散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

寿福寺と英勝寺(6)  2014.09.25 14:28追記

英勝寺(5)

英勝寺は花の寺でもある
境内には春から冬まで、多種多様な花が咲いて、訪れる人を和ませているようだ。今は曼珠沙華が盛りだろうか。
英勝寺は花の寺でもある
書院
受付のある庫裏の奥(山手)の一段高いところには書院があり、お茶がいただけるそうだ。気が付かなくて、写真を撮らせていただくだけで失礼してしまった。もしかしたら、抹茶提供サービスは、常時行っていることではないのかもしれない。
書院_1
書院_2
書院_3
書院_4
住職さんは、いつも書院にいて、法要は芝の増上寺や鎌倉光明寺からお坊さんが来て、勤める。終わるとお坊さんは書院に行き、御簾ごしに法要の終わりを報告し、帰られたことから、住職さんといってもやっぱりお姫さまであったのだろうという。倒幕まで同寺は発展を極めた。
竹林
この竹やぶの辺りにはかつて方丈があり、住職を務めていた水戸のお姫様が暮らしていたようだ。
竹林_1
竹林_2
竹林_3
竹林_4
すっかり見落としていたと思ったのに、『姫御殿』の表示板が写っていた。撮り手はヘボでもカメラはしっかりしていたようだ。
竹林_5
大きな手水鉢のようなものがあった。これは何だったのだろうか。
大きな手水鉢のようなものがあった
竹林_6
竹林_7
竹林_8
この洞窟のようなものは何だろうか。やぐらなのかなあ。
この洞窟のようなものは何だろうか
竹林の中の小道をぶらぶらと歩いていたら、「姫御殿跡」と書かれた札が立っていました。
この竹林のあたりは、かつて方丈(住持の住まい)があったところだったんです。住持といっても、水戸徳川家のお姫様の住まいです。大名屋敷と同じぐらいの立派さだったそうです。
英勝寺には、水戸藩からたくさんの家来や奥女中が遣わされて、尼となってもお姫様としての暮らしがしっかり守られました。お出かけする時には駕籠に乗り、お伴100人ぐらいの大行列だったそうですよ。


帰り道見かけた『結の蔵』
結の蔵_1
結の蔵_2
結の蔵_3
結の蔵_4

以上で『寿福寺と英勝寺』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難う御座いました。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
署員での抹茶サービスを逃したかもしれませんね!
それにしても見事な竹林です!
この付近に水戸家のお姫様が住んでいたのですね!
御三家の一つですから格式は高く、相当なものだったのでしょうね。
 
竹林も書院もなんとも惹かれますね。
ぜひとも行ってみなくては!
それにしてもお出かけの時に100人のお供とは
流石ですね。
私のような野放し女房とは違いますね(笑)
馬事公苑いらっしゃてると思いました。
ちょっと見まわしたりしてみたんですよ。
おはようございます 
竹林の中にお姫様、つい竹取物語を連想してしまいました。
それにしても見事な竹林ですね!
こんな道を散策したら気持ちが良さそうです。
 
尼寺と言っても、つまりは名家のお姫様なので、何不自由ない暮らしだったのかも。尼寺には駆け込み寺なるものも多くありますが、ここにもそういう物語があったのでしょうか。なんとなく気になるお寺でした。
こんにちは。 
水戸家のお姫様が住職ですか?
かっては格式高く、栄華を極めたお寺だったのでしょうね。
竹林が立派ですね。無造作に生えているようですが、みんな若い竹のようで、整備されているのでしょうね。
 
英勝寺は、尼寺とは言え、さすが御三家の一つ、水戸家の御姫様が住職を務められお寺ですね。
外出時には100人ものお供を連れて出かけられたのですが。
さすが、水戸家の御姫様だけあって、大名並みの扱いだったようですね。

竹は雑然と生えていると厄介な代物ですが、このように整然と整備されていると気持ちの良いもの利ですね。

尼寺と言えば、どちらかには、ひっそりとした暮らしを想像しておりましたのでびっくりいたしました。
さすが、水戸家の御姫様ですね。

竹林の中に葵の御紋に姫御殿と書かれた立札が立っておりますが、ここににお住まいになっていたのですね。

『寿福寺と英勝寺』は、たとえ観光で行ったとしても見ることは無いでしょうが
、シリーズでご紹介いただきとても参考になりました。
 
こんばんは(-^)

武家のお姫様が出家して、尼の仕事をされてたんだぁ、竹林を歩く姿、なんだか、みてみたく思いました。どんな、着物をきていたのかなー?絵になりそうですね。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 書院での抹茶サービスを逃したかもしれませんね!

そうですね。ちょっと疲れていたので、抹茶にお茶菓子が付けば、再興の息抜きだったのですが。
実は祖母が宗偏流のお茶の先生を長くしていたので、こういうのは嫌いじゃないんです。

> それにしても見事な竹林です!
> この付近に水戸家のお姫様が住んでいたのですね!

此処に姫御殿が建てられていたようです。そういう表示がありました。見落としたと思ったのですが、カメラがしっかり捉えていました。他の方のHPの写真を見た時、既視感があったような気がしたんですが、本当に既視だったんですね。

> 御三家の一つですから格式は高く、相当なものだったのでしょうね。

頼房は11男で、『天下を取りたい』などとタヌキおやじの前で言ったりしたものだから、『寝首を掻く危ない奴かも』ということで、当初の扱いは低く、最初からの御三家扱いではなかったようです。そこをうまくことを運んで行って、御三家の一角に数えられるようになったのは、養母の英勝院の尽力があったればこそらしいです。
姫様たちは、表に立つ藩主の苦悩など知らないかのように勝手気ままに振る舞ったようです。
Re: タイトルなし 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 竹林も書院もなんとも惹かれますね。
> ぜひとも行ってみなくては!

ぜひ、お出かけください。瑞泉寺には負けちゃうかもしれませんが、こちらも花の寺ですから。

> それにしてもお出かけの時に100人のお供とは
> 流石ですね。
> 私のような野放し女房とは違いますね(笑)

(ΦωΦ)フフフ…、『超高速!参勤交代』の作品で取り上げられた郷里の湯長谷藩とは大分事情が異なりますね。

> 馬事公苑いらっしゃってると思いました。
> ちょっと見まわしたりしてみたんですよ。

あの日にイベントが賑々しく行われることは承知していたんですが、足腰が痛くて、どうにも動けませんでした。どうも馬事公苑の秋のイベントには縁がなさそうです。(泣)
Re: おはようございます 
モカさん、こんばんは。

> 竹林の中にお姫様、つい竹取物語を連想してしまいました。
> それにしても見事な竹林ですね!
> こんな道を散策したら気持ちが良さそうです。

姫御殿は今の竹林のところにあったにせよ、おつきのお女中などはどこにいたのでしょうかね。
源氏山も寺の領地となったように書かれていましたから、奥の方に別な建屋を建てていたのかもしれませんね。
お姫様一人でも大変なことだったんですね。
周遊して歩くコースは割と短かめです。疲れないで歩けて、お子様連れでも大丈夫かなと思いました。
Re: タイトルなし 
HARUさん、こんばんは。

> 尼寺と言っても、つまりは名家のお姫様なので、何不自由ない暮らしだったのかも。尼寺には駆け込み寺なるものも多くありますが、ここにもそういう物語があったのでしょうか。なんとなく気になるお寺でした。

住持を務められた姫様は優雅な暮らしぶりだったようですね。
駆け込み寺の方は、当然怒り狂った相手方が押しかけてくるでしょう。そうした荒事にも耐える備えがある東慶寺さんが、専らその役を担っていたのではないでしょうか。
もしかしたら、密かに救いの手を差し伸べていたかもしれませんが、ごくごく内密に扱われて、後世の我々の知るところではないと思います。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 水戸家のお姫様が住職ですか?
> かっては格式高く、栄華を極めたお寺だったのでしょうね。

英勝院のことなどは忘れられて、水戸のお姫様のいらっしゃるお寺さんという近隣の認識があったことでしょうね。光圀の頃から、押しも押されもせぬ御三家になったと思います。姫様たちの扱いも尋常ではなかったことと思います。

> 竹林が立派ですね。無造作に生えているようですが、みんな若い竹のようで、整備されているのでしょうね。

ある程度手入れしているのでしょうね。このお寺さんも花の寺として有名ですから、庭木の扱いに長けた庭師がいるんでしょう。
Re: タイトルなし 
花さか爺サンさま、こんばんは。

> 英勝寺は、尼寺とは言え、さすが御三家の一つ、水戸家の御姫様が住職を務められお寺ですね。
> 外出時には100人ものお供を連れて出かけられたのですが。
> さすが、水戸家の御姫様だけあって、大名並みの扱いだったようですね。

すごいものですね。弱小の藩など及びもつかないことですね。

> 竹は雑然と生えていると厄介な代物ですが、このように整然と整備されていると気持ちの良いものですね。

竹林は実は目黒区には以前はいっぱいありました。目黒の名物は、さんまじゃなく筍でした。いまは殆ど残っていませんが。宗教法人は税制上の優遇措置があるから、地道にやっていれば、財産を失いような事にはならないのでしょうね。

> 尼寺と言えば、どちらかには、ひっそりとした暮らしを想像しておりましたのでびっくりいたしました。
> さすが、水戸家の御姫様ですね。
>
> 竹林の中に葵の御紋に姫御殿と書かれた立札が立っておりますが、ここににお住まいになっていたのですね。

この記述のお陰で、自分の撮った写真にも『姫御殿』と書かれた立札が写っていることに気づきました。ありがとうございます。
見た気がしたのに、写真に写っていないと落ち込んでいました。(^_^;)

> 『寿福寺と英勝寺』は、たとえ観光で行ったとしても見ることは無いでしょうが
> 、シリーズでご紹介いただきとても参考になりました。

そのうち、有名な観光名所になると思います。いまは皆さんが知らないだけでしょう。
観光で行くことがありましたら、瑞泉寺と英勝寺とはお勧めです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは(-^)

keikoさん、こんばんは。

> 武家のお姫様が出家して、尼の仕事をされてたんだぁ、竹林を歩く姿、なんだか、みてみたく思いました。どんな、着物をきていたのかなー?絵になりそうですね。

宗教行事は、本物の僧侶が出張ってきて、これを執り行い、それが終わると、書院に上がって御簾越しに顛末を報告したんだそうです。本当にお姫様そのものだったようですね。
すごい世界があったものですね。
AzTakさん 
こんばんは
鎌倉の由緒ある寺は、どのくらい有るのか知りませんが、見て歩くだけでも溜息が出ます。
縁の無い我としては、ただ感嘆するだけです。
ご苦労様でした。
こんばんは 
竹林って良いですよね~~
僕も見かけたら必ず撮ってしまいます^^
結の蔵、蔵好きの助手が喜んでみています^^
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鎌倉の由緒ある寺は、どのくらい有るのか知りませんが、見て歩くだけでも溜息が出ます。
> 縁の無い我としては、ただ感嘆するだけです。
> ご苦労様でした。

今回撮り上げた英勝寺は、質素な寺院が多い鎌倉にあって、異色のお寺さんかもしれませんね。
次にはのんびり熊さんの心がきっと落ち着くだろう瑞泉寺を取り上げようと思います。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 竹林って良いですよね~~
> 僕も見かけたら必ず撮ってしまいます^^

かつて目黒区は筍の名産地で、付近にはいくつかかなり大きな竹林がありました。
藤枝梅安が刺客に襲われそうになった時に竹林に身を隠したという件がありました。それくらい竹林が多かったんです。
それがあるんで、竹林は見慣れていました。でも、さすがに今も残る竹林は一つだけになってしまいました。
写真を撮るのは勿論ですが、筍は美味しいだろうかなどと考えてしまう良くない癖が、…。(^_^;)

> 結の蔵、蔵好きの助手が喜んでみています^^

なかなか立派な蔵ですよね。私も暫し見とれてしまいました。
 
こんばんは。

竹のある風景、好きです(^_^)/
何故か感動をおぼえます。。。

いつも素敵な写真楽しく拝見してます。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

かーず君さま、おはようございます。

> 竹のある風景、好きです(^_^)/
> 何故か感動をおぼえます。。。

有難うございます。竹の持つ生命力の躍動のような感じがお好きな方が多いのかなと思います。
かなり昔の青春ドラマの主題歌に『青年の樹』というのがありました。その一番の歌詞の最後が、
『若き希望と 夢の苗 空に伸びろ 青年の樹(キ)よ』
というものでした。イメージ的には共通するものがあるのかもしれません。

> いつも素敵な写真楽しく拝見してます。

有難うございます。結構同じような行動範囲のようで、私の方も刺激を受けています。
見方次第で素敵な場所がいくらでも出てくるかもしれません。そんな感じで良い物を見つけて教えていただきたいと思います。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR