散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(10) 2014.10.06 20:28追記

往路で存在を確認したものの、先を急ぐためにパスした『永福寺(ようふくじ)跡』に向かう

途中にて
美味しそうな梅干しだ。子供の頃、よく手伝わされたものだったなあ。見ていたら、唾液が、口中に。
美味しそうな梅干し

国指定史跡『永福寺跡』
永福寺跡周辺が「二階堂」と呼ばれているのは、この建物が二階建てで二階堂とも称されたことが由来となっているのか。なるほど。
永福寺は、源義経・藤原泰衡をはじめとする数万の怨霊をしずめ、冥福を祈るための寺院だったのか。確かに頼朝の強引なやり方を恨んでいた人は少なくなかったことだろう。だから、こういうことでもしないと枕を高くして寝られなかったのかもしれない。
頼朝は建築時には何度か顔を見せていたようだが、完成後は一度も顔を見せなかったようだ。刺客に狙われていたということもあっただろうし、怨霊に祟られる感じがして、どうにも足が向かなかったのかもしれない。

怨霊に祟られたのは京都ばかりじゃなかったようだ。
現在の跡地の様子
現在の跡地の様子_1
現在の跡地の様子_2
現在の跡地の様子_3
現在の跡地の様子_4
現在の跡地の様子_5
現在の跡地の様子_6
現在の跡地の様子_7
現在の跡地の様子_8
現在の跡地の様子_9
現在の跡地の様子_10
かなり大きな寺院だったようだ。以下の2点は湘南工科大学作成のCGイメージを借用した。
湘南工科大学作成のCGイメージ_1
湘南工科大学作成のCGイメージ_2

『鎌倉遺構探索:永福寺跡』のページヘjump
『はまれぽ』の特集記事にjump

永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。現在、永福寺跡周辺が「二階堂」と呼ばれているのも、この建物が由来となっている。昭和58年(1983年)から開始された調査で翼廊などが発見され、国の指定史跡となった。
源頼朝は文治5年(1185年)9月の奥州合戦を契機に、源義経・藤原泰衡をはじめとする数万の怨霊をしずめ、冥福を祈るための寺院の建立を発願。その年の12月には永福寺の建立に着手した。建立には畠山重忠ら関東の御家人の助力があった事が『吾妻鏡』に記載されている。建久3年(1192年)11月25日に本堂が完成し、落慶供養が行われた。
応永12年(1405年)の火災ののち廃絶した。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
頼朝が奥州藤原氏征討の際、中尊寺・毛越寺・無量光寺などを見て深い感銘を受け、鎌倉での建設を決意。滅ぼした藤原泰衡や源義経などを供養するため建久3年(1192年)建立した。
中央に二階大堂、左右に薬師堂、阿弥陀堂を配し、その前に池を配する浄土庭園になっている。
怨霊の侵入から守るため幕府の鬼門の方向である東北に建立した。応永十二年(1405年)の火災により焼失。二階大堂は、33㍍四方の二層の大きな建物で、この辺が二階堂という地名で残っている。
建設時、頼朝はしばしば現地にきて指示をしたが、建設後一度も訪れていないそうである。それは、建設時、上総五郎忠光という暗殺者が潜入していたり、弟義経の怨霊を非常に恐れていたのではないかと児島氏は言う。

Comments

 
おはよーございます<(_ _)>

今日は凄い台風ですね。そちらは大丈夫ですか?こちらは、今風が凄くて雨戸がガタガタ言っています。近所の農家さんは作物を心配していました。

怨霊っているんですかね?私は幽霊をみたことあるので、いるとおもいますが、昔も今も怨みある人はそうなるかもしれませんね。
おはようございます。 
関東直撃みたいで、お気を付けてください。

鎌倉はいまでこそ鎌倉ブランドですが、歴史的には一旦激しく荒廃したまま放置されたんですね。驚きでした。前回も思いましたが、古刹、名刹の寺社がまるで飛鳥の発掘のようにさえ思います。町そのものが権力の失墜と共に荒れたことが理解できます。まさに兵どもが夢の跡だったのですね。
こんにちは! 
AzTakさん、こんにちは!
台風の真っただ中に歯医者に行ってきました!
今がピークのはずなんですが、雨風ともさほどひどくはありません♪
15:00を過ぎれば陽も当たるようですが・・・

今の永福寺跡は更地なんですね!
「エイフクジ」と読まず「ヨウフクジ」と読ますところも憎いですね♪
CGのイメージで見る限りでは美しい寺院だったようです。
史跡公園としての整備を行っているようですが
復元の予定はないのでしょうかね!
頼朝は義経には多少負い目を感じていたのでしょうね!
だから建立後は怖くて行けなかったのかもしれません。
義経も嫉妬深い兄の性格を見抜き、もう少し上手に立ち回っていれば
長生きできたかもしれませんね。
AzTakさん 
こんにちは
経緯はドウであれ、兄弟を葬ったのですから、後味は良くなかったでしょうね。
それにしても焼失後の跡地がよく残っていモノです。
再建の話はあるんでしょうか?
Re: タイトルなし 
> おはよーございます<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 今日は凄い台風ですね。そちらは大丈夫ですか?こちらは、今風が凄くて雨戸がガタガタ言っています。近所の農家さんは作物を心配していました。

千葉は結構すごかったようですね。我が家の辺りは『超大型台風という触れ込みなのに、…』というくらいに風雨は大したことがなく、昼前に空が晴れ上がりました。でもニュースを見ると、結構被害が出ていたようで、狐につままれたような感じです。

> 怨霊っているんですかね?私は幽霊をみたことあるので、いるとおもいますが、昔も今も怨みある人はそうなるかもしれませんね。

怨霊とは出会いたいとは思いません。何せ、見かけと違って、大の怖がりですから。(^_^;)
強い無念を抱えたまま亡くなった場合には、その霊魂が怨霊となる感じは有るのかもしれませんね。陰陽師の話などを喜んで読んでしまう方ですから、信じている方なのかもしれません。
Re: おはようございます。 
HARUさん、こんばんは。

> 関東直撃みたいで、お気を付けてください。

おかげさまで何事も無く通過していってくれました。我が家の近辺に限っては超大型台風どころか、少し強い雨の日くらいの感じでした。風も殆ど吹かず、予報とのズレに戸惑ったくらいでした。そして正午前にはきれいな青空が。

> 鎌倉はいまでこそ鎌倉ブランドですが、歴史的には一旦激しく荒廃したまま放置されたんですね。驚きでした。前回も思いましたが、古刹、名刹の寺社がまるで飛鳥の発掘のようにさえ思います。町そのものが権力の失墜と共に荒れたことが理解できます。まさに兵どもが夢の跡だったのですね。

鎌倉は半農半漁の村でしたから、幕府が崩壊してしまえば、基本的には元に戻るしかなかったんでしょう。そうは言っても、いくつかのお寺は生きながらえ、これまた東日本の幕府を開いた徳川のお歴々が鎌倉好きでかたまっていたので、初期の頃はまだ、何とか寺勢を維持できていたところもあったようです。
ですが、その後は、徳川も自分たちのことで手一杯で、大々的な支援を出来るほどには余裕がなく、縁がないお寺さんほど荒廃していったのでしょうね。
兵どもが夢の跡、の土地ですよね。鎌倉在住の高校時代の同級生に聞きましたが、市内の繁華街を流れる滑川で髑髏がみつかり、すわ殺人事件発生かと色めき立ったのですが、なんと鎌倉時代の合戦の戦死者のそれだったようです。後始末さえ十分にできないまま、歴史に沈んだ側面があったようです。

それからすると、今の観光地化は一体何なのだろうと思うほどです。
こんばんは 
台風は大丈夫でしたか?
案外あっさり過ぎて行ったような気がします。

跡がしっかり残されているのですね。
CGなどでイメージがあるという事は再建されたりするのでしょうか?
Re: こんにちは! 
> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 台風の真っただ中に歯医者に行ってきました!
> 今がピークのはずなんですが、雨風ともさほどひどくはありません♪
> 15:00を過ぎれば陽も当たるようですが・・・

お互い大したこと無くて良かったですね。今年は今世紀最大の台風も10年に一度の台風も、ともに殆ど影響なしで、正午前には綺麗に晴れ上がり、あの大げさな予報な難だったんだろうと思いました。
でも、被害が出た地域もかなりあったようですね。たまたま運が良かっただけなのかもしれません。

> 今の永福寺跡は更地なんですね!
> 「エイフクジ」と読まず「ヨウフクジ」と読ますところも憎いですね♪
> CGのイメージで見る限りでは美しい寺院だったようです。

そんな感じですね。今は晴れると空が綺麗です。空しか残っていないのが悲しい限りです。

> 史跡公園としての整備を行っているようですが
> 復元の予定はないのでしょうかね!

いまのところ、建物を再建する予定はなさそうです。今後も絶対ないかどうかは微妙でしょうが。

> 頼朝は義経には多少負い目を感じていたのでしょうね!
> だから建立後は怖くて行けなかったのかもしれません。
> 義経も嫉妬深い兄の性格を見抜き、もう少し上手に立ち回っていれば

(ΦωΦ)フフフ…、怖がりの私に微妙な質問をしないでくださいな。変な夢を見て思わずおもらしでもしたら、即、ボケ老人扱いされてしまうかも。(笑)
> 長生きできたかもしれませんね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 経緯はドウであれ、兄弟を葬ったのですから、後味は良くなかったでしょうね。

当然そうでしょう。このろくでなしの私でさえ、そんなことがあったら、不眠がちの日々が続くと思います。

> それにしても焼失後の跡地がよく残っていモノです。
> 再建の話はあるんでしょうか?

気味が悪い土地だということで、放置されたままだったんでしょうね。大した不動産需要もなかったでしょうから。
再建の話は、今のところはないとのことです。

http://hamarepo.com/story.php?story_id=1424
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 台風は大丈夫でしたか?
> 案外あっさり過ぎて行ったような気がします。

本当にそんな感じでした。6階に住んでいますが、窓を開放していても大丈夫かと思ったくらいでした。でも、被害の大きかった地域もあったようで、たまたま運が良かったのでしょう。油断大敵かもしれません。

> 跡がしっかり残されているのですね。
> CGなどでイメージがあるという事は再建されたりするのでしょうか?

やはり誰しもいい気分のするところじゃなくて、鎌倉幕府が倒れた後にあんな奥地を必要とする人もいなかったんでしょう。周囲が山で、平地は此処くらいだったので、かなりの水が湧き出るところらしいです。その始末だけでも大変だったと思います。
そんなことで放置されたんだと思います。
いまのところ、建物の再建計画はないようです。

http://hamarepo.com/story.php?page_no=2&story_id=1424
http://hamarepo.com/story.php?page_no=2&story_id=1424
 
杉本寺のある辺りの二階堂、、地名の由来を始めて知りました。
永福寺のCG,,素晴らしいですねぇ~♪
もし今存続していたらと思うと興奮するくらいの素晴らしさです。
お寺めぐりをする時は花目当てな事が多い私で、
こちらは行ったことがありませんでした。
AzTakさんの記事に感謝です。
いつもありがとうございます。
こんばんは 
台風が関東方面を直撃したようですが、
被害など、無かったでしょうか?
CGで再現された様子、美しいですね~~
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 杉本寺のある辺りの二階堂、、地名の由来を始めて知りました。

永福寺の堂宇の通り名が地名の元だったんですね。私も今回初めて知りました。

> 永福寺のCG,,素晴らしいですねぇ~♪
> もし今存続していたらと思うと興奮するくらいの素晴らしさです。

こういう才能がない私にはうらやましいことです。CGは確かに素晴らしいものですね。

> お寺めぐりをする時は花目当てな事が多い私で、
> こちらは行ったことがありませんでした。
> AzTakさんの記事に感謝です。
> いつもありがとうございます。

永福寺跡は行くつもりはなかったんです。でも、私の前を歩いていた親子ずれがそこに入っていったのです。何をしに行くのか興味があって、瑞泉寺を見た後に、行ってみたのです。私にとっては、思いがけない発見がありました。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 台風が関東方面を直撃したようですが、
> 被害など、無かったでしょうか?

運よくわが住居あたりは無風状態でした。どうしてなのかわかりませ㎜が、風も雨もさほど強くはありませんでした。

> CGで再現された様子、美しいですね~~

本当にきれいだったようです。水の出る土地らしく今でも50cmくらい掘ると水が湧きだすとか。寺院の前には大きな池があって美しかったようです。その敷地も広大だったようで、…。
昔のことを言っても始まらないのですが、今の時代まで持ちこたえていれば、どんな寺院になっていたことなんでしょうね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR