帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(2) - 帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー_2015_Feb
FC2ブログ

帝釈天~山本亭~矢切の渡し~スカイツリー(2)

柴又帝釈天(1)

今回は、外から見える建築物から取り上げたい。江戸の民衆から支持を受けたありがたいお寺さんだったとか。それが廃仏毀釈の嵐が吹いた時期にも勢力を維持していくことができた大きな要因だったようだ。

二天門
四天王のうち、増長天および広目天の二天を安置し、門の名はこれに由来するそうだ。残る持国天と多聞天(毘沙門天)の二天は門をくぐった先にある帝釈堂に安置されている。情けない話だが、仁王門のようだがと思いつつも確認せずに済ませ、念のいったことに帝釈堂の二天をも見損じてしまった。次回訪問時にはしっかり見てきたいものだ。
二天門_1
二天門_2
二天門_3
二天門_4
二天門_5
明治29年(1896年)の建立。入母屋造瓦葺の楼門(2階建て門)で、屋根には唐破風と千鳥破風を付す。柱上の貫などには浮き彫りの装飾彫刻を施す。初層左右には四天王のうちの増長天および広目天の二天を安置し、門の名はこれに由来する。二天像は平安時代の作とされ、門の建立時に同じ日蓮宗の妙国寺(大阪府堺市)から寄贈されたものである。
西門
何の説明も見つけられなかった。二天門ほどではないが姿よしの門だ。惜しむらくはあの白札だ。雰囲気を損ねていただけない。
西門_1
西門_2
南大門
西門と同様に説明なしだが、若干西門よりは大きい感じ。名前からすると奈良のお寺さんを思い出してしまう。
南大門_1
南大門_2
大鐘楼
袴腰付きの鐘楼。それだけで圧倒される。よほど古いものとおもいきや、昭和30年のものだというから驚く。それでも築後60年を経過すると、渋みが出て貫禄十分。梵鐘は、吉田兼好の徒然草に登場した妙心寺の名鐘「黄鐘調(おうしきちょう)」と似た響きを持つようで、昭和の銘鐘の名が高いということだそうだ。虎さんの映画でも鳴っていたというが、どんな音色だったか記憶がない。(^^ゞ
大鐘楼_1
大鐘楼_2
大鐘楼_3
昭和30年、名匠、林亥助棟梁によって完成された総欅の大鐘楼。高さ約15m、四手先の豪壮な桝組と木彫を施し、関東一の鐘楼と言われる。
揃い踏み
関東の寺院ではなかなか見ることができない眺めだ。京都のお寺さんのような感じだった。
揃い踏み_1
揃い踏み_2
揃い踏み_3

柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)は、東京都葛飾区柴又七丁目にある日蓮宗の寺院の通称である。正式名称は経栄山 題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。旧本山は大本山中山法華経寺。親師法縁。なお、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
縁起によれば、題経寺の創建は江戸時代初期の寛永6年(1629年)で、開山は中山法華経寺(千葉県市川市)19世の禅那院日忠とされている。なお、寺の説明によれば、実際に寺を開いたのは日忠の弟子にあたる題経院日栄であるとされる。本堂右手にある釈迦堂(開山堂)に日栄の木像が安置されていることからも、この日栄という僧が実質的な開山であると思われる。
題経寺の中興の祖とされているのが9世住職の亨貞院日敬(こうていいんにっきょう)という僧であり、彼は一時行方不明になっていた「帝釈天の板本尊」を再発見した人物であるとされている。日敬自ら記した縁起によれば、この寺には宗祖日蓮が自ら刻んだという伝承のある帝釈天の板本尊があったが、長年所在不明になっていた。それが、日敬の時代に、本堂の修理を行ったところ、棟木の上から発見されたという。この板本尊は片面に「南無妙法蓮華経」の題目と法華経薬王品の要文、片面には右手に剣を持った帝釈天像を表したもので、これが発見されたのが安永8年(1779年)の庚申の日であったことから、60日に一度の庚申の日が縁日となった。それから4年ほど経った天明3年(1783年)、日敬は自ら板本尊を背負って江戸の町を歩き、天明の大飢饉に苦しむ人々に拝ませたところ、不思議な効験があったため、柴又帝釈天への信仰が広まっていったという。柴又帝釈天が著名になり、門前町が形成されるのもこの時代からと思われる。近隣に数軒ある川魚料理の老舗もおおむねこの頃(18世紀末)の創業を伝えている。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年02月11日
最終更新 2015年02月11日

16 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

大鐘楼は素晴らしいですね。見事な建物は信仰心にも影響を与えるのでしょうね。
>「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
とありますが確かにそのとおりだと思っていました。
多くの人々に崇められた柴又帝釈天だと思います。

2015/02/11 (Wed) 11:01

土佐けん  

こんにちは

ご心配を頂き、ありがとうございました。
今日から復帰します^^

柴又帝釈天と言えば寅さんで有名ですよね^^
実物を見たことはないのですが、門も鐘楼も
素晴らしい造りですね!

2015/02/11 (Wed) 15:39

みこたん  

こんにちは。

柴又、帝釈天、矢切の渡し、門前商店街、懐かしいです。
帝釈天の近くに、美味しい鰻やさんがあって、
出来れば、もう一度行きたいとは思っているのですが、
なかなか機会がありません。雰囲気も良いですね。

2015/02/11 (Wed) 15:59

keiko  

こんばんは<(_ _)>

大鐘楼というのは、凄い格好いいですね。こんなのみたことないです。古びた感じも雰囲気がありますね~

近隣に川魚のお店があるんですか。映画の撮影場所として、絵になるんでしょうね。

2015/02/11 (Wed) 17:41

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 大鐘楼は素晴らしいですね。見事な建物は信仰心にも影響を与えるのでしょうね。

袴腰付きの鐘楼はド迫力がありますね。東照宮のそれよりかは幾分小さめなんでしょうが、それでも十分に大きなものです。

> >「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、日本においてはこの柴又帝釈天を指す場合も多い。
> とありますが確かにそのとおりだと思っていました。
> 多くの人々に崇められた柴又帝釈天だと思います。

『男はつらいよ』で人気沸騰するよりもはるか以前に建てられていますから、元気の出てきた戦後の日本の勢いの魁だったかもしれません。その時の経済状態からすれば、相当無理をして建てたのでしょうね。

2015/02/11 (Wed) 20:14

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさん、こんばんは。

> ご心配を頂き、ありがとうございました。
> 今日から復帰します^^

ヨカッタですね。ほぼ毎日更新されているサイトが更新されないと、よほどに具合がわるいのかもと心配してしまいました。

> 柴又帝釈天と言えば寅さんで有名ですよね^^
> 実物を見たことはないのですが、門も鐘楼も
> 素晴らしい造りですね!

中も外側に負けない内容ですよ。そして、有料ゾーンには見事な彫刻と庭園とがあり、非常に贅沢なものになっています。日蓮さんが見たら卒倒しかねないほどかもしれません。
日蓮さんが血相を変えて、それを笠智衆さんの住職が柳に風と受け流すなんて、想像しただけでも面白いかもしれません。

2015/02/11 (Wed) 20:19

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
幾日も失礼しました。
柴又は映画でしか足りません。
門に掲げられた白札、照明灯、いかにも大衆に仰合した土地柄なんでしょうか。
それとも、誰にも揮毫する気もなかったんでしょうか。

2015/02/11 (Wed) 20:20

AzTak  

Re: こんにちは。

みこたんさん、こんばんは。

> 柴又、帝釈天、矢切の渡し、門前商店街、懐かしいです。

あれまあ、東京暮らしが長い私が、今回はじめて行ったのに、…。(^_^;)

> 帝釈天の近くに、美味しい鰻やさんがあって、
> 出来れば、もう一度行きたいとは思っているのですが、
> なかなか機会がありません。雰囲気も良いですね。

有名ドコロでは『川甚』というお店の他に何軒かあるようです。
写真を撮っていたら、観光バスの客がどかどか
と店に向かって行きました。爺さんが一人で食べるには、『川甚』さんは、ちょっとお高い感じでした。写真だけで我慢、我慢。

2015/02/11 (Wed) 20:26

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 大鐘楼というのは、凄い格好いいですね。こんなのみたことないです。古びた感じも雰囲気がありますね~

袴腰付きの鐘楼って、それだけで舞い上がってしまいそうです。江戸時代にこんなでかい袴腰付きの鐘楼を建てたなら、東照宮様に対して頭が高いと取り壊しを命じられたかもしれませんね。

> 近隣に川魚のお店があるんですか。映画の撮影場所として、絵になるんでしょうね。

川甚などは高級すぎて、写真を撮るだけでおしまいでした。お出かけになることがあったら、料理の写真を見せてもらいたいものです。
そして、直前が江戸川の河川敷で、矢切の渡しもあります。
わたって、松戸の戸定邸(国指定の重要文化財で、かつては知り合いの方が住んでいました)を見るのもいいかなと思っていたら、週末だけの運用なんですね。

2015/02/11 (Wed) 20:34

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは
> 幾日も失礼しました。

のんびり熊さん、こんばんは。どこかに遠征していらっしゃるのかと思っていました。間違って、銃で撃たれたりしないようにしなくちゃ。(失礼)

> 柴又は映画でしか知りません。
> 門に掲げられた白札、照明灯、いかにも大衆に仰合した土地柄なんでしょうか。
> それとも、誰にも揮毫する気もなかったんでしょうか。

そういう粋なことはしない気取らない土地柄かもしれません。そうですよね、誰かに揮毫してもらえば、箔が付いたものを。

2015/02/11 (Wed) 20:39

ijin  

柴又の帝釈天

今晩は。

「柴又の帝釈天」
トラさんがまだモテハヤされていた頃、会社のウオーキングで行っています。
お写真拝見して、随分イメージと違います。重厚。

思いを新たにしました。

矢切りの渡しも、チアキナオミさんの歌で知って居ましたが、
此処だそうか。。
暫したたづんだのを想いい出しました。

まいまい、ご訪問とコメントを有り難うございます。

M3情報有り難うございます。
ファインダーが欲しいですね。

今はまだ病上がり。
少し考えます。

2015/02/11 (Wed) 21:12

HARU  

こんばんは。

それぞれの門が、しっかりと重厚な木組みがなされた立派な造りでじっと見つめてしまいますね。さほど広くない境内に見渡せる範囲に各門があって、たしかにあまり見慣れない感じがしました。とくに鐘楼ですが昭和の建造物とは、びっくりです。風格がありまね。

2015/02/11 (Wed) 21:21

AzTak  

Re: 柴又の帝釈天

> 今晩は。

ijinさん、こんばんは。

> 「柴又の帝釈天」
> トラさんがまだモテハヤされていた頃、会社のウオーキングで行っています。
> お写真拝見して、随分イメージと違います。重厚。
>
> 思いを新たにしました。

私は今回はじめて柴又界隈を歩きました。もう少し浮ついた町かと思っていたのですが、意外や意外、落ち着いた素敵な門前町のように見えました。また、帝釈天もそれに負けない風格を備え、圧倒されました。

> 矢切りの渡しも、チアキナオミさんの歌で知って居ましたが、
> 此処だそうか。。
> 暫したたづんだのを想いい出しました。

ちあきなおみさんがオリジナルの歌手だったとは知りませんでした。てっきり細川たかしさんの歌だと思っていたのですが。大外れでしたね。

> まいまい、ご訪問とコメントを有り難うございます。
>
> M3情報有り難うございます。
> ファインダーが欲しいですね。
>
> 今はまだ病上がり。
> 少し考えます。

ボディのみの発売価格と外づくファインダーとがセットのものが確か5千円ほどの違いだったので、注文してしまいました。噂では400ミリまでのEF-Mマウントの望遠ズームレンズを開発している話がありました。それが出たら、野鳥などを少しは追いかけられるかもしれないと密かに期待しています。近々の発売だったら、追加で買い求めたいなと思います。出すならラインナップが揃わなくて不満を持っている人がたくさんいる今が売出時だと思うのですが、どうなのでしょうか。

2015/02/11 (Wed) 22:17

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> それぞれの門が、しっかりと重厚な木組みがなされた立派な造りでじっと見つめてしまいますね。さほど広くない境内に見渡せる範囲に各門があって、たしかにあまり見慣れない感じがしました。とくに鐘楼ですが昭和の建造物とは、びっくりです。風格がありまね。

敷地が広くないのは、東京ではしかたのないことで、奈良や京都のようにはいきません。帝釈天そのものが、江戸の半ばに評判を呼び、それから知られるようになったお寺さんだと聞きます。それから廃仏毀釈の嵐の中で、よくも寺勢を維持できたものですね。
彫刻の説明などは、下記URLが詳しいようです。
http://edobori.fan-site.net/shibamata.htm

2015/02/11 (Wed) 22:22

kozoh55  

そうでしたか~

柴又帝釈天が中山法華寺から分かれているのでしたか、
知らなかったです。でも考えてみたら近いといえば近いんですね。
帝釈天の彫刻と建物、改めて見せて頂きました。派手ではないですが、丁寧に作られた歴史的建築物ばかりですね。いつも帝釈天の草団子を食べて満足している私にとってありがたい情報ばかりです。
山本邸をAzTakさんがどんな風に描かれるのか楽しみでもあります。
またお邪魔します。あ、それとパソコンの件、お疲れさまですね、私も別な検索ページにやられ、悪戦苦闘したのを思い出しました。

2015/02/15 (Sun) 08:45

AzTak  

Re: そうでしたか~

kozoh55さん、おばんです。

> 柴又帝釈天が中山法華寺から分かれているのでしたか、
> 知らなかったです。でも考えてみたら近いといえば近いんですね。

非常に近いですよね。あちらさんは大本山ですよね。こちらはそんなものとは無縁ですが、地道というか派手にというか、我が道を行っているようですね。

> 帝釈天の彫刻と建物、改めて見せて頂きました。派手ではないですが、丁寧に作られた歴史的建築物ばかりですね。いつも帝釈天の草団子を食べて満足している私にとってありがたい情報ばかりです。

そんな感じですね。

> 山本邸をAzTakさんがどんな風に描かれるのか楽しみでもあります。

ここのところ、なんだか、行った先で調子が悪くなる傾向があり、寅さんミュージアムもパスしたくらいでした。山本亭ではお茶を飲んでお菓子を頂いただけでした。昔のカメラの部品やさんはあんな大きな自宅を構えるくらい儲かったのでしょうかね。

> またお邪魔します。あ、それとパソコンの件、お疲れさまですね、私も別な検索ページにやられ、悪戦苦闘したのを思い出しました。

ははは、ちょっと楽しんでしまいました。いまはウィルス対策ソフトを強力なものにしたら、何も起きずに、つまらないです。

2015/02/15 (Sun) 20:44

Leave a reply