散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー(4)

徳川家墓所(2)
現在の徳川家墓所(2)
現在の徳川家墓所の宝塔の位置図
6代家宣夫妻(文昭院・天英院)
青銅製
6代家宣夫妻(文昭院・天英院)_1
6代家宣夫妻(文昭院・天英院)_2
6代家宣夫妻(文昭院・天英院)_3
パネル写真から
パネル写真から_6_1
パネル写真から_6_2
パネル写真から_6_3
7代家継(有章院)
石塔。家継は夭折したため、正室はいない。婚約者は八十宮吉子内親王だった。
7代家継(有章院)_1
7代家継(有章院)_2
パネル写真から
パネル写真から_7

吉宗が御霊屋建立禁止令を出した。このことにより、以降大規模な霊廟は建築されず、寛永寺か増上寺のいずれかの霊廟に合祀し、宝塔か霊牌所が建立された。ということで、以下の将軍は、独自の霊廟を持たない。

9代家重(惇徳院)
石塔。家重の正室であった増子女王は家重の将軍就任前に薨じたため、御台所とは称されていないそうで、寛永寺に葬られているとのことだ。
9代家重(惇徳院)_1
9代家重(惇徳院)_2
12代家慶(慎徳院)
石塔。家慶の正室喬子女王は寛永寺に葬られているとのことだ。
12代家慶(慎徳院)_1
12代家慶(慎徳院)_2

14代家茂(昭徳院)
石塔
14代家茂(昭徳院)_1
14代家茂(昭徳院)_2
家茂夫人和宮(静寛院)
青銅製。彼女だけは特別扱いなんだなあ。皇室に敬意を表したということなのだろうか。11代家斉の正室・広大院、13代家定の最初の正室・天親院などは、合祀塔に入っている。それからすれば、破格の扱いだ。
家茂夫人和宮(静寛院)_1
家茂夫人和宮(静寛院)_2

合祀塔
石塔。家宣の父・綱重(清揚院)、5代綱吉の生母・桂昌院、11代家斉の正室・広大院、13代家定の最初の正室・天親院、家宣の側室・月光院、家斉の側室・契真院、家慶の側室である見光院・殊妙院。
その他計35名の将軍家ゆかりの子女が合祀されている。合祀以前はそれぞれ宝塔・墓が独立していた。現在の合祀塔は、もとは月光院に在った。

合祀塔_1
合祀塔_2

Comments

 
皇女和宮、、、本があるのです。
もう一度読み直してみようとおもったりしました。
こうして拝見していると東京タワーになんども行ってるのに
増上寺に行かなかった自分が恥ずかしくなりますね。
ところで明日あさってと防衛大の行事ですね。
棒倒しがみたいのですが、完全雨の予報です。
行かれますか?
AzTakさん 
こんにちは
皇女和宮、江戸へ下る時中仙道を通って諏訪を通った時には、カナリ難儀したようで寸ね。
そのせいか、親しみをお覚えます。

さすが立派なお墓、庶民には想像もつかない。
こんばんは。 
さきほど夕日を見て帰ってきたらもう真っ暗。日ごとに暮れるのが早くなって、これから年末まで何かとせわしい気分になりますね。と、たそがれ気分で拝見すると、今日はまた墓標オンリーの地味色で(笑)。AzTakさん、相当マニアック色出てます(笑)。僕にはそっちの方が面白かったです。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 皇女和宮、、、本があるのです。
> もう一度読み直してみようとおもったりしました。

14代将軍の家茂は、和宮に尽くせる限りの誠意を尽くして、接したようです。
それまでの将軍のように、偉そうに構えてなんかいられない状況があったのでしょう。普通そんな状況に追い込まれると、DVに走ったりする亭主も多い中、大事に扱ったようです。
それがわかったのでしょうか。非常に円満な夫婦関係だったようです。
と、講談師のようなことを無責任に言っています。(^_^;)

> こうして拝見していると東京タワーになんども行ってるのに
> 増上寺に行かなかった自分が恥ずかしくなりますね。

今年は、週末が墓所の公開日なのですが、どちらかというと、天井絵の公開日(4月、10月)などに狙いを定めてお出かけになったら如何でしょうか。facebookで調べることができると思います。
本当は三解脱門の特別公開にも行きたいのですが、過去一度だけしか行ったことがないそうで、次が何時なのかよくわかりません。

> ところで明日あさってと防衛大の行事ですね。
> 棒倒しがみたいのですが、完全雨の予報です。
> 行かれますか?

明日はまだ日中は曇りのようですね。明後日は完全に雨のようですね。
母も私も、甥(母には孫)の結婚式と披露宴とに参加する予定で、残念ながらパスせざるを得ません。防大生が駅頭でチラシを配っていましたね。
実は私の父も防大に関与していた時期がありまして、その頃はよく防大に行きました。棒倒しも見ました。学生は破けても構わない着古したシャツを捨てずにとっておき、それを着用して、更にメガネなどは外して、合戦に臨むようです。予定通り、シャツはビリビリに破けた様です。
危険だからということで、その種の競技は避ける傾向にありますが、こと防大においては、今でも名物行事として続けられているようです。学生も楽しみにしているようです。
もし棒倒しが見られたら、ついでに写真も撮って見せていただきたいものです。ボーっとしてみていると、撮る前に棒が倒れてしまうかも知れません。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 皇女和宮、江戸へ下る時中仙道を通って諏訪を通った時には、カナリ難儀したようで寸ね。
> そのせいか、親しみをお覚えます。

内田康夫の『皇女の霊柩』などでも触れていますよね。どんな筋だったか完全に忘れてしまいましたが。この期と物忘れがひどくて。

> さすが立派なお墓、庶民には想像もつかない。

昔は土葬だったようです。改装するにあたって、調査を行い、その後桐ケ谷で荼毘にふして、遺骨を埋葬したようです。そして、昔の霊廟1つ分にも満たない狭小なスペースに6代の将軍ほかが押し込められています。『こんなものでいいの』と思うくらいですよ。勿論我々の墓に比べれば立派なお墓ですが、宝塔だけじゃそんなに驚くほどのものではないと思います。
やはり霊廟がないと。
次回くどいようですが、殆どパブリックドメインの写真などで、霊廟を見てみたいと考えています。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> さきほど夕日を見て帰ってきたらもう真っ暗。日ごとに暮れるのが早くなって、これから年末まで何かとせわしい気分になりますね。と、たそがれ気分で拝見すると、今日はまた墓標オンリーの地味色で(笑)。AzTakさん、相当マニアック色出てます(笑)。僕にはそっちの方が面白かったです。

すみません。予想通り、大不評でした。そうだろうなと思っていましたが大当たり。(´Д⊂グスン
でも見に行った2番めの理由でしたから、私としては、忘れない内に記録しておきたかったんです。
仲良く夫婦で入っている将軍もいれば、そうでない将軍も。その辺は下々の者と大差ありませんね。
次回は、霊廟を取り上げたいと考えています。戦災で焼けていなければ、世界遺産クラスでしょう。実にもったいないことでした。
北廟~増上寺~南廟~方丈~周辺の子院まで回ると、足が痛くなるほどです。特に秀忠の霊廟はバカでかかったようです。惣門以外は品の良い公園のようになっていて、術に気持ちのよい空間でした。ヴェルニー公園のバラに比べて、株数は少ないのですが、何ときれいなことか。相当な手入れぶりでした。
こんばんは 
さすが、徳川家のお墓、立派なお墓の数々ですね~
勉強不足で6代や9代の将軍様は知らないのですが
和宮様は知っていますよ^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> さすが、徳川家のお墓、立派なお墓の数々ですね~
> 勉強不足で6代や9代の将軍様は知らないのですが
> 和宮様は知っていますよ^^

立派なお墓とも言えるでしょうし、時の大権力者で、我々などは顔を見ることさえ許されなかった存在なのに、そんな下々の輩が敬う気持ちも無しにやってきて、散々毒づいて帰っていく。墓の下から人の世の無常を感じるか、見方次第でしょうね。
次回取り上げる霊廟の大きさからすれば、本当に狭小なスペースに押し込められていることは事実です。実際に霊廟のあったところの周囲を歩いてみると、足が痛くなるくらい広いんです。ちょっと気の毒に思えたのは事実です。

和宮様は政略結婚の最たるものでしたが、それでも、14代将軍家茂と仲良くくらせて、幸せな人生だったのではないかと思います。
おはようございます 
立派な建物ばかりですね!
でも昔のお写真を拝見するともっと立派な装飾が施されているようで 存在感が凄いのでしょうね。
Re: おはようございます 
モカさん、こんばんは。

> 立派な建物ばかりですね!
> でも昔のお写真を拝見するともっと立派な装飾が施されているようで 存在感が凄いのでしょうね。

この回の写真はパネルを写したものです。次回(すでに公開済み)の方にある霊廟の写真はパブリックドメインの写真です。昔のカメラも凄いです。勿論、被写体の豪華さ、壮麗さは目を瞠るばかりです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR