横浜山手界隈を歩く(11) - 横浜山手界隈を歩く_2016_Feb
FC2ブログ

横浜山手界隈を歩く(11)

イタリア山から戻り、元町公園の脇の道から北方小学校を通り、諏訪町から山手111番館に向かう

山手111番館に向かう道中
普段通らない道を通るのも乙なものと考えた
元町公園の端っこ
足腰がやや疲れてきた感じだった。ここで5分ほど小休止をとった。
元町公園の端っこ
時計のある家
この家を見たくて回り道をした。その途中の急坂で、踏ん張った瞬間に肉離れを起こしてしまった。何たるブザマ。
時計のある家
山手111番館
痛む足を引きずり、やっと到着した。なかなか素敵な家だといつも思う。
あのベーリック・ホールと同じ設計者が手掛けた
山手111番館_1
山手111番館_2
山手111番館_3
この回廊は片持梁で廻っていて、柱で支えられていない。このような建築様式はとても珍しく貴重なものなのだそうだ。ということで、普段は下から見るだけ。
山手111番館_4
外観からは想像できない室内の豪華さ。シックさに驚かされる。
山手111番館_5
山手111番館_6
山手111番館_7
窓の外の景観も素晴らしい。大佛次郎記念館などが見える。
山手111番館_8
山手111番館_9
山手111番館_10
山手111番館_11
山手111番館_12
確かにブラフに作られているんだ。それを実感させる階下への階段だ。
山手111番館_13
山手111番館_14

『はまれぽ』に取り上げられた『山手111番館』に関する紹介記事にjump

横浜市イギリス館
こちらも、全館工事中で、撮影ができなかった。仕方がないので、2013年6月22日撮影のもので、一部紹介する。
純英国式の建物は如何だろうか。これはこれで味があると私は思っている。
横浜市イギリス館_1
横浜市イギリス館_2
横浜市イギリス館_3
横浜市イギリス館_4
横浜市イギリス館_5
横浜市イギリス館_6
横浜市イギリス館_7
横浜市イギリス館_8
横浜市イギリス館_9
横浜市イギリス館_10
横浜市イギリス館_11
横浜市イギリス館_12
横浜市イギリス館_13

『はまれぽ』に取り上げられた『横浜市イギリス館』に関する紹介記事にjump

以上で、『横浜山手界隈を歩くシリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年02月24日
最終更新 2016年02月24日

9 Comments

There are no comments yet.

tugumi365  

最後までとても楽しく見させて戴きました。その後肉離れはいかがですか?
さすがに横浜の洋館はセンスが良いですね。毎日楽しかったので 終わりになりがっかりしています。今までのAzTakさんの横浜のブログを見ていました。

2016/02/24 (Wed) 07:41

S-masa  

こんにちは。

足を肉離れさせてまでの山手界隈巡り御苦労様でした。
港町横浜らしい家が多くありますね。
足を鍛えて次回”歩くシリーズ”楽しみにしています。

2016/02/24 (Wed) 15:16

のんびり熊  

AzTakさん

ヘエ~~ 
横浜にも”諏訪”の地名が有るんですね。
異人館も沢山有って、情緒豊かな良い所です。
数年前、北海道を諏訪NOで走っていたら、とても珍しがられましたよ。
地図を見ていると、諏訪の字はかなり見受けられますね。

2016/02/24 (Wed) 19:49

AzTak  

Re: タイトルなし

tugumi365さん、こんばんは。

> 最後までとても楽しく見させて戴きました。その後肉離れはいかがですか?
> さすがに横浜の洋館はセンスが良いですね。毎日楽しかったので 終わりになりがっかりしています。今までのAzTakさんの横浜のブログを見ていました。

お蔭様で今週に入り痛みは殆ど消えました。ご心配いただきありがとうございます。
実は今日は栃木県鹿沼市の田んぼまでアトリを見に行ってきました。昨年の大水害で田んぼが水没し、稔りかけの稲を放置せざるを得なかったようです。農家の人たちには大被害だったのでしょうが、野鳥さんにはまたとないごちそうなのでしょうね。それを冬鳥のアトリが見つけたのでしょう。すごい数のアトリが来たようです。
地元のおじさんに聞いたところ、『一昨日まではものすごい数。それが昨日は半分くらいに。そして、今日は見ての通りだよ』ということでした。春めいてきたので、餌には心を残しつつも、北の大地に帰って行ってしまったのでしょうね。
それでも何枚か撮って、ついでに男体山も撮って、駅に着いたら、次の電車まで1時間ほど。帰りにも行きがけにあったおじさんが待ち構えていて、話し込んだのが失敗のもとでした。

2016/02/24 (Wed) 19:58

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> 足を肉離れさせてまでの山手界隈巡り御苦労様でした。
> 港町横浜らしい家が多くありますね。

そうですね。これから先、どのくらいもたせることができるのかわかりませんが、観光地横浜への集客源として頑張ってくれるものと思います。

> 足を鍛えて次回”歩くシリーズ”楽しみにしています。

御柱祭に行く計画でします。3泊4日で行きます。とにかくついて回ります。つまり、長い距離を歩くんですね。
よせばいいのに、お祭り好きな性分のようで、声をかけていただくと、喜んでしまいます。

脚は今週に入って痛みが引きました。試しに写し始めた野鳥さんがなかなかうまく撮れないので、ちょこまか歩いています。
今のところ、何とかメジロは撮れましたが、カワセミさんにはからかわれてしまいました。この先、鶯が撮れればうれしいのですが、鈍臭いのでどうなりますか。

2016/02/24 (Wed) 20:07

AzTak  

Re: AzTakさん

のんびり熊さん、こんばんは。

> ヘエ~~ 
> 横浜にも”諏訪”の地名が有るんですね。
> 異人館も沢山有って、情緒豊かな良い所です。
> 数年前、北海道を諏訪NOで走っていたら、とても珍しがられましたよ。
> 地図を見ていると、諏訪の字はかなり見受けられますね。

この地には相当な歴史を誇る諏訪神社があります。その社領地が外国人居留地になったりしたのです。ということで、山手町だけでなく諏訪町もハイカラな街を形成しています。
もともとは漁村の神社だったのでしょう。地名に残っているところはたいていそうなのでしょうね。諏訪神社の影響力の大きさがわかりますね。
横浜市中区諏訪町にある諏訪神社は文治3年(1187年)9月創建といわれている。明治6年(1873年)境内地が外国人居留地に変更になり、その後も幾度も所在が移り変り、大正元年(1912年)10月に現在地に至った。大正12年(1923年)9月の関東大震災で社殿焼失したが、その後再建され、現在に続いている。

2016/02/24 (Wed) 20:17

土佐けん  

こんばんは

最終回、お疲れ様でした。
美しい洋館を見せていただき、
助手が「神戸の山手に行きたい!」と言い出しました。
あれ、今週末は京都の梅だよねw

2016/02/24 (Wed) 22:13

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 最終回、お疲れ様でした。
> 美しい洋館を見せていただき、
> 助手が「神戸の山手に行きたい!」と言い出しました。
> あれ、今週末は京都の梅だよねw

あれま、花撮りの同行を覚悟しつつあったのに、もしかして、…。

PS.長い時間屋外に居ていい加減身体が冷えてしまったのですが、帰宅してからも冷えたままなんです。
おかしいと思ったらどうも今夜から明日の朝にかけて雪が降るようです。外気がむちゃくちゃ冷え込んできたようです。
大阪は如何ですか?

2016/02/24 (Wed) 23:03

AzTak  

Re2: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

大阪港に第7艦隊の旗艦が停泊中だそうです。土曜日には出向してしまうようです。
神奈川県の米海軍横須賀基地を拠点とする第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」が24日、親善を目的に大阪港に寄港した。大阪市港湾局によると、27日までに出港する予定。

2016/02/24 (Wed) 23:08

Leave a reply