浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(3) - 浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア_2014_Dec
FC2ブログ

浅草寺~川治温泉~東武ワールドスクウェア(3)

浅草寺本堂
浅草寺は、前回取り上げた浅草神社に祀られている檜前浜成・竹成兄弟が見つけた観音様を祀る寺院。推古天皇36年(628年)と伝えられ、都内最古の寺院である。
外観
堂々たる堂宇だ。当時の国宝だった3代将軍徳川家光建立の旧本堂は戦災で消失した。現在の堂は昭和33年(1958年)に再建されたもので、鉄筋コンクリート造。それは普通に考えつくことだが、屋根がチタンの瓦になっているというのは考えつかなかった。白っぽい瓦だとは思ったものの、チタンとは。数年前からなのか。
外観_1
かなりの急勾配の屋根だ。これほどまで高くする理由は何だったのだろうか。
急勾配の屋根
煙を浴びてご利益がありそうかな?
外観_2
志ん橋大提灯
歌川広重の名所江戸百景『浅草金竜山』に描かれた大提灯と同じデザインに戻したようだ。現在、「志ん橋」大提灯は本堂(観音堂)に掛かっている。広重が描いた時は、雷門にかかっていたようだ。新橋の方々からの奉納提灯で、平成16年12月に制作し寄進されたとのことだ。
歌川広重の名所江戸百景『浅草金竜山』
外観_3
向拝の聯(ごはいのれん)が見える
大提灯の両脇に白い字で書かれているのが、向拝の聯。豊道春海(ぶんどうしゅんかい)の書で、向かって右側が『実相非荘厳金碧装成安楽刹』、左側が『真身絶表象雲霞画出補陀山』と書かれているそうだ。寛政9年(1797)の筆とのこと。読むことができないし、意味を解釈することも勿論できなかった。
真如(しんにょ)の世界はとても形などに表すことはできないが、見事に整えられた伽藍や自然の景観の妙は、それこそ仏の浄土「安楽刹」であり、観音さまの世界「補陀落(ふだらく)」である、という意味(浅草寺の堂塔伽藍・境内浄域のことを表す)。
外観_4
見事な菰樽の積み重ね
一樽頂いて帰りたいほどだ。〆ていくらになるだろう、などと考えてはいけないんだろう。
東南アジアの人たちは『自撮り』が大好きなようだ。ナルシストが多いのだろうか。

外観_5
本堂内陣
本堂内陣_1
御宮殿(ごくうでん)
紛れも無い祈りの場だった
中央の金色に輝くのが御宮殿。写真に撮るのはおろか、見てはいけないように思わないでもないが、おおらかなものだ。最初に行った時には、多くの僧侶が経を唱えていた。2日後に開扉法要が行われたのか。こんなものではない僧侶の数だろうし、参拝客の数だろう。うーーん、残念。
内陣中央にはご本尊聖観世音菩薩を奉安する御宮殿(ごくうでん)がある。御宮殿内には、ご秘仏本尊聖観世音菩薩、慈覚大師作のお前立ご本尊(12月13日お開扉)の他、徳川家康、徳川家光、公遵法親王などの護持仏であった観音像が奉安されている。御宮殿の左右には梵天・帝釈天の二天がまつられ、またご本尊の脇侍(きょうじ・わきじ)としては内陣右奥に不動明王、左奥には愛染(あいぜん)明王がまつられている。
本堂内陣_2
本堂内陣_3
本堂内陣_4
本堂外陣
写真の撮影を禁止してはいないようで、皆さん盛んに写真を撮っていた。私も負けじと撮らせていただいた。
本堂外陣_1
本堂外陣_2
正面額
『施無畏(せむい)』と書かれてあるそうだ。暫くにらめっこしたものの、読むことができなかった。
深見玄岱筆〔享保12年(1727)奉納〕
観音さまは経典において、「施無畏者」とも呼ばれ、人々の不安や恐怖を取り除き、「畏れ無きを施して」下さる。「施無畏」とは、観音さまのおはたらきそのものを意味する。

本堂外陣_3
外陣の聯
こちらは辛うじて読むことができたものの、…。
野口雪江(のぐちせっこう)書で〔寛政9年(1797)の筆〕
「仏身円満無背相 十方来人皆対面」
誰でも、どこから来た人でも分け隔てなく救いの手を差し伸べてくださる、という意味(浅草寺のご本尊観音さまのことを表す)。

本堂外陣_4
天井絵
中央:川端龍子(かわばたりゅうし) 画「龍之図」 縦6.4m・横4.9m
左右:堂本印象(どうもといんしょう) 画「天人之図」 縦6.4m・横4.9m

天井絵_1
天井絵_2
奉納の羽子板
助六所縁江戸桜だ。実に立派なものだ。
奉納の羽子板

本尊の聖観音像を安置するため観音堂とも呼ばれる。旧堂は慶安2年(1649年)の再建で近世の大型寺院本堂の代表作として国宝(当時)に指定されていたが、昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失した。現在の堂は昭和33年(1958年)に再建されたもので鉄筋コンクリート造である。外陣には川端龍子(かわばたりゅうし)筆「龍の図」、堂本印象筆「天人散華の図」の天井画がある。
内陣中央には本尊を安置する間口4.5メートル、高さ6メートルの宮殿(くうでん、「厨子」と同義)がある。宮殿内部は前の間と奥の間に分かれ、奥の間に秘仏本尊、前の間には「お前立ち」の観音像が安置される。宮殿の扉の前には「御戸張」と称する、刺繍を施した帳(とばり)が掛けられていて、時々デザインの違うものに掛け替えられている。毎年12月13日に開扉法要が行われ、短時間開扉されるほか、特別な行事の際などに開扉が行われる場合があるが、その際も参拝者が目にすることができるのは「お前立ち」像のみで秘仏本尊像は公開されることはない。宮殿の手前左右には脇侍の梵天・帝釈天像、宮殿の裏には秘仏本尊と同じ姿という聖観音像(通称裏観音)、堂内後方左右の厨子内には不動明王像と愛染明王像[3]を安置する。
2009年2月から2010年12月にかけて、「平成本堂大営繕」が行われた。屋根の葺き替えは昭和33年(1958年)の再建以来50年ぶり。宝蔵門の改修工事でも用いたチタン成型瓦を採用。使用色も2色から3色に増やし、より粘土瓦に近い風合いを醸し出している。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年12月29日
最終更新 2014年12月30日

16 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
初詣は住んでいる場所柄、
浅草浅草寺、西新井大師、柴又帝釈天の3つに決めています。
3つ行く年もあれば1つの年もさまざま 汗)
来年は浅草寺にして、
今まで気づかなかった天井絵を見て来よう♪

2014/12/29 (Mon) 01:57

keiko  

おはようございます(^-^)<(_ _)>

御宮殿の中央に梵字がかいてありますね~午年だから、この字なんですね?
なんて読むかわかりませんが、
慈悲と知カを象徴し邪気を払し、'進路を開き、福徳長寿の意味らしいですね?

御宮殿の中央に、梵字がかいてありますね?午年の

2014/12/29 (Mon) 09:59

HARU  

こんにちは。

浅草寺の屋根瓦はチタンだったのですか!! いやあ、驚き。高価なチタンで本堂は覆われているというわけですね。いろいろ詳細に説明を受けて、僕はいままで何を見てきたのかと。やっぱり、仲見世ばっかりでした(笑)

2014/12/29 (Mon) 13:12

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
宗教に関心が薄い熊には良く分かりませんが、素晴らしい装飾ですね。
屋根がチタンとは知りませんでした。
以前なら銅(あかがね)で葺いたものですが、さすが近代都市です。
軽くて丈夫でいいのでしょうね。

2014/12/29 (Mon) 16:43

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 初詣は住んでいる場所柄、
> 浅草浅草寺、西新井大師、柴又帝釈天の3つに決めています。
> 3つ行く年もあれば1つの年もさまざま 汗)
> 来年は浅草寺にして、
> 今まで気づかなかった天井絵を見て来よう♪

えーっ、年によっては3箇所全てを回るときもあるんですか。人混みが苦手な私は、初詣は気後れがして行きません。3が日が過ぎてから悠然と行くこともあります。お正月は駅伝のほうが興味が遭ったりして。(^_^;)
天井絵はちょいと首が痛くなりそうです。
西新井大師、柴又帝釈天には、恥ずかしながら行ったことがありません。

2014/12/29 (Mon) 19:44

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます(^-^)<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 御宮殿の中央に梵字がかいてありますね~午年だから、この字なんですね?
> なんて読むかわかりませんが、
> 慈悲と知カを象徴し邪気を払し、'進路を開き、福徳長寿の意味らしいですね?
>
> 御宮殿の中央に、梵字がかいてありますね?午年の

勉強嫌いの私に難しい質問は勘弁して下さい。一生懸命調べました。
あの梵字は『サ』と読むようです。この字だけで聖観音様を意味する梵字だそうです。
ヤマサ醤油の『サ』はここから頂いたもののようです。興味が有ったら、調べてみてください。
http://pai-water-mana.cocolog-nifty.com/jyoreishi/2014/02/22.html

2014/12/29 (Mon) 19:52

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 浅草寺の屋根瓦はチタンだったのですか!! いやあ、驚き。高価なチタンで本堂は覆われているというわけですね。いろいろ詳細に説明を受けて、僕はいままで何を見てきたのかと。やっぱり、仲見世ばっかりでした(笑)

最初に宝蔵門に浸かってみたようです。具合が良いということで、本堂もそうしたようです。
相当に高価なんでしょうね。屋根を変えたのは最近のことですから、知らない人も少なくないようです。行ってみて、白っぽくなっているので、びっくりすることでしょう。姫路城の瓦よりも驚くかもしれません。
流石に近隣の国の窃盗団も、これを盗んでいくような罰当たりなことはしていないようです。

2014/12/29 (Mon) 19:59

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 宗教に関心が薄い熊には良く分かりませんが、素晴らしい装飾ですね。

焼失前の堂宇は家光が作らせたものですから、それはそれは素晴らしい物だったのでしょう。再建するにあたっては、寸分同じというわけには行かなかったとは思いますが、相当程度復元できたんだと思います。

> 屋根がチタンとは知りませんでした。
> 以前なら銅(あかがね)で葺いたものですが、さすが近代都市です。
> 軽くて丈夫でいいのでしょうね。

銅葺きは緑青ががっちり守るからいいのですが、なんといっても板であり、甍のような趣がありません。その点、こちらは、堅牢かつ超軽量で、言うことなしの屋根材でしょう。
今の日本で一番高価な屋根瓦でしょうね。真似したくっても、
あまりの金額に手が出せないことでしょう。

2014/12/29 (Mon) 20:08

keiko  

こんばんは<(_ _)>(^-^)

コメントって、難しいです。変だと思ったら、スルーして貰っていいです。すいませんでした。
コメントを書く自信がなくなったので、、たまにしかかけなくなるかも知れません。すいません

2014/12/29 (Mon) 20:48

aunt carrot  

修学旅行の生徒さんが来ていますね。
セーラー服を着ていて、なんだか懐かしくなります。
どんな思い出になるのでしょう。
一生の良い思い出になってくれると良いなぁと
思いながら拝見しました。
屋根がチタンだったとは!
やはり大勢の人が訪れるところはそれなりにできるのですね。
今度行ったら、仲見世ばかりでなく屋根をしっかりと見てきますね。
いつもありがとうございます。

2014/12/29 (Mon) 20:58

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> コメントって、難しいです。変だと思ったら、スルーして貰っていいです。すいませんでした。
> コメントを書く自信がなくなったので、、たまにしかかけなくなるかも知れません。すいません

変だなんて思っていませんから、ご心配なく。ただ、『難しい質問が来たな』と思いました。それだけです。
実は、昨年行った巡礼の旅で証明書を頂いたのですが、何とラテン語で書かれていました。全く読めないままです。息子に訳させようかと思いましたが、手数料が高そうなので、断念しました。

2014/12/29 (Mon) 21:02

AzTak  

Re: タイトルなし

aunt carrotさん、こんばんは。

> 修学旅行の生徒さんが来ていますね。
> セーラー服を着ていて、なんだか懐かしくなります。
> どんな思い出になるのでしょう。
> 一生の良い思い出になってくれると良いなぁと
> 思いながら拝見しました。

私の頃は、単に面白おかしく見て回るだけだったと思いますが、今は、『修学』らしく、いろいろとレポートを書かせたりするようですね。大変なようです。世の中甘くなくなったようです。

> 屋根がチタンだったとは!
> やはり大勢の人が訪れるところはそれなりにできるのですね。
> 今度行ったら、仲見世ばかりでなく屋根をしっかりと見てきますね。
> いつもありがとうございます。

本当に屋根が白っぽくなっていたので驚きました。最近は、途中までしか行かなかったことがバレバレに。(^_^;)

2014/12/29 (Mon) 21:12

土佐けん  

こんばんは

浅草寺の本堂ってでっかいですね!
屋根の迫力に驚かされます^^
浅草寺の中も色々見せて頂き、
様子が良くわかりました^^
早く行ってみたいな~~~

2014/12/29 (Mon) 22:45

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 浅草寺の本堂ってでっかいですね!
> 屋根の迫力に驚かされます^^

眺める角度によっては、急勾配が恐ろしい程にそそり立っているのが見えます。
屋根瓦職人も私には適性がなさそうです。(^_^;)

> 浅草寺の中も色々見せて頂き、
> 様子が良くわかりました^^
> 早く行ってみたいな~~~

やるまでいらっしゃるならライトアップをさっさと取り、その後に電気ブランを味わってみては如何でしょうか。東京のやつらはこんなへんてこりんなものを飲んでいるのかと思うかも。(笑)

2014/12/29 (Mon) 23:06

cobo-fe  

こんばんは
御宮殿の写真撮れて素晴らしいですね。
なかなか撮影をさせてくれないところが多いです。
それに最後の奉納された羽子板・・・これも素晴らしいです。
浅草寺・・・永く行っていませんがまた行ってみたくなりました。

2014/12/29 (Mon) 23:28

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

cobo-feさん、こんばんは。

> 御宮殿の写真撮れて素晴らしいですね。
> なかなか撮影をさせてくれないところが多いです。

鷹揚なのに本当に驚きました。

> それに最後の奉納された羽子板・・・これも素晴らしいです。

大きさはともかく、手の込んだ羽子板はかなりお高いようですね。妻が買い求めた物の値段を利いて、一瞬、声を失いました。

> 浅草寺・・・永く行っていませんがまた行ってみたくなりました。

ぜひお越しください。
こちらは、楓は一本もありません。鳩もいません。とにかく行ってお参りをしたぞって感覚の人が多い感じに見えました。ヤマサ醤油創業者などは全然違うというか、熱心に信仰していたようです。『ヤマサ』の『サ』が聖観音を意味する梵字なんだそうです。

2014/12/29 (Mon) 23:40

Leave a reply