横浜の港と洋館とを見て歩く(12) - 横浜の港と洋館とを見て歩く_2015_Feb-Mar
FC2ブログ

横浜の港と洋館とを見て歩く(12)

いよいよこの日最初の洋館『エリスマン邸』に入る。隣接する『ベーリック・ホール』も見たかったのだが、こちらは補修のために休館中だった。

エリスマン邸にて
外観
このような外観。かなり大きな洋館だ。
外観_1
外観_2
早速雛飾りを見る
洋館と雛飾りとはうまく合うと見ていただけただろうか。私はかなりいいなと思いながら見させていただいた。
≪ひなまつりを囲む昼のテーブル ≫
日本の伝統行事である「ひなまつり」に合わせテーブル装飾をしています。雅楽をモチーフにした京焼の華やかさをご堪能下さい。

雛飾り(1)
雛飾り(1)_1
雛飾り(1)_2
雛飾り(1)_3
雛飾り(1)_4
雛飾り(1)_5
雛飾り(1)_6
雛飾り(1)_7
雛飾り(2)
雛飾り(2)_1
雛飾り(2)_2
雛飾り(2)_3
雛飾り(2)_4
雛飾り(2)_5
雛飾り(2)_6
雛飾り(3)
雛飾り(3)_1
雛飾り(3)_2
雛飾り(3)_3
雛飾り(3)_4
雛飾り(3)_5
2階にも上がってみる
2階にも上がってみる_1
2階にも上がってみる_2
2階にも上がってみる_3
2階にも上がってみる_4
2階にも上がってみる_5
再びエリスマン邸の外観
再びエリスマン邸の外観_1
再びエリスマン邸の外観_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年03月19日
最終更新 2015年03月19日

16 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

洋館の素晴らしさもさることながら、
雅楽の焼き物がすごいですね。
細かくアップで撮っていただきすごく良さがわかりました。
こういう焼き物は見ていて飽きませんよね。
雛人形に対する思いが伝わってきます。
他では見れない凄いレポートです。

2015/03/19 (Thu) 07:26

むく  

貝合わせ

下のほうの六角とともに置かれているのは本物の蛤のようですね。
六角が八角である場合もあったと思いますが、これはいつの時代のものでしょうか。。。
蒔絵が描かれるようになった貝合わせ、はじめは素朴な遊びだったんでしょうね。

2015/03/19 (Thu) 08:27

Meguru  

おはようございます

どんな人がこの家の住人だったのか日本がお好きなんでしょうね。
お雛様も素敵ですがシェルに描かれた日本画が素晴らしいです。
六角木箱や扇子のさり気ない絵にも興味がそそられますわ。

2015/03/19 (Thu) 09:24

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
外観は洋館、中は純日本のひなまつり装飾!
素晴らしい調和で、違和感など全く感じませんね!
蒔絵を施した貝桶やはまぐりの素晴らしさは目を見張りますね!
実際にはまだ見たことがありません。
是非、見たいものですが、娘の婚礼の時にもなかったな~ 汗)

2015/03/19 (Thu) 10:49

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
京焼の器、蛤の焼き物などの華やかさが素晴らしいですね。
蛤の絵は貝合わせなどに使ったんでしょうか。
お雛様が霞んじゃいそうです。

2015/03/19 (Thu) 10:49

花さか爺サン  

こんにちは

洋館『エリスマン邸』の外観も素晴らしいですが、内部も立派な造りですね。
「ひなまつり」に合わせ、雅楽をモチーフにした京焼の絵皿は貝を形どり、中には華やかな色合いの雅楽楽器が施され、六角箱や扇子には雅な姿が描かれ、流石に庶民のそれとは違い、豪華なものですね。
当時の貴族たちの生活が偲ばれますね。

2015/03/19 (Thu) 11:20

HARU  

こんにちは。

山手の洋館でひな祭り展示。見覚えのある部屋が、がらりと変わった雰囲気になって、新鮮な感じです。歴史ある文化は、和洋とりまぜても違和感ありませんね。とても面白く拝見しました。

2015/03/19 (Thu) 17:03

ijin  

エリスマン邸

エリスマン氏はこよなく日本を愛し親しんでくださっと思えます。

飾りの品々。
高貴の人だけが見ること、私有することがで来たのかも。。

長らく休んでしまいました。
度々のご訪問ありがとうございます。

これからも、よちよち歩きが続きそうです。
よろしくお願いいたします。

M3すでにご入手ですか。。
そろそろ発売かと思いますが。。

2015/03/19 (Thu) 20:04

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 洋館の素晴らしさもさることながら、
> 雅楽の焼き物がすごいですね。
> 細かくアップで撮っていただきすごく良さがわかりました。
> こういう焼き物は見ていて飽きませんよね。
> 雛人形に対する思いが伝わってきます。
> 他では見れない凄いレポートです。

被写体がすごかったです。出来る限り綺麗に撮りたいと思いましたが、私に機材や腕前ではこれで精一杯です。
フルサイズ機で撮ったらどんな画になるのか、できることなら試してみたかったです。でも、持っていませんから、どうしようもない話です。

2015/03/19 (Thu) 21:55

AzTak  

Re: 貝合わせ

むくさん、こんばんは。

> 下のほうの六角とともに置かれているのは本物の蛤のようですね。

そのように見えましたが、まさか手にとって見るわけにもいかず、確認はできませんでした。

> 六角が八角である場合もあったと思いますが、これはいつの時代のものでしょうか。。。

あの容器は、『貝桶』というものらしいですね。平安時代に始まっただろう『貝覆い』の遊びが、江戸時代に一段と盛んになったようですね。尤も、遊びではなく、公家や大名家の婚礼の道具としてのようですが。
その当時のものは八角形がスタンダードだったようですね。

> 蒔絵が描かれるようになった貝合わせ、はじめは素朴な遊びだったんでしょうね。

そうなんでしょうね。あまりに身分が違いすぎる世界のことのようで、想像もできません。m(_ _)m

2015/03/19 (Thu) 22:24

AzTak  

Re: おはようございます

Meguruさん、こんばんは。

> どんな人がこの家の住人だったのか日本がお好きなんでしょうね。

まあ、野蛮なところが多分に残っていた頃の文明開化の日本に来たのですから、かなりの日本好きの人たちだったのではないかと思います。

> お雛様も素敵ですがシェルに描かれた日本画が素晴らしいです。
> 六角木箱や扇子のさり気ない絵にも興味がそそられますわ。

これは現代の室内装飾の作家たちが、由緒ある展示物を借りだしてきて、エリスマン邸のバタ臭さに負けないよう工夫して展示をしたのだと思います。
昔の『貝合わせ』の一式の素晴らしさはいうことがないほどですね。
また、同時にこういう展示デザインができる才能ある人達も集団も見事なものです。
すっかり魅了されました。

2015/03/19 (Thu) 22:32

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 外観は洋館、中は純日本のひなまつり装飾!
> 素晴らしい調和で、違和感など全く感じませんね!

わたしもそう感じました。

> 蒔絵を施した貝桶やはまぐりの素晴らしさは目を見張りますね!
> 実際にはまだ見たことがありません。
> 是非、見たいものですが、娘の婚礼の時にもなかったな~ 汗)

だいぶ前に姫路城に行った時に、千姫のそれを見たことがありました。千姫といえば、当時、これ以上の姫様はいなかっただろう姫様だったでしょうから、見事なものだったはずなのですが、若干、離れた位置からの見学だったので、細部までは記憶にありません。(^_^;)

2015/03/19 (Thu) 22:39

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 京焼の器、蛤の焼き物などの華やかさが素晴らしいですね。
> 蛤の絵は貝合わせなどに使ったんでしょうか。
> お雛様が霞んじゃいそうです。

まあ、すごいものでしたね。こんな飾り立てを出来たのは、ほんの一握りの人たちだったことでしょうから、無料で見学できて、本当に有難かったです。
お雛様が霞むということはなかったですよ。私の撮影が下手だったのは否めませんが、…。(^_^;)

2015/03/19 (Thu) 22:45

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 洋館『エリスマン邸』の外観も素晴らしいですが、内部も立派な造りですね。

そうですね。いろいろなイベントが催されますが、どんなものでもガシっと受け止める重厚さがあるように思います。

> 「ひなまつり」に合わせ、雅楽をモチーフにした京焼の絵皿は貝を形どり、中には華やかな色合いの雅楽楽器が施され、六角箱や扇子には雅な姿が描かれ、流石に庶民のそれとは違い、豪華なものですね。
> 当時の貴族たちの生活が偲ばれますね。

江戸期の公家や大名家のお輿入れの時の道具だったのでしょうか。我がご先祖様は、いろいろと殿様のお側で気配りをして神経をすり減らす方だったようです。田舎藩では、大したものではなかったかもしれません。

2015/03/19 (Thu) 22:52

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 山手の洋館でひな祭り展示。見覚えのある部屋が、がらりと変わった雰囲気になって、新鮮な感じです。歴史ある文化は、和洋とりまぜても違和感ありませんね。とても面白く拝見しました。

そうですね。普段は普通の展示なのですが、クリスマスだとか、ハロウィンだとかの時期には、そういうテーマに相応しいものを展示するようです。さすがにイースターに関するものは無いようです。宗教色が強くなってしまうからでしょうか?

2015/03/19 (Thu) 22:56

AzTak  

Re: エリスマン邸

ijinさん、こんばんは。

> エリスマン氏はこよなく日本を愛し親しんでくださったと思えます。

それは間違いがなかったことでしょうね。

> 飾りの品々。
> 高貴の人だけが見ること、私有することがで来たのかも。。

この飾り立ての品物がエリスマン氏が所有していたものではなく、どこかの博物館や美術館からの借用品ではないかと思います。
それをエリスマン邸という舞台装置の中で、現代の室内装飾かというかテーブルアートの専門家というか、そういう人たちが、テーマに相応しいものを借り出すことから始めて、美しく飾り立てたものではないかと思います。

> 長らく休んでしまいました。
> 度々のご訪問ありがとうございます。
>
> これからも、よちよち歩きが続きそうです。
> よろしくお願いいたします。

元気でいらっしゃって何よりです。桜が咲く頃までは無理をしないで、おすごしください。

> M3すでにご入手ですか。。
> そろそろ発売かと思いますが。。

全く堪え性がないばかりに、発売発表当日に、注文しました。ちょうど1週間後の26日発売に決まったそうです。その日に届けば、何とか桜の撮影に間に合います。
未だに、腕の悪さを道具でカバーしようという姑息な考えでいます。(^_^;)

2015/03/19 (Thu) 23:06

Leave a reply