横浜の港と洋館とを見て歩く(13) - 横浜の港と洋館とを見て歩く_2015_Feb-Mar
FC2ブログ

横浜の港と洋館とを見て歩く(13)

えの木てい
残念ながら開店時間はまだまだだった。素晴らしい人気の洋菓子店だ。
えの木てい

山手234番館
『えの木てい』の隣の『山手234番館』がこの日の2番めの訪問館。実はあまり期待していなかったのだが、良い意味で裏切られた。
外観
高級アパートという感じかな。『えの木てい』と同じ設計者の作品だ。調和するように設計したのだろう。
『山手234番館』の外観_1
『山手234番館』の外観_2
『山手234番館』の外観_3
ささやかな雛飾り
ささやかではあるがとてもキュート。桃色を多用することによって、雰囲気を醸し出した。女性には好評だったのでは。
春の光の中で楽しむ…雛の節句のティーパーティー
お花の上にはんなり座るお雛様を中心に美味しいお茶とスイーツでお客様をおもてなしです。花重のお花はお帰りの際のプレゼント! 春の柔らかな日差しをお部屋に呼び込んで、季節のお花を飾ればお部屋の中は春爛漫。さあ、ティーパーティーの始まりです。

ささやかな雛飾り_1
ささやかな雛飾り_2
ささやかな雛飾り_3
ささやかな雛飾り_4
ささやかな雛飾り_5
ささやかな雛飾り_6
ささやかな雛飾り_7
ささやかな雛飾り_8
ささやかな雛飾り_9
ささやかな雛飾り_10
ささやかな雛飾り_11
2階では個展が開催されていた
とても夢のある画風だった。作者の世界に引きずり込まれそうな感じがした。
2階では個展が開催されていた_1
2階では個展が開催されていた_2
2階では個展が開催されていた_3

エリスマン邸の斜め前、山手本通沿いに建つ山手234番館は、昭和2(1927)年頃外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、現在の敷地に民間業者によって建設されました。関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうための復興事業の一つとして建てられ、設計者は、隣接する山手89-6番館(現えの木てい)と同じ朝香吉蔵です。
建設当時の施設は、4つの同一形式の住戸が、中央部分の玄関ポーチを挟んで対称的に向かい合い、上下に重なる構成をもっていました。3LDKの間取りは、合理的かつコンパクトにまとめられています。また、洋風住宅の標準的な要素である上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素な仕様で採用され、震災後の洋風住宅の意匠の典型といえます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年03月20日
最終更新 2015年03月20日

12 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
えの木ていは閉まってましたか!残念でしたね!
お茶したのは2年位前だったか・・・そろそろ記憶から消されそうです 笑)
山手234番館もまだ覚えています!
濃いグリーンの戸袋(?)が印象に残っています!
同じ洋館でもエリスマン邸とは違った趣のひな祭ですね!
お料理を花で表現とは素晴らしいです♪

2015/03/20 (Fri) 04:17

cobo-fe  

このシリーズを拝見していてつくづく思いますに、横浜は近代史の文化のエッセンスが凝縮されていますね。雛人形の扱い方でもみごとに西洋式のテーブル食器とのコラボ、そして見事に美しいあたりがうーんとおもわずうなってしまいます。京都人から見てもものすごく新鮮に思えます。
拝見しに行きたくなりました。

2015/03/20 (Fri) 08:16

みこたん  

こんにちは。

可愛い、もう何て言っていいか分からないほど、素敵ですね、
お洒落で気が利いていて、最高の演出です、こんなところで、ティーパーティーができれば消えることの無い思い出が出来るでしょうね、
絵画もやさしくて個性的で見てみたいです。

2015/03/20 (Fri) 16:37

HARU  

こんばんは。

桃の花も洋花になって。でも、たしかに桃の節句です。洋館ごとに趣向を凝らして、これとてもいい企画ですね。なんかすごく新鮮で、さわやかな感動があります。

2015/03/20 (Fri) 19:27

keiko  

こんばんは<(_ _)>

花びらの入ったグラスが印象的でした。これにお酒でもつぐんですかね?
チョコレートもおいしそうです。

絵画は、それぞれ雰囲気が違って面白いですね。(^.^)

2015/03/20 (Fri) 20:48

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> えの木ていは閉まってましたか!残念でしたね!

非常に残念ですが、むさ苦しい爺さんが一人で行くと、却ってお店の人が困ってしまうかも。

> お茶したのは2年位前だったか・・・そろそろ記憶から消されそうです 笑)

makiraさんなら、絵になりそうですね。
想像がつくかもしれませんが、私は甘いモノに目がなく、いくらでも食べたい方なので、全くもって似合わない客かもしれません。

> 山手234番館もまだ覚えています!
> 濃いグリーンの戸袋(?)が印象に残っています!

設計者の拘りが垣間見えるようですね。粋な感じですよね。

> 同じ洋館でもエリスマン邸とは違った趣のひな祭ですね!
> お料理を花で表現とは素晴らしいです♪

ホールケーキに見立てた薔薇の飾りは、本当にむしゃぶりつきたくなりました。(^_^;)
冗談はともかくとして、コジャレたお茶会の雰囲気がありましたね。

2015/03/20 (Fri) 21:41

AzTak  

Re: こんにちは。

みこたんさん、こんばんは。

> 可愛い、もう何て言っていいか分からないほど、素敵ですね、

女性が好みそうな飾り立てだなあと思いました。男性は排除されてしまいそうな素晴らしさでした。
平日の朝一番だったので、図々しく写真を撮り回りましたが。

> お洒落で気が利いていて、最高の演出です、こんなところで、ティーパーティーができれば消えることの無い思い出が出来るでしょうね、
> 絵画もやさしくて個性的で見てみたいです。

そうでしょうね。本当にお茶したら気分が良いことだろうなと思いました。
多分、隣の『えの木てい』でかなり似た雰囲気が味わえるのでしょうが、あまりに早い時間帯で、まだお店が開いていませんでした。あの時間からゆっくりお茶ができるのは、クルーズ船のなかくらいでしょうかね。
クルーズといえば、せっかくの地中海クルーズのさなかにテロの犠牲になった方たちは本当にお気の毒なことでした。(合掌)

2015/03/20 (Fri) 21:49

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 花びらの入ったグラスが印象的でした。これにお酒でもつぐんですかね?
> チョコレートもおいしそうです。

見立てた飾り物なんでしょうね。もちろんできなくはないでしょうが、感じとしてはアフタヌーン・ティーという感じでしょうか。なかなか日本人は、休憩をうまく取れない人種ですよね。うまくとっているのは大工さんくらいかな。いつも休憩をとっているようで、あっという間に仕事を進めている。
お茶の効用もあることでしょうね。此処で想定しているのは、上流階級のティーなんでしょうね。

> 絵画は、それぞれ雰囲気が違って面白いですね。(^.^)

そうですね。女流画家の作品展だったようです。

2015/03/20 (Fri) 22:04

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> このシリーズを拝見していてつくづく思いますに、横浜は近代史の文化のエッセンスが凝縮されていますね。雛人形の扱い方でもみごとに西洋式のテーブル食器とのコラボ、そして見事に美しいあたりがうーんとおもわずうなってしまいます。京都人から見てもものすごく新鮮に思えます。
> 拝見しに行きたくなりました。

(ΦωΦ)フフフ…、そうでしたか。雛飾りの展示は残念ながら8日で終わってしまいました。
似たようなことですが、ハロウィンとかクリスマスとかも行うようです。こちらは洋館で洋式の飾りですが。
日本人室内装飾家の細やかな気遣いは楽しいものです。タイミングが合えば、必見かと。

2015/03/20 (Fri) 22:09

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 桃の花も洋花になって。でも、たしかに桃の節句です。洋館ごとに趣向を凝らして、これとてもいい企画ですね。なんかすごく新鮮で、さわやかな感動があります。

全部で3館でこうした展示を行っていました。この日も洋館をすべて尋ねたのではなく、4館回りました。その内の1館は多分やっていないだろうと思いましたが、ついでで見ました。ということで、見込んだところが全て大当たりでした。
最後の1館の展示内容が私好みだったでしょうかね。
テーブル装飾家の皆さんの競作なんでしょうね。皆さん、センスがあるものですね。回っていて楽しくなりました。展示期間の最後の頃の平日の朝一番が空いていて、狙い目かもしれませんね。

何より無料で楽しめるのがケチな私には最高です。(^_^;)

2015/03/20 (Fri) 22:11

土佐けん  

こんばんは

仕事が忙しくて二日間ご訪問が出来ませんでした。
申し訳ありません。

やはりお洒落ですね~~~
テーブルに飾られた食器や飾り達、美しいですね^^
日本の美とは又違った美がありますね^^

2015/03/20 (Fri) 23:12

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 仕事が忙しくて二日間ご訪問が出来ませんでした。
> 申し訳ありません。

日頃から忙しいところに加えて、年度末ですから、色々大変なことでしょう。私と同様に自転車操業気味なので、ブログのネタが切れてしまうことが最大に気がかりなのでは。何とかして時間を作って、勢力的に撮って回らなくては行けませんかね。

> やはりお洒落ですね~~~
> テーブルに飾られた食器や飾り達、美しいですね^^
> 日本の美とは又違った美がありますね^^

日本の室内装飾家の競作です。この家方の展示が一番あちらのイメージが強かったかもしれません。
しんぷるですが、かなり強烈な印象を受けました。女性の受けは最高のようです。私の写真ではなく、実際の装飾の話しですが、…。

2015/03/20 (Fri) 23:33

Leave a reply