葉山と浦賀(4) - 葉山と浦賀_2015_Feb
FC2ブログ

葉山と浦賀(4)

葉山(3)
海岸沿いに歩いてみる。突き当りの森戸神社までかなり長い海岸線だ。
しらすを茹でるのかなあ
しらすを茹でるのかなあ
防波堤では釣りをしている人が。此処ではほとんど大物は釣れそうになさそうな気がするが。
防波堤では釣りをしている人が
沖合では楽しそうだなあ
沖合では楽しそうだなあ_1
沖合では楽しそうだなあ_2
沖合では楽しそうだなあ_3
沖合では楽しそうだなあ_4
沖合では楽しそうだなあ_5
マリーナなどに係留しない小型ヨットはこんなふうに準備をするようだ。海水浴シーズンは海水浴客の邪魔にならないのだろうか。
マリーナなどに係留しない小型ヨットはこんなふうに準備をするようだ_1
マリーナなどに係留しない小型ヨットはこんなふうに準備をするようだ_2
マリーナなどに係留しない小型ヨットはこんなふうに準備をするようだ_3
こいつはどうするのかと思っていたら、程なく作業が始まった。なるほど、こんなふうに行うのか。
こいつはどうするのかと思っていたら_1
こいつはどうするのかと思っていたら_2
こいつはどうするのかと思っていたら_3
こいつはどうするのかと思っていたら_4
こいつはどうするのかと思っていたら_5
こいつはどうするのかと思っていたら_6
こいつはどうするのかと思っていたら_7
こいつはどうするのかと思っていたら_8
こいつはどうするのかと思っていたら_9
あれ、まだ説明が続いている
あれ、まだ説明が続いている
海辺の家もいいなあ。潮風にやられそうな気がしないでもないが。
海辺の家もいいなあ_1
海辺の家もいいなあ_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年02月27日
最終更新 2015年02月27日

8 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

昔このような防波堤があったかどうかは、定かではないですが・・(あまりに昔過ぎて、オブラートの中の記憶見たい・・・)
このあたりから江の島をボーっと眺めていた記憶はあります。
友達の2眼レフを借りて、残りのフイルムの枚数を気にしながら歩いたのを懐かしく想い出します。

2015/02/27 (Fri) 07:59

花さか爺サン  

こんにちは

海は広いな、大きいな~~~~
やっぱり海はいいですね・・・・・・
私の様に山で暮らす人間から見ると憧れですね。
多くのヨットが沖合で海と戯れている姿は楽しそうですね。
さすが葉山のヨットハーバーともなると優雅な人が沢山いますね。
ヨットの搬送は四輪駆動車で牽引するのですね。
初めてみました。

2015/02/27 (Fri) 13:33

Meguru  

こんばんは

マリンレジャーといえば僕の世代では石原裕次郎さんを思い浮かべるのですが、
冬のさなかにもかかわらず多くの人たちが楽しんでいるようですね。
私はコタツで丸くなっていますけど(笑。

2015/02/27 (Fri) 17:27

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
海は良いなあ
あんな大きな釜がまだ現役なんでしょうかねえ

シラスを茹でるの?それとも五右衛門?
コチラデハ天草を茹でて寒天にしますよ。
港ては軽トラックが錆びて数年でダメになるとか?
熊は軽トラを26年使いました。
床が錆びて穴が開き、車検が通らなくなりました。
冬は涼しかったですよ。
エンジンは調子良かったんですがねえ

2015/02/27 (Fri) 20:00

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 昔このような防波堤があったかどうかは、定かではないですが・・(あまりに昔過ぎて、オブラートの中の記憶見たい・・・)

たぶん、割と最近作られたものではないでしょうか。コンクリートがそれほど風化していなかったので。

> このあたりから江の島をボーっと眺めていた記憶はあります。
> 友達の2眼レフを借りて、残りのフイルムの枚数を気にしながら歩いたのを懐かしく想い出します。

2眼レフですか。それはまた、珍しいものを扱ったものですね。私は触ったことはあっても、撮ったことはありません。こちらは『セミ判』という6*4.5でブローニーに記録するものですが、それを使っていました。昔は、カメラの重さなど、全く気にならなかったのですが、…。

2015/02/27 (Fri) 21:10

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 海は広いな、大きいな~~~~
> やっぱり海はいいですね・・・・・・
> 私の様に山で暮らす人間から見ると憧れですね。

そうですかね。私は海の真ん前で生まれ育ちました。が沖合には何もなく、ただ単に水平線が見えるだけでした。ヨットは横須賀に暮らすようになってから、少しだけ身近になりました。

> 多くのヨットが沖合で海と戯れている姿は楽しそうですね。
> さすが葉山のヨットハーバーともなると優雅な人が沢山いますね。

マリーナを利用できる人はいいですね。そこまでできない人たちは、会員制のヨットクラブで、もっぱら一人乗りのディンギーに乗っているのかもしれません。大学のヨット部も同じようです。

> ヨットの搬送は四輪駆動車で牽引するのですね。
> 初めてみました。

あれは船外機付きの釣船のようですね。ディンギーの場合は、セールなどは立てない状態で浜辺まで運んできて、そこで艤装して、海に繰り出すようです。次回、そんなシーンが出てきます。

2015/02/27 (Fri) 21:30

AzTak  

Re: こんばんは

Meguruさん、こんばんは。

> マリンレジャーといえば僕の世代では石原裕次郎さんを思い浮かべるのですが、
> 冬のさなかにもかかわらず多くの人たちが楽しんでいるようですね。
> 私はコタツで丸くなっていますけど(笑。

冷えないような格好で、楽しんでいるようですよ。
石原裕次郎も加山雄三も湘南では格好いい存在としてならしたほうなんでしょうね。私とでは天と地ほども違いますが、彼らも私の高校の大先輩です。すごいクルーザーを所有していたかと思います。彼らに触発されてマリン・スポーツを始めた御仁も少なくないのでは。

2015/02/27 (Fri) 21:41

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 海は良いなあ

そうですか。私の育ったところは、前が海で後ろは田畑と低い山とでした。そういう環境だったので、林間学校も臨海学校も経験なし。遊んでばかりで、全く勉強しない、悪ガキばかりの中で育ちました。

> あんな大きな釜がまだ現役なんでしょうかねえ
> 。
> シラスを茹でるの?それとも五右衛門?

少なくても、熊さんは茹でないでしょう。

> コチラデハ天草を茹でて寒天にしますよ。

独特の匂いだったんでしょうね。

> 港ては軽トラックが錆びて数年でダメになるとか?

潮風は、本当に強烈にモノを錆びさせます。今は、塩害に耐える建築資材が増えてきてはいますが、それでも、傷みは車にかぎらず、激しいようです。

> 熊は軽トラを26年使いました。
> 床が錆びて穴が開き、車検が通らなくなりました。
> 冬は涼しかったですよ。
> エンジンは調子良かったんですがねえ

(ΦωΦ)フフフ…、空冷だったわけですね。26年も使ってくれてありがとうと車が感謝したことでしょう。

2015/02/27 (Fri) 21:51

Leave a reply