散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の日本民家園(15)

21.菅の船頭小屋
雨で増水した時には、鉄の輪に棒を入れ、担いで避難したとのこと。取るに足らない小屋だが、当時は重要な役目を果たしていたようだ。
菅の船頭小屋_1
菅の船頭小屋_2
菅の船頭小屋_3
運び出す様子のイラスト
運び出す様子のイラスト

22.工藤家住宅
前回は完全に見落としてしまった。その分、今回はしっかり見てきたかったのだが、『床上げ公開』の対象になっておらず、細部は見ることができずじまいだった。もう1回は通わなくてはいけないのかなあ。ドマなどから見た限りでは、囲炉裏はたった一つ。セントラルヒーティングといえば聞こえは良いが、寒くはなかったのだろうか。
見た通りの典型的な南部曲屋。現存する曲屋では最古の一つらしい。曲屋はずっと昔から存在するのかと思っていたが、比較的近世近くになって誕生したものとのこと。その中では最も初期のもの。比較的経過年数が短いのに国指定の重要文化財に指定されたのは、曲屋発生期の素朴で古式な姿をとどめているからなのだろうか。

外観
外観_1
右奥がザシキで角の手前がシタザシキ
外観_2
突き出した左端がマヤ
外観_3
家屋内部
工藤家住宅の間取り
工藤家住宅の間取り
マヤ
何か雑然とした感じに見えたが、昔もこんなふうだったということなのだろうか
マヤ
ニワとダイドコ
土足でも温まり易いように、ニワのすぐ近くに囲炉裏を設置したようだ。でも囲炉裏があるのはこの間だけなのかなあ。『南部』というと何か暖かいイメージをされるかもしれないが、南部藩のあった土地のことで、実際には相当に寒い土地だったはずだ。夜はグズグズせずに寝るしか無い状況だったと思う。
それと囲炉裏の火は夜間はどうしたのだろうか。気になることだらけだ。

ニワとダイドコ
ジョウイとチャノマ
竹簀子の天井さえもない。確かに暖められた空気が隅々まで届きやすいとは思うが、それにしても囲炉裏が少なすぎでは。
ジョウイとチャノマ
カッテノマとジョウイとチャノマ
カッテノマとジョウイとチャノマ
ザシキ
濡れ縁まである特別な間だったようだ
ザシキ_1
ザシキ_2
シタザシキとザシキ
シタザシキは予備の客間だったようだ
シタザシキとザシキ
ナンド
家族の寝室
ナンド
小さな小屋
味噌蔵だったのだろうか
小さな小屋

国指定重要文化財
 旧所在地:岩手県紫波郡紫波町舟久保
 建物区分:農家(名主の家)、曲屋
 構造形式:寄棟造、茅葺、桁行19.2m、梁行11.1m/南面に馬屋突出、寄棟造、茅葺、桁行7.6m、梁行6.3m
 建築年代:宝暦(1751〜1763)頃
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
馬と共に暮らした南部の曲屋
主屋の前に馬屋を突出させたL字型の民家は、旧南部藩領(岩手県)に多いことから「南部の曲屋(まがりや)」として知られています。これは、南部馬の飼育が盛んになる江戸時代中期に工夫された形式と考えられます。宝暦頃に建てられた工藤家は現存最古の曲屋の一つといえます。民家園の中で一番敷地面積の広い家です。
主屋には天井がありません。この地方はもともと天井のない家が多く、厳しい冬場は囲炉裏の火で家全体を暖めながらすごしました。ダイドコの囲炉裏はニワからも利用することができます。ダイドコとジョウイは日常生活の場、ナンドは寝室です。ザシキは床の間も備えた特別な部屋で、この広い家で唯一畳が敷かれています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 曲がった部分は馬屋になっていました。
 土間境にある囲炉裏は、土足のまま踏み込んで暖まれるようになっていました。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
工藤家住宅の旧所在地は岩手県紫波郡紫波町である。この工藤家の形式でもある「南部の曲屋」は、盛岡を中心とする旧南部藩領という、比較的限られた地域内に分布する特異な民家形式である。L字型の平面を持ち、突出した土間の先端にウマヤを置くが、こうした内厩の形式は北国の民家のものである。特に春の短い東北地方北部では、農耕のためには、牛よりは動きの俊敏な馬を使う方が都合がよかったが、馬は癇が強く、その飼育は牛よりもずっと難しい。そこで厩を屋内に設け、馬の健康状態を常に把握できるようにしたのである。
しかし現在知られている曲屋の形式が誕生したのは意外に新しく、早くとも18世紀前期ごろであろうと考えられている。それ以前はこの地方でも単純な長方形平面の、いわゆる直屋の形式で、古い家ではこれに曲がり部分を増築して曲屋としているのである。そうしたなかで、工藤家は当初から曲屋として造られたものであり、その創建期の18世紀中期は、曲屋としては最も早い時期に属している。時代が降るにしたがって、この曲がりの部分が大きくなり、また屋根の形も入母屋や兜造として意匠を凝らすようになるが、工藤家では厩も小さく、そして単純な寄棟屋根を乗せるのみで、曲屋発生期の素朴で古式な姿をとどめている。
工藤家の間取りはなかなか複雑である。ニワに張り出した、大きな囲炉裏を持つダイドコロと、それに続くジョウイが日常生活の中心で、ナンドは寝室、ザシキは客座敷であったことはわかるが、他の部屋の使われ方はあまり明瞭ではない。例えば、カッテはその呼び名からは炊事関係の部屋のようだが、実際にはダイドコロとのつながりが悪く、むしろ寝室的な造りである。またチャノマも、居間的存在であるジョウイとの関係が曖昧である。シモザシキはその名からはザシキの次の間のようであるが、移築前にはその外に面する部分をクチナンド・ネドコという2室に仕切って寝室として使用していたから、もともと寝間的な部屋であった可能性もある。
建物の外周は土壁だが、内部間仕切には板壁を使う。しかしどの間仕切も内法より上には壁がない。そして天井はどの部屋にも張らないから、家全体がひとつながりの空間のようである。このように、外部に面する開口部を極力少なくするほかは、冬の厳しい寒さへの対処はほとんどなされていない。
平面の寸法は6.3尺を1間にして、梁行には1間、桁行には1.25間(7.87尺)を基準に柱を割り付けている。そして梁行梁もこの柱割にしたがって7.87尺ごとに整然と配られその上に扠首が架けられる。しかし桁行梁は、上屋柱筋のほかには主要な間仕切り位置に置くのみである。主体部は4周の半間を下屋とするが、上屋・下屋境の柱を省略しない箇所も多く、例えばシモザシキやチャノマの内部には独立柱が立つという、古めかしい構造を見せている。
以上のように、工藤家住宅は当初から曲屋として建てられたものとしては最古の部類に属するものであり、また外観や間取りにも古式を残していて、曲屋の発生と展開を考えるうえでたいへん貴重な遺構である。

Comments

素晴らしい記録ですね。 
こんにちは
毎回拝見していますが、私たちの気楽な日常風景の
切り取りとは違いますね。
これだけ詳しければ、歴史的・学術的にも貴重なので
はないでしょうか。
気の利いたコメントが出来ず申し訳ありませんが、
非常に気になりますブログではあります。
今後ともよろしくお願いいたします。
AzTakさん 
こんにちは
移動式舟番小屋は面白い発想ですねえ。多摩川あたりにもあったんでしょうか?
南部藩あたりの冬は相当に寒かったんでしょうに、暖房は囲炉裏くらいですか、火鉢などは無かったんでしょうか?
勝手で食事の用意にはそれなりに暖かかったかもしれませんが。
菅 
今日は。

菅と聞いて。。川崎市多摩区菅稲田堤。以前は単に「菅」と呼んでいました。

叔母の嫁入り先です。

多摩川に近く、昔は湿地帯だったかと思われます。

家と言うより、物置小屋に見えますが、中は住いのようですね。
4人で担げば移動ができる。
貧しい農家や川で魚を採って暮していた人は、このような小屋に住んでいたのでしょうか。

旦那は既に逝き、叔母がアパート経営で、暮らしています。
JRの稲田堤に近いから空き部屋はないと言っています。

この辺り、昔からの人がまだ、多いようで、お寺は裕福。
檀家多い由。

この辺りから移設保存されているのでしょうね。

今度叔母を訪ねたら話題にします。
保存園知っているかと。。

有り難うございました。
こんにちは 
菅の船頭小屋、面白いですね~~
流される前に運び出して守る。
面白いって言っちゃいけない、昔の人の知恵ですね^^
Re: 素晴らしい記録ですね。 
> こんにちは

cobo-feさん、こんばんは。

> 毎回拝見していますが、私たちの気楽な日常風景の
> 切り取りとは違いますね。
> これだけ詳しければ、歴史的・学術的にも貴重なので
> はないでしょうか。

(ΦωΦ)フフフ…、寄せ集めの情報ばかりで、何も目新しい物はありません。
もう少し若ければ、徹底的に調べて『これでどうだ』と問うことも吝かでは無いのでしょうが。
ついでに写真も少しは見られるものになればいいなというスケベ心もあり、どちらも今三つくらいです。(^_^;)

> 気の利いたコメントが出来ず申し訳ありませんが、
> 非常に気になりますブログではあります。
> 今後ともよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 移動式舟番小屋は面白い発想ですねえ。多摩川あたりにもあったんでしょうか?

これこそが、多摩川にあったんです。「菅(すげ)の渡し場」にあった実物です。
多摩川は結構な荒れ川で、よく巨人軍の多摩川グランドが水没して、…などということがありました。多摩川は平時は川幅はそんなに広くはないので、船頭小屋も河川敷の皮とぎりぎりのところに置いたと思います。ところが水が出たら小屋もろとも流されて土左衛門になってしまうことまちがいなし。
ということで移動可能なものにしたのでしょう。

> 南部藩あたりの冬は相当に寒かったんでしょうに、暖房は囲炉裏くらいですか、火鉢などは無かったんでしょうか?

火鉢はあったんでしょうが、囲炉裏はたった一つだったようです。私が客として呼ばれたとしても、あまりの寒さに、一晩で理由をつけて退散してしまうかもしれません。

> 勝手で食事の用意にはそれなりに暖かかったかもしれませんが。

他の間よりはマシという程度だと思います。囲炉裏の他に竈もあったでしょうから熱源は二つですかね。いよいよ就寝ということになれば、囲炉裏にくべるような爆ぜる木は危ないから、熾火程度にするか、完全に消してしまうかで、本当に寒かったことだろうと思います。 <= 自信なし。

Re: 菅 
> 今日は。

ijinさん、こんばんは。

> 菅と聞いて。。川崎市多摩区菅稲田堤。以前は単に「菅」と呼んでいました。
>
> 叔母の嫁入り先です。
>
> 多摩川に近く、昔は湿地帯だったかと思われます。

そうでしたか。世の中広いようで狭いものですね。

> 家と言うより、物置小屋に見えますが、中は住いのようですね。

渡し船の待合所で、船頭の待機場所だったようです。
本当に狭い小屋ですが、囲炉裏があり、暖を取ると同時にお茶をのむくらいはできたようです。
船頭さんが菅にいるとき、対岸にお客さんが来た時は、どうしたんでしょうね。大声で呼んだのでしょうか?それとも太鼓のようなものがあったのでしょうか?

> 4人で担げば移動ができる。
> 貧しい農家や川で魚を採って暮していた人は、このような小屋に住んでいたのでしょうか。

掘っ建て小屋くらいはあったかもしれませんね。

> 旦那は既に逝き、叔母がアパート経営で、暮らしています。
> JRの稲田堤に近いから空き部屋はないと言っています。
>
> この辺り、昔からの人がまだ、多いようで、お寺は裕福。
> 檀家多い由。

いまは、結構なお金持ちの街なんですね。

> この辺りから移設保存されているのでしょうね。
>
> 今度叔母を訪ねたら話題にします。
> 保存園知っているかと。。

同じ市内ですから。喜んで引き取らせてもらったのではないかと思います。
結構、面白いものですから、人気があるんだと思います。
>
> 有り難うございました。

こちらこそ有難うございます。

PS.EOS M3がこの12月にでも発表されるかもしれないという噂があるようです。発売は年をまたぐようですが。そしたら、これを買い増して、あまりレンズ交換しないで済ませられるようにしたいと考えています。その時に望遠も買い増したいと考えています。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 菅の船頭小屋、面白いですね~~
> 流される前に運び出して守る。
> 面白いって言っちゃいけない、昔の人の知恵ですね^^

ちゃっちいものですが、水が出る度に作り直しももったいない話です。多摩川は普段はだだっ広い河川敷が広がっていますが、一度、大雨が続くと、河川敷が皮に早変わりしちゃいます。極めて危険な川になるのです。逃げるしか無いのです。
Re: タイトルなし 
masaさん、こんばんは。

> "船頭小屋"イイアイデアですね。
> 地震大国日本、仮設住宅の変わりに移動式住居。
> 将来建築に役立てられそうです。

うまく応用できるといいのですが、どうなんでしょうね。
このところ、地震も噴火も多いので、心配な状況ですね。
M3 
小型カメラが2台でレンズ交換がないなら、2台持ち歩いても苦になりませんね。貸して貰った望遠はカメラのセンサーの優れた性能の所為もあって、満足しました。

AzTakさんのご計画を伺って、私もM3の発売を待つつもりです。
私の場合は60Dで使っている、固定焦点50MMf1.4か60MMマクロf2.8を1台に着けて、、もう一台にズームが好いなと、撮らぬ狸の算段しています。
Re: M3 
ijinさん、こんばんは。

> 小型カメラが2台でレンズ交換がないなら、2台持ち歩いても苦になりませんね。貸して貰った望遠はカメラのセンサーの優れた性能の所為もあって、満足しました。

EF-Mの望遠はすぐれものでしたか。ますます欲しくなりました。メーカーの専用レンズに加えて、サードパーティーもこの分野にも入り込んでくることでしょうね。選択肢が広がるかもしれません。

> AzTakさんのご計画を伺って、私もM3の発売を待つつもりです。
> 私の場合は60Dで使っている、固定焦点50MMf1.4か60MMマクロf2.8を1台に着けて、、もう一台にズームが好いなと、撮らぬ狸の算段しています。

良いレンズをお持ちなんですね。単焦点レンズは解像力が抜群ですから。これを積極的に使わない手はありませんね。
私はごくオーソドックスに一台は広角系、一台は望遠系にしたいと思っています。船の上から艦船を撮るなどの状況の時、もたもたしていると、船が行き過ぎてしまうので、短い時間の内に全景を入れたり、アップで撮ったり。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR