散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー(1) 11/04 09:21追記

ちょっと思い立って、10月下旬に増上寺を見に行った。一番見たかったのは『光摂殿大広間天井絵』だったが、これは機会がなければ無理だろうと思っていた。
ということで、本音としては、週末に特別公開している徳川家の現在の墓所を見て、ついでに国指定重要文化財の台徳院霊廟惣門や有章院霊廟二天門をも見てこようという内容だった。
台徳院霊廟惣門を見そこねてしまったので、11月初旬に追加で見て回った。


大門
増上寺の総門。勤務先から遠いわけではなかったので、この辺まで時々昼食を食べに行ったり、散歩しに行ったものだった。私には馴染みの門。立て札などあまり見ていなかったのだが、右側には『黒本尊 勝運・交通安全 ご祈願』とあった。全然気づいていなかった。安国殿安置の「黒本尊阿弥陀如来」が、徳川家康の念持仏であり、出陣の際は、戦勝を祈願し共に戦場に赴いたと伝えられているそうだ。幾多の危難を逃れ勝利を得ることができたのも黒本尊さまの功徳の賜物ということらしい。以後「勝運黒本尊」として徳川家のみならず人々の信仰を現在に至るまで集めてきたのだそうだ。知らなかった。(^_^;)
当山の総門・表門にあたり、地名の由来になっている門です。現在のものは国道の通行整備のため、昭和十二年(1937年)に原型より大きく、コンクリート製に作り直されたものですが、旧大門は慶長三年(1598年)に江戸城の拡張・造営にあたり、増上寺が芝に移転した際、それまで江戸城の大手門だった高麗門を、徳川家康公より寺の表門として譲られたものでありました。その旧大門は大正十二年(1923年)の関東大震災により倒壊の恐れが生じたため、両国・回向院に移築されましたが、昭和二十年の空襲により焼失しています。
大門_1
大門_2
大門_3
初代安藤広重が最晩年に描いた『芝神明』と『増上寺』の複製レリーフ
近寄ってしげしげと見るとたしかに広重の作品だった。金属単色のレリーフなので、遠くからではよくわからない。
初代安藤広重が最晩年に描いた『芝神明』と『増上寺』の複製レリーフ
大門のすぐそばにあった公衆トイレ
なかなかおしゃれだ
大門のすぐそばにあった公衆トイレ

廣度院表門および練塀(こうどいんおもてもんおよびねりべい)…登録有形文化財(建造物)
すごく雰囲気のある薬医門と練塀だ。今も住職は、増上寺の高僧だった人なのだろうか。特に観光客を呼びこむこともしていなかったので、ちょっとばかり懐具合が気になった次第。
増上寺境内の子院の一間一戸の薬医門と塀である。練塀は底部に間知石を置き、芯柱を用いずに土と瓦を交互に積み上げて壁体とする構造で、現在では用いられることがない。数多くの子院が集まって形成していた特異な都市景観を知るよすがとなっている。
廣度院表門および練塀

境内案内図
境内案内図

三解脱門(さんげだつもん)[国指定重要文化財]
増上寺交差点は箱根駅伝のコースだ。大手町の読売新聞東京本社出発してから3.6kmだそうだ。この辺は脱落者など出ずに、高速で駆け抜けるところなんだろうなあ。お正月の駅伝は91回目か。駅伝だけでなく色々な世相を見てきたんだろう。
戦災をまぬがれた建物の1つで、元和8年(1622年)建立の二重門(重層で、各層に屋根が付く門)。
この門をくぐると、三毒(3つの煩悩、即ち貪、瞋、癡)から解脱できるとされる。
 +-+-+-+-+- +-+-+-+-+- +-+-+-+-+- +-+-+-+-+- +-+-+-+-+- +-+-+-+-+-
増上寺の表の顔として、東京都内有数の古い建造物であり東日本最大級を誇るこの門は、当山の中門にあたり(表門は大門)、正式名称を三解脱門といいます。徳川幕府の助成により、幕府大工頭・中井正清とその配下により建立。元和八年(1622年)に再建されました。増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国の重要文化財に指定されています。三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のことです。建築様式は三戸二階二重門、入母屋造、朱漆塗。唐様を中心とした建物に、和様の勾欄などが加味され、美しさを見せています。二階内部(非公開)には、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。

三解脱門_1
三解脱門_2
三解脱門_3
この吊灯篭のような金属製のオブジェの下部には、どうやら『魚市場』と書かれているようだ。粋だなあと感じ入った次第。
三解脱門_4
三解脱門_5

Comments

 
AzTakさん、こんにちは♪

三解脱門、さすがに堂々としていて立派ですね^^
それに増上寺の境内は広いんですね。
以前に何度も門の前の道は通ったことがあるのですが
中に入ったことがあるか?と、考えたら・・・
覚えがないので、なかったようです(^^;
東京に長年住んでいたのに
何も見ていなかったんだなと、つくづく思いました。
それを取り戻すべく、こちらでたっぷり拝見させていただきます~♪
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
いままで近くには何度も行っているのに、
また、今日にでも行こうと思えばすぐにでも行ける増上寺ですが
未だにちゃんと訪れたことはありません 汗)
流石、浄土宗大本山であるばかりでなく徳川家の菩提寺だけのことはある
立派なお寺ですね!
確か、歴代将軍の内6人の将軍の墓所があったと思います。
何といってもビックリしたのは、三解脱門の二階部分に釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されていることです!
数ある門の中で二階建てはまだしも、そこに釈迦三尊像や十六羅漢像が安置されている様な門は聞いたことがありません!
大きいばかりでなく朱色が美しい三解脱門、これからの内部が楽しみです♪
行った気になって見させていただきますね!
 
こんにちは<(_ _)>(^-^)

魚市場の灯篭は、頑丈そうな物ですね。流石文化財になってるだけあって、手が込んでますね。昔の物は、どっしり重厚で、趣がいりますね~
こんにちは。 
増上寺は毎年1月2日に拝ませていただいています。
出向いてではなく、箱根駅伝のTV中継の中でですが。
時々上空からの中継もありますが、広い境内のようですね
AzTakさん 
こんにちは
増上寺、・・・
東京勤務時代、神田の宿舎を夕方6時頃、東京タワー横のゴルフ打ちっぱなしへ行くのにタクシーを捕まえるのが独身だったボクの役目。
部課長はいいわナア、言うだけだから。
帰りに散歩がてら寄ったら、増上寺の門はやたら大きかったようでした。
葵のご紋がはいったオブジェ、現代でも思いつかないでしょうねえ。
 
こんにちは

増上寺には、昔学生のころ行ったことはありますが、良く覚えておりません。
毎年箱根駅伝は楽しみに見ておりますので、テレビでは見かけますが、中の方までは見れませんので楽しみにしております。
今日は! 
芝増上寺へ行かれたんですね。
私は桜の季節に行きましたが、境内にテントが沢山有って絵になりませんでした。
細かい説明文を丁寧に書かれていて何時も驚いています。
見ていて色々と勉強になります。
有り難う御座いました。
こんばんは。 
有名な増上寺ですね。いろいろ歴史の洗礼も受けながら、それでも東京の真ん中で堂々と門を構えているのはさすがですよ。東京タワーも道成寺の敷地の一部に足を置いているように聞いていますが、避雷針のようにも見えて面白い景色でした。東京タワーも心なしか色あせて(笑)。
こんばんは 
増上寺と言えば徳川家の菩提寺ですよね^^
聞いたことはありますが、行ったことが無いんですよ・・・
箱根駅伝のコースなんですね!
来年の箱根駅伝、よ~~く見てみよう^^
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 三解脱門、さすがに堂々としていて立派ですね^^

山門(三門)の凄いものは、京都に行けばいくつか見ることができますが、東京ではなかなか見ることができないものだと思います。

> それに増上寺の境内は広いんですね。
> 以前に何度も門の前の道は通ったことがあるのですが
> 中に入ったことがあるか?と、考えたら・・・
> 覚えがないので、なかったようです(^^;
> 東京に長年住んでいたのに
> 何も見ていなかったんだなと、つくづく思いました。
> それを取り戻すべく、こちらでたっぷり拝見させていただきます~♪

北側から北廟・増上寺・南廟・方丈とミルフィーユのように横に展開していたようです。昔の広さは相当なものだったと思います。
今は大晦日に除夜の鐘で登場し、開けて正月の2日(往路)と3日(復路)とに箱根駅伝の選手たちが三解脱門前を高速で駆け抜けます。あまりに速くて、通過したくらいの印象しか残らないと思いますが。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> いままで近くには何度も行っているのに、
> また、今日にでも行こうと思えばすぐにでも行ける増上寺ですが
> 未だにちゃんと訪れたことはありません 汗)
> 流石、浄土宗大本山であるばかりでなく徳川家の菩提寺だけのことはある
> 立派なお寺ですね!
> 確か、歴代将軍の内6人の将軍の墓所があったと思います。

明治からこの方、徳川家の支援を受けられなくなって窮したものの、伊藤博文などの新たな檀家をも得て、自立の道をたどっていたようです。それを一瞬で灰燼に帰したのが、昭和二十年(1945年)の空襲だったんですね。
そこからの復活です。何があってもしぶとく立ち上がる。ことのついでに、大広間の天井絵なども完成させた。実に凄いお寺さんです。

> 何といってもビックリしたのは、三解脱門の二階部分に釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されていることです!
> 数ある門の中で二階建てはまだしも、そこに釈迦三尊像や十六羅漢像が安置されている様な門は聞いたことがありません!
> 大きいばかりでなく朱色が美しい三解脱門、これからの内部が楽しみです♪
> 行った気になって見させていただきますね!

三解脱門の特別大公開は、過去に2011年に行ったことがあるようですが、それ以降は行ったことがあるのかどうか、寡聞にして知りません。
三門の二階部分に凄い仏像があるのは、京都に行けばいくつかあります。その一つの東福寺三門(国宝)の特別大公開に行ったことがあります。物凄く感激しましたが、撮影厳禁でした。多分、知恩院の場合も同様ではないかと思います。こちらは、特別大公開時に行ったことがありません。何しに行くのといえば、聲明を聞きに行ったりしています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> 魚市場の灯篭は、頑丈そうな物ですね。流石文化財になってるだけあって、手が込んでますね。昔の物は、どっしり重厚で、趣がありますね~

魚市場から奉納されたものじゃないかと考えてその旨を書いたんですが、あまり自信がありません。そうじゃないかなと思うくらいです。(^_^;)
国指定の重要文化財になっているのは、躯体そのものと、もしかして附指定されたものが対象でしょう。ああいうモニュメントのたぐいは、多分、対象外だと思います。
でも、雰囲気のある上物ですよね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 増上寺は毎年1月2日に拝ませていただいています。
> 出向いてではなく、箱根駅伝のTV中継の中でですが。
> 時々上空からの中継もありますが、広い境内のようですね

お茶目ですねえ。本当に初詣に出かけられるのかと思ってしまいました。
あれだけ撮影に飛び回っているのに、どうやって時間をつくったんだろうか、なんて真剣に考えたんですよ。

昔の広さはこんなものではなく、向かって左(北側)から、北廟・増上寺・南廟・方丈とミルフィーユのように展開していたようです。今でも十分に広大なんですが。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 増上寺、・・・
> 東京勤務時代、神田の宿舎を夕方6時頃、東京タワー横のゴルフ打ちっぱなしへ行くのにタクシーを捕まえるのが独身だったボクの役目。
> 部課長はいいわナア、言うだけだから。
> 帰りに散歩がてら寄ったら、増上寺の門はやたら大きかったようでした。

サラリーマン時代の苦労ぶりが目に浮かぶようです。たいへんでしたね。
三解脱門は確かにでかく見えますよね。疲れた人には、とてつもなく大きな存在に映るかもしれません。

> 葵のご紋がはいったオブジェ、現代でも思いつかないでしょうねえ。

実に粋なもんですねえ。江戸の粋さ加減を物語るものでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 増上寺には、昔学生のころ行ったことはありますが、良く覚えておりません。
> 毎年箱根駅伝は楽しみに見ておりますので、テレビでは見かけますが、中の方までは見れませんので楽しみにしております。

多分、大殿は仮のものから建て替えられたりしていますから、見た感じもかなり変わった感じかもしれません。今回のシリーズでは、墓所や霊廟の建屋でいくつか残っている国指定重要文化財なども取り上げます。
おメガネに叶うといいのですが。
いま、大急ぎで自転車創業実施中です。
Re: 今日は! 
hiroさん、こんばんは。

> 芝増上寺へ行かれたんですね。
> 私は桜の季節に行きましたが、境内にテントが沢山有って絵になりませんでした。

(ΦωΦ)フフフ…、なかなか思うようには行きませんでしたか。何も無い時期に行くと、邪魔者はないのでしょうが、それこそ被写体にすべきものが殆ど無かったりして。
4月には、毎年光摂殿(こうしょうでん)の大広間天井絵の特別公開があります。これが狙い目だったりするかもしれません。

> 細かい説明文を丁寧に書かれていて何時も驚いています。
> 見ていて色々と勉強になります。
> 有り難う御座いました。

自分で調べるだけですが、案外もつれていた意図が解けたりするものですね。
こういう変なことが好きで、困った性分です。
Re: こんばんは。 
HARUさん、こんばんは。

> 有名な増上寺ですね。いろいろ歴史の洗礼も受けながら、それでも東京の真ん中で堂々と門を構えているのはさすがですよ。東京タワーも増上寺の敷地の一部に足を置いているように聞いていますが、避雷針のようにも見えて面白い景色でした。東京タワーも心なしか色あせて(笑)。

古い地図などを見ると、増上寺の敷地があれこれ色んなものに変身しているのに驚きました。
それくらいですから、実によく見えます。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 増上寺と言えば徳川家の菩提寺ですよね^^
> 聞いたことはありますが、行ったことが無いんですよ・・・

私も実に久しぶり、胸躍る挑戦でした。

> 箱根駅伝のコースなんですね!
> 来年の箱根駅伝、よ~~く見てみよう^^

そうなんですが、あまりに速くて、映る瞬間はごく短めです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR