散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の日本民家園(7)

7.江向家住宅(えむかいけじゅうたく)
今回も囲炉裏に火を入れての床上公開がなかった。前回はあったような気がしていたが、記憶違いだったようだ。少なくとも、もう1回は行かないと完全には見ることができなさそうだ。ということで、ちょっと覗くだけしかできなかった。
こちらも、国指定重要文化財。五箇山の庄川本流系の合掌造りだそうだ。他とどういう違いがあるのかは浅学な私にはわからない。ただただ立派な建物だと驚嘆しながら眺めるばかりだ。
この日本民家園では中心的な建物のようだ。見てきたばかりの佐々木家住宅が優雅な感じなのに対し、こちらはかなり雄々しい感じを受ける。『豪雪、かかってこいや!!』って挑発しているかのようだ。


正面からの様子
ここで初めて縞々の茅葺き屋根を見た。今まで見てきた茅葺き屋根はすべてスムーズに切り揃えてあって、こうした葺き方には本当に驚いた。男性的な感じがする。
正面からの様子_1
正面からの様子_2
正面からの様子_3
正面以外の外観
下部の茅が少し痛々しい感じになってきているなあ。そろそろ吹き替えがあるのだろうか。その際には見てみたいものだ。
正面以外の外観_1
正面以外の外観_2
正面以外の外観_3
前回撮影分から
正面以外の外観_4
建物の南側の軒下
正面以外の外観_5
屋内の様子
江向家の間取り
江向家の間取り
ウマヤ
ウマヤ
ミソベヤ
ミソベヤ
ニワ
中奥には炊事場。石の水舟がある立派なもの。左奥は紙漉きの設備。その手前は竈。一つしかなかったのだろうか?煮込みとか保温は囲炉裏に持って行って行ったのかもしれない。
ニワ_1
ニワ_2
紙漉きと竈
紙漉きと竈
オエとデイ
それぞれに囲炉裏がしつらえてあった。囲炉裏の上には火棚を吊って、防火と煙の拡散と乾燥などの役割を負わせたようだ。デイの梁を見ると、曲がった材木を苦もなく使いこなしていることがよく分かる。
オエとデイ_1
オエとデイ_2
機織り機
機織り機
ブツマ
床上げ公開をしていなかったので、手をいっぱいに伸ばして撮った。立派な仏間のように見える。
ブツマ_1
ブツマ_2

国指定重要文化財
 旧所在地:富山県南砺市上平細島
 建物区分:農家(組頭の家)、合掌造
 構造形式:切妻造、妻入、茅葺、一重三階、桁行19.6m、梁行8.5m
 建築年代:18世紀初期
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
田の字型の間取りを持つ合掌造りの家
富山県の五箇山地方は、岐阜県の白川地方とともに合掌造で知られています。しかし、それぞれ特徴があり、五箇山でも庄川本流と支流の利賀谷(とがだん)とでは違いが見られます。
この建物は庄川本流系で、「妻入」「正面に茅葺(かやぶき)の庇を付けた入母屋造風」「田の字型の四間取り」といった特徴を持っています。床上には、下手に囲炉裏(いろり)のあるデイとオエ、上手にオマエとヘヤが並んでいます。デイは接客用、オエは日常生活の場、ヘヤは寝室、オマエは正式な座敷です。このオマエは畳敷きで、浄土真宗が盛んな地域のためブツマ(仏間)が設けられています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 急勾配の大屋根は、手を合わせた形から合掌造と呼ばれます。2階3階は養蚕などに使われました。
 いろりの上の大きな棚は、火の粉が上がるのを防ぐとともに、濡れたものの乾燥などに使いました。

Comments

こんにちは 
葺き方でこんなに見た目が変わるのですね。
それしても茅葺屋根って分厚いですね~
作るの本当に大変そうです。
AzTakさん 
こんばんは
昔の家に囲炉裏は、煙が乾燥させたり虫除けになったりして、さらに藁縄などを締めて丈夫にしているようです。
少々の曲がりは苦もなく使いこなし、またそれが優雅さ?担っているように思います。
こんばんは。 
切妻の部分の萱を幾重にも巻き込んで見た目にもすごく重厚感があり、おっしゃるように男性的な力強さを感じます。おっ、カッコいいとまず言葉が出ますね。土地、風土に見合った茅葺家屋がごく少なくなっていくなかで、技術の伝播も失われて・・・足さず引かず、自然のものを再利用する知恵は、これからの社会がもっとも必要とする知恵かもと思いました。
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 葺き方でこんなに見た目が変わるのですね。

そうですね。次回いいくことがあり、その折に『床上げ公開』がなされていれば、ボランティアの人に何故、縞々の葺き方にしているのか確認してみたいと思います。

> それしても茅葺屋根って分厚いですね~
> 作るの本当に大変そうです。

そうですね。所有者は葺き替え費用が高く付くのが頭痛の種のようです。
葺き替えの職人はこの勾配が急なところでの作業なので、相当な大変さがあるのでしょうね。
高所恐怖症だし、巧緻性皆無だし、私には職人が務まりそうにありません。(^_^;)
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 昔の家に囲炉裏は、煙が乾燥させたり虫除けになったりして、さらに藁縄などを締めて丈夫にしているようです。
> 少々の曲がりは苦もなく使いこなし、またそれが優雅さ?になっているように思います。

そのようですね。
冬は暖かくてよかったでしょうが、夏は少々暑苦しくて閉口したかもしれませんね。夏だけは囲炉裏から少し離れた板の間でヒンヤリ感を楽しみながら過ごしていたかも。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 切妻の部分の萱を幾重にも巻き込んで見た目にもすごく重厚感があり、おっしゃるように男性的な力強さを感じます。おっ、カッコいいとまず言葉が出ますね。土地、風土に見合った茅葺家屋がごく少なくなっていくなかで、技術の伝播も失われて・・・足さず引かず、自然のものを再利用する知恵は、これからの社会がもっとも必要とする知恵かもと思いました。

茅葺屋根を残したいのはヤマヤマでも、維持費が高くついて、個人の努力では如何ともし難い段階に来てしまったようですね。地区総出で持ち回りで葺き替えを行っていた頃は良かったんでしょうね。
足さず引かず、自然のものを再利用する知恵、…本当に必要なんでしょうね。
 
確かに、たしかに『豪雪、かかってこいや!!』ですね。
いったい家一軒につきどのくらいの重さの茅が使われるのでしょうね。葺き替える度の費用も大変なことでしょうね。
そうそう、私もAzTakさんも高所恐怖症ですから、こんな作業の持ち回りを割り当てられたら逃げまくるしかないですね(笑)
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 確かに、たしかに『豪雪、かかってこいや!!』ですね。

(ΦωΦ)フフフ…、そんなふうに見えるから不思議ですね。

> いったい家一軒につきどのくらいの重さの茅が使われるのでしょうね。葺き替える度の費用も大変なことでしょうね。

合掌造りじゃありませんが、江戸東京博物館で聞いた時は2-300万円と言っていたような記憶が。尤も、近所総出だと、10分の1位の費用でできるんだと思います。その代わり、他家の時には手伝いに行く必要がありますが。

> そうそう、私もAzTakさんも高所恐怖症ですから、こんな作業の持ち回りを割り当てられたら逃げまくるしかないですね(笑)

毎度逃げまくる訳にはいかないでしょうから、死んだつもりで絶対に下を見ないで顔を水平に保ったまま、…。過度に緊張しまくりで、偏頭痛が起きることまちがいなしでしょうね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR