四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(3)+α - 四谷から皇居の方に向かって歩いてみる_2015_May
FC2ブログ

四谷から皇居の方に向かって歩いてみる(3)+α

大妻女子大
何も女学生を見たくて歩いたわけではないが、不思議と女学校が多いエリアのようだ。昼休みだったのか、女子大生がたくさんいた。そのシーンは撮らなかった。
大妻女子大_1
大妻女子大_2
大妻女子大_3

靖國神社
東京に住みだして40年ほどになるが、恥ずかしながら靖國神社には一度も足を踏み入れたことはなかった。今回は、散歩の一環として回っただけで、政治的意図はまったくない。この件に関しての、左右からの極端なコメントはご遠慮願いたい。
南門から入ることにする
南門から入ることにする_1
南門から入ることにする_2
南門から入ることにする_3
南門から入ることにする_4
案内図を見ると、白百合学園と都立九段高校とが敷地の北東側に隣接しているのか。
南門から入ることにする_5
南門から入ることにする_6
中門鳥居から拝殿を臨む
中門鳥居から拝殿を臨む
拝殿
拝殿_1
拝殿_2
拝殿_3
拝殿_4
拝殿_5
拝殿_6
拝殿横の回廊部分
拝殿横の回廊部分
能楽堂
これは実に立派な能楽堂だ。この能楽堂は明治14年(1881)に東京・芝公園に建てられたもので、明治36年(1903)に靖国神社に奉納、移築されたそうだ。
能楽堂_1
能楽堂_2
能楽堂_3
能楽堂_4
神門
神門_1
神門_2
斎館
斎館入口は、用途が用途なのだろう、入口は閉ざされていた。同じ建物の反対側入口には『社務所』と書かれてあった。もちろん開いていた。
斎館
第2鳥居
『下乗』と書かれている。ここから先は徒歩で拝殿に向かうということのようだ。
第2鳥居
遊就館
色々展示されているようだが、今回はパスさせていただいた。
遊就館_1
遊就館_2

靖国神社の由緒
靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。
靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。


FIREFOXでピン止めしたFC2の訪問者リストを使用した時の不具合の対処
FIREFOXでピン止めしたFC2の訪問者リストから訪問者のURLをクリックすると、直後に別タブが開いて便利に使わせてもらっていた。それが、一昨日(5/20)から別タブが開かずに、当該タブが乗っ取られてしまう不具合が発生。何か触ってしまったような記憶はなく、原因や解決策に辿りつけていままでいる。当然、使用感の悪さが作業効率を妨げている。
自分のHPのリンクをクリックすると、今までどおり新しいタブが開くから、もしかしたら、FC2得意の仕様改悪かもしれない。仕方なく、『リンクを新しいタブで開く』というアドオンを導入して、当座の不便を回避している。
当該ソフトをダウンロードし

カスタマイズ-アドオン-リンクを新しいタブで開く-設定-すべてのリンクをタブで開く
というやり方で行う。同様の現象で困っている方はお試しあれ。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年05月22日
最終更新 2015年05月22日

16 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

私も靖国神社はまだ行ったことがありません。
難しい問題を含んでいるようですが、社殿は立派のものですね。
何か解決策を講じて、気兼ねなくいけるようになればとは思います。

2015/05/22 (Fri) 10:45

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
大妻女子大ですか!若い頃の憧れの女子大でした 笑)
>女子大生がたくさんいた。そのシーンは撮らなかった。
う~ん、残念です♪
靖国神社は何度も足を運んでいますが
必ずと言っていいほど地下鉄九段下駅方面から入っていましたので
南門があるなんて知らなかったので、新鮮な感じがします!
幕末からの御霊が祀られているとは知らなかったな~ 汗)

2015/05/22 (Fri) 12:26

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
九段から神田神保町方面にはよく行きました。
しかし、靖国神社に参拝したことは有りません。
叔父が戦死しているんですがね。
そうか、四谷界隈は女子大が多いのか。
東京勤務時代は、その方面はほとんど興味が無かったなあ。

2015/05/22 (Fri) 13:07

花さか爺サン  

こんにちは
四谷界隈には、女子大を含め結構大学が多いいですね。

父親が戦死しておりますので、靖国神社には、学生時代は良く参拝いたしました。
最近はとんとご無沙汰しておりますが・・・・・・・
その代り此方の護国神社に参拝しております。
写真が沢山撮ってあり懐かしく拝見いたしました。

2015/05/22 (Fri) 16:30

HARU  

こんにちは。

さすがに立派な建物ですね。どしっと構えて堂々とした風格があります。能楽堂など、付随の建造物も立派なものだと感心しました。有名な割に行く機会がない神社なのでよいものを見せていただきました。神社はそれ自身が大切な文化財です。坊主憎けりゃ・・・と、政治や思想が文化財としての価値までをひと抱えにして貶めてほしくはないですね。

2015/05/22 (Fri) 17:11

Meguru  

こんばんは

そちら方面は教育に力の入った地域なのでしょうね。
まぁ女子大生にオヤジがカメラを向けて不審者に見られたら馬鹿らしいですからやめて正解かも。

靖国神社って有名ですけどこんな風な感じなのですね。
僕も政治的なものを宗教と絡めるのは如何なものかと思います。

2015/05/22 (Fri) 19:01

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 私も靖国神社はまだ行ったことがありません。
> 難しい問題を含んでいるようですが、社殿は立派のものですね。

何かあればすぐニュースで報道される存在ですから、みすぼらしいまま放置しておくことなどできかねるのでしょう。

> 何か解決策を講じて、気兼ねなくいけるようになればとは思います。

我々下々の者は気兼ねなく行くことができるのでしょうが、問題は国会議員の人たちなんでしょうね。
隔たりがあまりに大きく、なかなか分かり合えるようにはならないように思います。

2015/05/22 (Fri) 19:25

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 大妻女子大ですか!若い頃の憧れの女子大でした 笑)

そうでしたか。憧れても、女子高や女子大には入学資格もなく、そっと見るだけだったことでしょうね。

> >女子大生がたくさんいた。そのシーンは撮らなかった。
> う~ん、残念です♪

2-30人位なら素知らぬ顔をして撮っていたかもしれませんが、そのすごい数の女学生がいました。あまり物欲しげな顔つきでいると、変な爺さん扱いされそうで、急いで立ち去りました。

> 靖国神社は何度も足を運んでいますが
> 必ずと言っていいほど地下鉄九段下駅方面から入っていましたので
> 南門があるなんて知らなかったので、新鮮な感じがします!
> 幕末からの御霊が祀られているとは知らなかったな~ 汗)

新政府御用達の神社なのでしょうね。会津の少年剣士たちは捨て置かれたのと、なんという扱いの違いなのでしょう。

2015/05/22 (Fri) 19:32

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 九段から神田神保町方面にはよく行きました。
> しかし、靖国神社に参拝したことは有りません。
> 叔父が戦死しているんですがね。

機会があれば、一度くらいは行って見たほうが宜しいのでは。叔父さんも喜ぶかもしれません。

> そうか、四谷界隈は女子大が多いのか。

女子高や女子大があって、女学生比率が高いようです。
私が入学した高校は男子校で、女学生とは無縁の寂しい生活でした。入試には麹町中学や九段中学から大挙してきていて、ど田舎の丸坊主頭の中学生だった私はビビリました。

> 東京勤務時代は、その方面はほとんど興味が無かったなあ。

若い頃は誰も仕事を覚えるのに必死の頃でしょう。余程の軟派じゃない限り、…。

2015/05/22 (Fri) 19:41

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 四谷界隈には、女子大を含め結構大学が多いですね。

そうですね。学生だって、どうせ下宿代を支払うならば、都心のど真ん中の学校のほうがいいのだと思います。
でも、学校を開設するには、土地代があまりにも高くなり、少子化の進展もあり、難しい問題が多いようです。この先どうなることでしょうね。

> 父親が戦死しておりますので、靖国神社には、学生時代は良く参拝いたしました。
> 最近はとんとご無沙汰しておりますが・・・・・・・
> その代り此方の護国神社に参拝しております。

そうでしたか、辛い記憶があるようですね。
私の父は、神戸商船を繰り上げ卒業させられて、軍属として任官させられました。戦争末期でしたので、彼我の戦力差はあまりにも大きく、遺憾ながら、指揮する艦船は逃げまわるように指示を出すばかり。それでも撃沈されてしまい、大怪我をしながらも24時間ほど漂流中に救護されたようです。それで、入院中に終戦を迎えました。
まあ、何とか生きていたので、私もこの世に生を享けました。

> 写真が沢山撮ってあり懐かしく拝見いたしました。

感じがお分かりいただけたでしょうか。

2015/05/22 (Fri) 19:58

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> さすがに立派な建物ですね。どしっと構えて堂々とした風格があります。能楽堂など、付随の建造物も立派なものだと感心しました。有名な割に行く機会がない神社なのでよいものを見せていただきました。神社はそれ自身が大切な文化財です。坊主憎けりゃ・・・と、政治や思想が文化財としての価値までをひと抱えにして貶めてほしくはないですね。

確かに、いつ何時大写しになるうかもしれませんから、キレイにされていますね。
本殿や拝殿が立派なのは当然として、能楽堂が立派なのに驚きました。ああいう舞台に立つ人は、相当の伎倆がある人達なんだろうなと思いながら、見ていました。
神社仏閣大好き人間としては、そろそろHARUさんの地元辺りに攻め入ろうかと考えています。まあ、軍資金を少しためておかなくてはいけないでしょうね。

2015/05/22 (Fri) 20:06

AzTak  

Re: こんばんは

Meguruさん、こんばんは。

> そちら方面は教育に力の入った地域なのでしょうね。

昔は、都立日比谷高校がダントツの時代が長く続きましたから。ハイレベルの伝統はあるのでしょうね。
私の田舎などは、全く教育に感心など薄い地域でした。カスのような奴と話しても、それなりの実力がありそうで、…。

> まぁ女子大生にオヤジがカメラを向けて不審者に見られたら馬鹿らしいですからやめて正解かも。

そんなことをしなくても、十分胡散臭そうな顔つきですから。周囲を気にしつつ歩いています。汗

> 靖国神社って有名ですけどこんな風な感じなのですね。
> 僕も政治的なものを宗教と絡めるのは如何なものかと思います。

参拝に行きたい人が参拝に行ったからと言って、それを四の五の言うのは、たとえ、日本国内であっても、筋違いの非難だと思います。
まあ、それ以上は発言を控えます。

2015/05/22 (Fri) 20:21

S-masa  

こんにちは。

靖国神社は、当社本社が九段下にあった関係で、時間つぶしに1回だけ訪れたことがあります。
印象:鳩が覆い!
もう一つ気になったのは、近くの小学生の帽子「学士帽」!

2015/05/22 (Fri) 20:30

そらまめ   

こんばんは

流石に立派な拝殿ですねぇ。
靖国神社、一度は参拝したいのですが
横目でみながら いつもクルマで素通りしてます。
日本人なら一度は・・・ですね。

2015/05/22 (Fri) 20:42

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> 靖国神社は、当社本社が九段下にあった関係で、時間つぶしに1回だけ訪れたことがあります。
> 印象:鳩が多い!

そんなに鳩がいましたか。ベネチアの大聖堂前広場のようですね。糞害に憤慨してはいけません。(^_^;)

> もう一つ気になったのは、近くの小学生の帽子「学士帽」!

多分暁星小学校でしょう。大変な名門小学校です。東京では慶應義塾幼稚舎と並んで入学が難しい私立小学校のようです。いわゆる『お受験』で鍛えあげてもなお滑りこむのは難しいとか。

2015/05/22 (Fri) 22:06

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

そらまめさん、こんばんは。

> 流石に立派な拝殿ですねぇ。
> 靖国神社、一度は参拝したいのですが
> 横目でみながら いつもクルマで素通りしてます。
> 日本人なら一度は・・・ですね。

車で素通りですか。こちらはいつもてくてく歩きまわった末に漸くみかけるので、『今日はヤメにしていくか』ばかりでした。中はなかなか美しいところでした。
今度行く機会があれば、境内の一番奥にある神池をもきちんと見ておこうと思います。
ここでやめておけばよかったのですが、この先で欲を出して、ついついオーバーワークになってしまいました。

2015/05/22 (Fri) 22:13

Leave a reply