横浜山手界隈(1) - 横浜山手界隈_2012_August
FC2ブログ

横浜山手界隈(1)

横浜外人墓地
横浜市には外人墓地が4箇所あるようだ。最も有名なのが、神奈川県横浜市中区山手にある外国人墓地。ここではこれを取り上げる。19世紀から20世紀半ばにかけての40余国、4400人余りの外国人が葬られているそうだ。

我が家の墓がある多磨霊園の正門近くにある外人墓地区画では、キリスト教形式の墓のほか、イスラム教形式の墓(メッカの方角に向いている)なども目立つ。しかし、この外人墓地はキリスト教形式の墓が圧倒的に多いようである。お雇い外国人は殆ど欧米人だったことを考えると理解できるのだが。

元町通用門(ルゥーリー記念ゲイト)近くの様子
生麦事件犠牲者の墓
生麦事件犠牲者の墓
襲撃されたオランダ商船船長の墓
襲撃されたオランダ商船船長の墓
こういう墓の下に埋葬されている人たちは、どういう人達だったのだろうか?従者と思しき人達も本当にクリスチャンだったのだろうか?
どういう人達
奥に2柱見える横棒が3本のものは、おそらくは東方正教会(キリスト教でギリシャから東欧に伝わった宗派)の八端十字だろう。ラテン十字の横棒の上に加えられた短い横棒はイエスの罪状書き、残りの横棒2本は処刑台の足台を意味しているようだ。
八端十字も見える

山手門近くの様子
いずれ週末に公開されているときに行って、紹介し直したい。
山手門近くの様子_1
山手門近くの様子_2
山手門近くの様子_3
山手門近くの様子_4
山手門近くの様子_5

隣接しているカトリック山手教会墓地
隣接しているだけで、外人墓地ではない。
隣接しているカトリック山手教会墓地_1
隣接しているカトリック山手教会墓地_2
隣接しているカトリック山手教会墓地_3

  +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

外人墓地は、他の墓地と異なり、いわゆる永代供養の状況のようだ。年数を経た墓は、子孫にとっては先祖の墓の意識が乏しくなり、その結果、使用料の納入が滞ることによって、やむなく無縁仏扱いとなるのが珍しくはない。この墓地も墓地使用料を支払い続けている子孫も一部にはいるようだが、多くは無縁仏化している。しかし、財団法人の粘り強い活動によって、何とか維持管理費用を工面し続けている。

1864年(元治元年)、江戸幕府とアメリカ・イギリス・フランス・オランダの各国公使との間で横浜居留地覚書き書が締結され、1869年(明治2年)外務省は各国領事館に書翰(書簡)を送り、「外国人墓地は従来通り無代で貸し渡すが、維持・修理などの費用は今後は各国領事団で負担して欲しい」旨を伝えました。これを受けて1870年(明治3年)各国領事団により管理委員会を結成して以来約150年に渡り、横浜外国人墓地は地方自治体や国の管理下ではなく財団法人の手によって維持管理されています。
維持管理費のほとんど大半は、土・日・祭日に行われる公開の募金とその運用によって賄われています。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年08月24日
最終更新 -0001年11月30日

2 Comments

There are no comments yet.

kozoh55  

お墓は奥が深いですね

お晩です、AzTakさん。
生麦事件の犠牲者のお墓などが、今も残っているのですね。
お墓と言えば「増上寺」
なんと、お江のお墓の中に秀忠の遺骨が納められているのです。
不思議なものですね。
近々で、泉岳寺に行って、四十七士のお墓を
見に行って見ようかと思います。
綺麗な景色をいろいろいろいろ
ありがとうございます。

2012/08/25 (Sat) 00:25

AzTak  

Re: お墓は奥が深いですね

> お晩です、AzTakさん。

おはようございます、kozoh55さん。

> 生麦事件の犠牲者のお墓などが、今も残っているのですね。

そうですね。歴史上の大事件でした。中学校(田舎の偏向教師で脱線ばかり)でも高校(受験の心配がないから興味あるテーマだけ)でもここまで進まないうちに1年が終わってしまったんですが、…。為政者を大いに悩ませただろう困った事件の勃発でした。

> お墓と言えば「増上寺」
> なんと、お江のお墓の中に秀忠の遺骨が納められているのです。
> 不思議なものですね。

浜松町勤務が長かったのに、恥ずかしながら増上寺の境内には入ったことがありません。
戦災でやられて合祀されているようですね。それくらい仲の良い夫婦だったのでしょうかね。

> 近々で、泉岳寺に行って、四十七士のお墓を
> 見に行って見ようかと思います。

そういえば、こちらも…


2012/08/25 (Sat) 06:36

Leave a reply