごいことです。

2016/06/25 (Sat) 20:15

AzTak  

Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903

sonophotoさん、こんばんは。

> 渋谷なんですね 都会の中にもこのような風景が残っているのですね 緑もありますね  残ってほしい風景ですね(*'▽')

渋谷の商業地兼高級住宅地です。存在を知った時に本当にびっくりしました。今後も是非残っていってほしいものですね。

2016/06/25 (Sat) 20:18

AzTak  

Re: 勉強になりました。

みこたんさん、こんばんは。

> 庚申講の意味がはじめて理解できました、昔良く聞いていたのですが頼母子講の様なお助け講かなと思っていました。石仏は風雨にさらされていた分、いいお顔をしておられますね。

実は恥ずかしながら私も似たようなことだと思い込んでいました。案外、人間的なつながりのある講仲間だったようですね。
いまは、世知辛い世の中です。こんな仲間など成立しはしないことでしょうね。

2016/06/25 (Sat) 20:21

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 庚申塔、ウチの方では庚申塚ですね。
> ウチの前にも有りますが古くて何が何やら判別しかねます。
> 奇特な人が(そんなこと言っちゃあ罰が当たりますね、郷土史家です)がアチコチに有る石仏、石碑のイワレなどをしれべて私家本
> を作り、一部頂きました。
> でも熊の頭には・・・
> 拒絶反応。。。。

(ΦωΦ)フフフ…、そうですか。もったいないことです。時間のあるときに目を通して、疑問点はその方に訪ねてみたら如何でしょう。
たっぷり数時間くらい講釈をたれられそうですが。

2016/06/25 (Sat) 20:24

ララ  

良くこんなとこみつけましたねえ。
都会の中にもこんな光景が残っているんですね。
心休まるワンショットです。

2016/06/25 (Sat) 20:36

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 良くこんなとこみつけましたねえ。
> 都会の中にもこんな光景が残っているんですね。
> 心休まるワンショットです。

いやあ、見つけた自分が一番びっくりしています。どうして残されていたのか信じられないくらいです。
ちょうど開発の谷間になったのかもしれません。
もう少し残っていてくれるといいなあと思います。

2016/06/25 (Sat) 22:23

yuusuke320  

ご無沙汰です。

この庚申塔の坂上に「目黒新富士塚」跡が公園になっており見晴らしが良いですよ。
オイラの行った時には富士山は見えませんでしたがヒョットするとビューポイントかも知れません。
ウェルデへの散歩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
と、お邪魔しました。
  http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-2603.html

2016/06/26 (Sun) 23:48

AzTak  

Re: ご無沙汰です。

yuusuke320さん、こんばんは。
ご無沙汰しています。

> この庚申塔の坂上に「目黒新富士塚」跡が公園になっており見晴らしが良いですよ。
> オイラの行った時には富士山は見えませんでしたがヒョットするとビューポイントかも知れません。
> ウェルデへの散歩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
> と、お邪魔しました。
>   http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-2603.html

元富士と新富士とが嘗て存在したようですね。その「目黒新富士塚」跡が公園になっていますか。もしかしたら、秋以降には富士山が見えるかもしれませんね。今の時期はなかなか見えないように思います。
秋ごろ、足の状態を確認しながら、調子が良いとき気に入ってみようかと思います。
ありがとうございました。

2016/06/27 (Mon) 20:23

Leave a reply