浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(11) - 浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア_2014_Dec
FC2ブログ

浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(11)

東武ワールドスクウェア(5)
ヨーロッパ・ゾーン(3)


今回は、フランスのものを取りあげる。エッフェル塔と凱旋門とは、意識して撮らなかったので、あしからず。

シャンボール城
名前は知っていたが、行ってみたことがない。こんな感じだったのか。壮麗な城だ。終了後屋が始まりだったのか。かつてのフランス国王の権勢の程を思い知らされる。大きすぎて、持て余したのだろうか。所有者も次々に変わっていったようだ。
シャンボール城(Château de Chambord)はフランスロワール=エ=シェール県のシャンボールにある城。ロワール渓谷に点在する城のうち、最大の広さを持つ。フランス王フランソワ1世のために建てられた。
どうにもNYの建物が目障りだ。失敗の構図だった。
シャンボール城_1
シャンボール城_2
FREE画像を借用
シャンボール城_3

ヴェルサイユ宮殿
誰もが魅了される美しい宮殿と庭園とだろう。あまりに大きく、私には全体像がつかめないでいた。今回見ても、まだ、理解できないほどだ。私のイメージ構成力が無さすぎるのだろう。
ヴェルサイユ宮殿(仏語:Château de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。
パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。

ヴェルサイユ宮殿_1
ヴェルサイユ宮殿_2
ヴェルサイユ宮殿_3
ヴェルサイユ宮殿_4
ヴェルサイユ宮殿_5
ヴェルサイユ宮殿_6
ヴェルサイユ宮殿_7
ヴェルサイユ宮殿_8
ヴェルサイユ宮殿_9
ヴェルサイユ宮殿_10
ヴェルサイユ宮殿_11
FREE画像を借用
ヴェルサイユ宮殿_12

サクレクール大聖堂
サクレクールと名がつく聖堂はかなりの数にのぼる。最も著名なのが、パリにあるこの聖堂だろう。情けない話だが、比較的短い歴史を刻んだに過ぎない明るい感じの大聖堂という印象しか残っていない。
モンマルトルのサクレ・クール大聖堂 (Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre) はフランスのパリ市内モンマルトルの丘の頂にそびえる教会堂。ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂。ギベール・パリ大司教が計画を提唱し、アバディが設計を担当した。1889年にいち早く完成していたエッフェル塔と共にパリ市内を見晴らせる観光名所で、両建造物とも19世紀後半に構想された比較的新しいものであるにも関わらず、今やパリになくてはならない存在になっている。
第三共和政の憲法が発布された1875年に、フランスの新しい政体の門出を祝う意味合いを籠めて、政府による直接的な支援を受けて建設がはじまった。当時は普仏戦争とそれに続くパリ・コミューンによって命を失ったフランス市民を讃える公共建造物としても考えられていたが、年月が過ぎるにつれてその位置づけが自ずと変容してしまう。実際に着工したのは1877年で、約4000万フランの費用と40年の歳月をかけ、1914年に完成したものの、礼拝のために開放されたのは第一次世界大戦の終わり、1919年のことであった故に、この大聖堂は皮肉にも普仏戦争以来のドイツに対する復讐の象徴として多くのフランス人から捉えられた。

サクレクール大聖堂_1
サクレクール大聖堂_2
FREE画像を借用
サクレクール大聖堂_3

ノートルダム大聖堂
ノートルダムの名前がつく聖堂は、これまた、世界中にかなりある。その中で最も有名なのが、パリのそれだろう。殆どの人が地上から見ると思うが、少し下がったセーヌ川の船から見る感じが私は好きだ。『我らが貴婦人』とはまた何と含蓄のある名前なのだろう。
パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris) はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された。現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。
ノートルダムの敷地は、ローマ時代にはユピテル神域であったが、ローマ崩壊後、キリスト教徒はこの地にバシリカを建設した。1163年、司教モーリス・ド・シュリーによって、現在にみられる建築物が着工され、1225年に完成した。ファサードを構成する双塔は1250年に至るまで工事が続けられ、ヴォールトを支えるフライング・バットレスは12世紀に現様式に取り替えられた。最終的な竣工は1345年。

ノートルダム大聖堂_1
ノートルダム大聖堂_2
ノートルダム大聖堂_3

以下2点はFREE画像を借用
ノートルダム大聖堂_4
ノートルダム大聖堂_5

このシリーズは終了したわけではないが、次回から『名越切通しを歩く』シリーズを先に取りあげる。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2015年01月07日
最終更新 2015年01月07日

14 Comments

There are no comments yet.

cobo-fe  

東部ワールドスクエアは今まで知らなかったのですが、スケールが違いますね。たまに人が写っているのを参考にして想像を働かせていますが、それでも今風に言えば「想定外」です。想像以上です。(もちろん世間知らずの私にとっては・・ですが)。本当に行ってみたくなりました。

2015/01/07 (Wed) 08:32

kaz  

おはようございます!

このシリーズ実際に行かれてジオラマ風に撮影されたかな^と思うほどうまいこと作っておられます。1mぐらいの高さがあるんですか? 

2015/01/07 (Wed) 08:50

keiko  

おはようございます<(_ _)>(*'▽'*)

あーっ、ロワール地方も行きました。シャンボール城のダビンチがつくったとされる二重螺旋階段は、とっても白くて素敵で面白かったです。、シユノン城とかブロア城とか、とっても、内装が素敵で、豪華な天幕の張ったベッドとかこんなことろに暮らしていたんだと驚いたのを思い出しました。
ヴェルサイユ宮殿では、鏡の間で、バチバチ記念写真をとりました。(゜∀゜ゞ)
あとの教会はいきませんでした。ジオラマの内装とかどうなってるんですかね?省略でしょうね?

2015/01/07 (Wed) 10:00

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
現地の建物とこことのでは、どのくらい違うのかわかりませんが、よくまあ作ったものですねえ。

2015/01/07 (Wed) 13:04

千一也  

こんばんは(^^)

東部ワールドスクエアの入園料・・・2,500円・・・およよ(笑)
しかし実際行ってみれば値打ちがあるのでしょうね。

建造物だけではなく人を配しているので想像がふくらみますし。
しかし昔々のわれわれの祖先もなかなかやるものですねぇ、
この人の知恵を未来の良い方向にだけはたらかせてもらいたいものですヽ(^o^)丿

2015/01/07 (Wed) 17:32

Mika  

AzTakさん、おはようございます♪

ジオラマ楽しい~^^
建物の全景を全て目にすることが出来てガリバー気分ですね♪
本物が写っているお写真も載せてくださっているので
背景が同じなら本物と見分けがつかないかも・・・って思いました。
「どうにもNYの建物が目障りだ」には笑っちゃいましたが。
ジオラマでも高層ビル群は圧迫感がありますね(笑)

2015/01/07 (Wed) 21:50

土佐けん  

こんばんは

フランスの景色を堪能させていただきました^^
こうして見せていただくと
やはり撮りに行きたくなります!
続きを楽しみにお待ちしていますよ^^

2015/01/07 (Wed) 22:01

AzTak  

Re: タイトルなし

cobo-feさん、こんばんは。

> 東部ワールドスクエアは今まで知らなかったのですが、スケールが違いますね。たまに人が写っているのを参考にして想像を働かせていますが、それでも今風に言えば「想定外」です。想像以上です。(もちろん世間知らずの私にとっては・・ですが)。本当に行ってみたくなりました。

冬の寒い時期なので、屋外施設はつらい時期だと思います。それでお客さんが少なく、最初は何とかお客さんを入れない画面でイケそうに思ったのですが、無理でした。超広角で撮ると画面の端の方のお客さんも小さくデフォルメされてしまい、何か不思議な感じになります。
25分の1のスケールです。自分よりも背が高い建物は、そんなにはないと思います。
私自身はうまくできませんでしたが、写真好きな人なら、どう写し取ってやろうかというファイトが湧く被写体かもしれません。

2015/01/07 (Wed) 22:02

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> このシリーズ実際に行かれてジオラマ風に撮影されたかな^と思うほどうまいこと作っておられます。1mぐらいの高さがあるんですか?

25分の1の縮尺で作られています。ですから25mの高さだと1mになります。お見立ての通りそれくらいの高さのものが多かったように思います。それくらいだとガリバーさんになったような気分になりますから。
そんなことを考えてどの程度の縮尺にするかを決めたのかもしれませんね。

2015/01/07 (Wed) 22:05

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます<(_ _)>(*'▽'*)

keikoさん、こんばんは。

> あーっ、ロワール地方も行きました。シャンボール城のダビンチがつくったとされる二重螺旋階段は、とっても白くて素敵で面白かったです。、シユノン城とかブロア城とか、とっても、内装が素敵で、豪華な天幕の張ったベッドとかこんなことろに暮らしていたんだと驚いたのを思い出しました。
> ヴェルサイユ宮殿では、鏡の間で、バチバチ記念写真をとりました。(゜∀゜ゞ)
> あとの教会はいきませんでした。ジオラマの内装とかどうなってるんですかね?省略でしょうね?

随分たくさん、見に行ったんですね。羨ましい限りです。それだけ見ると、十分でしょう。
ノートルダム大聖堂は、セーヌ川の船上から見ると凄く格好良く見えるんですよ。多分、ノーマルのコースには入っていないでしょうが。
内部には何も作っていないでしょうね。もしかして、サプライズでどこか見られるようになっていたりしたら、それはそれでびっくりしちゃいますね。うん、それもいいかも。

2015/01/07 (Wed) 22:17

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 現地の建物とこことのでは、どのくらい違うのかわかりませんが、よくまあ作ったものですねえ。

殆ど違わないように作ってあるようです。実際の建物の写真と見比べても、そうめちゃくちゃ違うという感じはしないと思います。但し、周囲の風景だけは、手を出していたらキリが無いようで、イメージをもってもらいやすくするために、わざと違えてあるところもあります。
例えば、サンマルコ大聖堂の真横にゴンドラはありません。でも、現実には少し離れているところにあるゴンドラを真横に配置した方がヴェネツィアらしく見えるからなんでしょう。

2015/01/07 (Wed) 22:25

AzTak  

Re: こんばんは(^^)

千一也さん、こんばんは。

> 東武ワールドスクエアの入園料・・・2,500円・・・およよ(笑)
> しかし実際行ってみれば値打ちがあるのでしょうね。
> 建造物だけではなく人を配しているので想像がふくらみますし。

あれまあ、そんなにしたんですか。会計をしているのに、幹事任せで、入場料の額まで気にしていませんでした。まあ、物皆高いご時世ですから。USJも値上げするようですよ。

> しかし昔々のわれわれの祖先もなかなかやるものですねぇ、
> この人の知恵を未来の良い方向にだけはたらかせてもらいたいものですヽ(^o^)丿

そうですね。アジアゾーンでも莫高窟や万里の長城などが凄いと思いました。あれだけのものを過去に作ったのに、今は強盗のような国家に成り下がっているように思います。どこかでレギュレートすべきだと思います。

2015/01/07 (Wed) 22:35

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、おはようございます♪

Mikaさん、こんばんは。

> ジオラマ楽しい~^^
> 建物の全景を全て目にすることが出来てガリバー気分ですね♪
> 本物が写っているお写真も載せてくださっているので
> 背景が同じなら本物と見分けがつかないかも・・・って思いました。

そう感じたところも、全然感じが違うなと思ったところも、両方共ありました。
なかなか、背景が同じなら…という前提条件には立てないようです。(^_^;)

> 「どうにもNYの建物が目障りだ」には笑っちゃいましたが。
> ジオラマでも高層ビル群は圧迫感がありますね(笑)

あれは本当にどこに行っても顔を出してくるんです。(笑)
あそこを見るとガリバーからピノキオに変身してしまったようで、…。

2015/01/07 (Wed) 22:41

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> フランスの景色を堪能させていただきました^^
> こうして見せていただくと
> やはり撮りに行きたくなります!
> 続きを楽しみにお待ちしていますよ^^

私は、やっぱり現地に行ってみたくなりました。でも、世界には、魅力ある建物がゴマンとあり、行っていいなあと思ったところが、その人にとっての一番かもしれません。

続きは少しだけインターバルをおいてから、再開したいと思います。

2015/01/07 (Wed) 22:46

Leave a reply