会津若松~いわき~相馬・南相馬(13) - 会津若松~いわき~相馬・南相馬_2015_Apr
FC2ブログ

会津若松~いわき~相馬・南相馬(13)

まずは全通した常磐高速道を通って、南相馬ICを目指す
最後まで残っていた浪江-常磐富岡間が本年3月1日に開通し、常磐自動車道は全線開通した。今回は、この有料道路を走行して南相馬市と相馬市とを回ってみようと考えた。
平行して走る国道6号は、福島第一原子力発電所事故に伴う帰還困難区域設定のため、福島県内の一部区間は許可車両以外の通行が規制されていたが、既に2014年9月15日からは自動車のみ自由通行が可能となっていた。そして、今回の常磐自動車道の全面開通が続いた。
ということで、インフラ整備はやや進んだのだ。これでJR常磐線が全面復旧すると、…なのだが、その日はかなり先になりそうだ。

いわき湯本ICから常磐高速道に入る
どうもICの設計が良くないのか、こちら方面からの右折進入は対向車線からの通行量が多いため、非常に時間がかかる。左側から外に出てこの道路をまたぐようにすればなんともないことなのだが、そんな費用は勿体無くて支出したくないのだろうか?
いわき湯本ICから常磐高速道に入る_1
仕方なく、進入箇所の交差点を通り過ぎ、∪ターンして反対側から入ったらスムーズに入ることができた。やっと、常磐自動車道に入ることができた。
いわき湯本ICから常磐高速道に入る_2
程なく、分岐点
前日は磐越道を使用して会津から戻ってきたのだった。ここは仙台方面へ直進。
程なく、分岐点
辺鄙な路線の仕様に
いわきの外れ辺りに差し掛かると、片側が1車線で制限最高速度は70Km/hになる。センターラインも事故を防ぐようにはできていない。これって、有料高速道路としては最低のスペックだが、まあ仕方がないかな。登板車線になると目一杯アクセルを踏んで追い抜きに励むしか無い。
辺鄙な路線の仕様に_1
辺鄙な路線の仕様に_2
辺鄙な路線の仕様に_3
辺鄙な路線の仕様に_4
素っ気ない『P』の表示
これは何だ。四倉はまだ、いわき市内だが、『P』の表示が何とも素っ気ない。おそらく、用足し専門の駐車スペースなのだろう。
素っ気ない『P』の表示
南相馬ICまでの距離数表示もできていない
如何に全線開通からそれほど経過していないと言っても約2ヶ月。南相馬ICまでの距離数表示くらいしてほしいものだ。間に合わせもいいところ。NEXCO東日本の対応のまずさが問題かもしれない。
南相馬ICまでの距離数表示もできていない
国道6号の富岡町以北は自動二輪車の走行は不可か。よく見ていなかったけれど、高速道路での扱いはどうなのだろうか。
国道6号の富岡町以北は自動二輪車の走行は不可
突如出てきた放射線量の表示
走行中の車両からチラと見ると、広野はごく低く、南相馬の放射線量が一番高いように見えなくもない。これはとんでもない話で、南相馬の放射線量はごくごく低い。NEXCO東日本はこの点でも考えて表示をしたほうが良いのでは。
突如出てきた放射線量の表示
かつてのJビレッジ
サッカー界の期待を一心に背負う施設だったのに、いまは見る影もない。東電の前線基地になっているのだろう。
かつてのJビレッジ
いよいよ原発の近くを通る
程なく除染土の一時置き場の状況が見えてきた
程なく除染土の一時置き場の状況が見えてきた
常磐富岡辺りは放射線量が高止まりの状態のまま
常磐富岡辺りは放射線量が高止まりの状態のまま_1
常磐富岡辺りは放射線量が高止まりの状態のまま_2
さすがに歩行者などは居なかった。自動車での通行のみが可の取り扱いなので、当然か。
常磐富岡辺りは放射線量が高止まりの状態のまま_3
もう少し行った辺りが、その日の最高値だった。帰還困難指定区域なのだろう。
常磐富岡辺りは放射線量が高止まりの状態のまま_4
原発から少しずつ離れていく
更にもう少し行くと、ぐんと下がる。この辺りは浪江町かな。
更にもう少し行くと、ぐんと下がる
田畑は残念ながら荒れ放題
田畑は残念ながら荒れ放題_1
田畑は残念ながら荒れ放題_2
漸く道路標示が出てきた。南相馬まで17Kmか。
漸く道路標示が出てきた
出来上がって間もない道路は綺麗だが
出来上がって間もない道路は綺麗だが_1
出来上がって間もない道路は綺麗だが_2
原町トンネル付近
放射線量はぐんと落ちる。南相馬市の放射線量はそれほど高くはなかった。
放射線量はぐんと落ちる
漸く普通の農村風景が見えてきた
漸く普通の農村風景が見えてきた
もう出口についた
もう出口についた

父の実家跡を見に行く
先導する従弟の車に従う
先導する従弟の車に従う
綺麗に修復されたり、建てなおされたりした家屋が一部に見られるようになってきた。この辺りは海からはかなり引っ込んだ地域なのだろう。
綺麗に修復されたり、建てなおされたりした家屋が一部に見られるように_1
綺麗に修復されたり、建てなおされたりした家屋が一部に見られるように_2
綺麗に修復されたり、建てなおされたりした家屋が一部に見られるように_3
元の鹿島町役場。現在は南相馬市鹿島支所なのかな。
元の鹿島町役場
JR常磐線
原ノ町-相馬間は運行が再開されたようだ。
JR常磐線_1
JR常磐線_2
海に近い地域
その先は閑散としてきた。道路の向かう先には太平洋が開けていて、右側は原ノ町になるのかな。
海に近い地域_1
海に近い地域_2
海に近い地域_3
海に近い地域_4
えーっ、更地にしちゃったんだ
従弟に聞いたところによれば、この辺り一帯は国が土地を買い上げ、防災工事を行っている最中とか。土地を手放してしまったからには、此処に戻ることはないのだろう。目印になるものが何も残されておらず、父の実家がどこだったか、私にはわからなかった。しばし呆然としてしまった。この辺り一帯は、放射線量が高い訳ではなく、高潮対策上、後顧の憂いがないような対策を施している最中。
えーっ、更地にしちゃったんだ_1
えーっ、更地にしちゃったんだ_2
えーっ、更地にしちゃったんだ_3
えーっ、更地にしちゃったんだ_4
えーっ、更地にしちゃったんだ_5
ここだったと従弟は言う。更地になってからは、よく見ないとわからなかったようだ。
えーっ、更地にしちゃったんだ_6
えーっ、更地にしちゃったんだ_7
えーっ、更地にしちゃったんだ_8
えーっ、更地にしちゃったんだ_9
この1軒だけは地盤が高かったのか助かったようだ
この1軒だけは地盤が高かったのか助かったようだ
カルガモかな。水たまりも何も無いのに、元気よく飛び回っていた。
カルガモかな

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年05月12日
最終更新 2015年05月12日

18 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

いまこうして改めてみてみますと、広範囲の被害だったことがわかりますね~
こちらにいるとつい注意がそれてしましがちですが、やはり日本全体でバックアップするべき課題なのですね。海外旅行も少し控えてこの地域の経済を活性化できるようこの地域への旅行をすべきでしょう。

2015/05/12 (Tue) 06:56

HARU  

こんにちは。

番組のドキュメンタリーを見る思いでした。除染土が山積みであったり、放置されて荒れ放題の田畑、人気のない村里、更地の故郷、生活の激変・・・言葉では言い表せない切なさがこみ上げます。放射線量掲示の続く道路が放棄された里の中を貫いている情景に妙に違和感がありました。

2015/05/12 (Tue) 11:50

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
改めて被害の凄まじさを感じます。
その日、たまたま知人と会って帰宅してテレビを着けたら目の前に津波が押し寄せる場面でした。唖然として声がが出ませんでした。
巨費を投じて復興するべきなのに、その予算で沖縄の防災工事をしたなんて言うのは、いかにも日本的で代議士全員にばらまいたから、どの政党からもほとんど文句は出なかったようです。
おかげで人が東北に集まらなくなった原因にもなったようで、今だに後味が悪いです。
他の地区の公共工事は、東北を復興してからでも遅くはないでしょう。

2015/05/12 (Tue) 13:07

Meguru  

こんにちは

ガランとした原っぱとか拝見とていますとテレビに映し出された数々の津波の脅威を思います。
この時、自然災害の怖さと原発事故の怖さを思い知ったものです。
人類はパンドラの箱を開けてしまって、世界の指導者はこれとどう立ち向かっていくのでしょう。

2015/05/12 (Tue) 13:59

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは
東北地方も新幹線の整備や高速道路の整備により、都心に随分近くなり、たまに里帰りされるとき便利になりましたね。

反面大震災の傷跡や原発事故による除染土は未だに放置されたままの状態で、東北の復興は未だ程遠いといった感じですね。
こういった姿を見るにつけ、震災当時の様子が思い出されてやるせない気持ちになります。
一日も早い復興を願っております。

2015/05/12 (Tue) 15:13

ララ  

かなりのロングドライブだったですね。
印象的な写真はやっぱり汚染土壌袋の山です。
復興は進んでいると思っていましたが
まだこんなに放置されているんですね。
最近ニュースでも取り上げないので気にはなっていたんですが・・・
現状を見せていただいて、4年経ったけど
まだまだ遅れているなと感じました。
ありがとうございました。。。。。

2015/05/12 (Tue) 21:24

土佐けん  

こんばんは

高速道路に放射線量を示す看板があるんですね。
周りには汚染土が積み上げられているんですね・・・
こうして見せていただくとまだまだ完全復興には
時間がかかりそうですね。
微力ながらこれからも応援していきたいです!

2015/05/12 (Tue) 21:59

S-masa  

こんにちは。

当市柏崎は、原発繋がり(福島の仕事を終えてから柏崎に移って多く居住)か、まだ非難されている方が多く居られます。
早くのどかな以前の生活に戻れればよいのですが。

2015/05/12 (Tue) 22:10

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-fe

> いまこうして改めてみてみますと、広範囲の被害だったことがわかりますね~
> こちらにいるとつい注意がそれてしましがちですが、やはり日本全体でバックアップするべき課題なのですね。海外旅行も少し控えてこの地域の経済を活性化できるようこの地域への旅行をすべきでしょう。

単なる津波の被害だったとしても相当に重大な被害がありましたが、とんでもない置き土産が残されました。
その時の風下になった地域が未だに戻れない地域と漸く戻ることができるようになった地域と最初から大丈夫だった地域とが出来ました。
たとえ戻ることができても、基本的に福島県は、農業や漁業で生計を立てている方が多くを占める県です。その福島県産品を今後忌避せずに買っていただけるようになるか。そこが運命の分かれ目でしょう。
忌避の動きが続くと、福島県民は暮らしが成り立たなくなり、早晩、他の都道府県に移って暮らさなければいけなくなることでしょう。『がんばろう、東北』の掛け声が虚しく響きます。

2015/05/12 (Tue) 22:33

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 番組のドキュメンタリーを見る思いでした。除染土が山積みであったり、放置されて荒れ放題の田畑、人気のない村里、更地の故郷、生活の激変・・・言葉では言い表せない切なさがこみ上げます。放射線量掲示の続く道路が放棄された里の中を貫いている情景に妙に違和感がありました。

除染土に関しては、漸く中間貯蔵施設への搬入に向けての動きが出始めたようです。いずれ、写真のような黒い袋詰は仮置き場からなくなることでしょう。
必死になって除染を繰り返して、人が戻り始めて、農作物や海産物の安全性がある程度以上証明されても、…。他の都道府県の人たちが福島県産品を買ってくれないことには、福島県での生活が立ちいかなくなってしまうかもしれません。

経産省や東電のような東大出ばかりをずらっと揃えた空理空論の集団は、本当に逆境に弱いようです。何事も自らの手で遣ったことがない超エリート集団の危機対応能力は、話にならないほどのレベルなのかもしれません。

2015/05/12 (Tue) 22:52

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 改めて被害の凄まじさを感じます。
> その日、たまたま知人と会って帰宅してテレビを着けたら目の前に津波が押し寄せる場面でした。唖然として声がが出ませんでした。
> 巨費を投じて復興するべきなのに、その予算で沖縄の防災工事をしたなんて言うのは、いかにも日本的で代議士全員にばらまいたから、どの政党からもほとんど文句は出なかったようです。
> おかげで人が東北に集まらなくなった原因にもなったようで、今だに後味が悪いです。
> 他の地区の公共工事は、東北を復興してからでも遅くはないでしょう。

防災工事などはいずれ終わることでしょう。
でも、『除染し、高波対策をも施したから、後は福島県民が頑張れ』といったところで、おいそれとは生きていけるようになるとは思えません。
県民が自立していく上で一番なのは、県産品が普通に売れることでしょう。いくら検査合格品でも、福島県産品だけは絶対に買わないという頑なな態度は、本当に辛いです。

2015/05/12 (Tue) 23:01

AzTak  

Re: こんにちは

Meguruさん、こんばんは。

> ガランとした原っぱとか拝見とていますとテレビに映し出された数々の津波の脅威を思います。
> この時、自然災害の怖さと原発事故の怖さを思い知ったものです。
> 人類はパンドラの箱を開けてしまって、世界の指導者はこれとどう立ち向かっていくのでしょう。

不幸にして、事故が起きてしまいました。問題はそれをどう収束させていくかでしょう。
小沢一郎とか山本太郎のような福島切り捨て論者には、本当に腹が立ちます。

2015/05/12 (Tue) 23:04

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 東北地方も新幹線の整備や高速道路の整備により、都心に随分近くなり、たまに里帰りされるとき便利になりましたね。

そうですね。福島に入ると、道のうねりが気にはなりますが。

> 反面大震災の傷跡や原発事故による除染土は未だに放置されたままの状態で、東北の復興は未だ程遠いといった感じですね。
> こういった姿を見るにつけ、震災当時の様子が思い出されてやるせない気持ちになります。
> 一日も早い復興を願っております。

工事の進捗に多少遅れがあったとしても、いずれ復興工事は終了することでしょう。その暁には、時限措置があるにせよ、福島県として自立の道を模索しなくてはなりません。
農業や漁業で生計を立てている人が多い福島県です。検査合格品が、以前のように売れ出せば、自立も夢ではないのでしょう。でも、実際には、なかなか反応が鈍いようです。このままでは先行き真っ暗。
温かい手を差し伸べてほしいものです。

2015/05/12 (Tue) 23:23

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> かなりのロングドライブだったですね。

そうですね。アッシー君には申し訳ないほどのロングドライブになってしまいました。

> 印象的な写真はやっぱり汚染土壌袋の山です。
> 復興は進んでいると思っていましたが
> まだこんなに放置されているんですね。
> 最近ニュースでも取り上げないので気にはなっていたんですが・・・
> 現状を見せていただいて、4年経ったけど
> まだまだ遅れているなと感じました。
> ありがとうございました。。。。。

中間貯蔵施設への搬入が漸く開始されたようです。早晩それだけは改善されると思います。
問題は、復興事業も終了した後、福島県が自立していけるかです。安全検査合格品でも、なかなか買ってくれないようです。もっと危ない中国産は平気で口にするというのに。

2015/05/12 (Tue) 23:28

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 高速道路に放射線量を示す看板があるんですね。
> 周りには汚染土が積み上げられているんですね・・・
> こうして見せていただくとまだまだ完全復興には
> 時間がかかりそうですね。

そちらは早晩なんとかなると思います。

> 微力ながらこれからも応援していきたいです!

お金の寄付などは不要でしょう。それよりも、マーケットなどで、福島県産品があった時、それを拒絶するのではなく、積極的に買っていただけたら嬉しいなと思います。それだけで、どれだけ助かるか、計り知れないと思います。

2015/05/12 (Tue) 23:33

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> 当市柏崎は、原発繋がり(福島の仕事を終えてから柏崎に移って多く居住)か、まだ非難されている方が多く居られます。
> 早くのどかな以前の生活に戻れればよいのですが。

ちょっとだけ、居住制限区域を走って、帰還困難区域との境にある浪江ICから帰りました。徹底的な除染を必死に繰り返していました。
徐々に住むことができる地域は増えてきてはいるようですが、戻ってからの生活が成り立つのか難しいところでしょう。福島県産品をなかなか買ってくれない状況が続けば、故郷を永遠に去っていかねばならなくなるかもしれません。

2015/05/12 (Tue) 23:41

うづら  

こんにちは

日々の生活の中で、何が一番の支援につながるのか、考えさせられました。

AzTakさんもお辛かったでしょう。

貴重な情報、ありがとうございました。

2015/05/13 (Wed) 13:13

AzTak  

Re: こんにちは

うづらさん、こんばんは。

> 日々の生活の中で、何が一番の支援につながるのか、考えさせられました。
> AzTakさんもお辛かったでしょう。
> 貴重な情報、ありがとうございました。

私論なので、自分がやれる方法でいくことが一番なんでしょう。
保証金などで肩身が狭い思いで暮らすより、自分たちが作ったり獲ったり下商品を売り上げることで、暮らすほうがよほど気分がよいでしょう。そして、国を細らせない観点からも理にかなうのではないかと思います。

2015/05/13 (Wed) 22:27

Leave a reply