散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺(1)

3連休中日の23日(日)に、まだ早いかもしれないが、鎌倉に近い横須賀にいたし、天気も良かったのでダメ元で瑞泉寺の紅葉を見に出かけた。寺のある一帯は紅葉ヶ谷(もみじがやつ)と呼ばれる谷戸に位置している。見ることができれば、眼福があったというものだ。しかし、懸念は不幸にも的中し、紅葉など微塵も始まってもいなかった。気を取り直して、瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺を歩いてみた。

瑞泉寺(1)
途中の様子
通玄橋は欄干に楓のデザインがあったが、周囲に紅葉の兆しはない。かなり心配になってきた。
通玄橋
民家の庭先に少し紅葉があった。もしかしたらと期待が…
民家の庭先に少し紅葉があった
惣門の鬼瓦
惣門の鬼瓦
境内に入る
紅葉の代わりにこんなものがお出迎え
紅葉の代わりにこんなものが_1
紅葉の代わりにこんなものが_2
男坂と女坂
うーん、緑一色だ。紅葉のトンネルのはずだったのだが。そのままの状態で山門に着いた。
男坂と女坂_1
男坂と女坂_2
男坂と女坂_3
男坂と女坂_4
男坂と女坂_5
男坂と女坂_6
男坂と女坂_7
男坂と女坂_8
男坂と女坂_9
山門付近で
手水で清める。石像が『ごくろうさん』とばかりに迎えてくれたのだが。
山門付近で_1
山門付近で_2
今日の句は虚子の作品だった。『静かなる月日の庭や石蕗の花』
今日の句は虚子の作品だった
こんな石像もあった
こんな石像もあった_2
吉野秀雄歌碑「死をいとい生をもおそれ人間の ゆれ定まらぬこころ知るのみ」
達筆なのかなあ。読みにくい字のように思えたが。
吉野秀雄歌碑
山崎方代歌碑「手の平に豆腐をのせていそいそといつもの角を曲がりて帰る」
こちらの方が若干読みやすい感じ
山崎方代歌碑
松陰吉田先生留跡碑
松陰吉田先生留跡碑

Comments

 
AzTakさん、こんにちは♪

11月23日でも紅葉にはまだ早かったのですね。
横浜の方は暖かいからでしょうか。
昔は11月と言えばもう木枯らしが吹いて
木の葉も色づいていた季節でしたが・・・温暖化も関わりがあるのかな。

男坂と女坂の階段、緑一色でも綺麗です^^
苔がむしているところも趣があっていいです。
雨の日は滑らないように注意しないといけなさそうですが(^^;
私が登るとしたらやっぱり女坂の方になりそう(笑)
 
瑞泉寺は四季折々美しい自然が楽しめる良いところですね。
モミジの絵のある橋が色に染まった時期にいったことがありますよ。
川が落ち葉で埋まっていました。
鎌倉は関東で一番おそい紅葉地帯で
今頃が本当はいいのですが、今年は風が強すぎて
昨日の明月院も随分と葉が落ちてしまっていました。
見ごろって難しいですね。
AzTakさん 
こんにちは
今年の紅葉は、当地方では一周間前後、例年より遅かったです。
全体に遅いのかもしれませんね。
でも間もなく始まりますよ。
紅葉の中に文学碑、いいですね。
こんにちは。 
男坂と女坂、これこれ、以前の印象が残ってます。はっきり書かれると悩みますね(笑)。この花、近頃よく見るようになりました。まるで竹のような節のある幹の上に大きな目立つ花。周りに花が少なくなった時期に咲くので、すごく目立ちます。花も流行りがありますね。大きな株なので寺社に増えそうな予感です。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 11月23日でも紅葉にはまだ早かったのですね。
> 横浜の方は暖かいからでしょうか。

関東地方でも最も暖かいところですから。

> 昔は11月と言えばもう木枯らしが吹いて
> 木の葉も色づいていた季節でしたが・・・温暖化も関わりがあるのかな。

有るんでしょうね。師走に見頃になるなんて、季語も真っ青の世界です。

> 男坂と女坂の階段、緑一色でも綺麗です^^
> 苔がむしているところも趣があっていいです。
> 雨の日は滑らないように注意しないといけなさそうですが(^^;
> 私が登るとしたらやっぱり女坂の方になりそう(笑)

そのほうが良さそうです。男坂の方は勾配だけでなくちょっと歩くのが怖い感じです。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 瑞泉寺は四季折々美しい自然が楽しめる良いところですね。
> モミジの絵のある橋が色に染まった時期にいったことがありますよ。
> 川が落ち葉で埋まっていました。

その時は見事だったことでしょうね。あの辺りは紅葉ケ谷と言われる土地だそうですから。

> 鎌倉は関東で一番おそい紅葉地帯で
> 今頃が本当はいいのですが、今年は風が強すぎて
> 昨日の明月院も随分と葉が落ちてしまっていました。
> 見ごろって難しいですね。

本当に、そうですね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 今年の紅葉は、当地方では一周間前後、例年より遅かったです。
> 全体に遅いのかもしれませんね。
> でも間もなく始まりますよ。
> 紅葉の中に文学碑、いいですね。

そうでしょう。なかなかのもののはずなんですが。
今年は秩父に行って体力を使い果たしました。けさ、戻りましたが、もう眠くて、よせばいいのに太極拳の稽古までしたので、身体がギシギシ言って、…。泣きの状態です。
こんばんは 
こちらにも男坂、女坂があるんですね^^
京都の知恩院を訪れた時、見ました。
男坂ってきついんですよね!
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 男坂と女坂、これこれ、以前の印象が残ってます。はっきり書かれると悩みますね(笑)。この花、近頃よく見るようになりました。まるで竹のような節のある幹の上に大きな目立つ花。周りに花が少なくなった時期に咲くので、すごく目立ちます。花も流行りがありますね。大きな株なので寺社に増えそうな予感です。

こちらは男坂と女坂、秩父の夜祭は団子坂。色々な坂があります。越えにくい坂は有るようです。
秩父の夜祭の団子坂はやる方も必死。危なくて、部外者は近寄らせない。写真など撮れる位置には陣取ることは難しいです。
それならということで、途中の道筋に陣取って、バチバチ撮りました。まあ、女坂を上ったようなものです。

皇帝ダリアは以前どこかで見た記憶が遭うのですが、それが思い出せません。既視感だけははっきり。ボケの兆候も出てきたのでしょうか。心配になってきました。(^_^;)
確かにお寺さんの境内に合いそうな花ですね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> こちらにも男坂、女坂があるんですね^^
> 京都の知恩院を訪れた時、見ました。
> 男坂ってきついんですよね!

たいていの寺院の男坂は勾配が急ですよね。知恩院ではかなり足に来ました。瑞泉寺も急なことは急なのですが、それより、敷石がすり減っていたり、苔がかなり生えていたりして、歩くのにかなり注意な必要です。
もしかしたら、見るだけにしたほうが良いくらいかも。

PS.今朝、秩父夜祭りから戻ってきました。よせば良いのに、その後、太極拳の稽古もしたので、足腰にかなりきています。欲張りすぎたかもしれません。
 
こんばんは<(_ _)>(^-^)

お花綺麗にとれてますね!

歌碑は、吉野様の生きていると死を恐れたり、生きていることも恐れたり…弱い心が、共感しました。
Re: タイトルなし 
> こんばんは<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> お花綺麗にとれてますね!

有難うございます。華がない記事になりそうだったので、無理無理入れてしまいました。(^_^;)

> 歌碑は、吉野様の生きていると死を恐れたり、生きていることも恐れたり…弱い心が、共感しました。

非常に素直な心持ちを表現したように思います。味のある字なのでしょうが、私には、本当に読みにくい字でした。
懐かしくて、つい・ 
こんにちは!
昔、青春時代に行った記憶があります(^^;
確か江ノ電に乗り換えて「・・・
細部については記憶していないのですが・・
坂道がきつかったのは覚えています。
紅葉はこれからなのでしょうか。
場違いのコメントになりましたが、懐かしくて、つい・・・
薄れていた記憶が少しもどりました。
Re: 懐かしくて、つい・ 
> こんにちは!

cobo-feさん、こんばんは。

> 昔、青春時代に行った記憶があります(^^;
> 確か江ノ電に乗り換えて「・・・

たぶん、大塔宮までバスでお出かけになり、そこから先はてくてく歩いたのだろうと思います。

> 細部については記憶していないのですが・・
> 坂道がきつかったのは覚えています。

坂道は確かに風域があります、体調次第ではきつかったかもしれません。
もしかして、そういう記憶があるのならば、そのついでに天園のハイキングコースをも歩かれたのでは。こちらは、かなりきつかっただろうと思います。私も若いころ、仲間との待ち合わせの前に歩いたことがありましたが、そんな無茶なことは今はできません。

> 紅葉はこれからなのでしょうか。

このブログの写真は11月23日のものです。その時は箸にも棒にもかからない状態でした。たぶん今が見頃かと。

> 場違いのコメントになりましたが、懐かしくて、つい・・・
> 薄れていた記憶が少しもどりました。

みなさん、若い頃に一度は鎌倉を歩かれた方が多いようですね。私は通学や通勤で定期券を所有していたので、何時でも行けたはずなのに、その頃は数える程度しか行っていませんでした。(^_^;)
本当に 
石像が「ご苦労様」って言ってますね。
温かい心が伝わってきます。
これが水琴窟だったら、この石像のいたずらではないか、
そんな風に考えたんでしょうね。
お晩です、AzTakさん、増上寺の記事を作れたのは、
もちろんAzTakさんの記事がきっかけでした。
いつもありがとうございます、またお邪魔します。
Re: 本当に 
kozoh55さん、こんばんは。

> 石像が「ご苦労様」って言ってますね。
> 温かい心が伝わってきます。
> これが水琴窟だったら、この石像のいたずらではないか、
> そんな風に考えたんでしょうね。

ははは、そうかもしれませんね。残念ながら水琴窟にはなっていなかったようです、確かめませんでしたが、…。
それより、清めの水なのに、あまりに美味しそうな湧き水なので、飲んでしまいました。

> お晩です、AzTakさん、増上寺の記事を作れたのは、
> もちろんAzTakさんの記事がきっかけでした。
> いつもありがとうございます、またお邪魔します。

私も随分kozoh55さんの記事を次の行き場所を決める参考にさせて頂いています。その割には、出不精(デブ症)で、まだ、いけていないところが少なくありません。(^_^;)

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR