次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫(10) - 次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫_2015_Jun
FC2ブログ

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫(10)

岡本静嘉堂文庫(2)
岩崎家の玉川廟に向かうべく、階段をあがる
結構キツイ。先程から岡本八幡神社の階段などを上ってきたので、少しばかり堪える。
岩崎家の玉川廟に向かうべく、階段をあがる_1
岩崎家の玉川廟に向かうべく、階段をあがる_2
階段を上がった先には立派な灯籠が一対
階段を上がった先には立派な灯籠が一対_1
階段を上がった先には立派な灯籠が一対_2
階段を上がった先には立派な灯籠が一対_3
そしてちょっとした広場が
そこで休むと里心がつくので、休まずに先に進む
そしてちょっとした広場が_1
そしてちょっとした広場が_2
そしてちょっとした広場が_3
小休止用に用意されたアイテムだろうか
そしてちょっとした広場が_4
そしてちょっとした広場が_5
そしてちょっとした広場が_6
暫く行くと、石碑があった
『男爵岩崎君墓碑』と書いてあるようだった。岩崎弥太郎の実弟である2代目社長彌之助(弥之助)に関わるもののようだ。彌之助は男爵止まりだったのか。う~~ん。
暫く行くと、石碑があった
そして、灯籠が
ここにも灯籠が一対。縁の人が建てたのだろう。
そして、灯籠が_1
そして、灯籠が_2
正面等からの様子
墓所に到着だ。日本近代建築の父であるジョサイア・コンドル氏の設計なのか。すごいものがあったものだ。
正面等からの様子_1
正面等からの様子_2
正面等からの様子_3
正面等からの様子_4
正面等からの様子_5
正面等からの様子_6
更に行くと美術館の前に出る
最初に書いたように大規模工事中で足止め中だった。その辺りの植え込みが何とも言えず、きれいな感じなのだが、近づかないことには、…。
更に行くと美術館の前に出る_1
更に行くと美術館の前に出る_2

静嘉堂文庫や美術館がある広場から南の林を抜けると岩崎家の玉川廟があります。この丘全体が岩崎家所有の土地だったので、まるで岩崎家の古墳というか、王家の丘ならず財閥の丘って感じですね。こういった事ができるのもさすがと言うべきなのでしょうが、この玉川廟も文庫同様に凝った造りをしています。建設は明治43年(1910年)で、文庫と同様に小弥太氏が父、弥之助氏の墓として建てたものです。こちらの設計は日本近代建築の父であるジョサイア・コンドル氏が行いました。J・コンドル氏とは鹿鳴館の設計者としてよく知られている人物で、岩崎家との結びつきも強く、茅町本邸(1896年、重要文化財)、深川邸洋館(1889年、現存せず)、高輪邸(1908年、現三菱開東閣)なども手がけています。そういった著名な建築家がお墓を設計したのでこんなに豪勢になってしまったのか、とにかく豪勢にしてくれというような要望があったのかは知りませんが、庶民との格の違いを感じてしまいます。ちなみにJ・コンドル氏は駿河台のニコライ堂も建築しているので、そういった視線から見るとどことなく共通点も見いだせるかもしれません。それとこの廟の横には枝垂れ桜があり、春にはピンクの美しいアクセントが加わり、廟の周りにはあじさいが植えられているので、梅雨の時期に彩り鮮やかな花で囲まれ、秋にはもみじが彩りを添えます。

二子玉川駅までの道
急ぐわけでもなく、きれいな住宅街が続くので、ミニバスには乗らず、歩いて帰ることにした。高級住宅街だ。『金妻』の街なんだ。
二子玉川駅までの道_1
二子玉川駅までの道_2
二子玉川駅までの道_3
二子玉川駅までの道_4
二子玉川駅までの道_5
二子玉川駅までの道_6

以上で、『次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫』シリーズは終了です。最後までご覧頂き大変有り難うございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年06月23日
最終更新 2015年06月23日

18 Comments

There are no comments yet.

kaz  

おはようございます!

日陰と熱中症に注意してくださいね!もう、回る名所、旧跡は少ないんじゃないですか?都内では・・・。

2015/06/23 (Tue) 05:49

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

さすがAzTakさん、この日もよく歩かれたのですね^^
私はへなちょこなので、かなり歩いた後に階段を見たら
きっと回れ右して引き返してしまうと思います(笑)

それにしても立派なお墓ですね。
植木もちゃんと刈られていてお手入れも欠かしていない様子。
こういう小さい家みたいなお墓はこちらでも見たことあります。
日本では見ないですよね?洋風スタイルなのかな。

『金妻』という言葉がやけに懐かしく響きました♪(笑)

2015/06/23 (Tue) 09:18

cobo-fe  

拝見するとかなりの距離をお歩かれているようで、お元気ですね。
私は先週の宇治の三室戸寺に続き、土曜日奈良のはるか山奥の言われのある神社に行き、駐車場から思い切り谷に降りさらに登って本殿・・帰りはその逆と・・・おかげで日曜日は筋肉痛で座るのもままならず・・・の状態でした。
普段歩かなければこんな状態です。平場の神社仏閣だけ狙いますか・・(笑)

2015/06/23 (Tue) 09:45

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
お疲れ様でした!
それにしても健脚家ですね~!
最近は車に頼り過ぎて歩き不足な私からすれば
たいしたものです!
岩崎家所有の土地だったのですね!
流石、三菱!明治末年には三菱は岩崎家の私有地を含む
25万坪という東京最大の土地所有者だったようです♪
熱中症には気を付けてくださいね!
どうせ倒れるなら、山の中より金妻舞台の辺がいいですね 笑)

2015/06/23 (Tue) 11:05

のんびり熊  

AzTakさん

凄いお墓ですねえ!
熊がこんなお墓に入れば、ソワソワして落ち着いて寝ていられない。
縁が無いからいいけれど・・・
高級住宅地の横にこんな緑豊かな所が有っていい環境です。

2015/06/23 (Tue) 12:44

S-masa  

立派な墓ですね。
日本ではなかなか見られない形で、周りも整備されていますね。
細い道と急な階段、墓参りに行くには大変そうです。

2015/06/23 (Tue) 15:13

めぐる  

こんにちは

立派な埋葬場所で権力を感じますが人はそれをどこまでも誇示したいようです。
人の心に際限がないと思いますけど故人を偲ぶ者が多いという事でもあるかもしれません。
諸行無常をおもいます。

2015/06/23 (Tue) 17:44

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 日陰と熱中症に注意してくださいね!もう、回る名所、旧跡は少ないんじゃないですか?都内では・・・。

まだ、もう少しは残っていますが、残りは段々、…。丹念に探して回りたいと思います。
今日は、何度か行った川崎市立日本民家園にイベントの下見に行ってきました。予報が大きく外れてギラギラする太陽が照りつけて、ダウン寸前。かなりバテました。
65歳の大幅割引の権利発生の日まであと1ヶ月ほど。その日がなかなか来ないものです。

2015/06/23 (Tue) 18:50

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> さすがAzTakさん、この日もよく歩かれたのですね^^
> 私はへなちょこなので、かなり歩いた後に階段を見たら
> きっと回れ右して引き返してしまうと思います(笑)

私もそうしようと随分思いました。岡本八幡神社の階段は何とも思わなかったのですが、そこで最後のエネルギーを使い果たしたのでしょうね。表示板を読んだり、カルガモの写真を撮ったり、うじうじとして暫く気合が戻るのを待ちました。
あの噴水のところの工事さえなければ、お墓を見ながら下りていけばよかったのですが、…。

> それにしても立派なお墓ですね。
> 植木もちゃんと刈られていてお手入れも欠かしていない様子。
> こういう小さい家みたいなお墓はこちらでも見たことあります。
> 日本では見ないですよね?洋風スタイルなのかな。

日本近代建築の父であるジョサイア・コンドル氏の設計ですから、豪勢なものですね。
スペインの巡礼の道の途中の墓地にはかなり立派なお墓がありました。ジョサイア・コンドル氏も英国人ですから、英国国教会のお墓に馴染んでいたのでしょう。

> 『金妻』という言葉がやけに懐かしく響きました♪(笑)

ははは、お歳がわかってしまいますよ。

2015/06/23 (Tue) 19:03

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 拝見するとかなりの距離を歩かれているようで、お元気ですね。

1歩き4-5休みくらいの頻度で楽しんでいます。本来は、1歩き2-3休みくらいの頻度で行きたいのですが、多少は野暮用もあるし、あいにく雨も降ったりするので、こんなペースに落ち着いています。

> 私は先週の宇治の三室戸寺に続き、土曜日奈良のはるか山奥の言われのある神社に行き、駐車場から思い切り谷に降りさらに登って本殿・・帰りはその逆と・・・おかげで日曜日は筋肉痛で座るのもままならず・・・の状態でした。
> 普段歩かなければこんな状態です。平場の神社仏閣だけ狙いますか・・(笑)

土曜日のスケジュールがきつかったようですね。
高校生のとき、帰省していわき市内を自転車で走ったことがありました。その当時の日本一広い市域の市で、未舗装の悪路を100kmほど走ったのでしょうかね。肛門のあたりが痛くなり、椅子に座るのが苦痛でした。いまは、自転車をこぐ体力などは失せ、専ら歩き専門です。
アミノ酸を遅滞なく摂取して、ストレッチを入念に行うほうがよろしいようです。

2015/06/23 (Tue) 19:17

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> お疲れ様でした!
> それにしても健脚家ですね~!
> 最近は車に頼り過ぎて歩き不足な私からすれば
> たいしたものです!

そろそろ車に頼らなくちゃいけないかなと思いだしていますが、運転していない内に首都高を走るのがものすごく怖くなって、何とも気が進みません。今日、TVでスイスのトレッキングの様子を見ていたら、かなりゆっくり目に歩いていました。無理をしないのが一番かなと思った次第です。

> 岩崎家所有の土地だったのですね!
> 流石、三菱!明治末年には三菱は岩崎家の私有地を含む
> 25万坪という東京最大の土地所有者だったようです♪

途方も無い金満家だったようですね。不在地主であっという間に没落したT家とは段違いです。

> 熱中症には気を付けてくださいね!
> どうせ倒れるなら、山の中より金妻舞台の辺がいいですね 笑)

『汚い爺さんが倒れている』と119番通報がなされるだけでしょう。少し見られても恥ずかしくない格好で出かけないといけませんね。(^_^;)

2015/06/23 (Tue) 19:25

AzTak  

Re: AzTakさん

のんびり熊さん、こんばんは。

> 凄いお墓ですねえ!
> 熊がこんなお墓に入れば、ソワソワして落ち着いて寝ていられない。
> 縁が無いからいいけれど・・・

あのジョサイア・コンドルが設計したんですよね。すごいなあ。英国人が考えるのは、いくら天才設計家であっても、やはりキリスト教式のお墓なんでしょう。なんとなくそういう感じがしました。

> 高級住宅地の横にこんな緑豊かな所が有っていい環境です。

どちらが先でしょうね。ここがあるから、周囲の土地に箔が付いたのかもしれませんよ。
旧岡本村は、彦根藩世田谷領20カ村の一つでした。世田谷区世田谷(旧世田ヶ谷村)には、代官屋敷が残っています。そこからほど近くに豪徳寺があります。あの井伊直弼も葬られています。
世田谷のほとんど(もしかしたらすべて?)が彦根藩の飛び地だったなんて知りませんでした。
ミーハー度が高い私めも当然行ってきました。

2015/06/23 (Tue) 19:36

AzTak  

Re: タイトルなし

S-masaさん、こんばんは。

> 立派な墓ですね。
> 日本ではなかなか見られない形で、周りも整備されていますね。

ジョサイア・コンドルの設計ですから、キリスト教様式の影響が強そうです。

> 細い道と急な階段、墓参りに行くには大変そうです。

工事さえしていなければ、中庭まで車で行き、そこからほぼ平坦な道を歩いて行くことが出来ます。
工事中の今も、多分関係者が墓参に来た時は、もちろん通すはずです。まあ、ごく親しい身内の方でしょうけど。
そう考えれると、あの道はなんのためでしょうかね。職人さん、使用人、訳の分からない物好きの訪問者などのための道だったのかもしれません。

2015/06/23 (Tue) 19:43

AzTak  

Re: こんにちは

めぐるさん、こんばんは。

> 立派な埋葬場所で権力を感じますが人はそれをどこまでも誇示したいようです。
> 人の心に際限がないと思いますけど故人を偲ぶ者が多いという事でもあるかもしれません。
> 諸行無常をおもいます。

2代目総帥彌之助(弥之助)の墓を実子である4代目総帥小彌太が建てたようです。彌之助に、自身の墓を飾り立てたい思惑があったのか否かは忖度するしか無いところです。
小彌太の親を思う気持ちがさせたことと解釈するのが無難なのでは。
木立の中にひっそり閑としていますから、ことさら他者に見せつけようという思惑はなかったのではないかと思います。

2015/06/23 (Tue) 19:50

土佐けん  

こんばんは

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫』シリーズ
お疲れ様でした^^
助手も僕も大好きな古民家など、堪能させていただきました^^
これから暑い日が続きます。
熱中症など、くれぐれも気をつけて下さいね^^

2015/06/23 (Tue) 22:18

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本静嘉堂文庫』シリーズ
> お疲れ様でした^^
> 助手も僕も大好きな古民家など、堪能させていただきました^^
> これから暑い日が続きます。
> 熱中症など、くれぐれも気をつけて下さいね^^

今日はイベントの下見で、代わり映えしない行き先ですが、川崎市立日本民家園に行ってきました。
一日中曇りの予報だったのですが、首都圏は、日中カンカン照りで、夜になって激しい雨。私が歩き回っていた頃は蒸し暑くて、ヘロヘロ状態で歩いていました。
これからは熱中症ケアの時期ですね。お互いに気をつけましょう。

2015/06/23 (Tue) 22:33

kozoh55  

やっぱり

この場所を見たときにお金持ちという人たちの生き様みたいなものを
感じた気がします。
なくなった本人の意志以上に子孫達がお金と手間をかけることもあるでしょうから。
結局、私には美しい建物としての印象が強く残ったような気もします。
一人の個人のお墓ですからね。

2015/06/27 (Sat) 20:06

AzTak  

Re: やっぱり

kozoh55さん、こんばんは。

> この場所を見たときにお金持ちという人たちの生き様みたいなものを
> 感じた気がします。
> なくなった本人の意志以上に子孫達がお金と手間をかけることもあるでしょうから。
> 結局、私には美しい建物としての印象が強く残ったような気もします。
> 一人の個人のお墓ですからね。

2代目は、墓の中で苦笑いしているのかもしれませんね。4代目は、徳川の3代目と同様に最初からプリンスだったでしょうから、…。
文庫の内容は学術的価値が有るようなんですが、私のようなものには縁がなさそうです。それが悲しいです。

2015/06/27 (Sat) 21:59

Leave a reply