会津若松~いわき~相馬・南相馬(8) - 会津若松~いわき~相馬・南相馬_2015_Apr
FC2ブログ

会津若松~いわき~相馬・南相馬(8)

野口英世洗礼(初恋)の地
日本基督教団の若松栄町教会がこの場所にあった。そこで野口英世は受洗し、山内ヨネ子との初恋をしたようだ。
1892(明治25)年10月、会津若松の会陽医院長・渡部鼎先生により左手の手術を受ける。そのことがきっかけとなり医師を目指し、1893(明治26)年3月に、猪苗代高等小学校を優等卒業。同年、5月、会陽医院に書生として入門。医学・英語・仏語を学ぶ。それが彼のキャリアのスタートだったのか。
山内家の事情があったようで、山内ヨネ子との恋は実らなかった。山内ヨネ子は会津で最初の女医となった。野口英世はかなりヨネ子のその後を気にかけていたようである。

跡地よりも隣家の立派な佇まいのほうが気になった。
野口英世洗礼(初恋)の地_1
野口英世洗礼(初恋)の地_3
野口英世洗礼(初恋)の地_4
野口英世洗礼(初恋)の地_5
野口英世洗礼(初恋)の地_6
野口英世洗礼(初恋)の地_7
野口英世19歳の時、洗礼を受けた若松栄町教会の跡地です。今は栄町に移転していますが、当時はここ日新町(旧北小路35番地)にありました。教会で英語を学び、初恋の人・山内ヨネ子と出会ったのもこの教会であることから、「野口英世 初恋の地」とも呼ばれています。

末廣酒造嘉永蔵(1)
私でも知っていた酒蔵。「野口英世 初恋の地」のすぐ近くにある。もちろん、こちらのほうが古株だ。
だが、野口英世の生涯の恩師として知られる小林栄の姉が末廣に嫁いでいた縁から、野口英世ゆかりのものがかなりあるということまでは知らなかった。蔵の中のホールには、渡辺貞夫や日野皓正なども演奏しに来るのだそうだ。
いまは、蔵人体験”my酒造り”の場と活用しているようだ。
喫茶「杏」でお茶を飲み、その後に見学をしたので、時間がかなり遅くなってしまった。飯盛山に向かう時間を確保すべく、楽しみにしていた試飲はパスせざるを得なかった。残念。

一部3階建の木造建築か。すごいなあ。中もすごいのだろうと期待が膨らむ。
末廣酒造嘉永蔵_1_1
末廣酒造嘉永蔵_1_2
外観は期待通りだった。最初から魅了されてしまった。でも、勝負は、その先だと、…。
末廣酒造嘉永蔵_1_3
末廣酒造嘉永蔵_1_4
末廣酒造嘉永蔵_1_5
末廣酒造嘉永蔵_1_6
末廣酒造嘉永蔵_1_7
末廣酒造嘉永蔵_1_8
末廣酒造嘉永蔵_1_9
見学までの間、蔵を利用した喫茶室で時間を潰した。水だしのコーヒーは、氷もコーヒーを凍らせたものだった。手間がかかっていた。
末廣酒造嘉永蔵_1_10
末廣酒造嘉永蔵_1_11
末廣酒造嘉永蔵_1_12
末廣酒造嘉永蔵_1_13
末廣酒造嘉永蔵_1_15
末廣酒造嘉永蔵_1_17
造り酒屋の6つの酒蔵と木造3階建ての住居が見学できます。見学や試飲は無料です。
併設されている喫茶「杏」では、酒の仕込み水で入れたコーヒー等を飲むこともできます。また、まち歩きスイーツの参加店でもあります。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年05月07日
最終更新 2015年05月07日

21 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
会津はお城だけではなく、七日町通りなども散策されたのですね!
古い街並みには興味津々だったと思います。
茶室麟閣や七日町通り、今日の野口英世洗礼(初恋)の地など
詳しい説明には頭が下がります!
時間がないとは言いながらも、ちゃんと見るべきところは見ていますね!
流石です♪
私も明日から会津のアップですが、お城と桜だけの内容ですから
アップ時期をずらした方が良かったかななんて思っています 汗)
会津はさらりと流して、次に行きたいと思います 笑)

2015/05/07 (Thu) 02:27

cobo-fe  

野口英世についてはあまり詳しく知りませんでしたが、勉強になります。
蔵に併設されている喫茶室に興味が・・・ライブなんかもやっているのですね~
いつも詳しい説明を拝見して、まるで現地に行ったような気分を味わっています(^^)

2015/05/07 (Thu) 07:59

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/07 (Thu) 08:21

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは

野口英世は19歳の時洗礼を受け、教会で山内ヨネ子と出会って初恋をするわけですか・・・・知りませんでした。
興味深い話ですね。

酒蔵を利用した喫茶室、とても雰囲気が良いですね。
有名な音楽家のライブも楽しめる様で素敵です。

会津若松は、NHK大河ドラマ「八重の桜」を見て知っているぐらいで、いろいろと名所旧跡も多くあり勉強になりますね。

2015/05/07 (Thu) 09:02

S-masa  

こんにちは。

初恋の地に看板まで立てられて、紹介されている。
英世も天で苦笑いかもしれませんね。
初恋の地まで観光対象とは!有名人にならないといけませんね。
私の初恋の地?学校統廃合でもうなくなりました(笑)

2015/05/07 (Thu) 11:48

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
野口英世の「初恋の地」は知りませんでした。
会津は酒所、試飲できず残念でしたね。
次回の楽しみです。
水だしのコーヒーにそれを凍らせた氷、汗をかいた身には嬉しいですねえ。

2015/05/07 (Thu) 12:39

Meguru  

こんにちは

あの野口英世博士の生れは会津だったのですね、
受洗されたことも含めて無知なものですから知りませんでした。
教会での初恋やライラックの植樹など少しほのぼのします(^^)

それにしても造り酒屋の6つの酒蔵ですが・・・
1合ずつ試飲したとして6合とはちょっぴり酔っ払っちゃいますかね、うぃ~。

2015/05/07 (Thu) 13:26

HARU  

こんばんは。

初恋が記念碑として堂々と公開されて、ほかにないんかい、と思わずツッコミたくなりました(笑)。両家の承諾を得てのことなんでしょうね。参りました。
造り酒屋で試飲となれば、AzTakさん、自然に口元がほころんでいたのではありませんか(笑)。

2015/05/07 (Thu) 20:18

Mika  

AzTakさん、おはようございます♪

「野口英世洗礼(初恋)の地」なんて堂々と看板が掲げられていて
(それも初恋の字が赤字!笑)
野口英世が見たら照れちゃいそうですね^^

造り酒屋、AzTakさんが期待されただけはあります。
まず煉瓦でできた塀が目を引きました。
パッと見た目の建物はそんなに大きそうではないのにさすがに中は広い!
それにこの素敵な雰囲気はたまらないですね。
あちこちキョロキョロしそうです。

2015/05/07 (Thu) 20:33

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 会津はお城だけではなく、七日町通りなども散策されたのですね!
> 古い街並みには興味津々だったと思います。

ミーハーの傾向が多分にあるものですから、こういうところを歩くのは嫌いじゃありません。

> 茶室麟閣や七日町通り、今日の野口英世洗礼(初恋)の地など
> 詳しい説明には頭が下がります!
> 時間がないとは言いながらも、ちゃんと見るべきところは見ていますね!
> 流石です♪

祖母が茶道を教えていたので、茶室だけは素通りできないんです。見せていただけるといいうことであれば、かなり無理をしていくほうです。でもって、予想をはるかに超えた由緒ある茶室だったのでびっくり仰天しました。
野口英世のところはほんのついでです。すぐ先に末廣酒造の嘉永蔵があるからなんです。ここを目指して行ったと言えなくもありませんでした。野口英世ゆかりのものもいくつかありました。

会津で野口英世の悪口を言うと袋叩きに遭いそうで、何も言いませんでしたが、金銭借用分の返済と、女性関係にルーズな欠点があったようです。そのことは星新一の『明治、父、アメリカ』という作品に出てきます。星新一の父は、星製薬や星薬科大学を設立した星一です。ほぼ事実を淡々と記したのではないかと思います。まあ、このことは忘れてください。

> 私も明日から会津のアップですが、お城と桜だけの内容ですから
> アップ時期をずらした方が良かったかななんて思っています 汗)
> 会津はさらりと流して、次に行きたいと思います 笑)

ははは、いっぱい書いてください。楽しみにしています。

2015/05/07 (Thu) 20:40

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 野口英世についてはあまり詳しく知りませんでしたが、勉強になります。

福島県の子供は必ず野口英世の話を何度も聞かされて育ったものです。福島県出身者には野口英世くらいしか居ないような感じで、聞かされていました。

> 蔵に併設されている喫茶室に興味が・・・ライブなんかもやっているのですね~
> いつも詳しい説明を拝見して、まるで現地に行ったような気分を味わっています(^^)

それがですね、肝心の酒造の過程を自分ではしっかり聞いていたはずなんですが、撮り漏らしと聞いたけど画像と結びつかない記憶などがあって、自信喪失状態です。
昔は、一度聞いたら、メモなどもとらなくても数日間は覚えていられたのですが、今はその場で…。

2015/05/07 (Thu) 20:46

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 野口英世は19歳の時洗礼を受け、教会で山内ヨネ子と出会って初恋をするわけですか・・・・知りませんでした。
> 興味深い話ですね。

(ΦωΦ)フフフ…、私も全く知りませんでした。

> 酒蔵を利用した喫茶室、とても雰囲気が良いですね。
> 有名な音楽家のライブも楽しめる様で素敵です。

喫茶室は雰囲気が良かったですよ。
会津やその近辺に住んでいたら、ナベサダなどの演奏会は這ってでも駆けつけることだろうと思います。

> 会津若松は、NHK大河ドラマ「八重の桜」を見て知っているぐらいで、いろいろと名所旧跡も多くあり勉強になりますね。

激しく厳しい歴史を歩んだ土地ですから、相応の歴史があったのでしょう。
容保の孫娘が秩父宮妃になっても、まだ、十分な復権は先の事だったようです。新島八重さんもそうですが、立派な人物を育んだ土地柄なんですねえ。

2015/05/07 (Thu) 20:53

AzTak  

Re: こんにちは。

S-masaさん、こんばんは。

> 初恋の地に看板まで立てられて、紹介されている。
> 英世も天で苦笑いかもしれませんね。
> 初恋の地まで観光対象とは!有名人にならないといけませんね。
> 私の初恋の地?学校統廃合でもうなくなりました(笑)

(ΦωΦ)フフフ…、本当にそうですね。まあ、有名税なのでしょう。
ここもかつての教会は移転して別のところへ。
ですから、歌会始の入選作をひねり出すとかなにかをすれば、S-masaさんの学校跡も看板が立つかもしれませんよ。説明板に『趣味の写真撮影は玄人はだし』などと書かれたりして。
私の場合は時既に遅しです。

2015/05/07 (Thu) 22:00

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 野口英世の「初恋の地」は知りませんでした。

他人の初恋なんぞどこでもいいじゃないかですよね。

> 会津は酒所、試飲できず残念でしたね。
> 次回の楽しみです。

山廃の製法で作ったお酒とやらを味わってみたかったのですが、私だけへべれけになるのも、…。

> 水だしのコーヒーにそれを凍らせた氷、汗をかいた身には嬉しいですねえ。

あれは文句なしに美味しかったです。
私も一時コーヒーに凝っていた時期があり、水出し用にダッチコーヒーの仕掛けを用意して楽しんでいました。ところが、我が家に住み着いた女王様が、これを見ると、猛烈にちょっかいをかけてくるんです。仕方なくお蔵入りすることになりました。(ToT)
今は、マメを吟味して水出し用のポットに入れて数時間。割と手早く出来て、そこそこの味わいになる。これを楽しんでいます。

2015/05/07 (Thu) 22:08

AzTak  

Re: こんにちは

Meguruさん、こんばんは。

> あの野口英世博士の生れは会津だったのですね、

はい、会津出身の偉人です。彼は幼いころ、やけどをして手を自由に動かせない状態になりました。
それを皆が金を出し合って、彼に手術を受けさせたのだそうです。その医術に感動して、彼自身も医術の道を志したんです。

> 受洗されたことも含めて無知なものですから知りませんでした。
> 教会での初恋やライラックの植樹など少しほのぼのします(^^)

他人様の細かいところまでは、余程の消息通腕ないと知るわけはありません。私ももちろん知りませんでした。

> それにしても造り酒屋の6つの酒蔵ですが・・・
> 1合ずつ試飲したとして6合とはちょっぴり酔っ払っちゃいますかね、うぃ~。

造り酒屋の6つの酒蔵といっても、工程ごとに蔵を使い分けているので、蔵ごとに異なる製品ができるわけではないようです。ですが、ここは、見学者説明用でもありますが、小口の仕込み用の蔵なんです。ですから、シンセ商品を生み出すときは、ここで仕込むのだと思います。
商品は多彩です。全部飲めば、かなり出来上がるかもしれません。
かつて、アフター5に磯子から野毛の飲み屋に繰り出すのに最寄り駅まで5駅あり、そこで1合ずつ飲んだことがありました。最寄り駅についた時点で、既に5合を飲み、そこから、…。フォアグラになったのはあたりまえだっったかもしれません。

2015/05/07 (Thu) 22:20

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 初恋が記念碑として堂々と公開されて、ほかにないんかい、と思わずツッコミたくなりました(笑)。両家の承諾を得てのことなんでしょうね。参りました。

他には何もなかったのでしょうね。HARUさんも何かで有名になると、アチラコチラに記念の場所ができるかもしれませんよ。

> 造り酒屋で試飲となれば、AzTakさん、自然に口元がほころんでいたのではありませんか(笑)。

にたにたしていたことでしょうね。既に2字を大きく過ぎていて、その後、飯盛山に行き、そしていわきまでの大移動を考えると、試飲は諦めざるを得ませんでした。サラ金じゃありませんが、計画的にいかないとダメですね。

2015/05/07 (Thu) 22:25

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、おはようございます♪

Mikaさん、こんばんは。

> 「野口英世洗礼(初恋)の地」なんて堂々と看板が掲げられていて
> (それも初恋の字が赤字!笑)
> 野口英世が見たら照れちゃいそうですね^^

一種の有名税です。私は有名にはなれそうにありませんから、こんなふうに恥ずかしい思いをすることもないでしょう。

> 造り酒屋、AzTakさんが期待されただけはあります。
> まず煉瓦でできた塀が目を引きました。
> パッと見た目の建物はそんなに大きそうではないのにさすがに中は広い!
> それにこの素敵な雰囲気はたまらないですね。
> あちこちキョロキョロしそうです。

あれま。私の行動を見透かしたようですね。あまりにキョロキョロしすぎて、肝心の酒造工程写真の撮り漏らしや説明の聞き漏らしが出ちゃいました。お馬鹿ですねえ。
酒蔵は、絶えず酒を造らないと蔵自体がダメになってしまうそうなんです。そこで、小口の醸造や試験醸造などをここで行っているようです。また、大吟醸などは、米を研ぐのを手で行います。ストップウォッチで正確に時間を図りながら行うのだそうです。

2015/05/07 (Thu) 22:34

うづら  

こんにちは

野口英世氏って、洗礼受けていたのですね。はー、知らなかった。

AzTaksさんの『初恋の地』もこんな風になっているかもしれないですね(笑)。

いいなあ、素敵な街並み。

2015/05/08 (Fri) 18:12

AzTak  

Re: こんにちは

うづらさん、こんばんは。

> 野口英世氏って、洗礼受けていたのですね。はー、知らなかった。

多分、宣教師から英語を習いたかったのでしょうね。その過程でキリスト教文化に触れたのかもしれませんね。
後日渡米した時には、クリスチャンであることは、極東の国から来たバーバリアン的な見方をされなかった分、有利だったのかもしれません。

> AzTaksさんの『初恋の地』もこんな風になっているかもしれないですね(笑)。

あはは、こういうものは有名税ですから。その辺の馬の骨風情はどうでもいいことです。

> いいなあ、素敵な街並み。

綺麗に維持していこうと努力しているようですね。そんな余裕など殆どなかっただろうに、食べなくても高楊枝をしていたのでしょうかね。打たれ強い人達の集団のようです。

2015/05/08 (Fri) 20:14

うづら  

ほう

宣教師から英語ですか。
そういう発想がすごいですよね、AzTakさん。
勉強になります。

2015/05/10 (Sun) 00:21

AzTak  

Re: ほう

うづらさん、こんばんは。

> 宣教師から英語ですか。
> そういう発想がすごいですよね、AzTakさん。
> 勉強になります。

聖書には精霊が降って、ユダヤ人以外の人達も自分たちの言葉で…というような件があります。もしかしたらそれに近いことがあったとしても、我々レベルではそんなことできっこありません。しっかり語学のトレーニングをしなくては。当時、身近なネイティブスピーカーと言えば、宣教師しか居なかったと思います。
できることなら、キリスト教のお勉強は抜きで、宣教師から英語だけ習いたかったのかもしれません。

2015/05/10 (Sun) 21:17

Leave a reply