散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋の日本民家園(2)

1.鈴木家住宅
前回本年6月に行った時には、耐震工事中で見ることができなかった我が故郷福島県の旅籠で馬宿でもあった建物。今回は何とか見ることができた。でもフルオープンの状態ではない。早く耐震工事を終了させ、もう少し往時の様子を想像できるくらいにしてほしいものだ。
福島市松川町というと松川事件の起きたところだが、それよりずっと昔の建物で使われたのもずっと前だろう。白河に向かって松川に泊まるということは、明らかに他県からの客だったのだろう。馬喰や馬方や馬が泊まる商いが成立するくらいに、白河で行われる競りは規模が大きかったのか。知らなかった。
脇道に逸れるが、スペインの巡礼路でも、馬に乗ってサンチャゴ・デ・コンポステラを目指す人がいる。そこには、馬を受け入れる宿が同様に有るんだろう。ペットの同伴などという生易しいものではないので、自ずと泊まる宿は限定されるのだろうが。

鈴木家住宅_1
鈴木家住宅_2
正面の板戸は上に収納する揚戸になっているのか。上の収納する仕掛けには気づかなかった。このままでは寒そうだと思っただけだった。(^_^;)
鈴木家住宅_3
揚戸イラスト
ここに馬が最大14頭繋がれていたのか。かなりうるさかったのではなかろうか?
鈴木家住宅_4
入口は引き戸ではなく内側に片側が開く開き戸だったのか。最初から開いていたので、全く気づかなかった。馬さんも出入りするのだから、引き戸では幅が狭すぎたのだろう。ナルホド
鈴木家住宅_5
鈴木家住宅_6
紅葉はまだまだ先のようだ
鈴木家住宅_7
鈴木家住宅_8
鈴木家住宅_9
鈴木家住宅_10
鈴木家住宅_11
神奈川県指定重要文化財
 旧所在地:福島県福島市松川町本町
 建物区分:旅籠(馬宿)
 構造形式:前部=寄棟造、茅葺、桁行 10.6m、梁行 6.9m/後部=入母屋造、茅葺、桁行10.4m、梁行5.2m
 建築年代:19世紀初期
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
奥州街道の馬宿
この建物は、奥州街道の宿駅、八丁目宿の旅籠(はたご=宿屋)でした。南部駒(なんぶごま)を白河(福島県)方面の競り市(せりいち)に出す馬喰(ばくろう=馬商人)や、馬を世話する馬方(うまかた)を泊めた馬宿(うまやど)で、馬は土間(どま)に、馬方は中二階に、馬喰や武士は一階の座敷に宿泊しました。
街道に面した前部は、中二階造として旅籠の営業に当てています。揚戸(あげど)、格子窓(こうしまど)、日除けの板暖簾(いたのれん)、深い軒(のき)の出など、宿場の民家の特徴が良く現れています。後部は通り(とおり)土間に沿って奥に長くのび、左手に家族の生活の場であるチャノマ、カッテ、ニワ、右手に馬をつなぎとめておくマヤが並んでいます。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
 土間のマヤには14頭の馬をつなぐことができました。
 狭い間口を活かすため、入口は引き戸ではなく開き戸に、正面の板戸は上に収納する揚戸になっています。


2.井岡家住宅
間口は狭いが奥に長く続く構造だったようだ。その一部を移設したと前回説明を受けた。そのとき、屋根も素晴らしいと聞いたのだった。今回は説明担当のボランティアの人がいなくて、単に見ただけ。
前回撮影分から3ショット
井岡家住宅_前回撮影分_1
井岡家住宅_前回撮影分_2
井岡家住宅_前回撮影分_3
井岡家住宅_1
井岡家住宅_2
井岡家住宅_3
荒神(火の神)を祭るという大かまど。物凄く貫禄がある。正月の餅つきのとき以外は使わなかったとはもったいない話だ。
井岡家住宅_4
贅沢な瓦なのだが、うまく撮れなかった
井岡家住宅_5
前回撮影分から。屋根は桟瓦で、一部に本瓦を使っている。左右の棟に2列ずつと、中央に4列だ。本瓦葺きは寺院などで見られるようだ。川崎市の解説では桟瓦葺きとなっている。
井岡家住宅_前回撮影分_4
神奈川県指定重要文化財
 旧所在地:奈良県奈良市高畑町
 建物区分:商家
 構造形式:切妻造、桟瓦葺、一重、一部二階、桁行7.9m、梁行12.7m
 建築年代:17世紀末期~18世紀初期
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
狭い間口を活かした奈良の商家
この建物は奈良の柳生街道(やぎゅうかいどう)に面した商家でした。古くは油屋を営み、のちに線香屋としてその製造販売を行っていました。
外観は正面に庇(ひさし)を設け、吊上げ式の大戸(おおど)、格子(こうし)、揚見世(あげみせ)を備えており、商家の面影を伝えています。また、柱などを塗り込んだ外壁や、瓦葺(かわらぶき)屋根は、防災を考慮した町屋(まちや)の特徴をよく現しています。内部は一方を通り土間(とおりどま)とし、居室部は土間に沿って縦一列に三室を並べ、「つし」と呼ばれる中二階(物置)を設けています。正面左側のミセは商いの場で、右側のシモミセは品物の取引に、折りたたみ式の揚見世は品物の陳列に使われました。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
見どころポイント!
この家は囲炉裏がなく、かまどで生活をしていました。なお、中央の大かまどは荒神(火の神)を祭るもので、正月の餅つきのとき以外は使いません。
敷鴨居(しきがもい)の溝には、開閉に必要な分だけを彫る「突き止め」という古い手法が用いられています。

Comments

 
詳しい解説に見どころポイントがついて良いですね。
行った時にとても参考になる記事になっていると
思いました。
しっかし、良く考えられていますね。
素晴らしい建築で移築されるだけのことはありますね。
荒神さま、あまりに素晴らしくて見入ってしまいました。
こんにちは 
何度も足を運ばれているのですね。
さすがAzTakさんですね!
私もこの緑地には今月頭に行きましたよ^^
こんにちは。 
人馬一体と言いますが、まさに家の中で一緒に暮らして。家族同様大切な動物だったのですね。揚戸というのは知りませんでした。間口を広くするために袋戸棚を作らない工夫なんですね。見たいです。
AzTakさん 
こんばんは
地方、地方によって、また、いろいろな商いによって、造りが面白いですね。
こちらでも、昭和30年代半ば頃までは博労がいました。
もちろん今は牛も馬もいませんが、なにか、とても懐かしいですねえ。
年のせいかなあ。
こんばんは 
わらぶき屋根の家、助手が大好きなんですよね^^
かまども大好きだそうです^^
かまどで炊いたご飯、美味しいでしょうね~~~
今となっては中々食べられませんよね。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 詳しい解説に見どころポイントがついて良いですね。
> 行った時にとても参考になる記事になっていると
> 思いました。

知りたがりなので、どうしても知りたい。それが頭から離れないようです。
そういう写真の撮り方があっても構わないかなと思っています。但し、もう少しうまくならないと、…。いつも思っているのですが、思うに任せません。

> しっかし、良く考えられていますね。
> 素晴らしい建築で移築されるだけのことはありますね。

建築はその人の一世一代の大仕事です。あれやこれや考えぬいて施主が注文を出しただろうし、受ける大工の棟梁も、負けてなるものかと執念を燃やしたんでしょうね。両者が相俟って、後世に残るような家屋が出来上がったのでしょう。

> 荒神さま、あまりに素晴らしくて見入ってしまいました。

凄いものですよね。
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 何度も足を運ばれているのですね。
> さすがAzTakさんですね!

いえ、今度は2回めです。あと1-2回は行きたいなと思っています。数棟の囲炉裏に火を入れ、その折にあがって自由に見学することができる床上げ公開があるんです。それがないと、自由に内部に入るわけには行かないんです。なので、少し間隔を開けて再訪するつもりでいます。

> 私もこの緑地には今月頭に行きましたよ^^

まだ、紅葉な早かったかもしれませんね。昨夜の冷え込みで、一気に紅葉が進んだような気がしますが、どうでしょうね。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 人馬一体と言いますが、まさに家の中で一緒に暮らして。家族同様大切な動物だったのですね。揚戸というのは知りませんでした。間口を広くするために袋戸棚を作らない工夫なんですね。見たいです。

競りに出すための馬ですから、粗末にはできなかったのでしょうね。それで開き戸にしたようです。
そんなこんなで、出入口を狭くするわけにはいかず、煽りでミセがギリギリの幅になってしまった。そうなると、通りに面した戸をどうやって収納するかが問題だったんでしょうね。簡単の思いつくのは、蔀戸でしょうが、それだと往来を行く人の邪魔になってしまう。
揚戸は随分考えられた代物だったんでしょうね。
私もしっかり見てくるんでした。まだ、耐震工事継続中なので、もう少ししたら、ちゃんと見てきたいと思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 地方、地方によって、また、いろいろな商いによって、造りが面白いですね。

そうですね。必要に応じてカスタマイズしたようです。

> こちらでも、昭和30年代半ば頃までは博労がいました。
> もちろん今は牛も馬もいませんが、なにか、とても懐かしいですねえ。
> 年のせいかなあ。

東京には馬喰町などという地名が残っていたりしますが、おそらく町内には馬が1頭もいることはないんでしょうね。何かでイメージしてもらうしかないようです。民家園もイメージ形成には役立つかもしれませんね。
私のところは半農半漁の地区で、馬は農耕馬がいましたね。私は物好きで、馬を見たくて大した用事もないのに親戚の農家に行っていました。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> わらぶき屋根の家、助手が大好きなんですよね^^

そうですか。私も大好きだったようで、父の実家に行くと、囲炉裏に一丁前に陣取り、いつまでも粘った困った餓鬼だったようです。

> かまども大好きだそうです^^
> かまどで炊いたご飯、美味しいでしょうね~~~
> 今となっては中々食べられませんよね。

竈と羽釜とがあれば、そんなものがなくても、土鍋があれば、ガスコンロの上でできますよ。竈の飯炊きは、子供の頃の私の担当でしたから。多分、だれでもできるものだと思います。
そして炊き上がったご飯をお櫃で保管し、基本的に1食分を食べきる。面倒でも、その都度炊く。それが一番でしょう。昼だけは、おにぎりなどにする関係で、朝に炊いたご飯を使うことも有るでしょうが。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
南部駒をはじめ陸奥の馬は貴重なもので、
白川で大きな競りが行われ賑ったのでしょうね!
白川から南に40~50Km位(?)の松川は郡大和の中間地点で
買い求めた馬と一緒に泊まった馬宿だったのでしょうね!
何しろ大事な馬ですから、同じ屋根の下に繋いだのでしょう。
井岡家は商売が「油」だから、火の用心で囲炉裏が無かったのかも?
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 南部駒をはじめ陸奥の馬は貴重なもので、
> 白河で大きな競りが行われ賑ったのでしょうね!

そうだったようですね。福島から高校進学と同時に出たので、そんな事情を恥ずかしながら知りませんでした。(^_^;)

> 白河から南に40~50Km位(?)の松川は郡山との中間地点で

ここだけは明らかに違います。福島市は山形県や宮城県からの道が合流して東京へと向かう福島県の北の端の都市です。対して、白河は白河の関があった松平定信の城下町で、福島県の南の端の都市です。その中間に郡山市があります。
福島市松川と白河市までは約80km。東北高速道でほぼ行けてしまうので、自動車の所要時間は約1時間。当時は歩いて行ったことでしょうから、どんな健脚でも、松川から更に1泊が必要だったのではないかと思います。
福島県は、岩手県に次いで、面積がある県なんです。

> 買い求めた馬と一緒に泊まった馬宿だったのでしょうね!
> 何しろ大事な馬ですから、同じ屋根の下に繋いだのでしょう。

そうなんでしょうね。馬は土間に、馬方は中二階に、馬喰や武士は一階の座敷に宿泊したようです。馬と直接接する部屋には宿の者が寝て、客には安心して寝ることができるように気配りをしたのかもしれません。

> 井岡家は商売が「油」だから、火の用心で囲炉裏が無かったのかも?

言われて初めて気がつきました。火気厳禁の商売だったんですもんね。ナルホド

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR