横浜山手界隈(6) - 横浜山手界隈_2012_August
FC2ブログ

横浜山手界隈(6)

エリスマン邸

今回巡り回った洋館の中で最も寛げたのが、このエリスマン邸だ。平日にいけば、どのような写真撮影でもゆっくり心いくまで楽しめるだろう。酷暑の中歩きまわったので、ここの喫茶室でのんびりクールダウンをした。はるか遠くにマリンタワーも望める。近くには、元町公園の緑が目に優しい。喫茶室にはごく短時間しかいない方なのだが、私にしては珍しく少し長い時間楽しんだ。
エリスマン邸_1
エリスマン邸_2
エリスマン邸_3
エリスマン邸_4
エリスマン邸_5
エリスマン邸_6
エリスマン邸_7
エリスマン邸_8

べーリック・ホールと小道を挟んで移築されているのはエリスマン邸です。
エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。
当時は木造2階建て、和館つきで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館的要素をもちながら、軒の水平線の強調など、設計者レーモンドの師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。
昭和57(1982)年マンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあり、簡潔なデザインを再現しています。椅子やテーブルなどの家具は、レーモンドが設計したものです。かつて3つの寝室があった2階は、写真や図面で山手の洋館に関する資料を展示しています。また、地下ホールは貸し出しスペースとして、昔の厨房部分は、喫茶コーナーとしてご利用いただけます。


べーリック・ホール

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅だった。20歳で来日し、52歳で建てた。その愛着ひとしおの邸宅。第2次世界大戦勃発寸前の情勢で、10年ほど住んだだけでやむなく去らなくてはならなくなったベリック氏の無念さはいかばかりだっただろうか?
それにしてもマリア会に寄付されたのは何故?誰か家族がセント・ジョセフ・インターナショナル・スクールに通っていたというような事情があったのだろうか?
英国人だから必ずしも国教会の信徒というわけでなく、カトリックの信徒も少なからずいるのだが。

べーリック・ホール_1
べーリック・ホール_2
べーリック・ホール_3
べーリック・ホール_4
べーリック・ホール_5
べーリック・ホール_6
べーリック・ホール_7

べーリック・ホール(旧ベリック邸)は、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付され、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。
現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンです。モーガンは山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築を残しています。600坪の敷地に立つべーリック・ホールは、スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など多彩な装飾をつけています。内部も、広いリビングやパームルーム、和風の食堂、白と黒のタイル張りの床、玄関や階段のアイアンワーク、また子息の部屋の壁はフレスコ技法を用いて復元されているなど、建築学的にも価値のある建物です。
平成13(2001)年横浜市は、建物が所在する用地を元町公園の拡張区域として買収するとともに、建物については宗教法人カトリック・マリア会から寄付を受け、復元・改修等の工事を経て、平成14(2002)年から建物と庭園を公開しています。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年09月01日
最終更新 -0001年11月30日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply