横浜山手界隈を歩く(2) - 横浜山手界隈を歩く_2016_Feb
FC2ブログ

横浜山手界隈を歩く(2)

アメリカ山の前には外人墓地と横浜気象台とがある

外人墓地
平日は公開されていない。隙間から撮っただけ。
外人墓地_1
外人墓地_2
外人墓地_3
横浜地方気象台
気象台の本館はなかなか風格のある建物だ。館内は以前に見学したことがあったので、軽く見るだけにとどめた。
前には、桜などの標本木が植えられていた。桜はまだまだのようだったので撮らなかった。

横浜地方気象台_1
横浜地方気象台_2
簡素ではあるが、格調ある出入り口だ
横浜地方気象台_3
阿部彦吉が発明した『阿部式電気時計』が来場者を迎えてくれる。この型式の時計で、現存が確認されているのは、この横浜地方気象台のものと旧山形県庁舎『文翔館』のものの二つだけとのことだ。説明書きによれば、仕組みとしては機械式だが、親時計から複数の子時計(時計盤)に電気信号を送り、時刻を同期させているもので、発明者の名をとって、『阿部式電気時計』と呼ばれたとか。以前は、官庁には必ず設置されていたものだったようだ。
横浜地方気象台_4
階段も素敵だ
横浜地方気象台_5
横浜地方気象台_6
横浜地方気象台_7
旧所長室
横浜地方気象台_8
横浜地方気象台_9
昔使われていた観測機器
横浜地方気象台_10
横浜地方気象台_11
横浜地方気象台_12

横浜地方気象台の前身である「神奈川県測候所」は横浜市の海岸通り付近にありましたが、大正12年(1923年)の関東大震災で庁舎が倒壊し、昭和2年(1927年)に旧米国海軍病院跡地である現在地に再建されました。昭和14年(1939年)には気象官署が国へ移管され「横浜測候所」と名称を変更し、昭和32年(1957年)に現名称になりました。現在稼動している気象台庁舎としては国内で三番目に古い施設です。築80年を経て、歴史的・文化的価値を活かす改修と増築を行い、最新の機能をもつ施設になりました。
既存庁舎は、横浜山手地区に特有なブラフ積みと呼ばれる石積み擁壁を含めて平成17年(2005年)に横浜市有形文化財に指定されました。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2016年02月15日
最終更新 2016年02月15日

6 Comments

There are no comments yet.

花さか爺サン  

AZTAKさま こんにちは
外人墓地は、立派な門構えですね。
高台の閑静な場所にあるのでしょうね。
横浜地方気象台は現存する気象台としては3番目に古い気象台とのことですが、古い珍しい時計が陳列されているようですね。
横浜は古くからの港街ですので、至る所に珍しい建物等があり散策するのも楽しいこととおもいます。

2016/02/15 (Mon) 16:06

AzTak  

Re: タイトルなし

> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 外人墓地は、立派な門構えですね。
> 高台の閑静な場所にあるのでしょうね。

わけのわからない極東の地にやってきて、心ならずもこの地で生涯を閉じてしまった人たちです。宣教師以外は、故国に帰る日を心待ちにしていたのだと思います。せめて安らかに眠る環境を用意するのは、日本人としても責任でしょう。

> 横浜地方気象台は現存する気象台としては3番目に古い気象台とのことですが、古い珍しい時計が陳列されているようですね。

建物もなかなか素敵です。

> 横浜は古くからの港街ですので、至る所に珍しい建物等があり散策するのも楽しいこととおもいます。

そうですね。私がたまたま、最初にここを歩いたときは、小学3年生の夏休みでした。桑田真澄ではなく桑田武が新人王になった年でした。まだ、接収されたままになっているところが残っていました。今とは大違いです。だいぶ様子も変わりました。
レトロな建物もだんだん少なくなりつつあります。今のうちに見ておこうと思います。

2016/02/15 (Mon) 20:41

土佐けん  

こんばんは

え? 気象台の内部が見学出来るんですか?
とても興味があります!
建物も内部もお洒落ですね~~~
横浜に行ったら絶対行かなきゃ!

2016/02/15 (Mon) 22:10

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> え? 気象台の内部が見学出来るんですか?
> とても興味があります!
> 建物も内部もお洒落ですね~~~
> 横浜に行ったら絶対行かなきゃ!

特別な観測装置のある部屋に行きたいとか、説明をお願いしたいというときは、事前予約が必要なようですが、平日に一般エリアだけ見て回るのは自由なようです。本館は天井が高くて、圧迫感がない感じです。いいですよ。
桜の標本木はまだまだのような感じでした。

2016/02/15 (Mon) 22:44

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
アメリカ山公園から山手西洋館に向かう途中に、レトロチックな気象台があるのに気づいていました。
見学できるのが分かって嬉しくなりました。
調べたら1週間前までに予約が必要とありました。
童謡の『大きな古時計』をほうふつとさせる阿部式時計も見てみたいです。
ご紹介をありがとうございましたヽ(*^∇^*)ノ

2019/01/09 (Wed) 18:55
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> アメリカ山公園から山手西洋館に向かう途中に、レトロチックな気象台があるのに気づいていました。
> 見学できるのが分かって嬉しくなりました。
> 調べたら1週間前までに予約が必要とありました。
> 童謡の『大きな古時計』をほうふつとさせる阿部式時計も見てみたいです。
> ご紹介をありがとうございましたヽ(*^∇^*)ノ

(ΦωΦ)フフフ…、私は誰よりも気が弱いくせに、どこまでも見たいものを追いかけていってしまう悪癖があります。気象台の1階部分だけなら、事前予約はいらなかったと思います。全部見たいというようなときに事前の予約をすれば、説明者が説明していろいろ見せてくれます。

2019/01/09 (Wed) 23:39

Leave a reply