散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー(3)

水盤舎 【港区指定文化財】
もと徳川綱重(徳川家光三男・清揚院)の霊廟にあったもので、戦災を免れたものを現在の増上寺境内に移築。お参りする前に手を洗う場所。増上寺の裏手にあった清揚院霊廟そのものは、明治期に解体された。
水盤舎_1
水盤舎_2

大梵鐘
除夜の鐘のTV中継で撞かれる梵鐘だ。戦後再建された鐘楼堂は別として、大梵鐘の方は何らかの文化財には指定されているだろうと思っていたのだが、指定を受けていないようだ。そのことに驚いた。大梵鐘は、延宝元年(1673年)にあまりの大きさに七回の鋳造を経て完成し(東日本で最大級といわれている)、江戸三大名鐘の一つに数えられているもの。
4代将軍徳川家綱の命で造られた梵鐘で、その音は遠くは木更津(千葉県)、熊谷(埼玉県)まで響いたとか。高さは1丈(約3m)、重さは4000貫(約15t)!!
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
朝と夕べ、六度ずつ響くその鐘の音は、時を告げるだけではなく、人を惑わす百八の煩悩を浄化し、人々の心を深い安らぎへと導く六度の誘いでもあります。江戸時代の川柳に読まれた鐘の音は、遠く木更津や熊谷までも響いたとされています。「西国の果てまで響き芝の鐘」の川柳は、周辺に有馬家や島津家など西国の大名屋敷があったため詠まれたといわれています。

大梵鐘_1
大梵鐘_2

徳川家墓所(1)
戦災にて焼失した旧徳川家霊廟は、現在の大殿南北(左右)に建ち並ぶ壮麗なものであった。それは消失前の写真、焼損せずに残ったいくつかの建物などから、明らかなことだ。昭和33年夏、文化財保護委員会が中心となって、発掘された土葬の遺体は、綿密な調査が行われた後、東京・桐ヶ谷にて荼毘にふされ、現在の墓所に改葬された。
現在の墓所の正面右側には、2代秀忠公の宝塔がある。焼失前の宝塔は霊廟室内に祀られ、大変大きなものだった。しかし、他の将軍のそれとは異なり、極めて豪華ではあったものの木造であったため、戦災で焼失した。現在は内室崇源院の石造宝塔に合祀されている。

墓所の位置図

現在の徳川家墓所(1)
現在の徳川家墓所の宝塔の位置図
徳川将軍家墓所鋳抜門
現在も残る鋳抜門は、文昭院殿霊廟(六代将軍徳川家宣公)の宝塔前『中門』だったもの。左右5つずつの葵紋、昇り龍・下り龍が鋳抜されているのが特徴。
徳川将軍家墓所鋳抜門_1
徳川将軍家墓所鋳抜門_2
徳川将軍家墓所鋳抜門_3
徳川将軍家墓所鋳抜門_4
徳川将軍家墓所鋳抜門_5
2代将軍秀忠夫妻(台徳院・崇源院)
台徳院宝塔は前述のとおり戦災で焼失したため、崇源院宝塔(石塔)に合祀されている。まさか、こんなふうに扱われ、下々の者から写真に撮られるとは、本人も予想だにしなかったことだろう。
2代将軍秀忠夫妻_1
2代将軍秀忠夫妻_2
2代将軍秀忠夫妻_3
パネル写真から
パネル写真から_1
パネル写真から_2

Comments

 
これが大晦日に聞く鐘なのですね。
初めて知りました。
TVを見終わって除夜の鐘を聞きながらお風呂にはいってるものですから(笑)
鋳抜門の龍も素晴らしいですね。
今度東京タワーに行ったら絶対に見に行ってみます。
いつも為になる情報をありがとうございます。
AzTakさん 
こんにちは
お江の方、茶々、徳川家、豊臣家供に信長の血を引きたかったのだろうか?
信長は両家に取って憧れだったのかもしれません。
勝手な思い込みですが。
それにしても立派な鋳抜門ですね。
 
波乱のお江も秀忠と寄り添って祀られて、霊廟の資料写真を見ても立派なものですねえ。徳川将軍家の御廟は寛永寺も良く知られていますが、菩提を祀るにあたって両寺の間でいろいろあったようですね。歴史にはあまり出ないことですが、代々将軍の墓所をどこにするかと言うのは当事者には大問題だったのでしょう。
こんばんは 
でっかい鐘楼ですね!
除夜の鐘がつかれるんですか~~
お江や秀忠、僕の大好きな戦国時代に
思いをはせてしまいます^^
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、おはようございます。

> これが大晦日に聞く鐘なのですね。
> 初めて知りました。
> TVを見終わって除夜の鐘を聞きながらお風呂にはいってるものですから(笑)

最近は、私も久しく除夜の鐘の中継を見ていないので、この鉦が絶対中継されているか否かは自信なしですが、…。(^_^;)

> 鋳抜門の龍も素晴らしいですね。

文昭院殿霊廟(六代将軍徳川家宣公)の宝塔前『中門』だったものだそうです。白っぽくなっている箇所がありますが、もしかして、これは霊廟が焼失した時に激しく炙られた名残なのかなと思いました。こちらも勝手な思い込みですが。(^_^;)

> 今度東京タワーに行ったら絶対に見に行ってみます。
> いつも為になる情報をありがとうございます。

ためになるかどうかは自信なしですが、是非お出かけください。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、おはようございます。

> お江の方、茶々、徳川家、豊臣家供に信長の血を引きたかったのだろうか?
> 信長は両家に取って憧れだったのかもしれません。
> 勝手な思い込みですが。

三姉妹は当時の美女三姉妹だったこともあるだろうし、育ちの良さを感じさせるものなどがあっただろうし、おっしゃられる通り、織田の血を引くという事もあったのでしょうね。

> それにしても立派な鋳抜門ですね。

鉄は結構燃えてしまうと聞きましたが、青銅の方はどうだったのか。よくぞ焼け落ちずに持ちこたえたものですね。
かなり近くで目を凝らさないと、デザイン等がよく見えない感じなんですが、立派なもんであるように見えました。
Re: タイトルなし 
HARUさん、おはようございます。

> 波乱のお江も秀忠と寄り添って祀られて、霊廟の資料写真を見ても立派なものですねえ。徳川将軍家の御廟は寛永寺も良く知られていますが、菩提を祀るにあたって両寺の間でいろいろあったようですね。歴史にはあまり出ないことですが、代々将軍の墓所をどこにするかと言うのは当事者には大問題だったのでしょう。

寛永寺と増上寺とでつばぜり合いは、ずっと続いたようですね。まあ、徳川家らしく、どちらにも偏らずにしたようですね。その決定の過程は、大変なことだったと思います。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。

> でっかい鐘楼ですね!
> 除夜の鐘がつかれるんですか~~

我が家にも除夜の鐘が何処かから聞こえてきます。もしかしたら増上寺の梵鐘だったりするのかもしれません。

> お江や秀忠、僕の大好きな戦国時代に
> 思いをはせてしまいます^^

そうですか。秀忠も相当に戦って、身体にはかなりに傷跡が残っていたようです。浅井三姉妹は憧れの人だったのでしょうか。随分沢山の子をなしていますよね。
この秀忠夫妻のお墓を見る度に 
戦災というものを経験した東京の今の姿を
考えてしまいます。
東京は関東大震災・東京大空襲を経て
ほとんどがどちらかに影響を受け再建を強いられていますね。
両方から逃れるなんて、それはそれですごいことです。
この周辺の姿は、結局ホテルになったりで、
再建されることはないのでしょうね。
秀忠公については、大河ドラマを見たせいか、
これはこれで良かったという気もする私です。
おはようございます、AzTaKさん、またお邪魔します。
Re: この秀忠夫妻のお墓を見る度に 
kozoh55さん、こんばんは。

> 戦災というものを経験した東京の今の姿を
> 考えてしまいます。
> 東京は関東大震災・東京大空襲を経て
> ほとんどがどちらかに影響を受け再建を強いられていますね。
> 両方から逃れるなんて、それはそれですごいことです。

増上寺の場合は、関東大震災で被害を受けたというような話は聞きませんから、ひとえに戦災でやられたということでしょうね。一部、焼けずに残ったものもありましたが、大部分はやられてしまいました。特に秀忠の霊廟は、豪華に作りすぎて、宝塔も木製だったようで、仇になってしまいましたね。

> この周辺の姿は、結局ホテルになったりで、
> 再建されることはないのでしょうね。

それは絶対にないでしょうね。

> 秀忠公については、大河ドラマを見たせいか、
> これはこれで良かったという気もする私です。
> おはようございます、AzTaKさん、またお邪魔します。

どういう人物だったんでしょうね。非常に怖い人物だと言われていますが。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR