浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(12) - 浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア_2014_Dec
FC2ブログ

浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(12)

だいぶ中断があったが、暫く振りに再開する。今回は東武ワールドスクウェアのヨーロッパ・ゾーンの建物の内のスペインの建物を取り上げる。

東武ワールドスクウェア(6)
ヨーロッパ・ゾーン(4)
カサ・ビセンス
バルセロナにあったのか。全く知らなかった。ガウディ作品らしいといえば、その通りの作品だと思う。
カサ・ビセンスはスペインのバルセロナにある、アントニ・ガウディが初期に手がけた重要な建築物の1つ。レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設された。マヌエル・ビセンスは1895年に死去、1899年にはアントニオ・ジョベル医師の手に渡った(この人物は2013年現在の所有者の祖父)。改修および増築を経て、1969年にスペインの歴史芸術モニュメントに認定された。2005年にはユネスコの世界遺産に登録された。
1883年から1885年または1889年にかけて建設され、バルセロナのグラシア地区に現存している。このガウディの初期作品の外観はムデハル様式の影響を受けている。

カサ・ビセンス_1
こちらが本物…FREE画像を借用
カサ・ビセンス_2
グエル公園
これぞガウディの才能の発露とでも言うべき公園だと思う。
グエル公園(カタルーニャ語:Parc Güell, 英語:Park Guell)は、スペインのバルセロナにある公園で、バルセロナの街が一望できる。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。アントニ・ガウディの作品群の1つである。
施主のエウゼビ・グエイ伯爵(スペイン語読みではグエルとなる)とアントニ・ガウディの夢が作り上げた分譲住宅で、1900年から1914年の間に建造された。彼らが最も傾注していた芸術はリヒャルト・ワーグナーの「楽劇」で、ガウディは同じ芸術センスを持つグエル伯爵の下で、自然と調和を目指した総合芸術を作り上げようとした。この頃、バルセロナでは工業化が急速に進んでおり、それに対してガウディとグエルはこの場所に、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとした。しかし、ふたりの進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されなかった。結局、広場、道路などのインフラが作られ60軒が計画されていたが、買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、買い手はガウディ本人とグエイ伯爵だけであったという。グエイ伯爵の没後に工事は中断し、市の公園として寄付される。現在はガウディが一時住んだこともある家が、ガウディ記念館として公開されている。中にはガウディがデザインした家具なども集められて展示されている。
グエル公園の入口に建つ門衛の小屋と東屋をみてサルバドール・ダリは「砂糖をまぶしたタルト菓子のようだ」と評した。「ギリシア劇場」と名付けられているテラス、大階段に鎮座する人気のトカゲ、敷地中央にあるホール天井の円形モザイク装飾等、粉砕タイルを使用してのデザインはガウディの助手ジュゼップ・マリア・ジュジョールの貢献が大きい。

グエル公園_1
グエル公園_2
こちらが本物…FREE画像を借用
グエル公園_4
アルハンブラ宮殿
残念ながら行ったことがない。一度はイスラム勢力に支配権を奪われ、それをレコンキスタでカトリック勢力が奪い返した曰く因縁のある宮殿であり、城塞でもある。
アルハンブラ宮殿_1
アルハンブラ宮殿_2
アルハンブラ宮殿_3
こちらが本物…以下3点はFREE画像を借用
アルハンブラ宮殿_4
アルハンブラ宮殿_5
アルハンブラ宮殿_6
サンタ・エウラリア大聖堂
せっかくのカテドラルなのに、市内にサグラダ・ファミリアがあり、そちらばかりが注目される。信徒には静かな祈りの場があって、有難いことなのかもしれない。とは言うものの、由緒ある大聖堂なのだ。
サンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂 (La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia)は、スペイン、バルセロナにあるカトリック教会の教会建築。バルセロナ市民からは単にラ・セウ(La Seu)と呼ばれる。バルセロナ大司教座が置かれている。
かつてこの場所には原始キリスト教の教会があった。この建物は西ゴート王国時代にも使われた。教会最古の遺跡部分は現在バルセロナ市歴史博物館に保存されている。986年、アル=マンスールによるバルセロナ占領で教会は破壊された。1058年、ロマネスク様式に立て替えられた。現在の建物はバルセロナ伯ジャウマ2世(アラゴン王としてはハイメ2世)時代の1298年に建設が始まり、およそ150年後に完成したゴシック様式建築である。聖十字架及びバルセロナの守護聖人である聖エウラリア(伝承によると、ディオクレティアヌス帝時代のキリスト教徒大迫害で殉教)に献堂された。聖エウラリアの遺骸は当時のバルセロナ司教フロドイによって地下納骨堂に埋葬された。ファサードは1888年のバルセロナ万博にそなえ改装されたネオゴシック様式である。本堂と回廊は完全に同じ様式で統一されている。最長部で90フィート、横が40フィートある。本堂と5つの側廊の高さが等しく、交差廊は先端が短い。大聖堂内の回廊では、13歳で殉教した聖エウラリア(es)にちなみ、13羽の白いガンが飼われている。

サンタ・エウラリア大聖堂_1
サンタ・エウラリア大聖堂_2
こちらが本物…FREE画像を借用
サンタ・エウラリア大聖堂_4
サグラダ・ファミリア
いまから45年前に見た時は、まだまだ工事中という感じだったが、最近では工事が進んでいるようだ。ガウディという建築家の類まれなる才能を強く強く感じたものだった。これだけは、バルセロナに出かけて本物を見ることをお勧めしたい。サグラダ・ファミリアはバシリカとなったものの、カテドラルは、サンタ・エウラリア大聖堂のままなのだろう。
サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語: Sagrada Família)は、日本語に訳すると聖家族贖罪教会(カタルーニャ語: Temple Expiatori de la Sagrada Família)という正式名称を持つ、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカである。日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。
サグラダ・ファミリアは、カタロニア・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品である。バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、パラボリックな(放物線状の)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている。2004年の統計によれば、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなり、2008年には270万人を集めた。生前のガウディが実現できたのは地下聖堂と生誕のファサードなどであるが、これらは2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 贖罪教会なので、作業の財政は喜捨に頼っている。そのために、別々の箇所を同時に建設することはできなかったのだが、1990年代以降は訪問者の流れと作品の世評の高まりが財政状況を好転させた。
2010年11月7日に教皇ベネディクト16世が訪れ、ミサを執り行い、聖堂に聖水を注いで聖別。サグラダ・ファミリアはバシリカとなった。ミサには司教達を含む6500人が参列し、800人の聖歌隊が参加した。

サグラダ・ファミリア_1
サグラダ・ファミリア_2
こちらが本物…FREE画像を借用
サグラダ・ファミリア_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年01月25日
最終更新 2015年01月25日

8 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

スペインとか若いころは行ってみたい国の筆頭でしたが、こうして見ると建築物はすごいですね
やはり宗教の力が大きいのでしょうか。延々と造り続けていくエネルギーはすごいです。
私にとってはロドリーゴの「アランフェス協奏曲」のほうがなじみがあります(^^;

2015/01/25 (Sun) 09:04

丹後のきんちゃん  

はじめまして。アルハンブラ宮殿はずっと憧れの場所です。大学の卒論もレコンキスタにかかわるものでした。F.タレガのギターの名曲が聞こえてきそうです。迫力ある写真をありがとうございました。

2015/01/25 (Sun) 11:40

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
何世代にもわたり、一つの価値観を持ち続けるのは、やはり宗教の大きな力なんでしょうね。
それ故に、文化文明が発達したのかもしれません。
冒頭のカサ・ビセンス、これは個人所有で世界遺産なんですか?
そのような物も有るんですね。

2015/01/25 (Sun) 19:48

土佐けん  

こんばんは

東部ワールドスクエアのミニチュアって凄いですね~~
本物と見まがうばかりの精巧さに驚かされます!
今日もヨーロッパ旅行をした気分になりました^^

2015/01/25 (Sun) 22:29

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> スペインとか若いころは行ってみたい国の筆頭でしたが、こうして見ると建築物はすごいですね
> やはり宗教の力が大きいのでしょうか。延々と造り続けていくエネルギーはすごいです。
> 私にとってはロドリーゴの「アランフェス協奏曲」のほうがなじみがあります(^^;

スペインは、情熱的な国ですよ。日本人の舌に違和感のないスペイン料理があるし、音楽も情熱的だし、建物も素晴らしいし、…。一度は行ってみる価値があると思います。

2015/01/26 (Mon) 00:07

AzTak  

Re: タイトルなし

丹後のきんちゃんさん、こんばんは。そして、初めまして。

> はじめまして。アルハンブラ宮殿はずっと憧れの場所です。大学の卒論もレコンキスタにかかわるものでした。F.タレガのギターの名曲が聞こえてきそうです。迫力ある写真をありがとうございました。

卒論が、レコンキスタについてでしたか。凄い重いテーマでしたね。
一昨年に実に久しぶりにスペインに行き、カトリックの牙城だった巡礼路を歩いてきました。途中の町にある小さな教会が、ロマネスク様式のものがほとんどで、かなり良かったです。
その時の建物はまったく展示されておらず、バルセロナが中心でした。あそこは、ガウディが活躍していた街で、遺産がいっぱいありますから、当然そうなるのでしょうね。

2015/01/26 (Mon) 00:20

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 何世代にもわたり、一つの価値観を持ち続けるのは、やはり宗教の大きな力なんでしょうね。
> それ故に、文化文明が発達したのかもしれません。

そういう側面は多分にあったでしょうね。と、いい加減な信徒の私めは、攻撃されないように逃げを打っています。(^_^;)

> 冒頭のカサ・ビセンス、これは個人所有で世界遺産なんですか?
> そのような物も有るんですね。

凄すぎて、売るに売れないようだと聞きました。そういうとてつもない住宅もあるんですね。

2015/01/26 (Mon) 00:32

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 東武ワールドスクエアのミニチュアって凄いですね~~
> 本物と見まがうばかりの精巧さに驚かされます!
> 今日もヨーロッパ旅行をした気分になりました^^

一番よかったのはアジアゾーンのように思いました。そちらは、全然整理ができておらず、また、他の記事を先に取り上げなくては。ここのところ、まるっきりに自転車屋さんになった気分です。

2015/01/26 (Mon) 00:41

Leave a reply