散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の日本民家園(11)

『沖永良部の高倉』へ向かう道
少しずつ上っている。何の事はない切り通しだが、ちょっと雰囲気があって好きだ。
『沖永良部の高倉』へ向かう道

12.沖永良部の高倉(おきのえらぶのたかくら)
ネズミを寄せ付けないための仕掛けなど、スペインの巡礼路にあった穀物倉庫『オレオ』を思い出した。
『沖永良部の高倉』_1
『沖永良部の高倉』_2
川崎市重要歴史記念物
 旧所在地:鹿児島県大島郡和泊町
 建物区分:倉
 構造形式:寄棟造、茅葺、桁行2.7m、梁行2.5m
 建築年代:19世紀後期
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高倉といえば東大寺の正倉院校倉(あぜくら)が有名ですが、沖縄・奄美諸島、九州南端、八丈島など黒潮の流れに沿った地域には、柱の上に茅葺屋根をのせた高倉が分布しています。
珊瑚礁岩の礎石に立つ円柱は、イジュという毒性のある木を用い、頭部を鉄板巻きにして鼠などが登らないよう工夫をしています。中は穀物などの貯蔵庫として利用し、出入口には一木でつくった梯子をかけました。
倉下(くらんた)と呼ばれる床下は風が抜けるようになっており、内部の湿害を防いでいます。この場所は子どもの遊び場、休憩所、籾摺り場などにも活用されました。
なお、高倉手前にある石碑は「石敢当(いしがんとう)」といいます。沖縄から九州南部にみられ、邪気を払う神として道路の突き当りや門・橋など祭られます。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 ネズミ等の侵入を防ぐため、柱の頭部を鉄板で巻いています。
 倉の下は子どもの遊び場や休憩所になっていました。


六地蔵
六地蔵
日本では、地蔵菩薩の像を6体並べて祀った六地蔵像が各地で見られる。これは、仏教の六道輪廻の思想(全ての生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする)に基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものである。六地蔵の個々の名称については一定していない。地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の順に檀陀(だんだ)地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障(じょがいしょう)地蔵、日光地蔵と称する場合と、それぞれを金剛願地蔵、金剛宝地蔵、金剛悲地蔵、金剛幢地蔵、放光王地蔵、預天賀地蔵と称する場合が多いが、文献によっては以上のいずれとも異なる名称を挙げている物もある。像容は合掌のほか、蓮華、錫杖、香炉、幢、数珠、宝珠などを持物とするが、持物と呼称は必ずしも統一されていない。
日本では、六地蔵像は墓地の入口などにしばしば祀られている。中尊寺金色堂には、藤原清衡・基衡・秀衡の遺骸を納めた3つの仏壇のそれぞれに6体の地蔵像が安置されているが、各像の姿はほとんど同一である。


13.広瀬家住宅
前回は初めての訪問だったので、『土座』に驚いたのだが、さすがに2度めだったので、驚きはしなかった。
前回訪問時は『床上げ公開』をしていたが、『床が無くても床上げ公開とはこれ如何に』と思った。今回は、その『床上げ公開』もなかった。『床上げ公開』ボランティアの説明員の話では、意外に『居心地が良い』ということだったが、囲炉裏に火が入っていないと、どうにも寒々とした感じが拭えなかった。

外観
屋根の頂上はイワヒバを植えた「芝棟(しばむね)」になっている。決して雑草ではない。イワヒバは若干紅葉するようだが、紅葉しているか否かよくわからなかった。
芝棟以上に南側の軒が異様に低いのが印象的。風の強い山の斜面にあったためらしいが、腰をかがめないと入ることができないほどだ。

外観_0
外観_1
外観_2
外観_3
家屋内部
広瀬家の間取り
広瀬家間取り
『イドコ』
日常生活の中心の場。土座になっている。
『イドコ』
『ザシキ』『ナカナンド』
『ザシキ』は土座で、『ナカナンド』は板張り。板張りにしたのは、何か湿気てはいけないものを置いておいたりする理由からなのだろうか?
『ザシキ』『ナカナンド』
『ドジ』
かなり広い。何かここで作業をしていたりしたのだろうか。
『ドジ』
『ウマヤ』
『ウマヤ』_1
『ウマヤ』_2

神奈川県指定重要文化財
 旧所在地:山梨県甲州市塩山上萩原
 建物区分:農家
 構造形式:切妻造、茅葺、桁行14.5m、梁行8.9m
 建築年代:17世紀末期
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
芝棟と土座のある甲州民家
甲府盆地の民家は切妻造(きりづまづくり)の妻壁(つまかべ)に柱を見せ、屋根中央を「突き上げ二階」とする形式が知られています。この家も移築前はそのような姿でしたが、調査の結果、当初は二階がなかったことがわかりました。屋根裏を養蚕(ようさん)に利用しはじめたことにより、突き上げ二階としたのです。
構造は、内部の四本の太い柱を中心にして組み立てられています。これは「四つ建(よつだて)」と呼ばれるもので、甲州の古式な手法です。屋根の頂上はイワヒバを植えた「芝棟(しばむね)」になっています。内部には土間(どま)と並んでイドコと呼ばれるムシロ敷の居間があります。床板を張らないこのような床を「土座(どざ)」といい、ムシロの下は地面をつき固め、茅束(かやたば)が敷き詰められています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 風の強い山の斜面にあったため、軒が低くなっています。
 居間には床板を張らず、地面の上に茅束とむしろを敷いて暮らしていました。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「芝棟」とは茅葺屋根の棟仕舞の一種です。茅葺屋根は軒から上に(棟)に向かって葺きあげていきますが、葺き終わり(屋根の一番上)に、芝土をのせて、その重さで屋根を押さえると同時に棟からの雨漏りを防ぎます。芝土だけでは不十分と、乾燥に強く根張りのよい植物を植えて、補強することもあります。それが「芝棟」です。

Comments

 
居間が床張りで無い暮らしって想像もできませんが、
茅とムシロで温かかったかもしれませんね。
ねずみ防止の鉄板も興味深いです。
昨夜、夫が熱心に拝見しておりましたよ。
あぁ、これは、とか、なるほどなぁと言いながら、、。
良く撮って、また調べる人だね、って言ってました。
夫の分もありがとうございました。
AzTakさん 
こんにちは
3,40年前?、甲州で芝棟を見ました。
今もあるかどうか分りませんが、見かけたら撮りたいです。
この地方の農家では、床は張らなかったんですかね?

この芝とタブン同じ芝が家の庭の石に有ります。
苔むしています。
今晩は! 
古民家を良く見つけますが、何かで調べて行かれるのでしょうか?
私の近辺では古民家は全く見かけません。
何時もながらきめ細かくコメントを書かれていて驚いています。

何時もご訪問とコメントを頂き有り難う御座います!

こんにちは 
昔の農家の実情は、畳敷きではなく、ご座だったんでしょうね

畳敷きはの屋敷は、豪商か上流武士の館くらいだったんでしょうか

その時代と比べると、貧民の我が家でも畳が敷いてありますから贅沢な話ですね”笑”
こんばんは。 
沖永良部の高倉は、前回もすごく印象に残りました。窓でもあれば、キャンプサイトで一時流行ったマッシュルールロッジのようで、鼠でなくても絶対入りたくなりますね。お気に入りです。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 居間が床張りで無い暮らしって想像もできませんが、
> 茅とムシロで温かかったかもしれませんね。

一番思ったのは、履物を脱ぐときに床に腰掛けてという感じじゃなく、殆ど段差がないんです。
今風に言えば、バリアフリーなんでしょうが、どんな感じがするんでしょうね。
隙間風が入ることがなく快適なんだけど、虫が顔の上を這いずりまわる事があると説明していました。

> ねずみ防止の鉄板も興味深いです。

食料をネズミにやられたら、大変なことになったでしょうから、必死だったんでしょう。

> 昨夜、夫が熱心に拝見しておりましたよ。
> あぁ、これは、とか、なるほどなぁと言いながら、、。
> 良く撮って、また調べる人だね、って言ってました。
> 夫の分もありがとうございました。

私の趣味の世界に付きあわせてしまって、恐縮至極です。(^_^;)
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 3,40年前?、甲州で芝棟を見ました。
> 今もあるかどうか分りませんが、見かけたら撮りたいです。

この家屋のお仲間だったかもしれませんね。雨対策で一番大切な箇所に、よくぞこういう形式を適用しようと考えたものですねえ。案外、適した対策だったのかもしれませんね。

> この地方の農家では、床は張らなかったんですかね?

どうなんでしょうね。此処の民家園を見て回ると、土座があったり、竹簀子の床があったり、いろいろあるものですねえ。お金がないからそうしたというわけではなさそうで、…。

> この芝とタブン同じ芝が家の庭の石に有ります。
> 苔むしています。

それはいいですねえ。庭いじりや畑で野菜をつくるなんてことをしてみたいものです。すぐ、腰がいたいと悲鳴を上げるかもしれませんが。
Re: 今晩は! 
hiroさん、こんばんは。

> 古民家を良く見つけますが、何かで調べて行かれるのでしょうか?
> 私の近辺では古民家は全く見かけません。

首都圏では、『江戸東京たてもの園』とか『日本民家園』とかがまとまっていて、楽しめるようになっています。ちょっと趣が変わったところでは『三渓園』も。どこも写真撮影は基本的にOKで、楽しめると思います。
最近は地元自治体が散逸を防止することに躍起になっているようで、今後はまとまった施設は作りにくいのかもしれません。ということで、どこの自治体にも1戸だけの展示等があるようです。検索してみると、発見があるかもしれません。

> 何時もながらきめ細かくコメントを書かれていて驚いています。
>
> 何時もご訪問とコメントを頂き有り難う御座います!
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 昔の農家の実情は、畳敷きではなく、ご座だったんでしょうね

どうでしょうね。水がたまりやすいところとか、いろいろあったでしょうから、土座は限られた条件のところだけだったような気がします。あまり自信はありませんが。

> 畳敷きはの屋敷は、豪商か上流武士の館くらいだったんでしょうか

これはそうだったようですね。畳を敷き詰めるくらいのお金を持っていても、客間くらいしか畳敷きでない豪農や商家が多かったのでは。出すぎた真似をしない世の中だったのかもしれません。

> その時代と比べると、貧民の我が家でも畳が敷いてありますから贅沢な話ですね”笑”

豪華カメラ及び機材を所有している方が、貧民の訳はありません。
それはさておき、『出すぎた真似』と糾弾されることがなくなったので、本当に住みやすくなりましたね。日本人には畳の部屋が似合います。
と言いつつも、畳なしの部屋が増えているのもまた事実。ちょっと寂しい話ですねえ。『客は近くのホテルに案内して…』の時代ですから。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 沖永良部の高倉は、前回もすごく印象に残りました。窓でもあれば、キャンプサイトで一時流行ったマッシュルールロッジのようで、鼠でなくても絶対入りたくなりますね。お気に入りです。

江戸東京たてもの園にも同様なもので、『奄美の高倉』が展示されています。ほぼ同じものです。日本民家園にきて、これを見た時に既視感が。それもそのはず。沖永良部も奄美なんですから。
わたしは、恥ずかしながらこの高さでもあまり気分がよくありません。今の住まいでも、階下を覗いたりしないようにしています。
スペイン北部の『オレオ』という穀物倉庫があります。似ても似つかぬ形状ですが、やはりねずみ返しがある穀物倉庫なんです。ビスケットの名前じゃないんです。
 
こんばんは(^ー^)(゜∀゜ゞ)

高倉、よく考えられたつくりなんですね。まあるい柱になっていて、ネズミも登れそうにないですね。

そういえば高倉健さんが、亡くなられましたね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは(^ー^)(゜∀゜ゞ)

keikoさん、こんばんは。

> 高倉、よく考えられたつくりなんですね。まあるい柱になっていて、ネズミも登れそうにないですね。

スペインの『オレオ』という穀物倉庫は、柱が高いわけではなく、少しエラが張った状態で床板があるんです。重力に逆らって移動する訳にはいかないネズミが侵入できない仕掛けになっているんです。
対して、我が方は柱の方に工夫を。爪を立てられない鉄板を巻いたわけですね。
まあ、いろいろ工夫するものです。それと、高床にして湿気から穀物を守ったようです。

> そういえば高倉健さんが、亡くなられましたね。

高倉での連想ですか。健さんは、身体を鍛えていたんでしょうが、リンパ腫では相手が悪すぎました。合掌

Body

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR