等々力渓谷を歩く(2) - 等々力渓谷を歩く_2015_May
FC2ブログ

等々力渓谷を歩く(2)

最近ケチ臭くなったのか、無料のところばかりをほっつき歩いている。どこへ行ってもカップルばかり。一人で歩きまわるのが恥ずかしい感じだ。

渓谷を更に歩く
平日だというのに、結構な人出だ。私同様に暇人が少なくないようだ。
渓谷を更に歩く_1
渓谷を更に歩く_2
渓谷を更に歩く_3
渓谷を更に歩く_4
渓谷を更に歩く_5
環状8号線に架かる橋
環状8号線からは、渓谷が緑で覆われてしまい見えない。まるで、普通の道のように見える。渓谷から見れば、歴とした橋なのだ。玉沢橋というようだ。
玉沢橋
更に先へと歩く
更に先へと歩く_1
更に先へと歩く_2
更に先へと歩く_3
更に先へと歩く_4
潜水橋のようだ。梅雨時には本当に水面下になるだろうか。
潜水橋のようだ
等々力渓谷横穴古墳
ここで進行方向左側に渡り、標識に従うと古墳跡が見えてくる。古墳時代後期から奈良時代(7世紀後半~8世紀)のものと推定される横穴式古墳で、中を覗くことができるようになっているようだ。
等々力渓谷横穴古墳_1
等々力渓谷横穴古墳_2
等々力渓谷横穴古墳_3
完全な形で残っているのは3号のみ。1-2号は跡があるだけだった。そんなに都合良くはいかないとは思いつつも残念。
等々力渓谷横穴古墳_4
等々力渓谷横穴古墳_5
等々力渓谷横穴古墳_6
等々力渓谷横穴古墳_7
再び渓谷に戻る
再び渓谷に戻る
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年06月01日
最終更新 2015年06月01日

14 Comments

There are no comments yet.

hiro  

お早う御座います!

等々力渓谷へ行かれたんですね。
散歩番組で等々力渓谷を良く紹介していますが、私は行ったことはありません。
涼しくて夏場の散歩に最適な所ですね。
等々力渓谷は世田谷にあったんですね。
涼しげな画像を見せて頂き有り難う御座いました。

今日から6月ですね、今月も宜しくお願い致します。

2015/06/01 (Mon) 06:11

cobo-fe  

散歩道の周りの木々を見上げてみますと、かなりの古木というか大木が茂っていますね。歴史がうかがえます。
本当に涼しそうなところですゆえ、やはり散策されている人も多いですね。
フィトンチット溢れる小径を散策されるのも良いものでしょう。

2015/06/01 (Mon) 10:33

S-masa  

こんにちは。

ケチくさいではなく、無料の所の方が整備されていなく、自然の姿が多いので、良いところが多くあると感じます。
カップルの多いところでの単身行動は私も苦手です。

2015/06/01 (Mon) 11:09

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
カップルであろうがなかろうが、涼しい事には変わりないようです。
でも一人だとなんか気が引けますね。
やはり水脈の有る所は昔から人が住むんですね。
古墳時代以前から住んでいたんでしょうね。
開発の名のもとに土地をいじるのはあまり感心しませんが仕方のない事なんでしょう。

2015/06/01 (Mon) 12:33

うづら  

こんにちは

この一行目がね。
たまらない魅力ですよね(笑)。

2015/06/01 (Mon) 15:30

AzTak  

Re: お早う御座います!

hiroさん、こんばんは。

> 等々力渓谷へ行かれたんですね。

はい、行ってみました。我が家からもそんなに掛かりません。調子が良ければ往復とも自宅から歩いて行くところですが、膝の靭帯が細くなっているので、無理はしないことにしています。

> 散歩番組で等々力渓谷を良く紹介していますが、私は行ったことはありません。
> 涼しくて夏場の散歩に最適な所ですね。
> 等々力渓谷は世田谷にあったんですね。
> 涼しげな画像を見せて頂き有り難う御座いました。

近くに自然があふれているロケーションならば、わざわざここまで来る必要はありません。23区内で唯一残る渓谷だというくらいしか売りはありませんから。

> 今日から6月ですね、今月も宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願い致します。

2015/06/01 (Mon) 19:22

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 散歩道の周りの木々を見上げてみますと、かなりの古木というか大木が茂っていますね。歴史がうかがえます。

歴史と言っても、京都や奈良のような雅な歴史ではなく、古墳時代まで遡るような歴史ですから。その後、鳴かず飛ばずでしたが、いつの間にか超高級住宅地になっていました。あの児玉誉士夫の自宅にセスナ機が突入したことで有名になりましたね。
我が家付近でヘリコプターが大挙して飛ぶようなことがあったのは、あの事件と雅子様のお輿入れの時だけでした。

> 本当に涼しそうなところですゆえ、やはり散策されている人も多いですね。
> フィトンチッド溢れる小径を散策されるのも良いものでしょう。

ここからそう遠くない田園調布にもそれなりに幅がある堀割があり、結構涼しかったりします。ここは、谷底ですから、もっともっと涼しいという感じがします。何度も何度も深呼吸したくなります。
その代わり、渓谷から戻ると途端に周囲の暑さが倍返しに感じられるような気がします。

2015/06/01 (Mon) 19:35

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> ケチくさいではなく、無料の所の方が整備されていなく、自然の姿が多いので、良いところが多くあると感じます。

(ΦωΦ)フフフ…、慰めていただきありがとうございます。この後、小網代の森に行きました。明日は岡本公園民家園と次大夫堀公園民家園(いずれも世田谷区)を周る予定にしています。全部無料なんです。たまには金を使えと叱られそうです。

> カップルの多いところでの単身行動は私も苦手です。

私の場合、どこに行くのでも殆ど単独行動です。同行者は徹底していません。格好をつけて言えば、『同行二人』なんですが。(^_^;)

2015/06/01 (Mon) 19:47

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> カップルであろうがなかろうが、涼しい事には変わりないようです。
> でも一人だとなんか気が引けますね。

(ΦωΦ)フフフ…、寂しいものです。

> やはり水脈の有る所は昔から人が住むんですね。
> 古墳時代以前から住んでいたんでしょうね。

そのころは住んでいたのでしょうが、実に長いこと放置され、雉子やイタチ、たぬきなどがねぐらにしていたようですよ。

> 開発の名のもとに土地をいじるのはあまり感心しませんが仕方のない事なんでしょう。

そうですね。いつの間にか超高級住宅地になっていました。マンションや大きな住宅って地下も結構掘り返しますから、水脈がぶった切られたりしたんだと思います。ちょろちょろしか水が湧き出さなくなりました。

2015/06/01 (Mon) 19:56

AzTak  

Re: こんにちは

うづらさん、こんばんは。

> この一行目がね。
> たまらない魅力ですよね(笑)。

(ΦωΦ)フフフ…、実はタダの行き先がこの後も続くんです。
たまには、天下の周りものを流通させて経済を活性化させるべく、私も協力しないといけないなと思うのですが。基本的にケチなんでしょうかねえ。
そちらは、いつかは有料のところにも行くと思いますが、…。もう一つの方は、当面解決できそうにありません。困ったものです。

2015/06/01 (Mon) 20:05

土佐けん  

こんばんは

渓谷は涼しそうですね^^
涼を求めて大勢の方が訪れているんですね~
カップルばかりですか!
僕も助手と一緒に出かけますが、現地では
バラバラになって、一人ですw

2015/06/01 (Mon) 21:19

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 渓谷は涼しそうですね^^

何度か涼しいんです。それが気持ちいいことです。かなり長いこと粘っていれば、それなりに身体も冷えて、地上でも暫くは冷却効果が保つかもしれませんが、…。

> 涼を求めて大勢の方が訪れているんですね~
> カップルばかりですか!
> 僕も助手と一緒に出かけますが、現地では
> バラバラになって、一人ですw

思い切り見せつけられました。なんでこんなにカップルが多いのか、驚きました。この時は、平日の昼前なんですよ。

2015/06/01 (Mon) 21:44

HARU  

こんばんは。

都心にこんな素晴らしい渓流の森があるなんて、これが東京なんですよね。多摩川水系の底ぢからを見た思いです。コンクリートジャングルから、突然、別世界に迷い込んだような気持ちになるのではありませんか。終日、ビルのオフィスで生活する人には、なおさら癒される場所ですね。素晴らしい。

2015/06/01 (Mon) 22:24

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、おはようございます。

> 都心にこんな素晴らしい渓流の森があるなんて、これが東京なんですよね。多摩川水系の底ぢからを見た思いです。コンクリートジャングルから、突然、別世界に迷い込んだような気持ちになるのではありませんか。終日、ビルのオフィスで生活する人には、なおさら癒される場所ですね。素晴らしい。

23区ではここだけしか無いのですが、ともかく何とか生きながらえています。
行くまでは連れて行かれる人も、気が進まない様子がありありのようですが、実際に谷底に下りてみると、かなり驚くことが多いようです。昨日や今日できたものではない自然の造形物です。それなりの存在感はあると思います。

2015/06/02 (Tue) 04:19

Leave a reply