帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(5) 2015.02.15 17:11画像追加 - 帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー_2015_Feb
FC2ブログ

帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(5) 2015.02.15 17:11画像追加

柴又帝釈天(4)
彫刻ギャラリー(1)
いよいよ彫刻ギャラリーに入る。胴羽目には10枚の彫刻がある。その内の3枚は右側にある。奥に4枚、左側に3枚だったと記憶している。
右側にある3枚
以下は各作品を撮ったもの。羽目の彫刻だけでなく、直上の欄間の彫刻をも併せて撮った。私にはまるで理解できないが、妙法蓮華経二十八品からのもののようだ。検索のキー項目になりそうな情報を記したので、興味のある向きは、各自で検索してみていただきたい。
第一:序品(じょほん)『塔供養の図』
第一:序品(じょほん)『塔供養の図』_1
第一:序品(じょほん)『塔供養の図』_2
第一:序品(じょほん)『塔供養の図』_3
第三:譬喩品(ひゆほん)『三車火宅の図』
第三:譬喩品(ひゆほん)『三車火宅の図』_1
第三:譬喩品(ひゆほん)『三車火宅の図』_2
第三:譬喩品(ひゆほん)『三車火宅の図』_3
第五:薬草喩品(やくそうゆほん)『慈雨等潤の図』
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_1
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_2
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_3
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_1
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_2
第十:法師品(ほっしほん)『法師修行の図』_3
第十一:見宝塔品(けんほうとうほん)『多宝塔出現の図』
第十一:見宝塔品(けんほうとうほん)『多宝塔出現の図』_1
第十一:見宝塔品(けんほうとうほん)『多宝塔出現の図』_2
第十一:見宝塔品(けんほうとうほん)『多宝塔出現の図』_3
彫刻の参考にした図案だったのだろうか?free画像を借用した
第十一:見宝塔品(けんほうとうほん)『多宝塔出現の図』はこれをイメージしたものかな?

帝釈堂内殿の外部は東・北・西の全面が装飾彫刻で覆われており、中でも胴羽目板の法華経説話の浮き彫り10面が著名である。これは法華経に説かれる代表的な説話10話を選び視覚化したもので、大正11年(1922年)から昭和9年(1934年)にかけて、加藤寅之助ら10人の彫刻師が1面ずつ分担制作した。この羽目板の上方には十二支と天人、下方には千羽鶴が表され、高欄(縁)より下の部分には花鳥および亀を浮き彫りで表す。これらの彫刻を保護するため、内殿は建物ごとガラスの壁で覆われ、見学者用の通路を設け、「彫刻ギャラリー」と称して一般公開している(「彫刻ギャラリー」と大客殿、庭園の見学は有料)。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
帝釈堂の木彫について
帝釈堂の内外には、数多くの木彫がほどこされているが、特に帝釈堂内陣の外側にある十枚の胴羽目彫刻は、仏教経典の中でも最も有名な「法華経」の説話を選び出して彫刻したものである。
この法華経説話彫刻は、当山題十六世観明院日済上人の発願になるもので、篤信者鈴木源次郎の丹識協力を得て、大正末期より昭和九年に至る十数年の歳月費やして完成したものである。因みに大正十一年、まず加藤虎之助師が「法師守護の国」を完成したが、師の発案によって残りの九枚を東京在住の名人彫刻師に以来することが決まり、大きな欅の彫刻材が各師のもとに運びこまれた。しかるに大正十二年、折からの関東大震災に遭って彫刻材を焼失したのである。そこで改めて欅の原材を全国に求め、昭和初年ようやく巨大な欅材を得て、本格的な木彫工事が始められたのである。従って、得難い彫刻材と言い、木彫技術についても希有のもので文化的価値の極めて高いものである。
法華経説話彫刻を中心に胴の最上段には「十二支の国」その下に「天人国」「説話彫刻図」「千羽鶴図」階下には「花鳥図」最下段には「亀図」が彫刻されている。作者は複数の彫刻師によって刻まれたが、ことに、「千羽鶴図」「花鳥図」「亀図」等は、千葉県鴨川出身の名人高石仙蔵師の彫りに成るものである。
従来、木彫は、風雨塵埃にされされ、金網等があり鑑賞しにくかったので、この度、堂周りに、新たに廻廊をめぐらし、総ガラス張りの「彫刻ギャラリー」を完成したのである。願わくは参詣各位において充分に鑑賞されることを望むものである。
帝釈天題経寺大十八世 望月日翔

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年02月15日
最終更新 2015年02月15日

9 Comments

There are no comments yet.

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは

素晴らしいです。
10人10様なのでしょうが、凡庸な熊にはわかりません。

大正期には未だケヤキの大木が残っていたんですね。
現代ではあまり無くて神社・仏閣の修理・建立にも不自由しているようです。

2015/02/15 (Sun) 09:41

cobo-fe  

この彫刻の素晴らしさ・・・とか、軽々しく口で言えないほどの感動ですね。
各彫刻の物語もすごいですね。・・・今まで気づかずに過ごしていました(>_<)
個人的な意見として(無茶ぶりですが・・)、もしAzTaKさんのこのレポートが40年ほど前に、私の目に留まっていたらもっと人生の視野が大きく広がって(少しオーバーですか?)いたかも知れません。自分の行動範囲なんてちっぽけなものだと、いまさらながら気づきました!(^^)!

2015/02/15 (Sun) 10:04

keiko  

(*^O^*)おはようございます。

もの凄く彫り込んだ彫刻なんですね。象に乗った法師をみてみても、象の皮膚のシワや頭の飾りなど、緻密さがカンパないんですね~♬こんなのは、木なので失敗は、許されないし、彫り師さんは、エネルギーを使い消耗したことと、思います。私も予備校似通っていたとき、立体を粘土で作ったりしましたが、出来上がるまで、集中するので、体力気力の消耗で、疲れ果てたこともありました。そんな、ありがたい魂のはいったものは、いつまでも残されてほしいものです。風化しないように保存はされてほしいと思いました。

2015/02/15 (Sun) 10:32

土佐けん  

こんにちは

凄い彫刻ですね~~~
こう言うのを見ると昔の職人さんの
技術の高さに感心させられます^^
これらの建造物を後世に残すのが
僕達の努めでしょうね^^

2015/02/15 (Sun) 16:46

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 素晴らしいです。
> 10人10様なのでしょうが、凡庸な熊にはわかりません。

一度、上京された折に見に行ってみてくださいな。一日いても文句は言われないと思いますから。

> 大正期には未だケヤキの大木が残っていたんですね。
> 現代ではあまり無くて神社・仏閣の修理・建立にも不自由しているようです。

全部揃えて、これで盛大にとりかかることができると張り切った矢先に、関東大震災でみんな燃えてしまったようです。材木需要も急増したでしょうから、適当な材料を確保するのが大変だったようですよ。

2015/02/15 (Sun) 20:50

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> この彫刻の素晴らしさ・・・とか、軽々しく口で言えないほどの感動ですね。
> 各彫刻の物語もすごいですね。・・・今まで気づかずに過ごしていました(>_<)
> 個人的な意見として(無茶ぶりですが・・)、もしAzTaKさんのこのレポートが40年ほど前に、私の目に留まっていたらもっと人生の視野が大きく広がって(少しオーバーですか?)いたかも知れません。自分の行動範囲なんてちっぽけなものだと、いまさらながら気づきました!(^^)!

前から彫刻はあったのですが、樹木が生い茂っていることが高さが高いところにあったりすることから、そんなに見やすくはなかったようです。平成3年に今のようなギャラリーにして見やすく雨風をも防ぐことができる設えになったようです。
それまでは物見高い人が望遠レンズなどで、写しやすいところを写すくらいしかできなかったんではないかと思います。寅さんに感謝しなくてはいけないかもしれませんね。

2015/02/15 (Sun) 21:07

AzTak  

Re: タイトルなし

> (*^O^*)おはようございます。

keikoさん、こんばんは。

> もの凄く彫り込んだ彫刻なんですね。象に乗った法師をみてみても、象の皮膚のシワや頭の飾りなど、緻密さがハンパないんですね~♬こんなのは、木なので失敗は、許されないし、彫り師さんは、エネルギーを使い消耗したことと、思います。私も予備校に通っていたとき、立体を粘土で作ったりしましたが、出来上がるまで、集中するので、体力気力の消耗で、疲れ果てたこともありました。そんな、ありがたい魂のはいったものは、いつまでも残されてほしいものです。風化しないように保存はされてほしいと思いました。

宗教法人は税制上優遇されていますから、よほど放漫運営をしない限りは、都市部の寺社はなんとかやっていけるのではないでしょうか。ましては、このお寺さんは人気が高いお寺さんですから、観光客も押し寄せて、…。
彫刻を維持できるように細心の注意を払っていることと思います。
以前は風雨にさらされていましたが、胴羽目などはガラスで覆われ、見やすく、彫刻にも風が当たらず、大分、耐久度が上がったことだろうと思います。

2015/02/15 (Sun) 21:22

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさん、こんばんは。

> 凄い彫刻ですね~~~
> こう言うのを見ると昔の職人さんの
> 技術の高さに感心させられます^^

そうですねえ。昔はこういうものは、関西とは雲泥の差があったんだと思います。それが、東照宮造営などで、腕の良い職人が一旦関東に集結し、その後、再び各地に散っていったのでしょうが、置き土産というか、関東の職人さんをも刺激していってくれたようです。なんだかんだいっても、江戸や東京にはそれなりに仕事があったことでしょうから、故郷に戻った職人さんも再び集まりやすかったかもしれませんね。

> これらの建造物を後世に残すのが
> 僕達の努めでしょうね^^

せっかくの立派な文化財ですから、後世に長く残したいですね。

2015/02/15 (Sun) 21:30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/16 (Mon) 09:23

Leave a reply