何度目かの川崎市立日本民家園(特2) - 何度目かの川崎市立日本民家園_2015_Jun
FC2ブログ

何度目かの川崎市立日本民家園(特2)

JR南武線の武蔵中原駅から中原街道沿いに東横線新丸子駅まで(2)
西明寺
小杉御殿の隣地にあり、徳川将軍家の崇敬を受け御朱印状を拝領していたという名刹。ここだけが在りし日の栄華の程を忍ばせる感じかなあ。北条時頼とも縁があったようだ。それで三つ鱗の寺紋なのか。
西明寺_1
西明寺_2
西明寺_3
西明寺_4
西明寺_5
西明寺_6
西明寺_7
西明寺_8
西明寺_9
西明寺_10
西明寺_11
西明寺_12
西明寺_13
真言宗智山派寺院の西明寺は、龍宿山金剛院と号します。西明寺の創建年代は不詳ですが、弘法大師が東国御巡化の際にここに留錫し高弟泰範上人に命じ堂宇を建立したとも、最明寺入道々祟(北条時頼)が開基となり創建したとも伝えられます。江戸時代には隣地に小杉御殿が建立され将軍家の崇敬を受け、寛永19年(1642)には寺領10石の御朱印状を拝領、近隣に末寺20余ヶ寺を擁す中本寺格の寺院だったといいます。玉川八十八ヶ所霊場20番、東国八十八ヵ所霊場9番、準西国稲毛三十三観世音霊場18番、川崎七福神の大黒天となっています。

石橋醤油店
原家は、明治の醤油づくりでも名を馳せたようだ。屋号は石橋だったとのこと。だから石橋醤油店か。現在は暖簾分けした分家が営んでいるのだろうか。
石橋醤油店_1
石橋醤油店_2
石橋醤油店_3
石橋醤油店_4
石橋醤油店_5
石橋醤油店_6
石橋醤油店_7
十字路を更に先へ進むと(タマガーデンの先)右側に、昭和50年くらいまで高い煙突があった「石橋醤油店」という看板の原家がある。
この家は明治3(1870)年から、農業をしながら醤油造りを始めた。大正12(1923)年から専業となり、キッコー「文山」のラベルを貼り、昭和26(1951)年まで製造していた。
昔は街道を利用して天秤棒に桶をさげて、東京方面からも買いに来る人が沢山いた。昭和8(1933)年頃には、トラックを使って運搬するほど盛んだった。
毎年、冬になると新潟から醤油造りの職人が4・5人来て、大変活気があったという。
東京から「こやし」を運んで帰る農家の人々や、付近の人達も買いに来ていた。
当時、ほとんどの農家でも醤油を自家製で造っていたが、塩からくて美味しくないので「文山」と混ぜて味を良くして美味しくしたり種として使っていた。
現在でも、醸造工場の建物の一部が保存されている。蔵に入ると、直径3m、高さ3mもある大樽や大釜が残され、明治・大正・昭和と大がかりな醤油造りの一端を見ることができる(その他、多くの道具などが川崎市民ミュージアムに保管・展示されている)。
原家は、親子で川崎市議会議員や議長などを歴任され、地域のために尽力されている。江戸時代からの旧家である。


安藤家長屋門
割元とは、江戸時代、地方行政にあたった村役人の最上位の者。代官・郡代など地方役人の指揮下に数か村の庄屋・名主を支配し、年貢の割り当て、訴訟の調停などにあたったそうだから、間違いなく近郷農村の筆頭者だったようだ。それだけの格式のある家の長屋門か。
安藤家長屋門_1
安藤家長屋門_2
安藤家長屋門_3
安藤家長屋門_4
安藤家長屋門_5
安藤家長屋門_6
安藤家の祖先は、戦国時代小田原の後北条氏に仕えていた安藤大炊助重虎(あんどう おおいのすけしげとら)で、後北条氏滅亡後に小杉村に土着帰農したと伝えられています。
江戸時代には、橘樹(たちばな)郡小杉村の割元名主(わりもとなぬし)として、代官の指揮下で近隣の村々の名主を統括していました。 
建築当初の茅葺屋根から桟瓦葺への変更や西室の居室への改造などが見られますが、基本的に建築当時の部材を良く留め、建築当初の形式もほぼ判明しており、幕末頃の割元名主屋敷にふさわしい堂々とした長屋門です。
特に扉構えは柱から天井・扉にいたるまで欅(けやき)を贅沢に使用し、豪華で力強く、豊富な化粧金具がそれを引き立てており、見ごたえがあります。
中原街道沿いに残された歴史的景観としても重要な存在です


原家欅門
今回一番確認したかったのが、此処。ここが今は日本民家園に移築された旧原家母屋の跡地だ。今は跡地に超高級マンションが建ち、その箔を増すためのシンボルとして、欅門が残されているようだ。う~~ん、ご立派。
原家欅門_1
原家欅門_2
雨樋のところのある亀甲花菱が家紋だそうだ
原家欅門_3
原家欅門_4
原家欅門_5
原家欅門_6
原家欅門_7
原家欅門_8
原家欅門_9
原家欅門_10
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年07月25日
最終更新 2015年07月25日

4 Comments

There are no comments yet.

めぐる  

おはようございます

西明寺のお堂は弘法太子が命じて建立したのだとか、、、。その弘法太子は天皇から信頼が厚かったようですが全国のあちらこちらで建立されていますから相当な費用が必要だったでしょうね。スポンサーが凄かったという事でしょうか。まぁ庶民の心のよりどころとしてはそれでも安上がりだったのかもしれませんが。

2015/07/25 (Sat) 07:24

のんびり熊  

AzTakさん

西明寺山門の阿吽像、素朴では有りますが力強くてとても良いです。
旧原家母屋跡地にたつ欅門、これが超高級マンションに泊を着けるんですか。
なるほど、地主も相続税やらなにやら大変ですね。

2015/07/25 (Sat) 12:59

AzTak  

Re: おはようございます

めぐるさん、こんばんは。
いま郡山のホテルにいます。明日は相馬野馬追見物の日です。

> 西明寺のお堂は弘法大師が命じて建立したのだとか、、、。その弘法大師は天皇から信頼が厚かったようですが全国のあちらこちらで建立されていますから相当な費用が必要だったでしょうね。スポンサーが凄かったという事でしょうか。まぁ庶民の心のよりどころとしてはそれでも安上がりだったのかもしれませんが。

スポンサーがいたのかもしれませんし、そのカリスマ性に触れた周囲の人が、いてもたってもいられなくなって、そこに何かのお堂を立てたいと発願したのかもしれませんね。
カリスマ性も何もない私にはわかりかねる世界です。(^_^;)

2015/07/25 (Sat) 20:02

AzTak  

Re: AzTakさん

のんびり熊さん、こんばんは。

> 西明寺山門の阿吽像、素朴では有りますが力強くてとても良いです。

写真がよくなかったので大したものに見えないかもしれませんが、なかなか力感あふれるものでした。

> 旧原家母屋跡地にたつ欅門、これが超高級マンションに泊を着けるんですか。

あまり撮ると叱られそうなのでマンションの方は撮るのをやめましたが、都内にある億ションと呼ばれるものより数段良さそうな建物でした。

> なるほど、地主も相続税やらなにやら大変ですね。

新丸子もあと200mほどで都内ですから。それも隣り合っているのは、あの田園調布です。それなりに高いんだと思います。
何かしないと三代相続で資産も雲散霧消してしまうことでしょう。

2015/07/25 (Sat) 20:13

Leave a reply