JRAホースショー(7) - JRAホースショー_2015_May
FC2ブログ

JRAホースショー(7)

中障害Bスピード&ハンディネス(1)
中障害B障害物の最大高130cmでCよりも10cm高い。と書き出して、パンフレットを見たら、この競技は最大高125cmで争われるようだ。スピード&ハンディネスで行うからだろうか?
スピード&ハンディネスでは落下による過失をタイムに換算して、実際の走行タイム(スタートラインからゴールラインまでにかかったタイム)に加えたタイムが早い人馬が上位となる。要は一発勝負で標準競技のような減点0通過者によるジャンプオフなどというややこしい方法は取らない。選手も一発勝負なら撮影も一発勝負ということになるなあ。


トップバッターに期待したが
前の競技で2位入賞を果たした芹沢選手。この競技でも馬を変えて1番手と25番手とで出場した。たすきが示す実力者だけに期待したが、この競技での結果は、完走者35人中の28位と29位とに沈んだ。途中までは素晴らしかったのに。
加算の秒数が痛かった。この競技は早く無過失で駆け抜けなければ上位入賞はおぼつかない。

トップバッターに期待したが_1
これほど観客の視線を集める競技はあまりないことだろう。ごく普通の市民観客がたちまち虜になる。それだけの魅力がある競技だ。
トップバッターに期待したが_2
トップバッターに期待したが_3
トップバッターに期待したが_4
トップバッターに期待したが_5
トップバッターに期待したが_6
素晴らしい騎乗ぶりで、スピードもかなりのものだった。バー落下さえなければ、…。
トップバッターに期待したが_7
トップバッターに期待したが_8
トップバッターに期待したが_9

10番目に出場の加藤幸選手が優勝(1)
かなり積極的な騎乗で、見事優勝を掻っ攫った。先ほどの競技に続きまたもや女性選手が優勝と3位とに。これには正直驚いた。騎乗した馬はジャロジー。走行タイムが60.77秒で、加算が0秒だった。2位選手と0.07秒の僅差だった。
10番目に出場の加藤幸選手_1
10番目に出場の加藤幸選手_2
10番目に出場の加藤幸選手_3
10番目に出場の加藤幸選手_4
10番目に出場の加藤幸選手_5
10番目に出場の加藤幸選手_6
10番目に出場の加藤幸選手_7
10番目に出場の加藤幸選手_8
10番目に出場の加藤幸選手_9
10番目に出場の加藤幸選手_10
10番目に出場の加藤幸選手_11
10番目に出場の加藤幸選手_12
10番目に出場の加藤幸選手_13
10番目に出場の加藤幸選手_14
10番目に出場の加藤幸選手_15
10番目に出場の加藤幸選手_16

圧巻の騎乗ぶりは次回に持ち越す
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年05月26日
最終更新 2015年05月26日

12 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

画面を拝見しただけで惹きつけられますね。
実際に見ればさらに感動ものでしょう。
ピントがよくとれてます。馬首の血管や筋肉の躍動感が見事に表現されいます。
ちゃんと編みこんでもらった鬣もかわいいですね。

2015/05/26 (Tue) 08:20

S-masa  

こんにちは。

女性が頑張っていますね。
騎手の手綱さばきだけではなく、馬との相性もあるのでしょうね。
馬も女性に優しいのかな?

2015/05/26 (Tue) 13:09

花さか爺サン  

こんにちは
障害物競走は、女性に適しているのですかね。
またまた女性が優勝ですか。
馬と一体になり見事な手綱さばきですね。

2015/05/26 (Tue) 15:31

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 画面を拝見しただけで惹きつけられますね。
> 実際に見ればさらに感動ものでしょう。

そうだと思います。観客が同じような動きをしていますから、競技の世界へ完全に引きずり込まれているのだと思います。ルールが非常に簡単ですが、手に汗握る迫力があります。
一度、時間を作って観戦されてみては如何でしょうか。

> ピントがよくとれてます。馬首の血管や筋肉の躍動感が見事に表現されています。

いつもこんなふうに撮れれば言うことなしなのでしょうが、実際はピンぼけが多くて。

> ちゃんと編みこんでもらった鬣もかわいいですね。

鬣はあんなふうに編みこんでも支障がないのでしょうかね。ちょっぴりおしゃれですよね。

2015/05/26 (Tue) 20:22

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
いわゆる競馬レースのように体重制限はないんでしょうか?
それとも最近の傾向として女性が頑張っているんでしょうか?
男性の奮起を祈ります。

2015/05/26 (Tue) 20:32

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> 女性が頑張っていますね。

今回は男性の選手のエントリーが多く、女性選手は上位入賞は難しいかなあと内心思っていました。ところが、それでも勝ってしまいましたね。
たった0.1秒を縮めるためにどれだけ冒険をするのかと思うほどの大胆さです。

> 騎手の手綱さばきだけではなく、馬との相性もあるのでしょうね。
> 馬も女性に優しいのかな?

どうなんでしょうね。ただし、一般に体重が軽めの女性選手のほうが、馬さんへの負荷が小さくて済む有利さはあるのかもしれませんね。逆に男性選手の時はビシッとした空気感がありそうで、これまた競技への有利さがありそうです。結局、強い選手が勝つようです。

2015/05/26 (Tue) 20:34

HARU  

こんばんは。

馬って体脂肪率めちゃ低いのかなあ。接写で拝見するとキンニクだけで出来上がってるみたい。血管が浮き出て実に精悍ですね。ほかの動物にはない肉体美がウケる要因のひとつなんでしょうか。もちろん、乗馬する人もですが。

2015/05/26 (Tue) 20:35

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 障害物競走は、女性に適しているのですかね。
> またまた女性が優勝ですか。

たまたま、たまたまでしょうね。そういうことってあるものなんですねえ。東京オリンピックでも、この馬場で行われます。メインポールにどの選手でもいいですから、日の丸が揚がるといいですね。

> 馬と一体になり見事な手綱さばきですね。

野球のホームランをかっ飛ばしたフォームが素晴らしいのと一緒かもしれません。ただし、こちらは、一瞬ではなく、1-2分は踏ん張る必要がありますから、結構大変だと思います。女性選手も知らず知らずのうちにインナーマッスルが鍛え上げられてきているのでしょうね。

2015/05/26 (Tue) 20:41

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> いわゆる競馬レースのように体重制限はないんでしょうか?
> それとも最近の傾向として女性が頑張っているんでしょうか?
> 男性の奮起を祈ります。

いっさい無制限のようです。男女、年齢、体重、…必要なのは、腕前だけのようです。但し、あまり体重のある選手だと馬さんが可愛そうですが、その不利益は自分がかぶることになるでしょうから。自ずと、ダイエットに励むことになることでしょう。
とは言うものの、仮装競技でお肉たっぷりの選手が出てきました。場内アナウンスで、『肉襦袢着用ではなく、自前の肉のようです』などと、からかわれていましたが。

女性のオリンピック選手は何人も誕生しているんですよ。無差別競技の最たるものですから、凄いことだと思います。
なかでも、井上喜久子選手(私の母親と同年齢)などは、3回出場で、ソウルオリンピックでは、当時の日本選手として最高齢での出場を果たしたんです。女性最高齢の記録は2012年現在も破られていないそうです。男女含めた記録は法華津選手に破られたと記憶していますが。

2015/05/26 (Tue) 21:12

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 馬って体脂肪率めちゃ低いのかなあ。接写で拝見するとキンニクだけで出来上がってるみたい。血管が浮き出て実に精悍ですね。ほかの動物にはない肉体美がウケる要因のひとつなんでしょうか。もちろん、乗馬する人もですが。

妙義龍が体脂肪率をしゃべるCMがありましたね。馬さんの体脂肪率は聞くとこちらががっかりするほどの低さなんでしょうね。特にサラブレッドとかアラブとかは、見ていて惚れ惚れする肢体ですね。
もちろん選手も格好が良いですよね。

2015/05/26 (Tue) 21:19

土佐けん  

こんばんは

女性が優勝と3位ですか! 凄いです~~
素晴らしい手綱さばき、人馬一体の姿に感動します^^
乗馬姿も凛々しいですね^^

2015/05/26 (Tue) 21:57

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 女性が優勝と3位ですか! 凄いです~~

個人競技を2競技みましたが、そのいずれも1位と3位とを勝ち取ったんです。凄いことですね。オリンピック出場クラスの競合選手も少なからず出場している中ですから。

> 素晴らしい手綱さばき、人馬一体の姿に感動します^^
> 乗馬姿も凛々しいですね^^

そうですね。上位入賞する人馬は姿が美しいですよね。形だけでも真似してみたいものですが、とうてい無理なことでしょう。

2015/05/26 (Tue) 22:06

Leave a reply