散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

浦賀の幕末前後の遺跡を回る(2)

東浦賀(2)&渡船
渡船
実に久しぶりに渡船に乗った。前回乗ったのがどこだったか思い出せないほどだ。向こう岸までは泳いでも簡単にいけてしまうくらいの距離だった。対岸は肉眼でもはっきり見える。
一度素通りした時に見た様子
一度素通りした時に見た様子_1
一度素通りした時に見た様子_2
一度素通りした時に見た様子_3
一度素通りした時に見た様子_4
一度素通りした時に見た様子_5
東叶神社から戻ってきた
乗り場周辺の様子
乗り場周辺の様子
客は私一人。申し訳ないことに貸切状態だった。
客は私一人
近いからあっという間に到着。到着する前に慌てて左右の景色を撮り捲った。
到着までの間に撮った左右の景色_1
到着までの間に撮った左右の景色_2
到着までの間に撮った左右の景色_3
到着までの間に撮った左右の景色_4
到着までの間に撮った左右の景色_5
到着までの間に撮った左右の景色_6
到着までの間に撮った左右の景色_7
到着までの間に撮った左右の景色_8
到着までの間に撮った左右の景色_9
到着までの間に撮った左右の景色_10
またお客に呼ばれたのか、すぐに東浦賀側に戻って行った
すぐに東浦賀側に戻って行った_1
すぐに東浦賀側に戻って行った_2

今回見て回った所
赤線が初日。青線が後日。MAPは後日再訪した際に、浦賀コミュニティセンターで頂いたものにマークを追加したもの。
今回見て回った所

西浦賀(1)
渡船の船着場近くにあった説明表示板
浦賀港は黒船が来航した時に初めて脚光を浴びたのかと思っていたが、家康の時から外国との窓口にしようとしていたのか。三浦按針にもその声掛けの役目を担わせていたんだ。そういう経緯があって、大分時が経った頃ではあるが、ペリー来航に繋がったんだ。
そこから暫くは、開国に向けての動きの中心になったのか。なるほど。

渡船の船着場近くにあった説明表示板

Comments

 
渡し船、一度も乗ったことがありません。
今度私も乗ってみたいです。
水上の市道だったのですね。
今日もひとつ物知りになりましたよ。
東叶神社と西叶神社のお守りは二つで一つになるって
聞いたことがあるのですが、買われましたか?
こんにちは 
短い距離の渡し舟と言いつつも しっかりした造りの船なんですね!
AzTakさんは船は平気なのですか?
私はこのくらいの大きさなら大丈夫ですが、手漕ぎボートのようなモノは怖くて乗れません^^;
 
このような渡船は、どんどん姿を消しました。橋ができたりとインフラが進んだこともありますが、何より採算が取れなくなってしまったからですね。しかも市営だとか、なかなか粋な計らいです。しかし、この船、ちょっと吹いてしまいました。もうちっと何とかなりませんかね(笑)。
 
こんばんは<(_ _)>(^-^)

貸し切り舟、いゃ、渡し船、独りで乗れて良かったですね?いいお写真も撮れそうで(^-^)
面白いデザインの船だし。

お邪魔しました。
 
こんばんは
渡船の屋根も、蔵造りの乗り場も洒落ていますねえ。
気に入りましたよ、乗ってみたいですねえ。
お客さんが来たら出発ですか?
海上タクシーかな?
こんばんは 
渡し場の建物、お洒落ですね~~
渡し船は神様がお乗りになるような色だし、
驚きました^^
大阪でも渡し船はあちこちで頑張っています^^
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 渡し船、一度も乗ったことがありません。
> 今度私も乗ってみたいです。

あっという間に対岸についてしまいます。結構景色は良い感じですた。

> 水上の市道だったのですね。
> 今日もひとつ物知りになりましたよ。

歩くことができない市道ってめったにあるものではありませんね。水遁の術でもマスターすればその限りではないかもしれませんが。

> 東叶神社と西叶神社のお守りは二つで一つになるって
> 聞いたことがあるのですが、買われましたか?

お守りもそうだったんですか。狛犬ばかりじゃなかったんですね。
願いが叶うかもしれないので、お守りを買っておくべきでしたね。写真にばかり夢中になり、賽銭は入れたんですが、お守りのことは全く忘れていました。(^_^;)
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 短い距離の渡し舟と言いつつも しっかりした造りの船なんですね!

しっかりしているかどうかはわかりませんが、通常の仕様では壊れたりはしないと思いました。

> AzTakさんは船は平気なのですか?
> 私はこのくらいの大きさなら大丈夫ですが、手漕ぎボートのようなモノは怖くて乗れません^^;

大きな船の船べりに立って、海をのぞき込むと高所恐怖症でおかしくなりますが、船そのものは大好きです。一度も船酔したことがありません。1週間ほどのクルーズを含め、不思議と酔わないんです。
沈没するなどということは考えたこともありません。

父は神戸商船を繰り上げ卒業させられて、負け戦が確定的なときに海軍に入りました。小さな船を任せられたものの、逃げて逃げて逃げまくる。選択肢はそれしかなかったそうです。でも、幸運は続かず、撃沈され、しぶとく海を泳いでいて、救助され、病院で唸っている時に終戦だったそうです。
海で死んでしまっていれば、私もこの世にはいなかったはずで、海とは相性が良いのかもしれません。
Re: タイトルなし 
HARUさん、こんばんは。

> このような渡船は、どんどん姿を消しました。橋ができたりとインフラが進んだこともありますが、何より採算が取れなくなってしまったからですね。しかも市営だとか、なかなか粋な計らいです。しかし、この船、ちょっと吹いてしまいました。もうちっと何とかなりませんかね(笑)。

大阪市にはまだたくさん残っているはずなんです。橋下さんが廃止してしまわない内に、大阪に渡船に乗りに行きたいものです。
デザインはチンケですか。大時代的な大袈裟なデザインだなというのが私の印象でした。私は横須賀市長でもなんでもないので、ここで呟いても無駄だと思います。(笑)
Re: タイトルなし 
> こんばんは<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> 貸し切り舟、いゃ、渡し船、独りで乗れて良かったですね?いいお写真も撮れそうで(^-^)
> 面白いデザインの船だし。
>
> お邪魔しました。

たった一人の乗客だったので、恐縮してしまいましたが、極楽気分でした。他のお客さんに邪魔されることも、不用意に人を写してしまう心配もなく、僅か1分くらいの豪華&ミニミニ船旅でした。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 渡船の屋根も、蔵造りの乗り場も洒落ていますねえ。
> 気に入りましたよ、乗ってみたいですねえ。

非常に楽ですよ。景色もなかなかでした。地上を歩くと小一時間かかりますから、此処は渡しに限ります。

> お客さんが来たら出発ですか?
> 海上タクシーかな?

こちらにいれば、すぐ出発。向こう側にいるときはブザーを押せば1分ほどで乗れます。限りなく待ち時間0に近い便利な乗り物でした。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 渡し場の建物、お洒落ですね~~
> 渡し船は神様がお乗りになるような色だし、
> 驚きました^^

多分、西叶神社と東叶神社とを結ぶ渡船だからなんでしょうね。

> 大阪でも渡し船はあちこちで頑張っています^^

承知しています。橋下さんが廃止の大鉈を振るわない内に半分くらいは乗ってみたいものだと思っています。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR