散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(11)

鎌倉宮

市内の少し奥まった場所とはいえ外れという程でもない二階堂の地に、鎌倉幕府を倒し建武中興を実現した人物である護良親王を祀るのか。天皇家からすれば手中に権力を取り戻す上での大功労者なのだろうが、皮肉な感じがしないでもない。鎌倉幕府は確かに瓦解したのだから、皮肉であろうがなんだろうが、史実であることは間違いがないことだ。しかし、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博によって殺められてしまうとは、鎌倉人にとっても残念な話だっただろう。
明治天皇は大政奉還によって戻ってきた皇室を中心におく新しい国の、その頂点に立つ『天皇』としての力をはっきりと示したかったのだろうか。


境内(無料ゾーン)の様子
厄割り石
盃割り舎があり、厄割り石が置いてある。盃に「フーッ!」と息を吹きつけて、自分についた悪いものを移し、この石に投げつけて割ると、厄を払うことができるとされているそうだ。
厄割り石_1
厄割り石_2
境内では骨董市が開かれていた
骨董市
村上社と身代りさま
拝殿の右側(境内社の「村上社」)には、護良親王の部下の村上義光の像が置かれている。「撫で身代わり様」といって、なでると体の悪いところを身代わりになってくれるとされている。吉野の戦いで危地に陥ったとき、村上義光は護良親王の鎧と直垂(ひたたれ)を身にまとい、「われは護良親王なり。切腹の手本を見せようぞ!」と言うと、壮烈な最後を遂げた。というようなことがあり、つらいことを引き受けてくれる「身代わり様」として、人々の信仰を集めているとのこと。
とは言うものの、10年前の台風で倒れた境内のケヤキを使って彫られた像だとか。意外に新しいものらしい。
新しいご利益なのかなあ。商売上手なのかも。

村上社と身代りさま
拝殿
舞殿をも兼ねているようだ。今頃行われる薪能は此処で行われるのだろう。
拝殿
境内(有料ゾーン)の様子
本殿、幣殿が見える
本殿、幣殿が見える
本殿の手前にある小さな建物は境内社の『南方社』
本殿の手前にある小さな建物は境内社の『南方社』_1
本殿の手前にある小さな建物は境内社の『南方社』_2
本殿後方にある土牢への階段と門
皇室ゆかりのところである事がわかる
本殿後方にある土牢への階段と門
一段高くなる手前にあった石碑
『大塔宮御坐所』と書かれているのかと思う。右側が『人』の字で無く、『口』の字になっているので自信なしなのだが。
一段高くなる手前にあった石碑
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢
実際にこの土牢に幽閉されていたかは疑問を呈する人も少なくないようだ。実際に幽閉されていたのは、この地にあった東光寺の一室であったという説もある。
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_1
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_2
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_3
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_4
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_5
護良親王が幽閉されていたと言われる土牢_6
御構廟(おかまえどころ)
此処に護良親王の首が打ち捨てられていたという
御構廟
宝物殿
神苑を通って、入り口の方へもどると、左手に宝物殿がある。ガラス越しに、鎌倉宮が蔵するさまざまな宝物を見ることができるようになっている。サービスレベルが低いなあ。明治天皇の御座所跡を宝物殿として活用しているようだ。
宝物殿_1
宝物殿_2
護良親王の騎馬像
撮影禁止扱いになっていたので、wikipediaの画像を借用
『制機先者勝』(「機先を制すは勝ち」の意味だと思う)と書かれた東郷元帥の書が置かれていた。達筆だなあ。
護良親王の馬上像

鎌倉宮(かまくらぐう)は、神奈川県鎌倉市にある神社である。護良親王(もりながしんのう)を祭神とする。建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣中社。 神社本庁の包括下には当初より入っていない単立神社。別名 大塔宮(おおとうのみや)。
祭神である護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現したが、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博(ふちべのよしひろ)によって殺められた。
武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869年)2月、明治天皇は護良親王を祀る神社の造営を命じた。6月14日に鎌倉宮の社号が下賜され、7月に東光寺跡の現在地に社殿が造営された。
明治6年4月16日に明治天皇は鎌倉宮を行幸、同年6月9日に鎌倉宮は官幣中社に列格した。
本殿の後方にある土手の穴が、親王がおよそ9か月間幽閉されていた土牢であるという古伝承がある。土窟で2段になっている。「鎌倉覧勝考」によれば、上段は入り口から6尺ばかりの深さで2間四方余あり、下段はさらに7、8尺下って9尺四方あり、周囲は赤い土であるといい、さらに、「太平記」に「建武元年五月二日大塔宮を足利直義うけ取鎌倉へ下し奉つて、二階堂谷に土籠を塗てぞ置参らせける」とあり、土の牢とは記されておらず、薬師堂谷の御所または牢の御所と書いているものもあり、土籠は塗りごめた土蔵であり、四面を禁錮して入れ置いたのであるから、牢の御所と称したにすぎないという。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
前段の文章を読んで、「鎌倉幕府を倒し建武中興を実現した人物を祀るのか・・・」とあり
てっきり、後醍醐天皇かと思いましたが、息子の「護良親王」でしたか!
この時代の歴史は面白いですよね!
事を急いだ後醍醐天皇の新政は公家の把握が出来ていなかったり、土地訴訟を裁ききれなかったり狂気の沙汰だったようです。
新田義貞は京都での行いが悪く評判が悪かったようで、
後醍醐天皇から尊氏追討の命を受けましたが尊氏に負けちゃいます。
楠正成などは後醍醐天皇に良いように使われて亡くなったようなものです!
結局、寝返りを重ね、上手く立ち回り味方を増やした尊氏が最後は天下を掌握しますね!
後醍醐天皇は南朝を起こしますが、支持者はどんどん減っていったようです!
早々と捉えられ殺された護良親王を明治天皇はその功をたたえましたが、
今の皇室は北朝でしょ?
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 前段の文章を読んで、「鎌倉幕府を倒し建武中興を実現した人物を祀るのか・・・」とあり
> てっきり、後醍醐天皇かと思いましたが、息子の「護良親王」でしたか!
> この時代の歴史は面白いですよね!

大変申し訳ありません。きちんと書いたつもりでしたが、冒頭部分を読み返したら、欠落していました。訂正しておきました。

> 事を急いだ後醍醐天皇の新政は公家の把握が出来ていなかったり、土地訴訟を裁ききれなかったり狂気の沙汰だったようです。
> 新田義貞は京都での行いが悪く評判が悪かったようで、
> 後醍醐天皇から尊氏追討の命を受けましたが尊氏に負けちゃいます。
> 楠正成などは後醍醐天皇に良いように使われて亡くなったようなものです!
> 結局、寝返りを重ね、上手く立ち回り味方を増やした尊氏が最後は天下を掌握しますね!
> 後醍醐天皇は南朝を起こしますが、支持者はどんどん減っていったようです!
> 早々と捉えられ殺された護良親王を明治天皇はその功をたたえましたが、
> 今の皇室は北朝でしょ?

(ΦωΦ)フフフ…、お詳しいですね。
私は恥ずかしながら日本史は殆ど知らないんです。中学校の教師はあまりにも偏向教師で、授業など聞かずに、殆ど全部寝ていました。高校の教師は、古墳時代の途中で1年間の授業がおしまいでした。結局、日本史は自信がないままに。
エスカレータ式の大学進学でしたので、あまり支障は感じなかったのですが、こういうことになると、下地がないことがバレてしまいます。今頃になって、鎌倉の歴史を辿っているんですから、やることが遅いですよね。
 
おはよーございます<(_ _)>

厄割り石は、テレビで、みたことあります~こだったのかぁ(^-^)石に盃を投げつけるなんて、普段皿を割ることも出来ないですから気持ちよさそうですね( ´艸`)あっそれは、厄落としえはなく鬱憤晴らしでした。
こんにちは 
身代りさま、身代わりになってくれるなんて是非お願いしたいですね~
10年前の台風で倒れた木で掘られたのですか。
新しいですね~観光用なんでしょうかね^^
 
有料ゾーンは入った事がないので大変興味深く拝見いたしました。
土牢や御構廟は全く知らなかったので食い入って拝見しました。
鎌倉から歩いて瑞泉寺への通過点でしかなくて、時々気がむくと
小皿を投げ割ったりする程度でしたが、記事を読ませて頂いて
何故今まで奥まで入って見なかったのだろうと思えましたよ。
歴史を頭に入れて歩くのと花ばかり追いかけてるのでは
違いますね。感謝、感謝です。
今度は少し歩き方が変わるかな私?って思ったりしました。
いつもありがとうございます。
 
厄割り石、身代わりさま、いろんな厄払いの方法があるのですね。
私は、厄割り石で何枚も皿を割らないと厄払いできなく、身代わりさまは全身を撫でないと良くならないような気がします。
こんにちは。 
 骨董市といい、厄割り石といい、身代わり様といい、あの手この手で寺社経営もいろいろですね。空の上から大塔宮や村上義光が笑っているかもしれません。村上義光の奮闘は吉野でもとくに知られていて蔵王堂の屋根からはらわたを投げつけたという伝承は、聞くものを凍らせるリアリティーがあります。はらわたを出した像ならだれも触ってはくれないでしょうが(笑)。以前、故昭和天皇が吉野を来訪した折、吉野山で宿泊したにも関わらず、近くの後醍醐廟には参詣しませんでした。北朝ルーツだったのですね。こんなところにも南北朝の遺恨が現代に息づいているのかと驚いたことがありました。
Re: タイトルなし 
> おはよーございます<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 厄割り石は、テレビで、みたことあります~ここだったのかぁ(^-^)石に盃を投げつけるなんて、普段皿を割ることも出来ないですから気持ちよさそうですね( ´艸`)あっそれは、厄落としではなく鬱憤晴らしでした。

名称はともかく、似たようなことを行う神社は少なくないのではないかと思います。
まあ、商売上手なのかなあと感心しました。
『厄割り』をおこなうことで、その人の気が晴れて、前向きの気持ちになれて、ついには成功に結びつくかもしれないですから。信じて救われれば、言うことなしでしょう。
Re: こんにちは 
モカさん、こんにちは。

> 身代りさま、身代わりになってくれるなんて是非お願いしたいですね~
> 10年前の台風で倒れた木で掘られたのですか。
> 新しいですね~観光用なんでしょうかね^^

村上社は以前は南方社と並んであったそうですが、破格の扱いで社殿横に進み出てきましたね。
『おびんずるさん』の神社版という感じですね。
厄割り石といい、身代りさまといい、商売上手ですねえ。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 有料ゾーンは入った事がないので大変興味深く拝見いたしました。
> 土牢や御構廟は全く知らなかったので食い入って拝見しました。
> 鎌倉から歩いて瑞泉寺への通過点でしかなくて、時々気がむくと
> 小皿を投げ割ったりする程度でしたが、記事を読ませて頂いて
> 何故今まで奥まで入って見なかったのだろうと思えましたよ。
> 歴史を頭に入れて歩くのと花ばかり追いかけてるのでは
> 違いますね。感謝、感謝です。
> 今度は少し歩き方が変わるかな私?って思ったりしました。
> いつもありがとうございます。

こういうことも鎌倉に幕府があった頃に起きたんだということでしょうかね。
まあ、鎌倉幕府を倒しても、誰もがどんぐりの背比べ状態で情勢が混沌とし、それなりに落ち着くのは秀吉・家康の時代にまで行ってしまう感じだったんですね。
鎌倉は残念ながら、この時点で時代の流れから外れることになってしまいます。
Re: タイトルなし 
masaさん、こんばんは。

> 厄割り石、身代わりさま、いろんな厄払いの方法があるのですね。

本当にそうですね。よくぞ、色々なことを考えだすものです。

> 私は、厄割り石で何枚も皿を割らないと厄払いできなく、身代わりさまは全身を撫でないと良くならないような気がします。

(ΦωΦ)フフフ…、あんな素晴らしい写真を撮ることができるのは、内面が充実しているからだと思います。そこまで念入りに厄払いなどをしなくても十分だと思います。
AzTakさん 
こんばんは
身代わり様・・・・
ナンカシラン、拝金主義(人寄せ?)のようで好かん。
護良親王、明治天皇も嬉しかったでしょうね。
明治天皇に可愛がられた?東郷平八郎の書と並んでいるのは、何となく納得。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

>  骨董市といい、厄割り石といい、身代わり様といい、あの手この手で寺社経営もいろいろですね。空の上から大塔宮や村上義光が笑っているかもしれません。村上義光の奮闘は吉野でもとくに知られていて蔵王堂の屋根からはらわたを投げつけたという伝承は、聞くものを凍らせるリアリティーがあります。はらわたを出した像ならだれも触ってはくれないでしょうが(笑)。以前、故昭和天皇が吉野を来訪した折、吉野山で宿泊したにも関わらず、近くの後醍醐廟には参詣しませんでした。北朝ルーツだったのですね。こんなところにも南北朝の遺恨が現代に息づいているのかと驚いたことがありました。

吉野に縁がある人たちが、鎌倉に来て派手に騒いだものですねえ。村上義光は鎌倉に来たわけではないでしょうが、こんなふうに扱われて、あの世で苦笑いしていることでしょうね。
昭和天皇がそちらに行幸された折には、後醍醐廟には参詣しませんでしたか。うーーん。昭和天皇ご自身の意向だったのか、時間が足らないとか健康が優れなかったとかの理由による側近の人たちの考えだったのか、よくわかりません。難しいものですね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 身代わり様・・・・
> ナンカシラン、拝金主義(人寄せ?)のようで好かん。

(ΦωΦ)フフフ…、そう腹を立てないでくださいね。そういうものか程度で収めておいてください。

> 護良親王、明治天皇も嬉しかったでしょうね。
> 明治天皇に可愛がられた?東郷平八郎の書と並んでいるのは、何となく納得。

天皇と武家政権との綱引きが長く続きましたが、一旦、武家政権側に行きっ放しになりそうなところを、曲がりなりにも少し戻したのは、この時のことがきっかけでしょうから、明治天皇は有難いことだと考えたんでしょうね。
それにしても、東郷平八郎の書は恐ろしく達筆ですね。護良親王の動きは機先を制したものと、東郷元帥は考えたのでしょうかね。
こんばんは 
杯割と言うのがあるんですか~
息を吹きかけて邪気を払う・・・僕もやってみたいな^^
最近あちこちが痛いです(^^;
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 杯割と言うのがあるんですか~
> 息を吹きかけて邪気を払う・・・僕もやってみたいな^^
> 最近あちこちが痛いです(^^;

盃割り舎に杯が用意され、それをフーっと息を吹きかけて、厄割り石に投げつけるようですね。
信じる者は救われるかもしれませんが、効果の程はどうなんでしょうね。

身体の痛みには、インナーマッスルの衰えを食い止める方がより効果があると思うんです。厄介なのはアウターマッスルのように、筋力トレーニングではあまり鍛えられないという点ですね。インナーマッスルが衰えると、正しい姿勢の維持が困難になり、それを補正すべくあちこちの筋肉に負荷がかかるので、結果的に酷使に耐えかね悲鳴を上げ痛みを感じるようです。
やり方はWEBなどで見れば載っていると思います。コツは太極拳や自彊術のように、ゆっくりゆっくり動かすことのようです。速く動かす方がはるかに楽ですが、これではトレーニング効果がさほどではないようです。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR