妙見堂 - 池上本門寺_2012_July
FC2ブログ

妙見堂

池上本門寺の近くに妙見堂がある。池上本門寺の建物はことごとく灰燼に帰したようだが、妙見堂は無事だったようだ。
妙見堂_1
妙見堂へ至る階段
妙見堂_2
妙見堂_3

元は日蓮宗の坊様の学校『南谷檀林』の鎮守として創立された堂宇で、妙見大菩薩を奉安する。
慶応2年(1866)の再建で、明治初年に南谷檀林は廃檀となったが、その後にも増築工事が行われたようだ。
江戸末期の社寺装飾彫刻が残されている。これがなんともいえず素晴らしい。出先だったので、偶々持ち合わせたコンデジで撮影した。細部がきちんとわからないのが残念だ。
奈良時代の頃から江戸末期まで神仏は融合し習合されていた。明治の御世の神仏分離によって、現在は妙見様は神社に属するものが多いが、妙見堂のようにお寺さんの中に残っていてもおかしくはないのだろう。
それにしても何故、妙見信仰が商売繁盛に繋がるのだろう。うーーん、よくわからない。ともあれ、冬至星祭りが賑わいのピークだそうだ。
見事な彫刻_1
見事な彫刻_2
見事な彫刻_3
見事な彫刻_4

宝永7年(1710)の大火で妙見堂が消失したことから、全面的に管理が照栄院に移管された。檀林の中にあり修行僧の信仰を受けていた妙見尊像が、どうして壇信徒の信仰を受けるようになったのか、そこには、妙見尊像の修復の際に広く浄財を求めたことに起因するという。特に「講中」の役割が大きかった、のちに「妙見講」として商売繁盛の神として多くの参詣者を集めるようになった。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年07月24日
最終更新 -0001年11月30日

6 Comments

There are no comments yet.

troy  

おはようございます。
素晴らしい建物ですね。
そしてコンデジで写したとは思えない写真。細部の彫り物でいいのですか。とてもよくわかる撮り方ですね。今度お寺を訪問するとき参考にして撮りたいと思いました。

2012/07/24 (Tue) 08:29

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。
> 素晴らしい建物ですね。
> そしてコンデジで写したとは思えない写真。細部の彫り物でいいのですか。とてもよくわかる撮り方ですね。今度お寺を訪問するとき参考にして撮りたいと思いました。

いやあ、やはり彫刻は一眼レフで撮らないといけません。NIKONの実売数千円のやつでは、完全に運任せです。気付くとあるわけがないフォーカスリングを動かそうとしている自分がいます。あと、写し損ねたのですが、灯籠に変わったのがあります。灯籠自体は見たはずなのに、そんな凝った意匠になっているとは気付かず残念でした。

話題は変わりますが、本門寺には力道山のお墓もあります。時間が有れば、話の種に成るかもしれません。

妙見堂の前に左右一対の石灯篭が奉納されている。
灯篭それぞれに、妙見菩薩の神使の玄武(亀蛇)が亀と蛇に分けて彫刻されている。
灯篭の円筒竿のくびれに巻きつく「蛇」、それを台石として支える「亀」、合わせて玄武、巧みな構図である。

2012/07/24 (Tue) 08:53

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
トラブル続きでたいへんご迷惑
そしてご心配を頂きありがとうございました。
もう大丈夫かと思います。

AzTakさんがアップされている様々な物について
大変詳しくお調べになっていることに敬意を表します。
妙見堂は池上本門寺の近くにあるのですね!
また一つ賢くさせていただきました。
ありがとうございます。

2012/07/24 (Tue) 12:49

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!
> トラブル続きでたいへんご迷惑
> そしてご心配を頂きありがとうございました。
> もう大丈夫かと思います。

復旧して良かったですね。実は私も昨日は風邪でうなされていたのに、外付けのHDDが不調に陥り、熱にうなされながら格闘していました。なぜ、そうなったのかは疑いの濃厚なアプリがありますが、…。何か新しいアプリをインストールするとき、何でもYESでは危険だなって改めて思いました。悔しいからそのアプリは抹殺しました。

> AzTakさんがアップされている様々な物について
> 大変詳しくお調べになっていることに敬意を表します。
> 妙見堂は池上本門寺の近くにあるのですね!
> また一つ賢くさせていただきました。
> ありがとうございます。

日蓮宗の坊様の学校の一部でしたから,すぐそばというか地続きというか、そういうところにあります。彫刻がはっきり撮れていなくて悔しいのですが、他の方が撮影されたのを見ると、なかなかのもののようです。それと堂宇の前の一対の灯籠。一見の価値ありだと思います。

2012/07/24 (Tue) 13:18

solo  

AzTakさん こんにちは
池上本門寺は「鬼平犯科帳」で有名な寺ですよね。
これだけ詳しく紹介しているブログを観たことが無かったので、鬼平ファンの一人として堪能致しました。
ありがとうございます。
シャープな描写とスナップを組み込んでおられるので、楽しく拝見出来る記事でした。
拍手!

2012/10/15 (Mon) 13:49

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんにちは
> 池上本門寺は「鬼平犯科帳」で有名な寺ですよね。
> これだけ詳しく紹介しているブログを観たことが無かったので、鬼平ファンの一人として堪能致しました。
> ありがとうございます。
> シャープな描写とスナップを組み込んでおられるので、楽しく拝見出来る記事でした。
> 拍手!

soloさん、こんにちは。

明日から御会式の様子をUPしようと思っているのですが、まだ、カメラに入れたままで、間に合うかいささか心配です。風変わりな宗教行事というか、耳が難聴気味になるイベントというか、凄いものです。ただ、夜間の写真は失敗続きで、今回もそういう感じなのです。m(_ _)m
できばえはおそらく酷いものでしょうが、ご覧いただければ嬉しく思います。

2012/10/15 (Mon) 14:11

Leave a reply