皇居東御苑(3) - 皇居東御苑_2012_August
FC2ブログ

皇居東御苑(3)

今回は復元された二の丸庭園を見る。家光の命により小堀遠州が造った回遊式庭園。花菖蒲に時期が最高なんだろうな。酷暑の時期に行くものではない。

二の丸庭園の中心部
二の丸庭園_1
二の丸庭園_2
二の丸庭園_3
二の丸庭園_4
二の丸庭園_5
二の丸庭園_6
二の丸庭園_7

慶応3年(1867年)に二の丸の御殿が消失した後、ほとんど顧みられませんでしたが、昭和35年(1960年)の閣議決定で皇居東地区の旧江戸城本丸、二の丸及び三の丸の一部を皇居付属庭園として整備することになり、昭和43年(1968年)に竣工、一般公開されました。二の丸庭園は、9代将軍家重時代の庭絵図面をもとに回遊式庭園として復元されました。

女郎花と男郎花
秋の七草の一つに女郎花(おみなえし)があり、その近縁種に男郎花(おとこえし)があるという。私自身は後者を見たことがなく、ホンモノを見てみたいものだと思っていた。それが案外早く実現した。
女郎花(おみなえし)
女郎花
男郎花(おとこえし)
男郎花_1
男郎花_2

コウホネほか
池にコウホネ等が咲いていた。皆同じように見えなくもなかったが、標識に従えば、次の通り。
コウホネ
コウホネ
ヒメコウホネ
ヒメコウホネ
アサザ
アサザ

菖蒲田
毎年6月上旬に見頃を迎える花菖蒲。今の時期は水を張っているわけではないんだ。調べてみると、二の丸庭園では5月中旬に菖蒲田に水を入れるようだ。水を抜く時期や水を張る理由は不明。
下記のような記述があったので、参考に載せた。

開花時に花菖蒲園を訪れると、水の中で咲いているが、これは水に映りがよいためにあえて水を張っているらしい。花期以外は、水を抜いてあるとのこと。

菖蒲田_1
菖蒲田_2
菖蒲田_3
菖蒲田_4

諏訪の茶屋
二の丸庭園に華を添える典雅な建物、諏訪の茶屋。ここは参観者が立ち入って飲食できる場所ではなく、近くから眺めるだけ。
諏訪の茶屋_1
諏訪の茶屋_2
諏訪の茶屋_3
諏訪の茶屋_4

諏訪の茶屋は、江戸時代には吹上地区(現在の御所などのある一帯)にありました。
この建物は、明治45年に再建されたもので、明治期の茶室風の建物として優雅な外観を持っているため、皇居東御苑の整備に当りここに移されました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年09月04日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

kozoh55  

こんな景色が残っていたなんて

まだ自分は靖国神社から入って大手町を出ただけです。
奥が、奥がふっかーくありそうですね。
勝海舟に感謝です、Aztakさんにも感謝です。

2012/09/04 (Tue) 00:38

AzTak  

Re: こんな景色が残っていたなんて

> まだ自分は靖国神社から入って大手町を出ただけです。
> 奥が、奥がふっかーくありそうですね。
> 勝海舟に感謝です、Aztakさんにも感謝です。

勝海舟が身を呈して官軍進軍を止めなければ、もっと荒れ果てていたことでしょうね。

でも、幕末期は箍が緩んだのか、火事が相次いだようです。本丸御殿は1863年(文久3年)の焼失以降は再建されずに、機能を西ノ丸御殿に移しました。その西ノ丸御殿も同年に焼失している。1868年(明治元年)4月、朝廷に明け渡された当時の殿舎は4度目の建築であったが、1873年(明治6年)5月に焼失した。
どうも、人の動きには警戒していたものの、火事には為す術がなかったようです。

2012/09/04 (Tue) 06:55

りら  

AzTakさん

女郎花と男郎花の違いが 理解出来ました
有難うございます
いつも 勉強させて頂いています

2012/09/04 (Tue) 07:25

AzTak  

Re: AzTakさん

> 女郎花と男郎花の違いが 理解出来ました
> 有難うございます
> いつも 勉強させて頂いています

花色の違いだけでなく、男郎花の方が若干骨太という感じで男っぽいとのことですが、私には、どちらも同じように繊細に見えてしまいました。
僅かな違いを見分ける目がりらさんにはあって、私にはなかったようです。(T_T)

2012/09/04 (Tue) 08:26

kozoh55  

AzTakさん

連日おじゃまします。
女郎花と男郎花、初めて知りました。
こんな違いがあるのですね。
日本語っていいなあとつくづく感じたりもします。
私的には男郎花の花の方が好きですね。
お願いがありましてコメントいたします。
これからも頻繁にお邪魔いたしたく
相互リンクをぜひお願いいたします。
小僧55

2012/09/04 (Tue) 23:38

AzTak  

Re: AzTakさん

> 連日おじゃまします。

小僧55さん、おはようございます。

> 女郎花と男郎花、初めて知りました。
> こんな違いがあるのですね。
> 日本語っていいなあとつくづく感じたりもします。
> 私的には男郎花の花の方が好きですね。

私もつい先日までは男郎花のことを知りませんでした。ですから、初めて目にして感激しました。

女郎花(おみなえし)科
・晩夏の頃、白い5弁花を咲かせる。
・女郎花と似ているが、
茎や葉は女郎花(おみなえし)より大きい。
・根は漢方薬になる。


> お願いがありましてコメントいたします。
> これからも頻繁にお邪魔いたしたく
> 相互リンクをぜひお願いいたします。
> 小僧55

こちらこそ宜しくお願いいたします。

2012/09/05 (Wed) 06:13

m.  

明明後日に行ってこようと思っています。

男郎花見つかるかしら?

2012/09/06 (Thu) 00:34

AzTak  

Re: 明明後日に行ってこようと思っています。

> 男郎花見つかるかしら?

二の丸庭園に入ってすぐ休憩所がありますが、そこから、まっすぐ諏訪の茶屋の方に向かう道の中ほど左側に男郎花は咲いていました。対して女郎花は休憩所の真ん前に。
目が良くないのか色の違いくらいしかわかりませんでした。是非、ここが違うんだというところを教えてほしいなって思います。

2012/09/06 (Thu) 06:54

Leave a reply