高校野球神奈川大会(2) - 未分類
FC2ブログ

高校野球神奈川大会(2)

神奈川大会準々決勝第1試合。母校は平塚学園と対戦。私の希望とは異なり、本当に残念な試合結果に終わってしまった。慶応は序盤こそまずまずだったものの、エース加藤をはじめ繰り出す投手がことごとくお疲れの様子。早めに追い込んでもコントロールを乱し、走者をためる最悪のパターンの繰り返し。そして苦し紛れに置きにいった甘い球を痛打された。
打撃も守りの時間が長くなる一方で、リズムを崩され、ちぐはぐな攻撃を繰り返す。やはり、主将で4番の木村の不調が足を引っ張った感じ。初戦からずっと打てないし、昨日はリードも良くなかった。さらに暴投といえば暴投かもしれないが、止めるくらい出来た投球を2回後逸し、捕球すれば三振のファウルチップも落球した。主将があれでは、ナインが浮き足立つのは致し方ないところ。
押されたまま、イニングが進み、最後はダブルプレーでゲームセット。何か捨てた感じの試合内容だった。ど根性を発揮できない都会校のひ弱さを見た。

唯一の得点シーン
序盤はまあまあだった。すぐに同点に追いついたシーン。この勢いが続かなかったのが悔やまれる。
得点シーン_1
得点シーン_2

両校の投手
平塚学園 熊谷
2年生エース。殆どの試合を一人で投げ続けているようだ。体力は相当ありそうだ。打てない投手ではないはずだが、適当に荒れたのが打たれなかった(打ちあぐねた)要因か?
平学熊谷
慶応義塾 加藤
3年生:エース。初回こそ上々の滑り出しだったが、疲れで制球がままならなかった。
慶応加藤_1
慶応加藤_2
慶応義塾 内村
2年生:2~3番手の位置づけか。加藤同様、疲れで制球がままならなかった。
慶応内村_1
慶応義塾 田村
2年生:2~3番手の位置づけか。まあまあに見えたのに、何故すぐに代えたのか?
慶応田村_1
慶応義塾 福田
1年生:飯塚ライジングスターズ ジャイアンツカップ優勝。将来を嘱望される存在。今回は経験をつませただけだったのか?
慶応福田_1
慶応福田_2
慶応福田_3
慶応義塾 舟波
3年生:外野兼投手。投手としてはお役に立たなかった。
慶応舟波_1
慶応舟波_2
慶応義塾 林
3年生:舟波が招いたピンチを阻止することが出来ず、決定的な2点を奪われる。
慶応林_1
慶応林_2

母校の応援光景
悪口を言うとかつての上司にどやされてしまうが、慶応義塾女子高のお嬢さんたちしかいなさそうに見える。男のリーダーがまったく目立たない。
母校の応援_01
母校の応援_02
母校の応援_03
母校の応援_04
母校の応援_05
母校の応援_06
母校の応援_07
母校の応援_08
母校の応援_09
母校の応援_10
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年07月26日
最終更新 -0001年11月30日

4 Comments

There are no comments yet.

りら  

AzTakさん

神奈川大会準々決勝第1試合の様子が詳細に語られ
そして お写真にて描写されています
臨場感溢れる 今日のアップ 拝見させて頂きました

2012/07/26 (Thu) 19:27

AzTak  

Re: AzTakさん

> 神奈川大会準々決勝第1試合の様子が詳細に語られ
> そして お写真にて描写されています
> 臨場感溢れる 今日のアップ 拝見させて頂きました

勝てばよかったのですが、負けてしまいました。それも自滅気味の完敗でした。最初のころ、隣の席で熱心に撮っていたお兄さんも早々に諦めたような感じでした。
相手打者を抑えよう抑えようと力みきった投球をするから、却って打ち易いものになってしまった感じでした。やはり冷静にならないといけません。

2012/07/26 (Thu) 19:44

ちょいオヤジ!  

お疲れさまでした。
平学も結構強いんですよね。
応援出来るチームがあると楽しいんですが・・
ざんねんでしたね。
高校野球は、一発勝負だから・・
流れやタイミングなんかも影響したり、難しいですね。
やっぱりピッチャーの調子もネックで。
また、期待します。

2012/07/28 (Sat) 01:15

AzTak  

Re: タイトルなし

> お疲れさまでした。
> 平学も結構強いんですよね。
> 応援出来るチームがあると楽しいんですが・・
> ざんねんでしたね。
> 高校野球は、一発勝負だから・・
> 流れやタイミングなんかも影響したり、難しいですね。
> やっぱりピッチャーの調子もネックで。
> また、期待します。

コメント有難うございます。いつも野菜作りが楽しそうで、拝見させていただいています。

平塚学園は、派手さはないけれどよく鍛えられたチームのように見えました。
このまま行くと、桐光学園をも破りかねない勢いです。エース熊谷君のスタミナがどこまで続くかに掛かっていそうですが。
トーナメントを乗り切る体力、劣勢に廻ったときの巻き返しの工夫が母校の課題なんでしょう。うーーん、難しいかなあ。私もまた来年に期待したいと思います。

2012/07/28 (Sat) 05:36

Leave a reply