四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(5) - 四谷から皇居の方に向かって歩いてみる_2015_May
FC2ブログ

四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(5)

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
何度か行ったことがある。旧盆の前後ばかりで、卒倒しそうになりながら歩いた記憶が。今回は、比較的体調が良い状態で来ることができた。
本当のことを言えば、未だに靖国神社とこの墓苑との関係がよく理解できないでいる

千鳥ヶ淵戦没者墓苑_1
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_2
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_3
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_4
千鳥ヶ淵戦没者墓苑_5
さざれ石
岐阜県の文化財なのだそうだ。国歌の中のさざれ石は、小さな石という意味に過ぎないようだが、こちらは下記説明にある通りの自然が生成した貴重なものだ。
さざれ石_1
さざれ石_2
さざれ石_3
さざれ石(細石、さざれいし)は、もともと小さな石の意味であるが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウムや水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。
大賀ハスとさざれ石との2ショット
大賀ハスとさざれ石との2ショット_1
大賀ハスとさざれ石との2ショット_2
セレモニーを行う施設
延々と行進をしてきて、ここで会場の設営をして、式典に参加し、終了後の後片付けまでやると、本当に大変。どうやって自宅まで帰ったのか不思議なほど。そんな懐かしい思い出が。
セレモニーを行う施設_1
セレモニーを行う施設_2
セレモニーを行う施設_5
セレモニーを行う施設_6
セレモニーを行う施設_7
セレモニーを行う施設_8
セレモニーを行う施設_10
昭和天皇の御製
墓苑創建の年の秋、天皇陛下から下賜された御製を三笠宮妃殿下が謹書されたものだそうだ。
陛下の苦しい心情を吐露したものなのだろう。この歌で救われた思いになった人も少なくないことだろう。
昭和天皇の御製_1
昭和天皇の御製_2
今上陛下の御製
こちらは終戦60周年を迎えるに当たり、新春『歌会始の儀』で今上陛下が詠まれた御製を常陸宮妃殿下が謹書されたものだそうだ。
戦後60年を経て、漸くこのような歌を詠むことができるほどにまでなった。あの困難な時を生きた人々を忘れてはいけないという自戒の念を込めた内容なのだろう。
今上陛下の御製_1
今上陛下の御製_2
栴檀
栴檀_1栴檀_2
千鳥ケ淵戦没者墓苑は、日本の戦没者慰霊施設。第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置している。公園としての性格を有する墓地公園とされており、環境省が所管する国民公園等のひとつである。

英国大使館
これが駐日英国大使館か。さすがに広大な敷地に建っているんだ。それでも英国の外交官には狭い感じが否めないのだろうなあ。
英国大使館_1
英国大使館_2
英国大使館_3
英国大使館_4
英国大使館_5
英国大使館_6
英国大使館_7
英国大使館_8
free画像を借用した
英国大使館_9
1872年5月(明治5年)、七戸藩上屋敷、櫛羅藩上屋敷、七日市藩上屋敷、および旗本水野兵部の屋敷跡を合わせた12306坪(明治17年の本契約では10833坪)をほぼ永久に貸与されることとなったが、賃料が低い水準に抑えられたことが両国間の問題となっていく。その後現在にいたるまで、この場所が英国大使館(1905年に公使館から大使館に昇格)の所在地となっている。

以上で、今回の『四谷から皇居の方に向かって歩いてみる』シリーズはお終いです。最後までご覧いただき有り難うございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年05月24日
最終更新 2015年05月24日

12 Comments

There are no comments yet.

Meguru  

おはようございます

日本を守るために亡くなられた方に哀悼の誠を捧げる心情です。
私たちは戦後教育で自虐史観にとらわれてきましたが正しい歴史を学んで真実を知らなければと思います。
「さざれ石」・・・学校教育で君が代の意味を児童に正しく教えているでしょうかね。

2015/05/24 (Sun) 07:04

cobo-fe  

千鳥ヶ淵界隈の歴史を含めた現状がよくわかりました。
アメリカの政府高官が戦没者慰霊碑に参拝したのは記憶にあたらしいですね。
画像がシャープできれいですね。拝見していて気持ちいいです。

2015/05/24 (Sun) 10:03

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
千鳥ヶ淵戦没者墓苑と靖国神社、どう違うのか良く分かりませんねえ。
阿部首相もこちらに参拝して良いんじゃないですかね。
昭和天皇もこちらには大変気を使われていたようですね。

英国大使館、長い付き合いの中で既得権益はちゃんと守りますね。

2015/05/24 (Sun) 12:49

土佐けん  

こんにちは

シリーズ最終回、お疲れ様でした。
千鳥ヶ淵戦没者墓苑と言う所があるんですね。
戦争でなくなられた方々に哀悼の意を表したいと思います。

2015/05/24 (Sun) 16:12

そらまめ   

こんばんは

都内までクルマで30分ほどの所に住んで
中々出掛けられずにきましたが・・・
写真で詳しく拝見出来て 有難いです。

自分の足で歩くとなると、見逃しそうな所があって
感謝!感謝!
緑がとても眩く美しいです。

我が父は戦争からは帰還した後 結核という、
長い闘病生活でしたっけ。
「四谷から・・・」 のシリーズ、ご苦労様でした。

2015/05/24 (Sun) 19:51

AzTak  

Re: おはようございます

Meguruさん、こんばんは。

> 日本を守るために亡くなられた方に哀悼の誠を捧げる心情です。
> 私たちは戦後教育で自虐史観にとらわれてきましたが正しい歴史を学んで真実を知らなければと思います。

ここに来るたびに色々なことを考えてしまいます。いつまで経っても私の考えがまとまらないで困っています。
ただし、国土を守るための一定レベル以上の戦力は保持しなくてはいけないとは思っています。

> 「さざれ石」・・・学校教育で君が代の意味を児童に正しく教えているでしょうかね。

教えてはいないだろうと思います。難しい歌詞ですから。難しいからと言って、その意味するところを教えないままで良いとは思いません。国歌なのですから。

2015/05/24 (Sun) 20:42

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 千鳥ヶ淵界隈の歴史を含めた現状がよくわかりました。
> アメリカの政府高官が戦没者慰霊碑に参拝したのは記憶にあたらしいですね。

アーリントン国立墓地のように考えたのでしょうね。本来ならば靖国神社の方なのかもしれませんが、USAの高官がそこを参拝すると、中韓の反発が強いことを懸念した末の判断なんでしょう。う~~~ん、という感じです。

> 画像がシャープできれいですね。拝見していて気持ちいいです。

こちらはEOS3主体で撮りました。動きが少ない被写体向きかもしれません。激しく動く被写体には、最低でも70D、予算があれば、7Dmk2がほしいところです。そうなると、相応のレンズもということになるのかもしれませんね。

2015/05/24 (Sun) 20:53

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 千鳥ヶ淵戦没者墓苑と靖国神社、どう違うのか良く分かりませんねえ。
> 安倍首相もこちらに参拝して良いんじゃないですかね。
> 昭和天皇もこちらには大変気を使われていたようですね。

両方に参拝するほうが望ましいことでしょうね。ただし、保守政権のボスとしては、筋からすれば、靖国神社が第一なのでしょう。名前がわかっている戦没者が祀られているのですから。外すわけにはいかないのでしょう。

> 英国大使館、長い付き合いの中で既得権益はちゃんと守りますね。

どうやら話し合いが付き、平たくいえば、等価交換したようです。端の方の大使館官舎を取り壊していました。あの土地を日本に返却して、残りは英国側が所有権を保有する土地にするようです。

2015/05/24 (Sun) 21:02

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさん、こんばんは。

> シリーズ最終回、お疲れ様でした。
> 千鳥ヶ淵戦没者墓苑と言う所があるんですね。
> 戦争でなくなられた方々に哀悼の意を表したいと思います。

靖国神社分と千鳥ヶ淵墓苑分とを合葬するとか何とか、いつも議論になるところなのでしょう。千鳥ヶ淵墓苑は宗教とは無縁の存在にしてあります。そのため、いろいろな政治勢力や宗教がここを利用して平和行進の最後の目標にして、セレモニーを行っているようです。
それはそれで構わないのですが、神聖なる場所を曲げて使わないようにしてほしいものです。

2015/05/24 (Sun) 21:12

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

そらまめさん、こんばんは。

> 都内までクルマで30分ほどの所に住んで
> 中々出掛けられずにきましたが・・・
> 写真で詳しく拝見出来て 有難いです。

勝手に撮りまくっただけですので、後日暇ができたら、ぜひ、歩いてみてみてください。
感じ方は人それぞれ違うのだと思います。

> 自分の足で歩くとなると、見逃しそうな所があって
> 感謝!感謝!
> 緑がとても眩く美しいです。

何度か来ているので、ちょっと詳しくなったかもしれません。

> 我が父は戦争からは帰還した後 結核という、
> 長い闘病生活でしたっけ。
> 「四谷から・・・」 のシリーズ、ご苦労様でした。

無事ご帰還されても楽じゃない状況が待ち受けていたようですね。
私の母も重い結核で、一日の半分は臥せっているひどい状態でした。子供心にまもなく天に召されるものだと思っていたのですが、未だに…。

2015/05/24 (Sun) 21:20

SONOPHOTO  

様々な建物があるんですね
格式高い街 そんな印象を受けました
大賀ハス 咲いたところを見たいです!!いいでしょうね

2015/05/24 (Sun) 22:30

AzTak  

Re: タイトルなし

SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 様々な建物があるんですね
> 格式高い街 そんな印象を受けました

何といっても皇居のお膝元の千代田区ですから。格式の高さは他に比べるものはないかもしれません。

> 大賀ハス 咲いたところを見たいです!!いいでしょうね

だと思います。ですが、残念ながらここでは見たことがありません。

2015/05/24 (Sun) 22:55

Leave a reply