横浜の港と洋館とを見て歩く(4) - 横浜の港と洋館とを見て歩く_2015_Feb-Mar
FC2ブログ

横浜の港と洋館とを見て歩く(4)

近づいてくるに連れ、かなり大きな帆船であることがわかる。画面が相当に暗いのは夜間だからではない。今にも降り出しそうな空模様だったが、途中から本格的に雨が降り始めた。カメラやレンズに支障が起きなくてよかったほどだ。
日本丸Ⅱ世の横浜入港(2)
近づくにつれ、迫力のある姿に引き寄せられるものを感じる。一人前の海の男になるのはかなり大変なようだ。
船首を押しているのはKURAMAで、船尾を押しているのはKUROGANEだ。そろそろ頑張りどきかな。
近づくにつれ、迫力のある姿に_1
近づくにつれ、迫力のある姿に_2
船首像「藍青」が確認いただけただろうか
近づくにつれ、迫力のある姿に_3
近づくにつれ、迫力のある姿に_4
近づくにつれ、迫力のある姿に_5
近づくにつれ、迫力のある姿に_6
近づくにつれ、迫力のある姿に_7
近づくにつれ、迫力のある姿に_8
近づくにつれ、迫力のある姿に_9
近づくにつれ、迫力のある姿に_10
それにしてもうまく接岸させるものだ。タグボートの実力はすごい。
うまく接岸させるものだ_1
うまく接岸させるものだ_2
うまく接岸させるものだ_3
うまく接岸させるものだ_4
うまく接岸させるものだ_5
うまく接岸させるものだ_6
うまく接岸させるものだ_7
うまく接岸させるものだ_8
うまく接岸させるものだ_9
うまく接岸させるものだ_10
うまく接岸させるものだ_11
うまく接岸させるものだ_12
緊張した顔がズラリ。学生が相当数、乗り込んでいるようだ。その昔、私の父も同じ立場だったのかな。
女子学生も少なからずいるようだ。海の女の卵もいるわけだ。
緊張した顔がズラリ_1
緊張した顔がズラリ_2
緊張した顔がズラリ_3
緊張した顔がズラリ_4
緊張した顔がズラリ_5
緊張した顔がズラリ_6
船首像「藍青」が少しは見えるかな
緊張した顔がズラリ_7
緊張した顔がズラリ_8
緊張した顔がズラリ_9

土曜日に出港するそうだ。今、大さん橋に行けば、この日本丸Ⅱ世をじっくり見ることができる。

最後にfree画像で展帆時の姿をご覧頂きたい。
日本丸の展帆_1
日本丸の展帆_2


AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年03月11日
最終更新 2015年03月11日

14 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

写真をすべて印刷してパラパラ動画ができるのでは・・見事に緊張の瞬間を撮られています。
まるで実際にその場で見ているような臨場感でした。
きれいな船ですね。バランスがいいのと、やはり”優雅”です。

2015/03/11 (Wed) 10:37

Meguru  

こんにちは

帆を上げて風をうけたに日本丸の雄姿がすばらしく美しいです。
日本丸と海王丸に魅せられたファンが多いのもうなずけます。

しかしあの帆を操って思うようにタイムリーなかじ取りするのは相当な経験がいるのかもしれませんね。

2015/03/11 (Wed) 13:45

keiko  

こんにちは<(_ _)>

雨模様なのに、甲板で、なにをやっているんですか?女性の姿もありますね。

2015/03/11 (Wed) 14:42

みこたん  

こん

さすが貴婦人だけ合って、きれいですね、帆を張ったところも、優美ですが、こうしてみてみると、幾何学的に美しい、無駄なところが一つも無い、完全な肉体を見ているような気がします、乗り組んでおられる人のチームワークも大切ですね。

2015/03/11 (Wed) 16:41

花さか爺サン  

こんばんは

接岸もうまいものですね。
それにしても、日本丸2世の帆を張った姿は「貴婦人」の名前が付くだけに、優美なものですね。
この姿が見たかったので、感動しました。

2015/03/11 (Wed) 18:05

土佐けん  

こんばんは

タグボートが日本丸を押す姿、始めて見ました!
タグボートって力強いですね~~~
ちっちゃな船なのに頑張りますね^^

2015/03/11 (Wed) 22:05

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 写真をすべて印刷してパラパラ動画ができるのでは・・見事に緊張の瞬間を撮られています。
> まるで実際にその場で見ているような臨場感でした。

これでも、画像枚数が多すぎるかなとビクビクしながらのUPでした。

> きれいな船ですね。バランスがいいのと、やはり”優雅”です。

そうですか。気に入ってもらえてよかったでsy.
学生がどんな顔で実習に臨んでいるのか興味がありました。やはりこれ以上ないくらい真剣な表情をしていました。帆船の優美さの裏にある学生たちの打ち込み方により興味がありました。

2015/03/11 (Wed) 23:13

AzTak  

Re: こんにちは

Meguruさん、こんばんは。

> 帆を上げて風をうけたに日本丸の雄姿がすばらしく美しいです。
> 日本丸と海王丸に魅せられたファンが多いのもうなずけます。

現役時代、晴海の埠頭で展帆状態の帆船を見た事がありました。もちろん会社の窓からです。さすがに勤務中だったので、バチバチ撮影するわけにはいきませんでしたが。

> しかしあの帆を操って思うようにタイムリーなかじ取りするのは相当な経験がいるのかもしれませんね。

操船の基本なんだそうです。それが身についていないと海の男(女)になれないと父が言っていました。

2015/03/11 (Wed) 23:19

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 雨模様なのに、甲板で、なにをやっているんですか?女性の姿もありますね。

昔の商船大学の学生たちです。いまは、商船大学とは言わないのですが。まさしく彼らのための実習中なんですよ。入港に際して何をケアすべきなのか、実感したことを頭に叩き込んでいるのでしょう。

2015/03/11 (Wed) 23:24

AzTak  

Re: こん

みこたんさん、こんばんは。

> さすが貴婦人だけあって、きれいですね、帆を張ったところも、優美ですが、こうしてみてみると、幾何学的に美しい、無駄なところが一つも無い、完全な肉体を見ているような気がします。乗り組んでおられる人のチームワークも大切ですね。

私も帆を張っていない状態でも、十分に格好がいいなと思いました。洋上では逆風にもめげず前進させるためにはどうするか、荒れた海ではどうすべきか、浦賀水道などの狭い海域ではどう操船するのか、色々学習テーマがあるのでしょう。
高所恐怖症でなければ、私も挑戦していたかもしれません。

2015/03/11 (Wed) 23:31

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 接岸もうまいものですね。

タグボートと息を合わせてやらなくてはいけませんから、慎重に慎重に作業を行っていました。

> それにしても、日本丸2世の帆を張った姿は「貴婦人」の名前が付くだけに、優美なものですね。
> この姿が見たかったので、感動しました。

相当に優雅なんですね。義兄がクルーザを処分していなかれば、太平洋海域まで追いかけて行って、見たいところですが、…。『レバタラ』ではお話になりません。

2015/03/11 (Wed) 23:36

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> タグボートが日本丸を押す姿、始めて見ました!
> タグボートって力強いですね~~~
> ちっちゃな船なのに頑張りますね^^

馬力がありますよね。横須賀に行くと、日米の艦船も強力なのに押してもらっています。
まるで、好調時の琴奨菊のようです。

2015/03/11 (Wed) 23:39

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
レンガ倉庫を中断しての帆船日本丸Ⅱ世のアップありがとうございます。
やっぱりかっこいいですね!
それにしても帆を張るためのロープの数の多さにびっくり!
船首の手を合わせる女性の船首像「藍青」ははっきり見えましたよ♪
タグボートの役割って大きいのですね♪

2015/03/11 (Wed) 23:51

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> レンガ倉庫を中断しての帆船日本丸Ⅱ世のアップありがとうございます。
> やっぱりかっこいいですね!

そうですね。

> それにしても帆を張るためのロープの数の多さにびっくり!

1本1本に意味合いがあるのでしょう。どれが機能しなくても困る。そうした時は一体どうする。底まで実習で遣るかどうかはわかりませんが。

> 船首の手を合わせる女性の船首像「藍青」ははっきり見えましたよ♪

そうですか。良かったです。

> タグボートの役割って大きいのですね♪

今でもそうだと思うのですが、構内に入ると水先案内人が本線に乗り込み、舵を預かるようです。そして、タグボートと協調し合いながら、無事着桟に持っていくはずです。彼らは高度専門職ですよね。

2015/03/12 (Thu) 00:15

Leave a reply