散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の日本民家園(5)

ここから信越ゾーン。次回から、国指定の重要文化財が登場するが、今回はその序章といった位置づけ。

水車小屋の前の道端にあった道祖神・庚申塔・馬頭観音(旧所在地は長野県南佐久郡佐久穂町)
道祖神
村の入口や道の辻などにまつり、悪いものが入ってくるのを防ぐ境界の神様。村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰されている。古い時代のものは男女一対を象徴するものになっている。而、この道祖神は一対になっているような痕跡はあるものの、それ以上ははっきりはわからない。
道祖神
庚申塔
60年に一度、夜通し行われる庚申講の記念として建てられることが多い。万延元(1860)年のものだそうだ。フットボールではなかったようだ。
庚申塔
馬頭観音
死んだ牛馬を供養するため、道端にたてられることが多い。風化していてはっきり見えないからそうは感じないかもしれないが、憤怒の形相はかなり怖く感じる。
馬頭観音

石塔の前辺りから、宿場ゾーンを見下ろす
正面入口からは船越の舞台に向かってほぼ上り道となる。最後まで休まずに歩くと、さすがに息が切れる。晩秋の景色というには少し早いかも。
石塔の前辺りから、宿場ゾーンを見下ろす

5.水車小屋
私の大好きな水車小屋。近くで見ると、観光用の偽物ではなく、立派な実用の水車だったことがわかる。
水車小屋_1
水車小屋_2
水車小屋_3
左から、粉挽き1・精米臼2・わら打ち1だそうだ。理工系の才能が欠落している私には歯車などを見てもよく理解できないが、粉挽き用の石臼は上部のみがゆっくり回転するのだろう。
その右側の搗き臼は、杵の方が上下するようだ。水車の軸に直結している『なで棒』を反時計回りに動かす。そして杵の方に有る『はご板』に接触し杵を押し上げる。もう少し軸の回転が進むと、羽子板との接触が外れ、その瞬間に杵が落ちて、下の臼にある米などを搗く仕掛けのようだ。動作させるときは杵を穴に通し、直立させて使うはずだ。
そして、杵に引っ掛けてあるのが『輪』だ。何をするかは下記URLを参照されたい。
自分で撮った写真だが、暗くて不鮮明。もう少し、綺麗に撮るようにしなくては。

水車小屋_4
水車小屋_5
参考までに昭和記念公園にあった水車を示す
『粉挽き用の石臼』は左端。かなり工夫した歯車の形状になっているようだ。使用しない時は、臼を左側にずらしているようだ。
右側の2つは『搗き臼』と思われる。『なで棒』や『はご板』、『輪』が確認いただけただろうか。こちらは、使用しない時は、杵を高い位置に上げ、『なで棒』と『はご板』とが接触しないようにしているようだ。

昭和記念公園にあった水車_1
昭和記念公園にあった水車_2

『搗き臼』を解説した頁にjump

平面図(手前から粉挽き1・精米臼2・わら打ち1)
平面図
断面図(歯車を用いた動力の伝わり方)
断面図
立面図(流水が水車の上にかかる上掛式)
立面図

川崎市重要歴史記念物
 旧所在地:長野県長野市大字上ケ屋
 建物区分:水車小屋
 構造形式:寄棟造・妻入り、茅葺、桁行4.5m、梁行4.2m
 建築年代:19世紀中期
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
19世紀の巧みな動力源
水車は使用目的によって二種類に分類できます。ひとつは灌漑(かんがい)などで水を上げるのにつかうもの、もうひとつは動力として用いるものです。
この水車は後者で、米つき、粉ひき、蕎打ちなどに利用していました。
水車を動力に用いる場合、水が車輪に掛かる高さによって上掛け式、胸掛け式、下掛け式に分けることができます。上掛け式と胸掛け式の場合は水をみちびく樋(とい)が必要になりますが、下掛け式の場合は水流に直接車輪をひたします。本園の水車は上掛け式で、車輪の直径は約3.6m。傷んだ場合に修理がしやすいよう車輪は建物本体から外せるようになっています。
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 粉挽き、米つき、わら打ちの3つの機能が備わっています。
 水車に水を導くための樋(とい)があります。

Comments

こんにちは。 
長野には男女が寄り添うような道祖神が多くありますね。
特に安曇野の近くに多いようです。
土壁の水車小屋いいですね~。水が流れていないのが残念です。
AzTakさん 
こんにちは
道祖神は、家の前の四つ角にもあります。
こちらには、安曇野が有名ですが、極近代に作られた観光用の物もありますよ。
ある町には、最も古いとされている道祖神もあります。
道祖神では有りませんが、鎮守の神様の境内にあった像が、何年か前に盗難に会いました。
ケシカランン者がおりますが、罰が当ったに違いありません。
水車も餓鬼の頃にはまだ現役で動いていましたよ。
 
こうした所で後世に残すものを保護するという事は
大変大事なことですね。
道祖神も水車小屋もそれぞれが保護されなければ
のちの人は知るひともいなくなってしまいますものね。
コトコトコットンに水車小屋は水をあげる役目もあったのですね。
水車に水を引く樋、、良い風景なんですよね。
川合玉堂の絵にあります。
美術館でみて良いなぁと思って絵葉書になった絵を買って
飾ってありますよ。
こんばんは 
行ける距離なのに民家園には入ったことがありませんが こうして拝見させていただきありがとうございます。
ここの勾配は結構急ですよね。
民家園の外側を歩いたことがありますがしんどかったです。
しかもベビーカー押しながらだったので結構足腰に負担がかかりました^^;
こんばんは。 
水車小屋のあの独特の響き、カタン、カタン、ギギギと周期的に響く音は現代では癒しの音楽にも似て。自然の力を生活に組み込んでいく人の知恵。そういえば、そういうモノ、ずいぶん失ってしまいましたよね。
こんばんは 
信越ゾーンがあるんですね^^
信州の水車小屋、風情がありますね~~
ここで、そば粉を挽いてそばを打つんでしょうか?
信州のそばは美味い!
 
AzTakさん、おはようございます♪

宿場ゾーンから先は結構高台にあったのですね。
坂を上られたとおっしゃっていたのが
4枚目のお写真でよくわかりました。
お写真、ススキも入っていて山里のようなよい雰囲気が感じられます^^
馬頭観音を見て、昔の時代に思いを馳せました。
馬子という職業もあったんですよね。
お馬さんたちは人々を助けてたくさん働いてくれたんですね♪
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 長野には男女が寄り添うような道祖神が多くありますね。
> 特に安曇野の近くに多いようです。

そうですね。信州は夫婦相和して事にあたる風土があるんでしょうか。
夫婦がてんでんばらばらに行動している我が夫婦も見習わなくてはいけないかもしれません。(^_^;)

> 土壁の水車小屋いいですね~。水が流れていないのが残念です。

そうですね。できれば、実際に粉を挽くとか玄米を搗くとかしているところがあると、尚更よろしですね。とはいうものの、水車のメンテナンスを行える人が居ないと無理なんでしょうかね。
個人的には、杉の葉を搗いて蚊取り線香の材料にする作業を見てみたいものだと思います。TV番組でちらと見たんですが、真剣に見だす前に終わってしまいました。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 道祖神は、家の前の四つ角にもあります。
> こちらには、安曇野が有名ですが、極近代に作られた観光用の物もありますよ。
> ある町には、最も古いとされている道祖神もあります。

どうも信州が突出して多そうですね。辰野の道祖神が古いと聞きましたが、何が理由で広がったんでしょうね。
新しいものがあってもおかしくはないですが、観光用まで出てきましたか。うーーん。

> 道祖神では有りませんが、鎮守の神様の境内にあった像が、何年か前に盗難に会いました。
> ケシカランン者がおりますが、罰が当ったに違いありません。

案外まだピンピンしていたりして。憎まれっ子、世に憚っているのかも。あまり怒ると、血圧が上がってしまいますから。

> 水車も餓鬼の頃にはまだ現役で動いていましたよ。

それは羨ましい。私のところは、近くには全くなくて、殆ど実際に使われている様子を見たことがないんです。大分以前過ぎて記憶にも残っていないくらいです。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> こうした所で後世に残すものを保護するという事は
> 大変大事なことですね。
> 道祖神も水車小屋もそれぞれが保護されなければ
> のちの人は知るひともいなくなってしまいますものね。

どちらも残してくれるとありがたいですね。川崎市立日本民家園では囲炉裏に火をくべて、茅葺屋根を保護するようなことは一生懸命やっていますが、水車はボランティアの人達だけでは難しいんでしょうかね。前回行った時は、水車そのものは回っていたのですが、粉挽きや米搗きなどは行っていませんでした。

> コトコトコットンに水車小屋は水をあげる役目もあったのですね。
> 水車に水を引く樋、、良い風景なんですよね。
> 川合玉堂の絵にあります。
> 美術館でみて良いなぁと思って絵葉書になった絵を買って
> 飾ってありますよ。

そういうものもあったようですね。なかなか維持管理が難しいでしょうね。
水揚げの他に、水車を使うものではありませんが、水を分けるという仕掛けもあるんですよね。
川崎市高津区久地に『久地円筒分水』なんてものがあります。いつか見に行きたいと思っていますが、見たら『ハイおしまい』なので、どうしようかと思っています。
水の扱いは、昔は大変な問題だったようです。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 行ける距離なのに民家園には入ったことがありませんが こうして拝見させていただきありがとうございます。
> ここの勾配は結構急ですよね。
> 民家園の外側を歩いたことがありますがしんどかったです。
> しかもベビーカー押しながらだったので結構足腰に負担がかかりました^^;

モカさんはお若いから、それほど大変ではないでしょうが、結構老人のお客様が多いんです。見る分には面白いけど、歩くのは大変だろうなと思いながら、彼らの奮闘ぶりを眺めています。…自分が老人じゃないような書き方になってしまいました。(^_^;)
でも、この辺はまだ楽勝。最後の『船越の舞台』への上り坂がかなりきついです。パスする人も少なくないのかもしれません。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 水車小屋のあの独特の響き、カタン、カタン、ギギギと周期的に響く音は現代では癒しの音楽にも似て。自然の力を生活に組み込んでいく人の知恵。そういえば、そういうモノ、ずいぶん失ってしまいましたよね。

今回は水そのものを止めていたようで、残念ながら静寂の世界でした。カタン、カタン、ギギギと周期的に響く音があればよかったのですが、相当長期間、本来の使い方をしたところを見ていません。音すら忘れてしまいました。
もしかしたら、ボケが始まってしまったかも。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 信越ゾーンがあるんですね^^

そうなんです。『越』が入っているんです。越前、越中、越後、全てをひとまとめにできちゃう便利な呼び方なんですね。

> 信州の水車小屋、風情がありますね~~
> ここで、そば粉を挽いてそばを打つんでしょうか?
> 信州のそばは美味い!

昔は当然そういうことをやっていたんだと思います。石臼で挽くのが一番とよく言いますが、水車でもなければ、人間が日がな一日やっていたら、すぐにバテてしまうことでしょうね。水車があってよかったんでしょう。

そうですね。粉の美味しさに加えて、水も空気も調理する人の腕も。何拍子もそろっているんですから。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、おはようございます♪

Mikaさん、こんばんは。

> 宿場ゾーンから先は結構高台にあったのですね。
> 坂を上られたとおっしゃっていたのが
> 4枚目のお写真でよくわかりました。

まだ、この辺はエネルギーが有り余っているから楽勝です。ずっとほぼ上りで、最後が長く急な坂です。最後はハアハア言ってしまいました。

> お写真、ススキも入っていて山里のようなよい雰囲気が感じられます^^

此処は生田緑地の一部で、かなり緑が多いというか、山里そのものです。

> 馬頭観音を見て、昔の時代に思いを馳せました。
> 馬子という職業もあったんですよね。

そうですね。お金にはならなかったでしょうが、生きるのが楽しい時代だったかも。
仕事の相棒だった大事な馬さんが亡くなれば、供養したくなるのが人情だったかもしれません。

> お馬さんたちは人々を助けてたくさん働いてくれたんですね♪

そう思います。いまはカナダで新天地を見つけていたりして。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
水車の縦の回転運動を横の回転運動に
更に上下の運動に変える歯車を考えた人はすごいと思いますね。
横の回転運動で粉を挽き、上下運動で精米臼やわら打ちが出来る!
更に歯車の大きさで回転数を変えることもできる・・・凄いな~♪
考えた人は天才だ~♪
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 水車の縦の回転運動を横の回転運動に
> 更に上下の運動に変える歯車を考えた人はすごいと思いますね。
> 横の回転運動で粉を挽き、上下運動で精米臼やわら打ちが出来る!
> 更に歯車の大きさで回転数を変えることもできる・・・凄いな~♪
> 考えた人は天才だ~♪

makiraさんのように才能のある人が、携わって考えだしたのかもしれませんね。
しかし、メディアなどの利用が期待できない時代に、よくぞこういうものが伝播していったものだと思います。
最初は、もったいぶった職人さんが高い金で作っていったんでしょうかね。後でそれを見た器用な人達が、『何だこんなもの。俺達だってできるぞ』とばかりに見よう見まねでコツを習得し、爆発的に広がっていったんでしょうかね。
昔から、日本人は器用で、工夫好きだったんですね。私には、全くその才能がありませんが。(´Д⊂グスン

Body

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR